078741 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

モノコトモノ(かったもの・やったこと・みたもの)

PR

Free Space

QLOOKアクセス解析

2016年大河ドラマ「真田丸」や西洋芝関連と車関連にカテゴリー分けしております。
下段のカテゴリーよりお入り下さい。
楽天BLOGの性質上、新しい記事より順に表示されます。

Category

Archives

2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月

Calendar

Rakuten Card

2015年01月15日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
車の電装系(カーオディオやナビ、ETC等)をDIYで取り付けたい初心者やビギナーと
呼ばれるようなこれから知識を蓄えたい方向けに、解説していきます。

~もちろん、DIYですので最終的には自己責任でお願い致します。~

概略編 1

まずは下図をご覧下さい。

gairaku1
超基本的な配線のイメージです。電装系ですので、プラスとマイナスの線があります。
乾電池と同じです。車の場合はバッテリーからプラスもマイナスも供給されています。
取り付けたい機器に、プラスとマイナスを繋げば電気が流れ機器が作動します。

車の場合は、マイナス線を車体(ボディ)の金属部分を使って流れていますので、
上の図ですと外枠の黒い縁取りが車も車体(ボディ)だと思って下さい。
もちろん、電気ですのでプラスチック部分やガラスには流れていませんし、
金属部分でも絶縁してある部分には流れていませんが、
「車の金属部分がマイナス」とマイナス線は非常にシンプルに
イメージしてもらると思います。

プラス線はリレーやヒューズのような部品を通して、各電装品に供給されます。
リレーやヒューズの役割は後述しますので、今はイメージだけつかんで下さい。
下図のようなイメージです。ですので、車内にある配線はほとんどすべてプラス線だと
思って頂いてOKです。
gairaku 2
上の図のオーディオ等の部分を電球やLEDに置き換えると、エンジンのON/OFFに
関係なく、24時間点灯しっぱなしの電球をあなたが取りつける場合の
配線となります。この配線ではバッテリー上がり(ようは電池切れ)を
起こしますので現実的ではありませんが。

まとめ
ボディがマイナス で 配線がプラス です。

オートバックス楽天市場店オートバックス楽天市場店







Last updated  2015年01月15日 23時01分35秒
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.