086431 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

妻とともに生きる

PR

Profile


St.splendor

Calendar

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

January 20, 2006
XML
カテゴリ:スキルスと闘う
残念ながら計画していた旅行が駄目になったのですが、今週末はひょっとしたら外出、外泊の最後のチャンスになるかもしれないので、妻に行きたい場所ややりたい事を聞いてみました。
すると私と一緒ならどこでもいいという返事でした。
又、食事は殆ど摂れないので旅館の代わりに良いホテルに泊まってのんびりしたいとのことだったので、早速某旅行サイトを検索し、六本木ヒルズにあるグランドハイアットのスイートを予約しました。

東京なら新幹線で行けますし、妻も可能だろうとの判断もありました。
又、私には3人の弟がいるのですが、3番目の弟が東京在住とのこともあり東京に行くことにしました。
実は3番目の弟の奥さんは10年来、子宮筋腫、不妊症を患っています。
幸い、子供は2人誕生したのですが、筋腫は現在も治療中です。
また奥さんの母親は血液疾患で入院、治療歴があり、父親は癌で亡くなられており、ある意味、妻の気持ちを非常に理解してくれるとともに妻の事をとても気にかけてくれていたので弟夫婦に会いたいという気持ちがありました。

朝はゆっくり出かけ15時過ぎに東京に到着、仕事の合間をぬって弟が迎えにきてくれて六本木まで送ってくれました。
15時過ぎに専用のフロアにチェックイン、リビングルーム、ベッドルーム、バスルームの3ヶ所に別れている約100平米のお部屋でした。

グランドハイアット リビング グランドハイアット  寝室 グランドハイアット バス

妻も非常にゆったりした気分となり、リラックスしてくつろげるようでした。
妻が快適に過ごせるなら安いものだと思います。

しばし休憩し、専用ラウンジへ、バータイムということもありつまみ、デザート類、ワイン等が無料サービスです。
妻も環境が変わったせいか、サーモンやチーズ、鯛のマリネ等を少量食べることができました。
1時間ほどして、部屋に戻り妻を少し休ませました。

21時頃、チャイムが鳴り弟夫婦が尋ねてくれました。
子供達は実家に預けて、2人だけで会いに来てくれました。
共に病を患っているものどうし、お互いに分かり合え、共鳴出来る部分があるようで女同士で話し込んでいました。

今回、私はせっかく弟夫婦が来るということでワインを持ち込んでいました。
実は私たちと弟夫婦は同じ年に結婚しています。
私たちは1997.5.18、弟夫婦は同年の11.23です。
それにちなんでGevrey Chambertin Aux Combottes 1997 (Dujac)を持ち込んでいました。
妻と弟の奥さんは殆ど飲めないのですが4人で乾杯しました。
Dujacらしい甘い果実味が心地よい、素晴らしい味わいでとても美味しかったです。

この日は12時まで4人で語らい、私も妻もとても良い時間が過ごせました。
最後は下の階まで私だけが弟夫婦を見送ったのですが、弟の奥さんから「何とかして奇跡が起きて欲しい、私は最後まで信じてるから」と言ってくれました。
この言葉を聞いて私も非常に嬉しかったです。
妻も久しぶりに会えて嬉しかったようです。
本当に弟夫婦には感謝です。本当にありがとう。

Dujac コンボット97






Last updated  January 23, 2006 02:03:17 PM
コメント(0) | コメントを書く

Favorite Blog

八事ガッルーラで、… New! nkucchanさん

虹の橋 winkiさん

楽しんでますか? 北富さん
ママと娘の胃ガン克… abileさん
イギリスでの… Royalさん

Comments

St.splendor@ Re:優しい色のお花ですね(05/13) moiNo1さん お返事が遅くなりすみませ…
moiNo1@ 優しい色のお花ですね 先日、私たち家族は、子供の17回忌の法…
St.splendor@ Re[1]:母の日(05/13) レイレイ(^-^)さん、ご無沙汰しております…
レイレイ(^-^)@ Re:母の日(05/13) 奥様のお墓に、かわいいカーネーションが…
St.splendor@ Re[1]:母の日(05/13) あみママ5450さんご無沙汰しております。 …

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.