1832900 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

私のブログ(田舎の自由人)

PR

X

全3件 (3件中 1-3件目)

1

古墳

2019.03.01
XML
カテゴリ:古墳
吉岡町南下地区に「南下古墳群」と称してA号古墳~F号古墳の6つの古墳が

隣り合うように集まっているところがある。

南下古墳群-01

ここは今現在公園として整備されている。立派なパンフレットもある。

南下古墳群-07

南下古墳群-08

古墳群の中でも一番高いところにある古墳は、C号古墳である。

南下古墳群-03

C号古墳に登ってみた。

南下古墳群-04

石室の中にも入れた、しゃがみいこんで入れる大きさだった。

南下古墳群-05

一番高いところにあるので、古墳群のすべての古墳が見える。

公園にはそれぞれの古墳の案内板がある。

南下古墳群-06

図と写真でその様子を紹介する。

C号古墳から写真を撮影した方向を矢印で示した。

南下古墳群-02

D号古墳方向の写真。

D号古墳の石室が見えて、その左側にE号古墳が見える。

南下古墳群-09


A号古墳方向の写真。

A号古墳の道を隔てた左側にB号古墳がある。

南下古墳群-10

F号古墳方向。

道路の拡張で石室は残っていないという。

南下古墳群-11

全部の古墳を見たあとは、目線を北の方向に向けると遥か遠くに白い雪をかぶった山があった。

南下古墳群-12

群馬県と新潟県の県境にある谷川岳連邦である。

古墳時代の人もこの場所から、遠く谷川岳連邦を眺めていたに違いない

と、思うと古墳時代にタイムスリップした感覚になった。






最終更新日  2019.03.02 00:38:03
コメント(0) | コメントを書く


2010.05.19
カテゴリ:古墳

5月16日の野球が行われた八幡山グランドの近くに古墳群が新しく整備されたと言うので

見学に行った。

グランドから500メートルの距離である。

古墳群標識


「南下古墳群」と新しい案内版があり、辺りは広々とした広場風の場所があった。

古墳群の中心らしいところに案内板が有った。

案内板


周囲500mの範囲にA,B,C,D,E,Fの古墳が密集しているのだ、


地図を拡大すると


配置図


20台ほど駐車できる駐車場と芝生広場を中心にやや細長く古墳が分布している。

それぞれの古墳はA号からF号古墳と命名されている。古墳の形は横穴式石室を持つ円墳

との事だ。


A号古墳

A号

B号古墳

B号

C号古墳

C号

D号古墳

D号

E号古墳

E号

F号古墳

F号

最後のF号古墳の石室は道路の拡張工事で削られてしまったらしいとの説明があった。


他のA~E号までの古墳はすべて開口されているため石室内を見る事が出来る。

全部の石室内を見たが、自然石を使ったものや、切石を組み合わせたものなど、高さや広さ

などそれぞれに特徴があった。


内部-2内部-1


整備される前にも見学に行ったが、雑木が立ち並び雑草に覆いつかされていて古墳群の

全容がわかりにくかったが、雑木を切り倒したので見通しが良くなり古墳が集中している

様子がわかりやすく成った。




機会を見つけて石室内部をじっくり観察したいと思っている。





私のブログ(田舎の自由人)





「田舎の骨董」興味のある方は、覗いてみてください







最終更新日  2010.05.19 22:31:05
コメント(2) | コメントを書く
2010.05.06
カテゴリ:古墳

数日前の新聞に、5月5日に「春の林業試験場を一般公開」「ヤマツツジ、ミツバツツジ、

サラサドウダンなど約1000株が見ごろを迎えた」の記事が載ったのでツツジを見に行った



つつじ


試験場の入口で、施設案内図をもらい場内に入る。順路案内に従い進むとツツジが見えてきた

場内は遊歩道が出来ていて樹木園や杉やヒノキの展示林などがある。総面積は6.2

クタールあり約600種の樹木があると言う。

遊歩道の途中には捕獲装置らしきものもあった。これで熊でも捕獲したのだろうか。


捕獲装置捕獲装置-2


試験場内には群馬県指定の「高塚古墳」があり石室を見るここが出来た。

古墳入り口石室-2

室内は想像したよりも大きいと感じた。

石室の大きさは長さ6.6m、幅2.2m、高さ2.8mぐらいで、巨石で作られていた。


石室-1

樹木園内には、群馬県各地の天然記念物になっている巨木や樹木の二世達が育てられている。


矢立て杉

榛名神社にある大きな杉の木で「矢立ての杉」と呼ばれている杉の2世である。

最近、鶴が岡八幡宮の大イチョウが倒れてしまったが、そういう事態に備えてのものなのか

わからない。

又ここには「野鳥病院」と言うものが有り、県民が保護した傷ついた野鳥達が飼われていて

年間3,400羽の傷ついた野鳥が集められその60~70%が再び自然に帰されている。


野鳥

この鳥も片方の羽が下がっているように見える、羽の骨でも痛めているのだろうか。

高層ビルのガラス窓に衝突したりして傷つく野鳥も多いと聞く。


温室には、マツボックリが沢山あった。隣には実生から育てたか、挿し木で増やしたものか

わからないが、小さな苗が沢山育てられていた。


マツボックリ苗-1

見学途中で、いつも前橋市サイクリング協会でお世話になっている〇井ご夫妻がサイクリング

で、ここのツツジを見学にこられているところをお会いした。

「白井宿の八重ざくら祭り」サイクリング以来の出会いだった。







最終更新日  2010.05.06 22:12:05
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全3件 (3件中 1-3件目)

1


© Rakuten Group, Inc.