011016 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ヤングママのお勧め

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

地蔵@ 驚きのショックプライスw コウちゃんがこないだ教えてくれたやつ、…
vのあv@ 実家で暇してたから…… 勢いよくパンッ!パンッ!ってお腹突かれ…
四条貴雄@ いい加減に気付けよ!! このままほっといたら、本当に一 生 童 貞…
ハチマン@ 助かった ぐっさんが教えてくれたやつ凄すぎww そ…
vv雪乃んvv@ ヤバイくらい気持ちよかったよぅ>< 明るい部屋でアソコじーっと観察されて、 …

Freepage List

Headline News

2007年07月12日
XML
カテゴリ:飲料水

★美味しい水がいっぱい、重たい水はネットで注文、若いお兄さんに運んで貰おう★






飲用可能な水

人間が飲用可能な水は、余分な成分があまり入っておらず、有害な微生物の含まれないものである。日本に於いては、多くの河川の中流以上であれば、その水が飲用可能であり、昔から飲み水に困ることはなかった(現在ではむしろ環境汚染のために飲めない場合がある)が、世界的に見れば珍しい方に属する。それ以前に、河川すらない地域も世界には多い。



まず、海水は飲めない。塩分などが多すぎるからである。同様に、内陸でも塩分などの多い水は飲めない。火山地帯などでも、特殊な成分を含んで飲めない水がある。



また、病原微生物を含む水は飲めない。飲むと腹痛を起こしたり、下痢になったり、もっと恐ろしい病気になったりするからである。この点に関しては、個人の体質や耐性も関係する。現地の人間は無事でも、旅行者には危険な場合もあり得る。しかし、多くの地域では、生水は危険である。



熱帯地方では河川の水が危険である場所が多く、むしろ野外から得られる水より、ココヤシの果実の中の水など、植物体内の水を利用する例が多々ある。植物体内であれば、ほぼ無菌に近いからである。ウツボカズラの捕食袋の水も飲用にされる。ただし、袋が開く前である。



赤痢やコレラなど、病原体で汚染された飲み水から感染し、大流行する病気も数多くある。そのため、安全な飲み水の確保は、古くより、ある程度文化の進んだ地域では重要な課題であった。



世界的には、日本よりはるかに乾燥した地域が多く、そういった地域では、まず水そのものを得る方法を考案しなければならない。井戸はその代表的な技術である。



日本の上水道はそのまま飲める水を提供するものである。



飲料水の味

水にもうまい、まずいがある。それは4つの要素で決定される。



水温--------体温より20~25℃低いと美味に感ずる。

含有成分---(1)適度なミネラル分(1リットル中l00mg程度)、(2)適度な硬度、(3)炭酸ガスと酸素量

気象的条件

生理的条件







Last updated  2007年07月12日 20時20分57秒


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.