000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

    弥々*とはず語り   

2006.02.08
XML
カテゴリ:語り日記

V.I.Pゆうやけぐもさんが、星野道夫氏の著作を紹介していた

そう言えば、星野氏だったよ!
で、『ナヌークの贈り物』があったなぁって、思い出した

忘れていた・・・生命そのものの尊厳
ここんところ雑念の塊である吾には、ガツンと効きましたん

で、当然読みたくなった・・・ 読んでもええやろか・・・

星野氏はこう言っているのに・・・
「さまざまな人生の岐路に立ったとき
人の言葉ではなく、いつか見た風景に励まされたりすることがきっとある」
 と・・・


彼は著名な写真家であり、吾は地べたのつまらん語り手・・・

あんたはんが命をかけて綴った言葉を

語れる才など持ち合わせておらんものやが・・・

どうしても読みたくて・・・

星野はん、ゆるしてつかぁさい <(_ _)>



           * 下記タイトルをポチッとしていただくと、別窓で語りBarへととびまする
             PCの音量等、あらかじめご注意下せーまし
             尚、別窓表示のタグを教えて下せーましたV.I.P呑気のん兵衛さんに
             感謝申し上げますm(;∇;)mありがじょねぇ
             また昨日のK君の詩も同様に別窓表示にいたしましたん!





☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆♪☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆♪☆.。.:*・゚☆♪☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆♪☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆




「オーロラの彼方へ」

星野道夫 写真・文 PHP研究所より引用


ぼくは、“人間が究極的に知りたいこと”を考えた。

一万光年の星のきらめきが問いかけてくる宇宙の深さ

人間が遠い昔から祈り続けてきた彼岸という世界

どんな未来へ向かい、何の目的を背負わされているのかという

人間の存在の意味・・・

そのひとつひとつがどこかでつながっているような気がした。



けれども、人間がもし本当に知りたいことを知ってしまったら

私たちは生きてゆく力を得るだろうか、それとも失ってゆくのだろうか。

そのことを知ろうとする想いが人間を支えながら

それが知り得ないことで、私たちは生かされているのではないだろうか。



ある夜、友人とこんな話をしたことがある。

私たちはアラスカの氷河の上で野営をしていて

空は降るような星空だった。

オーロラを待っていたのだが、その気配はなく

雪の上に座って満天の星を眺めていた。

月も消え、暗黒の世界に信じられない数の星がきらめいていた。

時おり、その中を流れ星が長い線を引きながら落ちていった。



“これだけの星が毎晩東京で見られたらすごいだろうなあ・・・・・

夜遅く、仕事に疲れた会社帰り

ふと見上げると、手が届きそうなところに宇宙がある。

一日の終わりに、どんな奴だって、何かを考えるだろうな”



“いつか、ある人にこんなことを聞かれたことがあるんだ。

たとえば、こんな星空や、泣けてくるような夕陽を一人で見ていたとするだろ。

もし愛する人がいたら・・・

その美しさやその時の気持ちをどんなふうに伝えるかって?”



“写真を撮るか、絵がうまかったらキャンパスに描いて見せるか

いややっぱり言葉で伝えたらいいのかな”



“その人はこう言ったんだ。

自分が変わってゆくことだって・・・

その夕陽を見て、感動して、自分が変わってゆくことだと思うって・・・”




☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆♪☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆♪☆.。.:*・゚☆♪☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆♪☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆



人の一生の中で、それぞれの時代に

自然はさまざまなメッセージを送っている。

この世へやってきたばかりの子どもへも

去っていこうとする老人にも

同じ自然がそれぞれの物語を語りかけてくる。





完:Last updated 2006.02.08 07:46:13


【2005年の今日】













Last updated  2007.12.01 20:11:43
コメント(35) | コメントを書く

PR

Comments

 @弥々@ VeryBerry 殿へ 2 (03/16) VeryBerryさん >facebookはやっていませ…
 VeryBerry@ Re:Re VeryBerry 殿へ(03/16) @弥々さん >もっぱら140字のお気楽ツィ…
 @弥々@ Re VeryBerry 殿へ VeryBerryさん >お久しぶりです。 >僕に…
 @弥々@ Re どこぞのさんへ どこぞのさん >心配かける子ほどかわいい…
 VeryBerry@ Re:長男坊の意地と親心(03/16) お久しぶりです。 僕に比べりゃ、十分立派…
 どこぞの@ Re:長男坊の意地と親心(03/16) 心配かける子ほどかわいいの~ がんばれ!…
 @弥々@ ぱんだはんへ  『三章 最後の教え』 ぱんださん >ご自身を責めないでね! >…
 @弥々@ ぱんだはんへ ぱんださん >元舅姑もそうでした。 >私…
 ぱんだ@ Re:拝啓 雪さま 『三章 最後の教え』(11/26) 雪さま、幸せ! 人生の終盤に出会った、…
 ぱんだ@ Re:拝啓 雪さま 『二章 雪を思い返す時』(11/26) 二章から入ってしまいました。 なんと… …

Recent Posts

Category

Archives

2017.07
2017.06
2017.05

Rakuten Profile


@弥々さん

とはず語り

フォローする

Freepage List

fortune


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.