1489183 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ヤ ン パ の ク ニ ャ ン に ょ

ハダカ女とアホ男。



日本語を勉強しているというふたりは明るかった。
そして楽しくビールをついでくれた。

疑うことを知らないMさんは、すっかりこの若者が気に入ったようだった。
でも私は店に入ってきたときに、空いている一室で花札(ファトゥ)をしている一団を盗み見てここが普通のスナックかどうか、初めての韓国ゆえ疑問が不安に変わり広がっていった。

とはいえ私もただの酒飲みだ。
ノートの切れ端に書いてきた“カタカナで書いた韓国語”を読んでは、ニセ大学生を笑わせて喜んでいた。

ケンチャナヨー。
チュッケッソヨー。
ミチゲッソヨー。

ほんとにミッチゲッソ!になったのは、いきなりスケスケの女の子たちがぞろぞろ入ってきた後だった。

彼女たちはビールとウィスキーをしこたまかかえていた。
そして、もてはやされたMさんの前に、つまり机の上に女の子が立ったと思ったら、ついに服を脱ぎだしたのである。

ヤッター!!!^^

じゃない、「あかん!Mさん、ここやばいって!」

私の忠告どこ吹く風か、Mさんは乳までもみだしている。

「オットッケー!!!!」

帰りをうながす私。入れ替わりに入ってくる屈強な男子1名。


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.