やっさんの極私的映画の部屋

Calendar

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

極私的映画評論


007/ダイ・アナザー・デイ


インサイダー


ミスタア・ロバーツ


シンプル・プラン


ロード・オブ・ザ・リング/二つの搭


アマデウス


ガープの世界


十二人の怒れる男


パッセンジャー57


ドライビング Miss デイジー


ジョー、満月の島へ行く


ラストサムライ


恋愛寫眞


グレート・ブルー


アイ・アム・サム


チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル


ターミネーター3


マイ・ビッグ・ファット・ウェディング


パイレーツ・オブ・カリビアン


シーズ・レイン


HERO/英雄


ザ・コミットメンツ


キル・ビル


ワイルドバンチ


リコシェ


21g


2046


レディホーク


ミュンヘン


クラッシュ


スパイダーマン3


ラッキーナンバー7


潜水服は蝶の夢を見る


マイ・ブルーベリー・ナイツ


極私的映画業界話


クーブリックの事


戸田奈津子さん


メジャーとインデペンデント


リメイクと続編


来日俳優のわがまま気まま無理勝手


試写って結構重要


原作、映画化、ノベライズ・・・


ジェリー・ゴールドスミスという人


エンドロールの読み方講座


全米公開No1とは!?


タイトルと惹句


極私的美味い店


東京・築地/××寿司


東京・渋谷/焼鳥&BAR GOCHIYA


東京番外編/金兵衛弁当


岡山番外編/山珍の豚饅


静岡・清水/大和水産 朝あみ寿司


佐賀・市内/焼肉 勝(show)


福岡・博多/水炊き 長野


福岡・博多/炭火焼 暖炭


大阪・ミナミ/広島流つけ麺 唐々亭


大阪・梅田/ちかごろのカレー屋さん


LINK


日記で紹介した映画たち


Archives

・Apr , 2021
・Mar , 2021
・Feb , 2021
・Jan , 2021
・Dec , 2020
・Nov , 2020
・Oct , 2020
・Sep , 2020
・Aug , 2020
・Jul , 2020
Jan 23, 2008
XML
テーマ:お勧めの本(5420)
カテゴリ:聴、読、沁。
実は書くの、2度目。

昨日事務所で、FM聴きながら、足元ヒーターつけながら、パソ叩き中に、
M嬢「掃除機かけていいですか?」
ワシ「おぉ!ぜひ頼むわ~」

ウィーーーーーーーーー “パチン” ーーーゥゥン・・・。。。

ブレーカーぶち落ちーーーーーっ!
データーすっとびーーーーーっ!

号泣。。。

誰も怒るわけにいきません。古い事務所なんで、しかたがない。
英語で言えば“no ginger”「しょうが ない」・・・ワシもブレーカーオフ。

気を取り直し、以下進めまする。

せめて“月記”を“週記”レベルにしたいなぁ、おそらく忙しくなるとこちらも“ぶっとびー!”になるんであろうが。

半年ほど前から“本レビュー”挙げてないのに気が付いた。
毎日、お尻ポッケに文庫本を差して仕事してます。 たくさん読んでます。
しかも、昨年の後半から「当たり」ばかりを引いている気がする。

それではその「当たり」を何冊かご紹介。
ほとんどアフィリ屋さんみたく列挙しますが、「あぁ、これ読んだ!」とか「おぉ、これ読みたい!」とか思っていただければ幸い。

※読了順ではありません。作家名は敬称略させていただいてます。


『あやし』
 宮部みゆき
元々、宮部作品は『パーフェクト・ブルー』以来たいがい読んではいるが、「出たら読む」って訳でもない、上梓された順で読んでる訳でもない、ましてや全部読んでるって訳でもない。
ただ『霊験お初』シリーズ以降、彼女の時代モノは大好き。
特に叙景描写が秀逸。場面表現の言が冴えているだけではない、その中に確かに存在する登場人物、躍動する町屋。この現代、その場所にその風景やその人物がある、いるわけでもないのに、風の香りまで薫り息遣いまで聴こえてくる。
『~お初』のように推理、謎解きの要素は薄いが、ミステリ感満載。

 
『あかんべえ』
 宮部みゆき
同じく時代モノ、しかも前作と同じように幽霊・物怪の類が出てくる話。
が、冒頭10数ページでダダ泣き。
もちろん前作同様“ミステリ感”“おどろおどろし感”はたっぷり楽しめるのに、なんという“ほっこり感”なんやろう。
きっと(もちろんご本人にお逢いしたことがないのだが)、優しい人です。宮部さんは。(断定)
女性だから、でない、人間として優しい目線で登場人物、ともすれば犯人まで見据えてはるから、残虐・陰鬱な事件をモチーフにしてても清々しい感じまでする。


『誰か』
 宮部みゆき
これは現代劇。これも登場人物が秀逸。 彼女はバリバリの探偵や刑事を主人公にすることはほとんどない。 うす汚れ(失礼)くすんだ彼や彼女たちが文脈の中で光を放ち、躍動する巧緻なストーリーテリングにはいつも舌を巻く。クルルル(ホンマ、失礼)
人間と人間、人と事件、昔と今、の間にある“何か”がフワっと浮かび上がってくる高揚感。


『行きずりの街』
 志水辰夫
人間関係に翻弄され、世間にオミットされ、“活きる事”を辞めた主人公が、一つの“真実”を探すためにもがき、抗う姿に感動。

 
『犯人に告ぐ』
 雫井脩介
「当たり」中でも「大当たり」の1冊。 映画の方は未観。
警察内部の政治的な、メディアの独善的な、歪な人間関係を余すところなく掘り下げ、ワクワク、ドキドキのストーリー展開で進んでいく名作。
あぁ、ワシの稚拙な解説じゃ、この本の面白さは消費税分も伝わらなぁい!!


『6ステイン』
 福井晴敏
読み終えた瞬間に「あぁ、あの話、映画化したいっ!」と叫んだ、オムニバス的短編6篇集。
彼の原作や脚本は何本も映画化になっているので、これも誰かが、というよりご本人がシナリオナイズされはるんやろか?楽しみ楽しみ。


『13階段』
 高野和明
「6の次に13?」そういう理由で選んだんやおまへん。
皆さんは本屋で本を選ぶ時、どうしてはります?
この作品の選んだのは“乱歩賞受賞”というのもありましたが、あとがき解説が宮部さんやったんです。(また“宮部オチ”かい!)すいません。
メチャメチャ面白かった。あっという間に読んだ。
またその宮部さんのあとがきの、本作が“乱歩賞”に決定した選考会の話(あ、宮部さん、選考委員でした)が抜群でした。


『虚栄』
 ロバート・B・パーカー
今読んでる本です。 以前にもご紹介した『サニーランドルシリーズ』4作目です。
ストーリーの面白さもそうだが、魅力ある登場人物が話す、ウィットに富む“大人の会話”に、おっさん(ワシ)シビレまくり。

昨日買って、もう半分以上読了。
あぁ・・・眠れん夜はまだまだ続く。






Last updated  Jan 23, 2008 11:52:26 AM
コメント(4) | コメントを書く


PR

X

Profile


やす3100

Category

Recent Posts

Favorite Blog

花たち New! あけみ・さん

バイス PINGEさん

cathyの異次元空間 cathy21foxさん
わかインコの気まぐ… わかインコさん
かおり日和 --かお… Caoring1970さん
いたずらくまのねすこ ねすこさん
しげぞーの他人には… shigezo.さん
おひとりごと★ ゆうちねーやんさん
ALOHAPPY taiyomamaさん
お茶でも飲もうよ!! 三人卵さん

Comments

やす3100@ Re[1]:またご無沙汰でした。(04/24) 奈津子です!さん こちらこそコメントあ…
奈津子です!@ Re:またご無沙汰でした。 コメントありがとう ご無沙汰~ 私、また…
やす3100@ Re:尊いお仕事です(02/16) テツさん コメントありがとう。 そん…
やす3100@ Re:いいお仕事ですね。(02/16) 響。さん コメントありがとう。 和太…
テツ@ 尊いお仕事です リンク、つぶさに拝見しました。 いつも…
響。@ いいお仕事ですね。  ひとびとの微笑を誘ういいお仕事ですね…
やす3100@ Re[1]:ちと路線変更。 お知らせ。(02/05) シナモンヤミーさん コメントありがとう…
シナモンヤミー@ Re:ちと路線変更。 お知らせ。(02/05) かの時代・・・よき時代でしたよね~。 …
やす3100@ Re:今年、新刊を買ってない元活字中毒です(01/23) DJスナフキンさん コメントありがとう。 …
DJスナフキン@ 今年、新刊を買ってない元活字中毒です 宮部さんは「火車」以来のファンです。全…

© Rakuten Group, Inc.