165214 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

以下、無用の事ながら・・・ "やn"のランニング雑記

PR

Profile


やn

Favorite Blog

多摩川土手。光る空… ゐわすさん
がんばれ!アスリー… umeume4755さん
マラソンの小部屋-ミ… ミカン_さん
"アシンメトリー" 高尾天狗0719さん
無理しない 頑張ら… あきやまひろみさん

Comments

やn@ Re[1]:奥武蔵レクロゲイニング2012(03/26) ぴよさん 4月もやりますよー。登りがん…
ぴよ@ Re:奥武蔵レクロゲイニング2012(03/26) やはり、ゐ○○君とのコンビだと、たくさん…
やn@ Re[1]:奥武蔵レクロゲイニング2012(03/26) shirubeさん rikaさんのツイッターでも…
shirube@ Re:奥武蔵レクロゲイニング2012(03/26) 私は行かなかったけど、複数人から聞いた…
やn@ Re:あにき~(11/29) 2軍。さん あんた。返信忘れてた、、…
Jun 15, 2010
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 ものすごく久々の更新となります。最近めっきり筆不精となりました。

 先週の日曜日に菅平ロゲイニングに参戦してきましたので、自省をこめてレポートを書きます。ご一緒した天王寺さん、ぴよさん、道中お疲れさまでした。

 クラスは3時間の部です。3時間の部の地図は、1万5千分の1のO-MAPで、通行可能度もきちんと記載してあります。菅平は道ロゲではなく、ポイントがOLっぽい配置となっており、難易度はやや高めではないかと思います。また、スキー場のゲレンデはセミオープンの記載となっていますが、草の生え方によってはかなり通行困難なところもあり、そのあたりの見極めが難しくなっています。

リザルト

 4位でした。惜しい。しかも表彰式直前まで暫定3位だったのに、、、
まあ、何よりレースをきっちり出来なかった悔しさの方がまさります。


■地図を見て

 

map_suga.JPG
↑優勝者のルート。番号までは見えませんねぇ

 

 地図は15分前にオープン可となりました。前回参加した一昨年とエリアは全く同じですが、ポイントの点数配分が低く、なかなか難しい配置となっています。しばらく悩んだのですが、方針としては以下としました。

・大松山は行かない
・太郎山は全部取る
・太郎山から続く北西の尾根および、その尾根に対し北西側の斜面のポイントは全部とる

 太郎山を全部取るルートというのが中々思いつかず、最後まで悩んだのですが、西から回り込み反時計周りにコンタリング気味に拾うということにしました。


■レースにて

 まず太郎山へ向かいます。スタート直後、目の前をやたらと速い人が進みます。後に、ぶっちぎり優勝の方だと判明。しかし、本当に速いです。

 17→33→54はまずまず無難にこなしますが、51へのアプローチで大きく失敗してしまいます。まず、ゲレンデ-ゲレンデ間の藪エリアについているはずの道を発見できず、いたし方なく藪漕ぎ。さらに九十九折の道に出たあと、目指す51より今は下にいると思い込み、ほぼ山頂まで登ってから間違いに気づいてしまいました。10分ほどのミスですが、体力ロスも結構な痛手です。

 その後、本日の核心部、太郎山から続く北西の尾根周辺へと向かいます。ここで、ナビ以外でロス5分。これも痛い。しかし気を取り直して進みます。不正地で進みにくいですが、ナビ的な難易度は低く、好調に進みます。藪も思ったほどはひどくなく助かりました。75→95→72はトップ3の方すべてこの順番で通過していますが、何と私がベストラップ。このあたりはうまく進めたようです。

 しかし、この後がいけなかった。72から、藪を降りて46に進めばよかったのですが、前の走者と同じ行動を取りたくないという心理か、なんとなく道走りを選択してしまい、27へと向かってしまいました。結局46は最後まで取れずに終わってしまいました。

 27を取りに山を降りた以降は、山すそにあるポイントを拾いながらゴールへと戻ります。ここでの時間の読みは今ひとつでした。結果的にはまずまずの収まり具合となりましたが、34の取捨についてはもうちょっとこだわるべきでした。結果論ですが、20を捨てて、34を取っていれば3位の方と同点でしたので。5分余ったし。


■反省と成果

・序盤を慎重に。暑さと高度から思ったより苦しくなり、ナビがおろそかになった。

・コンディショニングに気をつける。仕方の無いことだが、前日ソフトボールのお手伝いで、1日キャッチャーをやりまくり、足が張っていた。

・ゲレンデ-ゲレンデ間の道に行くのに、コンパスできちんと方角を定めず、上下感覚で進んだ。のっぺりした場所での、上下感覚も怪しい。疑うべし。

・九十九折の道に出たあと、54が上にあるという認識が間違いだと気づくチャンスは何回も(リフトと道の位置関係、建物と道の位置関係)あったが、無視した。つまり、間違っていないかどうかと疑う心が無かった。

・あいまいな直進。でも地形でカバーしたけど。でも良くない。

・藪漕ぎを恐れない、厭わない

・ルーティングは結構よかったかと。基本戦略は優勝した人と同じだったし、終盤は時間の進み具合で何パターンかルートを想定できる状態だった。

・15分のミスがなければ、46、34が余裕で取れていたはず。でも、これでも823点。優勝得点の870点は遠い。まあ、体力が違いすぎるのですが、、、







Last updated  Jun 15, 2010 10:48:51 PM
コメント(0) | コメントを書く

Freepage List

Calendar

Category

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.