007882 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

Practicing Medicine in Oz

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

コメントに書き込みはありません。

Freepage List

今年から研修医です。あらためてオーストラリアの医療などについて書いていく予定です。
2005年02月19日
XML
カテゴリ:医学
金曜日にRescuing Medical Educationというコンファレンスにいってきた。木曜日の夜11時ぐらいにコンファレンスは土曜ではなく金曜ということに気づいてちょっとあわてたけど。そんなわけで金曜の授業はさぼりということになりました。

タイトルのとおり医学教育を救おうというコンファレンスでいろいろな意味ですごい興味深いコンファレンスだった。オーストラリア医学会のトップとかえらい人ちがたくさん参加していた。こんなコンファレンスがあることを日記に書くとオーストラリアの医療はやばいのだろうかと思う人もいるだろう。オーストラリアの医療水準は高い。しかし改善はつねに必要ということである。

最近個人的にも医療教育というのはすごい興味があるので傘下した。いかに物事をおぼえたり人に教えるかいうのは非常に大事だと思う。コンファレンスの中であるスピーカーが述べたように医療の未来は医学生、研修生の教育にかかっていると思う。


いろいろなことが議論がかわされたコンファレンスで全部を一度に書くと長くなりすぎるのでいくつかにわけて書くことにした。以下の内容について書く予定である(順番の変更あり)。

1. Hard Science Vs Soft Science
2. Anatomy
3. Pass and Fail Vs Competition
4. Working hours, Quality of Life, and Lack of manower
5. Increase in Female Doctors
6. PBL and bedside teaching
7. Medical society, government and people. Who is right?
8. Young doctors Vs Mature doctors
9. Where is our Dean?
10. Who is going to train young doctors?
11. National Exam? Setting the standards






Last updated  2005年02月19日 20時30分02秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.