000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

    弥々*とはず語り   

2006.02.10
XML
テーマ:愛しき人へ(790)
カテゴリ:語り日記

日の二日間にわたって

吾に語ることを許してくだすった星野はんへ

今回のシリーズの完結編として

吾の思い・・・この詩に託し

星野はん、あんたはんへと贈らせて下せーまし <(_ _)>

心から感謝と敬意を込めて



* 下記タイトルをポチッとしていただくと、別窓で語りBarへととびまする

PCの音量等、あらかじめご注意下せーまし




☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆♪☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆♪☆.。.:*・゚☆♪☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆♪☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆




『 白夜の黄昏の光 』

作詩・作曲 : さだまさし


 ネナナの町のアイス・クラシックが終わり
 アラスカに遅い 春が帰るけれど
 なぜかあなたひとりだけが 帰らない

 あなたが愛した 北の大地にも
 ユーコン川を 埋め尽くしながら
 鮮やかな魚たちが すぐに帰るのに

 楽しそうに氷河の軋む音を語りながら
 竜巻のように舞うオーロラを歌うように写した
 あなたは風のような物語を駆け抜けるように
 白夜の黄昏の光の中に帰っていった

 あなたの残した 美しい写真を
 いつか懐かしむ 勇気が持てるのかしら
 ザトウクジラや白熊の親子やツノ鹿やそれから
 白い息を吐く あなた自身の笑顔


 地の果てと思う どんな土地にでも
 必ず人々の 生活がある
 誰もがただ一度の かけがえのない生命を生きてる

 弱い者には 弱い者なりの
 生きる術がきっと あるのだよと
 あなたの眼差しは どんなときにも暖かだった

 何十年かもう少し早く生まれていたら
 冒険者はいつの時代も そんな風に呟くのかしら
 あなたは風のような物語を駆け抜けるように
 白夜の黄昏の光の中に帰っていった

 極北の大地を 埋め尽くしたカリブー
 マッキンレーの 山頂を雲がゆく
 アラスカ鉄道が あなたまでつながればいいのに
 まだあなたは 夢に来てくれない


 人生のブリザードを少しも怖れることなく
 自分とは誰なのかを知るために生きぬいて
 あなたは風のような物語を駆け抜けるように
 白夜の黄昏の光の中に帰っていった

 あなたの残した 美しい写真に
 包まれながら 生きているけれど
 内緒だけど一番好きな写真はほかの人が撮った
 子供とあなたと私の 一枚の笑顔

 ネナナの町のアイス・クラシックが終わり
 アラスカに遅い 春が帰るけれど
 なぜかあなたひとりだけが 帰らない



完:2006.02.10 13:04:04




【2005年の今日】















Last updated  2007.12.01 20:49:53
コメント(32) | コメントを書く

PR

Comments

 しんやパパ@ Re:PTAのあり方に言ってもええかぁ!!(04/26) PTAがいやならあずけなければいい。 あ…
 もみもみ@ PTA PTAをしたくないなら、先頭きってなく…
 とおりすがり@ Re:PTAのあり方に言ってもええかぁ!!(04/26) 自営ならって、自営ならどうとでも都合が…
 @弥々@ VeryBerry 殿へ 2 (03/16) VeryBerryさん >facebookはやっていませ…
 VeryBerry@ Re:Re VeryBerry 殿へ(03/16) @弥々さん >もっぱら140字のお気楽ツィ…
 @弥々@ Re VeryBerry 殿へ VeryBerryさん >お久しぶりです。 >僕に…
 @弥々@ Re どこぞのさんへ どこぞのさん >心配かける子ほどかわいい…
 VeryBerry@ Re:長男坊の意地と親心(03/16) お久しぶりです。 僕に比べりゃ、十分立派…
 どこぞの@ Re:長男坊の意地と親心(03/16) 心配かける子ほどかわいいの~ がんばれ!…
 @弥々@ ぱんだはんへ  『三章 最後の教え』 ぱんださん >ご自身を責めないでね! >…

Recent Posts

Category

Archives

2017.10
2017.09
2017.08

Rakuten Profile


@弥々さん

とはず語り

フォローする

Freepage List

fortune


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.