936031 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

わたしのブログ

全437件 (437件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 44 >

音楽

2019.07.20
XML
テーマ:歌(76)
カテゴリ:音楽
以前「原爆を許すまじ」をアップしましたの今日は3つのわらべ歌をアップします。ただし私たちは20数名の混声合唱です。​​ジェスチャーなどは違いますが男女で掛け合いをします。
        
           ​​






Last updated  2019.07.20 19:48:48
コメント(21) | コメントを書く


2019.07.17
テーマ:歌(76)
カテゴリ:音楽
​​ 一昨日はプリマベラのレッスンでした。新しい先生になってから私の初めてのレッスンでした。
​​ 口の開け方、歌唱法の基本から始められました。
​​ 口を大きく開けて喉の奥にピンポン玉が3つくらい入るように開くと、深い声が出ます。と、基本中の基本から始められました。さすが声楽家の先生です。「今年は変わらなくとも来年再来年には変わるでしょう。」と未来を見据えてのご指導です。
​ 歌った歌は新しい編曲の「原爆を許すまじ」と「3つのわらべ歌」
 私にとって一番辛かったのは、歌う時立って歌うことでした。男女別に歌ったのですが、腰がメリメリしました。
 ​​家に帰ると腰が痛くて歩けないほどでした。今度は座って歌う許可をもらおう、と思いました。
 
 しっかりあとを指導してくださってさぞ故今村先生も喜んでいらっしゃることでしょう。






Last updated  2019.07.17 18:36:44
コメント(18) | コメントを書く
2019.07.05
テーマ:歌(76)
カテゴリ:音楽
  ​​今日は市川新婦人コーラスの練習がありました。
 ​​もう千葉県合唱・創作交流会も近づいたので「どじょっこふなっこ」と「津軽のふるさと」の2曲に絞って、みっちり練習しました。
 今日はSさんがお忙しい中、1時間だけ駆けつけてくださいましたので、最初の1時間で、2曲をおさらいし、次の1時間で、なお不十分なところを練習しました。
 やってみて「どじょっこふなっこ」の前奏付き、間奏付きのところ、まだハーモニーが不安定でした。「津軽のふるさと」のほうがまあまあの出来でした。でもまだまだです。
 それに暗譜しなくてはなりません。S先生にまた伴奏をお願いするので、8月2日と8月23日にはピアノ合わせがあります。それまでに暗譜しなければなりません。果たして皆さん、暗譜できるでしょうか?
 うまくできればよいのですが…。
「津軽のふるさと」の合唱バージョンがありましたのでそれをあっぷします。1部独唱ですが私たちが歌うのは全部合唱です。
                   
 
                      ​​






Last updated  2019.07.05 19:25:11
コメント(12) | コメントを書く
2019.06.23
テーマ:歌(76)
カテゴリ:音楽
「島唄」が流行ったときにはこの歌詞の背景を知りませんでした。でもそれを知ると全然歌が違って聞こえます。
​​

          ​​

​​ 沖縄戦を忘れないよう語り継ぐことも大事ですが、この「島唄」を歌い継いでいくことも大事です。






Last updated  2019.06.23 18:34:47
コメント(11) | コメントを書く
2019.06.21
テーマ:音楽(113)
カテゴリ:音楽
​​ 今日は市川新婦人コーラスの練習がありました。この前お休みしたので今日はいかなくてはと思って出かけました。夕べ先生に連絡してこの前の様子を聞いてみると、この前の前の録音のほうがよかったわ。とおっしゃったので、それじゃあ、私がでなくちゃダメなんだわ。と思ってしまうところが、悪い癖です。
 ​​「どじょっこふなっこ」、「You Tubeのように近づけたいんだけどまだまだなのよ」と先生。前奏と間奏があるのでそこがうまくいかないのかな?と私。You Tubeを録音してくださってそのCDを先に聞かせてくださいました。そのせいか、前奏と間奏の部分はうまくいきました。「冬になれば~」の部分はもっときっぱり、早く歌わないといけません。繰り返し練習してやや、出来るようになりました。先生もこれで目途が付いたようでうれしそう。
 「津軽のふるさと」の練習に入りました。これはあらかじめ、「カラオケと違うんだからしゃくりあげちゃだめよ。合唱ですからね。」と先生に言われたのですが、まだ癖が治らない人がいるみたいです。でもそのうち治るでしょう。
 最初にアルトが最初の部分を歌い、次にソプラノが歌いました。先生がアルトさんに「どうお?同じ?違う?」と聞くとアルトさんが「違うわ。」先生、「ソプラノさんは息継ぎをしても、フレーズでつながっているでしょう?アルトさんはプツンプツンと切れて子供っぽくきこえるの。」とおっしゃって、アルトさんは納得したようです。次に一人ずつ歌わされました。最初が私。2番の最初の部分です。「リンゴのふるさとは~雪国の果て~」体調が悪く息があまり続きませんでしたが、「歌としてフレーズが繋がっているでしょう?」とみんなに言われました。それから、一人ずつ歌いましたがフレーズをつなげて皆歌うことができました。私は普段より出来は悪かったのですが、みんながよく歌えたので、私の歌も参考になったかな、とひとり満足していました。
 先生も終わった時点で、ひとまずほっとなさったようでした。
 また練習、練習、また練習を積み上げないといけません。その過程が楽しいのです。






Last updated  2019.06.21 23:33:31
コメント(14) | コメントを書く
2019.06.17
テーマ:季節(85)
カテゴリ:音楽
 昨日今日と梅雨の晴れ間ですが、梅雨の日は「雨だれ」(ショパン)はいかがですか。
 ​​

         ​​






Last updated  2019.06.17 23:07:36
コメント(14) | コメントを書く
2019.06.13
テーマ:歌の楽しみ(248)
カテゴリ:音楽
こんな音楽はどう?
なかなか含蓄がありますね。
​​

​​          






Last updated  2019.06.13 22:58:26
コメント(15) | コメントを書く
2019.06.08
テーマ:歌の楽しみ(248)
カテゴリ:音楽
 先日、プラシド・ドミンゴのトスカのアリア「星は輝けり」をアップしましたが、naominさんから私もオペラ大好き。でもマリオ・デル・モナコのテノールは3大テノールもかなわないと思います。というコメントがあったので、今度はマリオ・デル・モナコの演奏でお届けしたいと思います。
​​


​​         

​​ 

 ​​
  そうですね。​​マリオ・デル・モナコはもっと甘く切ない歌でひとの心をグッと惹きつけますね。プラシド・ドミンゴはドラマティックで人の心を鷲掴みにします。それぞれ特徴があるのでしょうね。






Last updated  2019.06.08 19:34:50
コメント(6) | コメントを書く
2019.06.04
テーマ:歌の楽しみ(248)
カテゴリ:音楽
​​ 昨日は何も音楽をアップしなかったので、今日はプラシド・ドミンゴ(3大テノールの一人)のトスカのアリア「星は輝けり」をアップします。
​​          


​​ 次はトスカが歌う「歌に生き、愛に生き」

 ​https://youtu.be/CEx2LpSp_ao​​

 これは木村珠美先生が歌いました。舞台上では座って歌うのです。でも声は良く響いていました。特に高温のピアニッシモがとてもきれいに響きました。昨日は慌ててアップして木村先生の批評を抜かしてしまいましたので、ここに書かせていただきました。
 そして驚いたのは舞台装置が本格的なことでした。ハイライトだけ演じるにもかかわらず、それにはびっくりしました。
 そして出演者は原語(イタリア語)で歌い、日本語訳が上の白い壁に投影されました。目を上下しなくてはならないのでちょっと不便でしたが、終わりのほうになって慣れてきました。
 という具合に本物のオペラを見るためのガイドとして十分な役目を果たしていました。

 音楽はとてもよかったのですが文化会館の冷房がきつく、寒くて寒くて仕方なく、また腰を痛めてしまいました。






Last updated  2019.06.04 20:29:23
コメント(10) | コメントを書く
2019.06.01
カテゴリ:音楽
​​今日はコーラスの練習の日。腰の痛みが和らいできたので、それに今日は8月の県交流会で発表する歌を決める日なので出ていきました。
 ​​準備体操は座ったままでいいといわれたので、座ったままでやりました。
「津軽のふるさと」「涙そうそう」「どじょっこふなっこ」を次々と歌っていきました。
 それそれ少しずつ直されましたが、「涙そうそう」が一番直された様です。何しろ沖縄独特のリズムが難しいのです。そのリズムが崩れると沖縄の歌でなくなってしまいます。聞き覚えの通りに歌うと違うのです。
 beginさんが作曲したように歌うのは大変だと思いました。
 最後にあまり気を使わないでも歌えるうた、「もしあなたに出逢ってなかったら」を楽しく歌って、練習を終えました。

 そしてロビーへ行って、発表曲を相談しました。
先生にも参加してもらいました。
 「どじょっこふなっこ」は前回初めて参加した人は「難しいのではないの」といって今日も参加しなかったのですが、「初めて参加して歌うのは誰でも難しい」「〇〇さんなら練習したら歌えるわよ。」といって、その他、皆、賛成の様子。
 次は「津軽のふるさと」か「涙そうそう」かということですが、まず私が、「涙そうそう」は沖縄らしいリズムを皆で揃えるには難しいのではないかという意見を述べました。次の人は「津軽のふるさと」が最初のピアノ前奏も奇麗で人を引き付けるしいいのではないかという意見。「涙そうそう」は歌詞もいいし、沖縄の歌を歌いたい、という意見も出ました。先生もリズムに不安を持っていらしたらしく、「それでは『涙そうそう』はもう少し練習して12月に発表してはどうか」といってくださったので「それならいいわ。」ということで話はまとまりました。12月は「みんなで歌おう会」を開く予定なのです。

 では作曲者のbeginさんが歌う「涙そうそう」をお聞きください。
​​

​​       






Last updated  2019.06.01 00:00:15
コメント(16) | コメントを書く

全437件 (437件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 44 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.