347381 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

こころが風邪をひいたら

PR

2017年11月19日
XML
カテゴリ:いじめ
アニメ 3月のライオンがいじめを扱った佳境に来ているので考えた。


いじめの事の重大さは「教育」の範疇では既にないと思う。誹謗中傷、暴行、傷害で被害者の心を身体を破壊したのだから。 


「矯正」もしくは「更正」の段階だと思う。

立証されたいじめの加害者は、(法律用語で)「当然」児童相談者もしくは警察に通告ないしは告発され、立派な少年犯罪として家庭裁判所で裁かれるべきだ。


「当然」内申書には将来を絶つ仕方でありのままに書かれるべきだ。


のうのうと進学して就職なんてさせてさならない。

その子どもたち、そんな大人を観察する次の世代からまた、いじめが繰り返されるからだ。


彼らは「前科者」という烙印を押されて一生その重荷を背負うべきである。




にしても、いじめのモデルになった、

敗戦直後の日本兵を蔑み、保身から、かばうことをしなかった、あの世代がとてつもなく憎い。




極論ですか?



3月のライオン公式28話






最終更新日  2017年11月19日 00時28分45秒
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.