199220 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

テツタビ from 関西

PR

Profile


や す☆

Archives

Dec , 2017
Nov , 2017
Oct , 2017
Sep , 2017
Aug , 2017
Oct 27, 2008
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
後編です。


ここで、ちょっと視線を変えて、天王寺から先、
どのように行けばいいかを考えてみましょう。

仮に、天王寺から、大阪環状線の西側のルートを通って、
西九条、大阪へ行くルートを考えてみましょう。(下図のピンクの線)

すると、大阪で、京都方面からのルートとつながりまして、
西九条-大阪-京都というラインができます。

こうなると、大阪から、塚本や京橋に行く路線は使えなくなります。(下図の青の線)

kyobashi-tsukamoto.gif

でも塚本が使えなかったら、尼崎を挟んで西側のラインから、
東側へ抜けるためには、尼崎-加島-京橋というルートを取るしかなくなります。
そうすると、尼崎から先の西側は、立花、あるいは塚口のどちらかとルートをつなげ、
もう片方がスタート(あるいはゴール)となるわけですが……

じゃあ、ゴール(あるいはスタート)はどこ?

ということになります。
だって、塚本は使えないんですから。

ということで、そもそも上図のピンクの路線がダメなのです。
だから、大阪環状線の西側を使うルートはボツになります。(下図)

kanjouwest.gif


ここで、先ほど書きましたように、
尼崎駅の隣の4つの駅ですが、この4つの駅は必ず使わないといけません。
立花から兵庫、加古川方面、塚口から谷川方面へは、
もう赤いラインが引いてあります。

というわけで、塚本と加島を使うためには、
そこから先へ、赤い線を延ばす必要があります。

東海道本線・塚本-大阪
JR東西線・加島-京橋


もルートに入ることになります。(下図)

osaka-tsukamoto kyobashi-kashima.gif

となると、大阪駅は入口も出口も塞がれましたので、
大阪から京橋へ行くルートは使えなくなります。(下図)

osaka-kyobashi.gif


さて、まだ未決定の路線(黒)のうち、
使えそうな(=長い)線を探してみると、
片町線・放出-木津が使えそうです。(下図)

hanaten-kizu.gif

ここで、京橋-放出間を使ってしまいますと、
下にある和歌山ループが取り残されてしまいますので、
片町線・京橋-放出は使えません。(下図)

kyobashi-hanaten.gif

そうなると、京橋からは、天王寺へ伸ばすしかなく、
放出からは久宝寺へ伸ばすしかありません。(下図)

kyobashi-tennoji hanaten-kyuhoji.gif

これで、天王寺から久宝寺方面へ伸ばすことができなくなりました。(下図)

tennoji-kyuhoji.gif

同じく、木津も入口と出口が塞がれていますので、
奈良へ伸ばすことができません。(下図)

また、久宝寺からは、王寺へ伸ばすしかありません。(下図)

kyuhoji-oji kizu-nara.gif

ここまで来たら、もうお分かりですよね?
なるべく長いルートを作りたいんだから、

王寺-奈良-高田

と結ぶことは、誰でも思いつくでしょう。(下図)

oji-nara-takada.gif


さて、残りは、尼崎の周りだけです。
実はここは、東(塚本・加島)と西(立花・塚口)のうち、
それぞれどちらかをスタート、ゴールにして、
残り1つずつを、尼崎を介してつなげば、ルートは完成するんです。

ただ、なるべく長い距離を作りたいので、
尼崎から近い駅をスタート、ゴールにした方がいいでしょう。

というわけで、実際の尼崎駅から距離は……

塚本駅(東):4.3km
加島駅(東):2.2km
立花駅(西):3.0km
塚口駅(西):2.5km

ですので、尼崎駅に近い上位2駅(加島・塚口)が、
うまい具合に東と西に分かれてくれました。
ですからこの2駅をスタート、ゴールにして、
塚本-尼崎-立花
と結ぶと、うまい具合に、東海道本線同士でつながってくれましたので、
新快速で乗り換えなしに通過できそうです。

というわけで、下図のようなルートが完成しました!

kansei.gif

あとは、どちらをスタート、ゴールにするかは、
時刻表との相談ですね。
うまくいく乗り継ぎや、お昼時に、ご飯を食べやすいクロスシートの列車に乗れるか、
などを考慮して、どちら周りにするか決めるのです。


以上、これが、今回、俺がルートを決めた方法です。

なかなか理論的でしょう?

だから、「たぶん最長ルート」と自信を持って(?)言えるのです。






Last updated  Oct 28, 2008 12:39:02 AM
コメント(6) | コメントを書く

Calendar

Favorite Blog


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.