602793 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

    弥々*とはず語り   

2006.08.08
XML
カテゴリ:語り日記

昨日は語り手ブログとして、公演情報をお届けしたばかりなのに・・・

自分でもアホやなぁ・・・って思うが

ようけ閲覧を頂いてもおらんのに、早くも日記を重ねまする

しかも語り日記とは!

当然、エロティックな台詞の一説でも・・・

と思わんのが、吾のひねくれ者たる所以であり・・・

だってそうじゃろう・・・

ここでは、簡単に聞かせられませぬ (-ι_-||| クックック


♪    ♪    ♪    ♪    ♪


ってことで、まぁ、時代背景は、ちとずれとるがのう・・・

こんな↓お家の縁側で、ぽっつら婆さの昔話を聞いている・・・

語り手ニャンコ


暑気払いにもならんじゃろが

この夏、里帰り出来んで寂しい日々を送っておる方々に

ノスタルジーな気分を、ほんの少しでも味わっていただけたらと・・・

吾が懇意にさせて頂いておる

V.I.P筍殿 が編纂した熊野の里の民話をおくりませう


1話を4分前後に3回に分けての語りですたい!

公演情報に織り交ぜながらの、発信ですねん

民話好きは、お時間ゆるりと出来る時に

お茶こでも持参で、寄っといで~ (ノ´▽`)ノ


*いつものように下記下線のタイトルをポチッとしていただくと、語りが再生されまする*



☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆♪☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆♪☆.。.:*・゚☆♪☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆♪☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆



【大酒飲みのとんがらし医者・壱ノ巻】
ここを↑ポチッとしてにゃぁ~
(音声聞こえんかったら、PCのボリューム上げてくんろ~)


やらせ(北風)の吹き荒ぶ寒い寒い日のことじゃった。

木の國平井川の里へ、垢まみれのぼろぼろの衣を身に纏うた
ひとりの男がやってきたと。
髪はぼさぼさ、髭はぼうぼう、竹の杖をつき首には何が入っとんじゃろか
てんてらてんに黒光りした重そな頭陀袋を下げておったげな。
いつもは悪戯ばっかでおかしゃんに怒られっぱなしの洟垂れわっぱどもも
その男を見た途端 みんなおとろして家へと逃げ散ったげな。

「にいやん、どえらいおとろしおっさんがこっちゃ向いてやってくっど
 なっとしょう」
「じゃかあし、そうひしるな」
 
ほどなく、留守番してる兄弟の家の戸口に、男が立った。
「もうし、誰ぞ居らんかの。旅のもんじゃが
 今宵一晩、軒先でも借してはくれんかのう。こん寒さで難渋しておるんじゃ」

身なりに似合わぬ、思いの外、丁寧な言葉使いじゃったげな。
にいやんが気丈にも答えた。
「おいやん、そしたらすぐ裏の畑でおとさんとおかさんがおるで
 いんでくるで待っとって」

すぐにおとさんがやってきて
「へえ、これはこれは・・・おまん、どっからきたんな、こいからどっちいくんな」
とまあ父親もおっかなびっくり尋ねたと。

「いやあ、あてものう諸国をぶらついとるんじゃ。こう見えても儂は医者での
 今晩一晩泊めてくれたら、御礼に村の病人診てしんぜるがどうかの」
「おまんが医者ってかあ。そげなあらくたい(めちゃくちゃな)話があるもんか。
 まあええ、この寒空で寝るのも体にようないで、今晩一晩だけなら泊まってけ」

 
こうして男は一晩の宿を借り、翌日の朝・・・


「もしも病人が居るようなら御礼に診てしんぜようほどに。
 急いで村の衆に伝えてきなされ。そうさな、そこの物置でも借りて診察するかの」

昔から、医者など勿論、薬も無いよな村じゃった。
数刻も経たぬうち村中が空になるほどおおぜの衆が集ったと。

一番はお蝶婆さん。もう何年も足が萎えて寝たきりじゃったが
倅が戸板に乗せて連れてきた。

男はひとしきり婆さんの皺だらけの足や腰を擦ったり揉んだりしておったが
やがて汚ねえ頭陀袋から薬研を取り出し、幾種類かの薬を調合し始めたんじゃ。
できた薬を鼻糞ほどの大きさに丸め、一粒、婆さんの口に投げ込んだ。

するとどうじゃろ、婆さんの足と腰がみるみるいごき出した。
婆さんたら、戸板を担いですたすたと歩いて家に帰ったっつうから驚きじゃぁ。
 
さあ、それからというものは、物置診療所はのう、近郷近在だけではのうて
どえらいとわいところからも、来るは来るはの大賑わい。


                                   ・・・ってことで、つづく・・・


記:2006.08.08 13:24:08

2005年の今日












Last updated  2006.08.08 13:37:51
コメント(22) | コメントを書く

PR

Comments

 @弥々@ VeryBerry 殿へ 2 (03/16) VeryBerryさん >facebookはやっていませ…
 VeryBerry@ Re:Re VeryBerry 殿へ(03/16) @弥々さん >もっぱら140字のお気楽ツィ…
 @弥々@ Re VeryBerry 殿へ VeryBerryさん >お久しぶりです。 >僕に…
 @弥々@ Re どこぞのさんへ どこぞのさん >心配かける子ほどかわいい…
 VeryBerry@ Re:長男坊の意地と親心(03/16) お久しぶりです。 僕に比べりゃ、十分立派…
 どこぞの@ Re:長男坊の意地と親心(03/16) 心配かける子ほどかわいいの~ がんばれ!…
 @弥々@ ぱんだはんへ  『三章 最後の教え』 ぱんださん >ご自身を責めないでね! >…
 @弥々@ ぱんだはんへ ぱんださん >元舅姑もそうでした。 >私…
 ぱんだ@ Re:拝啓 雪さま 『三章 最後の教え』(11/26) 雪さま、幸せ! 人生の終盤に出会った、…
 ぱんだ@ Re:拝啓 雪さま 『二章 雪を思い返す時』(11/26) 二章から入ってしまいました。 なんと… …

Recent Posts

Category

Archives

2017.07
2017.06
2017.05

Rakuten Profile


@弥々さん

とはず語り

フォローする

Freepage List

fortune


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.