1489159 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ヤ ン パ の ク ニ ャ ン に ょ

お客さんだめですよ。



個室に入ってきたガタイの良い韓国人あにき分。
京都に住んでたとかでちょっと日本語ができる。

お客さん、しめて14万円ですよと言う。
ほらね、やっぱりこういうシカケだったわけですよ。
と、黙っているわけにはいかない。こちらも激しく抵抗。
居酒屋^^;で14万円!なわけないでしょう。

しかも運ばれてきたものほとんど手もつけてない状態。
(Mさんは乳に手をつけてしまったが…)

あにき分は言う。
「カネガナイナラ カエセマセン ホテルマデ イッショニ ウケトリニイキマスヨ」
おまけに聞いてもいないのにテコンドーをやってるとかでゴツゴツの手まで見せびらかす始末。

かわいい大学生はシュンとしたそぶりで下を向いたまま。
説教ジジイの私は、あなたたちこんなこと、いつまでも続けていてはだめだよ。お互いの国のためにもよくないから、もうやめなよと言う。
このときばかりは彼らもしょぼんとしている。

おおかたヒョン(兄貴)からニッポンジンをカモってきたら、ひとり10万ウォンでもあげると言われていたのだろう。

ホテルで大騒ぎすることもできたかもしれないが、所詮よっぱらいオヤジが異国の飲み屋で調子こいた結果なので、あり金はたいて残金を払い放免してもらう。

明洞のB級ホテルの窓辺にたたずみ、私はひそかに深夜のソウルに誓った。
韓国語を勉強して、あのふたりに今度はおごらせよう。そだ!リベンジ開始だ。

その夜が思いのほか長くなる、韓国との本当のつきあいの始まりだった。


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.