000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

    弥々*とはず語り   

2006.02.10
XML
テーマ:愛しき人へ(846)
カテゴリ:語り日記

日の二日間にわたって

吾に語ることを許してくだすった星野はんへ

今回のシリーズの完結編として

吾の思い・・・この詩に託し

星野はん、あんたはんへと贈らせて下せーまし <(_ _)>

心から感謝と敬意を込めて



* 下記タイトルをポチッとしていただくと、別窓で語りBarへととびまする

PCの音量等、あらかじめご注意下せーまし




☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆♪☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆♪☆.。.:*・゚☆♪☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆♪☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆




『 白夜の黄昏の光 』

作詩・作曲 : さだまさし


 ネナナの町のアイス・クラシックが終わり
 アラスカに遅い 春が帰るけれど
 なぜかあなたひとりだけが 帰らない

 あなたが愛した 北の大地にも
 ユーコン川を 埋め尽くしながら
 鮮やかな魚たちが すぐに帰るのに

 楽しそうに氷河の軋む音を語りながら
 竜巻のように舞うオーロラを歌うように写した
 あなたは風のような物語を駆け抜けるように
 白夜の黄昏の光の中に帰っていった

 あなたの残した 美しい写真を
 いつか懐かしむ 勇気が持てるのかしら
 ザトウクジラや白熊の親子やツノ鹿やそれから
 白い息を吐く あなた自身の笑顔


 地の果てと思う どんな土地にでも
 必ず人々の 生活がある
 誰もがただ一度の かけがえのない生命を生きてる

 弱い者には 弱い者なりの
 生きる術がきっと あるのだよと
 あなたの眼差しは どんなときにも暖かだった

 何十年かもう少し早く生まれていたら
 冒険者はいつの時代も そんな風に呟くのかしら
 あなたは風のような物語を駆け抜けるように
 白夜の黄昏の光の中に帰っていった

 極北の大地を 埋め尽くしたカリブー
 マッキンレーの 山頂を雲がゆく
 アラスカ鉄道が あなたまでつながればいいのに
 まだあなたは 夢に来てくれない


 人生のブリザードを少しも怖れることなく
 自分とは誰なのかを知るために生きぬいて
 あなたは風のような物語を駆け抜けるように
 白夜の黄昏の光の中に帰っていった

 あなたの残した 美しい写真に
 包まれながら 生きているけれど
 内緒だけど一番好きな写真はほかの人が撮った
 子供とあなたと私の 一枚の笑顔

 ネナナの町のアイス・クラシックが終わり
 アラスカに遅い 春が帰るけれど
 なぜかあなたひとりだけが 帰らない



完:2006.02.10 13:04:04




【2005年の今日】















Last updated  2007.12.01 20:49:53
コメント(32) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:『 星野道夫氏へ捧ぐ詩 』(語り6)(02/10)   ゆうやけぐも さん
星野氏の残した写真のあれこれを思い浮かべながら聴きました。さだまさしさんと懇意だったんだね。
いつか星野氏の見ていた風景をこの目で見たいと思うけれど、そう思いつつ、行かなくとも確かにそこにあると思って、それが今日もよし!という気持ちにつながっていく。弥々さん、本当にありがとね。 (2006.02.10 11:45:16)

 ゆうやけぐもさんへ   弥々 さん
ゆうやけぐもさん
>星野氏の残した写真のあれこれを思い浮かべながら聴きました。

@早速、お聞きいただきありがとうでござる^^
でね、このテイクはちと気にいらんから、この後録り直して、再度更新いたしましたん!
二種類聞けるのはくもさんだけやね^^
お時間(4分弱)ある時にでも、また、聞いてくだされ^^
さぁ、どうかわったか・・・お気づきいただけるかのう^^ (2006.02.10 13:11:27)

 Re:『 星野道夫氏へ捧ぐ詩 』(語り6)(02/10)   えりごのみ さん
あぁ 深いですね 
なんていうか・・・
言葉が 染み込むって感じですわ。
しみじみ しちゃいました。 (2006.02.10 13:52:47)

 こんにちは。   ROVA さん
本日も拝聴(^_^)やっぱり優しいな~(声が~)

外は暴風・・・(-_-) =3 (2006.02.10 14:38:14)

 えりごのみさんへ   弥々 さん
えりごのみさん
>あぁ 深いですね 
>なんていうか・・・
>言葉が 染み込むって感じですわ。
>しみじみ しちゃいました。
-----

@嬢さ~ん!!!!
んまぁぁあああ!!!お忙しい中、貴重なお時間頂戴しちまって、すんまへ~ん^^
で、豆まきはお聞きになりましたかな?
まだ、音声残してあるジョー!!!
今日は、ありがとうね^^

(2006.02.10 18:03:18)

 ROVAちゃんへ   弥々 さん
ROVAさん
>本日も拝聴(^_^)やっぱり優しいな~(声が~)

>外は暴風・・・(-_-) =3
-----

@ん・・・ROVAちゃん、ありがとうね^^
ROVAちゃんに聞いていただけるなんて、吾は、幸せもんや^^ありがとうね^^
で、暴風だってなぁ・・・
そっちが荒れてるときは、こっちがええ天気でなぁ・・・
今日も、明日もええ陽気さ^^
2/2のテレホンメッセは聞いたかい?
あの時の朝と同じように、今日も空は青く澄み渡っていたよ^^
この青空、ROVAちゃんの真上に、まんま届けたいと思った^^

(2006.02.10 18:05:42)

 とても寒い一日で...   セロリ9059 さん
例の御勉強の合間に聞きました。。。

 アラスカ...厳しい自然

 星野氏の写真、さだまさし氏の声、弥々さんの想いが伝わるようで。。。やさしかった。。。

 ありがとうです。また。。。元気いただき! (2006.02.10 19:22:34)

 Re:『 星野道夫氏へ捧ぐ詩 』(語り6)(02/10)   パクチーナ さん
泣かせないでくれや
語りとしては、今日のが一番好き
くもさんの日記で知った、自然に畏怖も尊敬もしない人たちのためにこの人は逝ったんだね・・・ (2006.02.10 20:47:09)

 Re:えりごのみさんへ(02/10)   えりごのみ さん
弥々さん
>んまぁぁあああ!!!お忙しい中、貴重なお時間頂戴しちまって、すんまへ~ん^^
いあいあいあ なんも 忙しくなんかないですよぅ
それ以上のことばが みつからないってうか・・・
それだけ 感動しただけですのよ 言葉足らずで スミマセン

>で、豆まきはお聞きになりましたかな?
>まだ、音声残してあるジョー!!!
>今日は、ありがとうね^^
あーーー しかと!!! 正座して きかせていただきました
みんな 仲良くは そういう教えを といてる
宗教が 綾部にあるんですよねぇ
最後の方の 飲み物をーって くだりで
あ!ご存じなんだ!と感動しましたですよーー!
いあぁ 深い 深いっす  (2006.02.10 23:03:45)

 Re:『 星野道夫氏へ捧ぐ詩 』(語り6)(02/10)   ラクテンジョゼ さん
やさしい声の語りと、詩を読みながら、
涙がこぼれました‥
星野道夫さんの事、改めて調べ、
親友の、池澤夏樹さんが追悼文の中で、
星野さんが、アラスカの自然と同じように、
ヒグマに対して愛情を持ち、良く知っていたと。

星野さんは、基本的に銃を持たない。

銃をもつと銃に頼りすぎて、動物と対面する場面で必要な緊張感を失い、不用意な行動をしてしまう。

その方が問題だと。

その時々、クマが、きちんと的確に自分の感情を
表現するのを読みとろうとしたと。

手の中に銃があるばかりに、
脅威でもないものを脅威と妄想して
撃ってしまう方を恐れていたのだと。

星野さんは、クマに対して、必要にして充分なだけの畏怖の念があったのだと‥

ここまで読んでいて、何とも切なくなりました。

星野さんが愛したクマによって、
命を召された事実‥
自然と動物をこよなく愛した勇者を、今夜は
心の中で称えつつ、眠りにつきます。おやすみなさい。
(2006.02.11 00:22:38)

 これは   なんだー さん
歌なの??
・・って、ごめん。また変な質問・・・。

↑の方々のコメ見て、ふむふむ・・・って感じ。
全く存じ上げておりませんでした。

何かさぁ、関係無いかもだけど
打ち込める何かが有る、ってイイよなぁーー。 (2006.02.17 23:27:58)

 セロリ9059さんへ   弥々 さん
セロリ9059さん
>例の御勉強の合間に聞きました。。。

@合間に、一息つけましたかな?
 そうだとええなぁ・・・
----

> アラスカ...厳しい自然
> 星野氏の写真、さだまさし氏の声、弥々さんの想いが伝わるようで。。。やさしかった。。。
> ありがとうです。また。。。元気いただき!

@ん、まんだ厳しい寒さが続くが、春はもうすぐだ・・・
20日まで、とにかく油断することなく・・・祈ってる
(2006.02.18 16:43:39)

 パクチーナさんへ   弥々 さん
パクチーナさん
>泣かせないでくれや
>語りとしては、今日のが一番好き
>くもさんの日記で知った、自然に畏怖も尊敬もしない人たちのためにこの人は逝ったんだね・・・
-----

@そうか、この感じが気に入ってくれたかいなぁ!!
こういう感想は、正直、勉強になってうれしいなり!
ん、これね、星野さんのお別れ会をイメージして、朗読しましたん
奥様の気持に寄り添ってね・・・

(2006.02.18 16:45:09)

 えりごのみさんへ2   弥々 さん
えりごのみさん
>>で、豆まきはお聞きになりましたかな?

>あーーー しかと!!! 正座して きかせていただきました
>みんな 仲良くは そういう教えを といてる
>宗教が 綾部にあるんですよねぇ
>最後の方の 飲み物をーって くだりで
>あ!ご存じなんだ!と感動しましたですよーー!
>いあぁ 深い 深いっす 

@正座って!(爆!)
嬢さん、相変わらずええ味出してるわい (-ι_-||| クックック
で、深いコメント返し、ありがとうさん^^
お気づきいただけて光栄なり!
(2006.02.18 16:47:23)

 ラクテンジョゼさんへ   弥々 さん
ラクテンジョゼさん
>やさしい声の語りと、詩を読みながら、
>涙がこぼれました‥
>星野道夫さんの事、改めて調べ、
>親友の、池澤夏樹さんが追悼文の中で、
>星野さんが、アラスカの自然と同じように、
>ヒグマに対して愛情を持ち、良く知っていたと。

@そのヒグマに襲われる瞬間、星野氏はその運命を真っ直ぐにあるがままに受止められたんだろうね・・・
彼をここまで悟らせたもの・・・それが自然の摂理ならば、会得したいものではあるが・・・邪念の塊の吾には、遠き道のり・・・だから今日も、生かされちまってます・・・
----

>自然と動物をこよなく愛した勇者を、今夜は
>心の中で称えつつ、眠りにつきます。おやすみなさい。

@ん、おやすみなさいませ・・・
ジョゼ様がええ眠りに包まれますように・・・

(2006.02.18 16:51:59)

 なんだーへ   弥々 さん
なんだーさん
>歌なの??
>・・って、ごめん。また変な質問・・・。

@作詞作曲は、さだまさしや
星野氏と懇意にしていたらしいよ
----

>↑の方々のコメ見て、ふむふむ・・・って感じ。
>全く存じ上げておりませんでした。
>何かさぁ、関係無いかもだけど
>打ち込める何かが有る、ってイイよなぁーー。

@興味があればだが
http://www.michio-hoshino.com/
が星野氏の公式サイトになっておる
ん、打ち込めるものがあれば、それだけで生きていく力になるもんな・・・
(2006.02.18 16:55:51)

 トラックバックさせて頂きました。   心のアラスカ さん
愛・地球博の市民パビリオンにおいて「星野道夫さんの思いを繋ぐ」というテーマで約3ヶ月間展示やイベントを行った市民プロジェクトのグループのメンバーです。

奥様の直子さんや星野道夫事務所長の萩谷さんによる道夫さんの作品のスライドショーやトークショー、道夫さんの作品の展示など行いました。

万博終了後も星野道夫事務所サポータークラブとして活動しています。

素敵な朗読で、じ~んときてとにまいましたる

この「さだまさし」の歌は、直子さんの気持ちになって作られてみたいですね。直子さんご本人は、ちょっと恥ずかしいと言っておられました。

ご興味ありましたらWEBサイトhttp://bernerland.com/cocoro/
をご覧いただければ幸いです。 (2006.02.20 15:21:47)

 Re:トラックバックさせて頂きました。(02/10)   心のアラスカ さん
どうも、私が使用している掲示板はトラックバックに対応していないようで、このブログのTOPとカテゴリー「語り日記」をリンクさせて頂きました。 (2006.02.20 15:43:51)

 二回目の方が   ゆうやけぐも さん
弥々さん

遅くなりました…。何度も聞いたんだけどコメが遅くて。今の語りの方が好きです。より素直に星野氏の写真や言葉が脳裏によみがえります。
また、何度でも聞きたい。ありがとう。 (2006.02.20 21:15:48)

 心のアラスカさんへ   弥々 さん
心のアラスカさん
>愛・地球博の市民パビリオンにおいて「星野道夫さんの思いを繋ぐ」というテーマで約3ヶ月間展示やイベントを行った市民プロジェクトのグループのメンバーです。

@ようこそ!書き込みうれしかったでござる!
で、先刻お邪魔に上がりましたん!
----

>万博終了後も星野道夫事務所サポータークラブとして活動しています。

@大変興味深い活動なさってらして・・・
ちょくちょく拝見させて下せーましね^^
-----

>素敵な朗読で、じ~んときてとにまいましたる

@ありがとうございます。本来なら、星野氏関係の方々にお知らせしてから朗読するべきものなのでしょうが、何分未熟者ゆえ、ひっそりぽっつら自分の思いの成就、ただそれだけの気持で、勝手に朗読しておりました。まさか、こんな形で、繋がるとは・・・
なんだかとっても恥ずかしいのですが、聞いてくださり、メッセを寄せて頂けたことが、語り手として心救われます。
社会から放り出された寂しい子供達や、青年、独居老人・・・世間の吹き溜まりで迷う方々に、そっと語り続けていきたいと・・・
なんのとりえもないものですが、ぽっつら語っておりまする。
----

>この「さだまさし」の歌は、直子さんの気持ちになって作られてみたいですね。直子さんご本人は、ちょっと恥ずかしいと言っておられました。

@へぇ、吾も奥様の気持に寄り添い朗読させて頂きましたん^^
最初、その思いが溢れすぎて、星野氏らしからぬ甘ったるい朗読になっちまって・・・で、今掲載してるのは、2テイク目なのです。無骨さ、生き抜く力をだしたかった、そういう人につれそう奥様もまた、しっかと大地に根を張って生きてる方だと思って・・・
まだ荒削りなので、これからも大事に精進重ねていきまする

(2006.02.21 13:42:55)

 心のアラスカさんへ2   弥々 さん
心のアラスカさん
>どうも、私が使用している掲示板はトラックバックに対応していないようで、このブログのTOPとカテゴリー「語り日記」をリンクさせて頂きました。
-----

@先刻、交流広場に書き込ませていただきました^^
このご縁が、これっきりならぬよう・・・
つたない語りですが、またお時間ある時にでも、一笑しながら聞いて下せーまし^^
題材なんかも、寄せていただけると、有難き幸せ^^
ご縁がこんな形で繋がったこと、星野氏に改めて感謝ですな^^
何かの導きかも知れませぬ・・・
本当に、こんな吾に・・・お心頂きありがとう存知まする <(_ _)>




(2006.02.21 13:44:16)

 ゆうやけぐもさんへ2   弥々 さん
ゆうやけぐもさん
>何度も聞いたんだけどコメが遅くて。今の語りの方が好きです。より素直に星野氏の写真や言葉が脳裏によみがえります。
>また、何度でも聞きたい。ありがとう。
-----

@何度もお聞きいただきありがとうさん^^
ただ、この詩は難しい・・・吾にはまだ、難しい・・・
近いうちに更に透明感ある語りを意識して、録り直すつもりなんだ
その時はくもさんにお知らせするから、また聞いてくれるかのう?
このテイクでも、まだ気に入らんのでね・・・
なぁ、コメント気付かせる為の心遣いやろ^^
気付いたぞ!ん・・・いっつもありがとうね^^
くもさんはぁ・・・ここんところキッツい日々だったのう・・・
吾、言葉失ってたよ・・・半ば責任感じてな・・・
くもさんはくもさんだぞ!最後は自分にかえるのだから・・・
(2006.02.21 13:47:55)

 ご訪問ありがとうございます。   心のアラスカ さん
>このご縁が、これっきりならぬよう・・・
>つたない語りですが、またお時間ある時にでも、一笑しながら聞いて下せーまし^^
>題材なんかも、寄せていただけると、有難き幸せ^^
そうですね。星野道夫さんが繋いでくださったこのご縁。大切に、大切にしていきたいですね。

実は、私は、星野さんが亡くなる3ヶ月まえにアラスカのフェアバンクスにあるご自宅に一晩泊めて頂いたことがあります。奥様の直子さん、お子さんのしょうまくんもお見えになりました。

夜が更けるのを忘れてお話をさせて頂きました。翌日の朝5時には家を出て、日本の講演会(山梨県八ヶ岳自然ふれあいセンター)へ向かうため奥様が運転する車を見送ったのが最後になってしまいました。

しかし、その一晩の出会いが10年経っても星野道夫というこの世にはいない人がどんどん世代や人種を越えて人の繋がりを作ってくれます。

人の繋がりを大切に大切にしていきたいものです。
サイトへのご訪問ありがとうございました。 (2006.02.21 14:27:52)

 心のアラスカさんへ3   弥々 さん
心のアラスカさん
>しかし、その一晩の出会いが10年経っても星野道夫というこの世にはいない人がどんどん世代や人種を越えて人の繋がりを作ってくれます。
>人の繋がりを大切に大切にしていきたいものです。
>サイトへのご訪問ありがとうございました。
-----

@本当に・・・人と人のつながり・・・ひろがる縁・・・
どこで、出あうかわからないが、出会うべくして繋がる縁を感じる時・・・言い知れぬ幸福に浸れるもので・・・
星野氏の残してくだすった、大事な遺産・・・
穢さぬように・・・大事に大事に、語りついで行きたいと・・・
こちらこそ、再度のご訪問ありがとうございました
4/15が近くなりましたら、改めてイベント告知させて下せーましね^^ (2006.02.22 20:34:15)

 心のアラスカからやってきました   のぶ さん
こんばんは。
私も上に書き込みのある、心のアラスカのメンバーのひとりです。
今日初めて朗読を聴きました。
さだまさしさんのこの歌も知らなくて、朗読を
聴く前に詩だけ読んで、星野さんの文章や写真を
いろいろ思い浮かびました。
朗読を聴いたら、目で読むよりもさらに詩が
心に入ってくる気がしました。声の持つ力って
やっぱりすごい。
今度またゆっくり他の朗読も聴いてみますね! (2006.02.23 21:50:52)

 のぶさんへ   弥々 さん
のぶさん
>こんばんは。
>私も上に書き込みのある、心のアラスカのメンバーのひとりです。

@おぉ!!!ようおいでくだすった^^
ありがとうさん^^
-----

>今日初めて朗読を聴きました。
>さだまさしさんのこの歌も知らなくて、朗読を
>聴く前に詩だけ読んで、星野さんの文章や写真を
>いろいろ思い浮かびました。
>朗読を聴いたら、目で読むよりもさらに詩が
>心に入ってくる気がしました。声の持つ力って
>やっぱりすごい。
>今度またゆっくり他の朗読も聴いてみますね!

@なんてうれしいお言葉!
ありがとうでござる・・・嬉しすぎて・・・。゜゚(>ヘ<)゚ ゜。ビエェーン

星野氏のメッセがあまりにも大きすぎるから・・・
吾には、どうしようもなく・・・
でも、これからも星野氏の作品は、少しづつ紹介していきたいと思っておりまする^^
で、いまは、茨木のり子さんをちと特集中ですねん
これもまた、お暇な時に聞いていただけたら、小躍りしちまいますねん^^
今日はコメントありがとうさん!
吾も、昼間貴サイトに覗きに行きましたん!
4/15が、行けないのが本当に残念だわぁ・・・
山々が賑わいを見せる春も、日に日に近づいておりますなぁ・・・イベントの成功をお祈りしております^^
今日は、本当にありがとうございました
(2006.02.23 21:57:50)

 素敵な朗読ありがとうございます。   ウクレレ満ちゃん さん
弥々さん、はじめまして。

楽天日記の中を「星野道夫」さんで検索したら、偶然この朗読を発見しました。

今、たまたま「魔法のことば 星野道夫講演集」読んでいるところだったので、星野さんのアラスカで過ごした日々に思いをはせてしみじみと聞かせていただきました。

素敵なひと時をありがとうございます。 (2006.04.04 23:29:17)

 ウクレレ満ちゃんさんへ   弥々 さん
ウクレレ満ちゃんさん
>楽天日記の中を「星野道夫」さんで検索したら、偶然この朗読を発見しました。

@わぁ・・・見つけて頂き、お立ち寄りいただき、更に立ち止まってポチッと耳を傾けて頂き・・・
更に更にコメントまで!ありがたき幸せなり^^
あぁ・・・また語りたくなったなぁ・・・
----

>今、たまたま「魔法のことば 星野道夫講演集」読んでいるところだったので、星野さんのアラスカで過ごした日々に思いをはせてしみじみと聞かせていただきました。

@今年は星野氏没後10年の記念イヤー企画が、数々催されるようやね^^
ちみはウクレレ漫談師のようだが、星野はんの詩も朗読でもされるのですかのう?なんだか、こうしてめぐり合えたのも、星野はんの導きやね^^
この出会い、嬉しく思いまする^^
-----

>素敵なひと時をありがとうございます。

@いえいえ、こちらこそ、ありがとうさん^^
(2006.04.05 17:45:24)

 さだまさしの歌   モモタロウ さん
さだまさし好きです。この曲は知りませんでしたが。曲にのせて歌うから、引き立つ言葉というものを歌っている。奥さんの気持ちで描かれた詞でしょうが、さだまさし自身の言葉が入っている。「自分とは誰なのかを知るために生きぬいて」は奥さんじゃなくて、男の彼が歌うからいいのかも・・・。
 ただ、「内緒だけど一番好きな写真はほかの人が撮った
 子供とあなたと私の 一枚の笑顔」
からさきは、しびれました。
弥々さんだからこそ歌えた言葉だと思う・・・
(2007.01.06 13:43:01)

 モモタロウさんへ   @弥々 さん
モモタロウさん
>曲にのせて歌うから、引き立つ言葉というものを歌っている。

@そう、だから語るのは難しい・・・イマジンの訳詩もそうだったが・・・
メロディにのせた詩を語るのは、いやはや原曲を知ってると
余計にメロディに引きずられて、これまた難しい・・・
歌はええなぁ・・・って思うんよ。
メロディラインがサポートして、自然と詩を届けられるじゃろ^^
語りはダイレクトにしみこませねばならず、そこがムツカシイ・・・
----

「自分とは誰なのかを知るために生きぬいて」は奥さんじゃなくて、男の彼が歌うからいいのかも・・・。

@女心を唄った詩を男の方が歌ったり、その逆なんぞは演歌の世界ではよくありますなぁ^^
ただ吾はぁ、男女関係なく語り手として、この詩を聞き手にしみ込ませたいと思うなり・・・
だから、ムツカシイ・・・
勉強だから取り上げるが、ライブでは取り上げにくい作品ではありますなぁ^^
----

> ただ、「内緒だけど一番好きな写真はほかの人が撮った
> 子供とあなたと私の 一枚の笑顔」
>からさきは、しびれました。
>弥々さんだからこそ歌えた言葉だと思う・・・

@おぉ・・・そいでは僅か最後のほんの数行が
聞くに堪えうるということかぁ・・・ f(´-`;)ポリポリ
これ難しくてなぁ、実は2度録り直ししてるんだぁ^^
おし!3テイク目に、挑んでみるかのう^^
モモさん、遡ってお聞き頂き、貴重なアドバイスをありがとうさん^^
こういうお声を頂くと、吾、俄然やる気がでまっす!
実は、もう題材は見つけてあって、すぐにでも更新したいんやが・・・
いやはや、なんせ正月休み、家族がいては電話録音できませぬ (*_*)ピヨピヨ
松の内明けたら、ぽっつらと・・・
また、お時間ある時、聞いておくれやすぅ・・・<(_ _)> (2007.01.06 20:54:01)

 Re:モモタロウさんへ(02/10)   モモタロウ さん
@弥々さん

以下、さっき、「もう他人のふんどしで相撲をとりたくねえ」の返コメで書いたのですが、昨晩と同じくまた入らないのです。(自分もココログが性に合わないのか?)そこで、そのまま、こっちの方へコピーしました。

弥々さん
昨晩、じつは、このお返事書いたのです。
ところが、その力作を誤って消してしまった。
ぜんたいのバランスで書いているのですが、どうも
断片的にしか思い出せない・・・

ところで、アドバイスではなく、あくまでいつでも感想です。
おそれおおくも…。そんな…。

たしかに、あの弥々さんが歌った言葉、胸にしみました。
読んできて、そこで、急に、自分の目が見開いたって感じ。
ぼくのように日ごろから眠りこけている人間をそうさせる言葉が1つでもあるというのは、それでいいのではないでしょうか。端から端まで完璧というのは、難しいし、1つでもあればいい仕事だと思うのです。
(さだまさしのあの詞も全部を見ると、矛盾あるような気がします。さだまさしさんが歌うから統一されているのかもしれない)

ぼくの感覚がにぶっているのかもしれないし…。
それにしても、自分も、ふだんから感覚研ぎ澄ましていかなければいけないな、そして、なんでも読んだり聞いたり見たりするときはもっと“白紙”にならにゃいかんな。
と反省しつつ、また聞かせていただきます。






(2007.01.09 11:59:44)

 モモタロウさんへ2   @弥々 さん
モモタロウさん
>昨晩、じつは、このお返事書いたのです。
>ところが、その力作を誤って消してしまった。

@おぉ!!それは、まことにザンネンなり(p_q*)シクシク
-----

>ところで、アドバイスではなく、あくまでいつでも感想です。

@感想!語り手としてどんな内容であっても、お声をいただけることは、とーってもうれしいことでありまする^^
無言がね・・・一番、コワイのじゃぁ・・・
----

>たしかに、あの弥々さんが歌った言葉、胸にしみました。
>ぼくのように日ごろから眠りこけている人間をそうさせる言葉が1つでもあるというのは、それでいいのではないでしょうか。

@あぁ・・・モモさん、ありがとうごじゃいまする・・・
ひとつあれば・・・そう、ひとつあったのですなぁ^^
あぁ・・・うれしい^^素直に、うれしいジョ^^
実は、吾もモモさんがしみてくだすった部分が、一番ジブンの中で自然に感じられる部分でしたん
最愛のご主人を失った奥様のお気持・・・この部分が一番素直にあらわされてますよのう・・・
人は、星野氏の写真に魅せられるが、奥様にとっては、時に仇に見えることもあるじゃろう・・・家族で一緒に納まった写真が、一番好き!って言う気持・・・この詩の中で一番グッときて、語りたいって思ったんやぁ・・・やっぱそういうことですな^^自分がまず、心の底から感じんといかんね^^
----

>また聞かせていただきます。

@ん^^発作で苦しいさなか、聞いてくだすったんやね^^
モモさん、語りBarでもとんがらしを聞いてくだすったようで・・・
ありがとうね^^
吾ね、次はちょいとええお話を語りまする^^
もうね、1テイク録りましたん^^
ちと、気に要らんところがあるので、明日もう一度、録音しなおしたら更新じゃぁ^^
今度のは、いつでもええから、ゼッテー聞いてやぁ^^
(2007.01.10 23:10:36)

PR

Comments

 どこぞの@ Re:長男坊の意地と親心(03/16) ご無沙汰してます! 台風のニュースを見て…
 @弥々@ Re:姪っ子たちへのプレゼント(03/01) >こちらなら伝わるかなとコメントしてみ…
 @弥々@ Re[1]:『 小さな娘が思ったこと 』(語り12)(02/26) ゆりこさんへ &gt;以前に教えて頂いたボ…
 ゆりこ@ 姪っ子たちへのプレゼント お久しぶりです。 前回、どこにコメントを…
 ゆりこ@ Re:『 小さな娘が思ったこと 』(語り12)(02/26) ご無沙汰しております。 忙しく久しぶりに…
 mamiko@ Re:葬儀日誌vol.4 【菩薩のような方でした。安らかに…】(02/13) はじめまして 涙しながら読ませていただ…
 @弥々@ Re[75]:弥生の足跡帳(03/01) ゆりこさんへ >何度かここを訪れて小さ…
 ゆりこ@ Re[74]:弥生の足跡帳(03/01) @弥々さんへ 少しご無沙汰してしまいま…
 @弥々@ Re[73]:弥生の足跡帳(03/01) ゆりこさんへ >まさかあのメッセージが…

Recent Posts

Category

Archives

2020.09
2020.08
2020.07

Profile


@弥々

Freepage List


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.