000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

町かど工房 yasuppe のブログです

町かど工房 yasuppe のブログです

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

2023.09.21
XML
カテゴリ:日々の暮らし
今日は最高気温でも30度くらいです。
それでも湿度が高いので蒸し暑く、クーラーを点けてます。

昨日は月一のランチの日でした。

    

前回は予約しないで行ったので、1時間近く待たされたので、今回は予約していきました。お盆に息子達と来ようと思って2日前ぐらいに夜の席の予約を入れたら、もう一杯だったのす。予約について聞くともうお正月は予約が入っていると。
繁忙期は早めに予約をしてくださいとのことでした。

お料理はいつもおいしのですが、
栗入りのバニラアイスが季節感もあって美味しかったです。

​食事の後は、彼女はクッションカバーを買うからと一緒にデパートに寄ったのです。1時間後を目安に別行動にしたのです。
私はしばらくぶりに本屋さんに寄ってみました。
目に入ったのは内館牧子さんの小説です。
「終わった人」や「すぐ死ぬんだから」などは以前読んだので、三部作とでもいうのでしょうか、この「今度生まれたら」にしたのです。​

終わった人は舘ひろしさんで映画化されてます。私は本は読みましたが映画は。観てないのです。
すぐ死ぬんだからは,nhkでドラマ化され、これはテレビで観たり、本も読みました。
そして、昨日買ってきたのが、この本です。



70歳になった佐川夏江は、夫の寝顔を見ながらつぶやいた。

「​今度生まれたら、この人とは結婚しない」​​
こんな書き出しで物語が始まっています。

エリートと結婚すべく、かわいい女だと思わせる行動をあの手この手ととってきた主人公、その彼女が
70歳を認識させられた今、思うことが書かれているのです。

平凡な幸せ、その言葉で納めて老境にはいっていいのか・・・。
まさしくフルコースの人生で、満腹感は覚えても満足感はない。としか思えない主人公なのです。

この辺りまで読んだのです。
今度生まれたら・・・?なんて、だれしも一度や二度ぐらいは思ったこともあったのではないかと思うのです。
私だったら・・・
今の自分にないものをすべて身に着けられたらいいなとか、あるいは人生のターニングポイントで、選んだ道が正しかったかどうか。
別の道だったら随分人生が変わってたと思うのです。


でも現実をみると、自分にはこれくらいで上等だったりと。

​​この本の主人公はどんな結論に至ったのだろうか。やっぱり70歳からでは新しいことに挑戦は無理だと悟ったのかしら?
まあ70歳でも何か読者にも希望が見えるといいなあとひそかに思ってるのですよ。




​​
失礼します。


​​​





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2023.09.21 15:44:13
コメント(6) | コメントを書く
[日々の暮らし] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.
X