1836591 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

私のブログ(田舎の自由人)

PR

X

全91件 (91件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >

作業

2021.02.19
XML
カテゴリ:作業
2月16日から、隣地の宅地造成が本格化してきた。

宅地化になる場所に太くなったアカシアの木があり、その木の撤去作業が始まりそう。

造成が始まる-01

大小のショベルカーが1台ずつ、ハサミ型重機1台が造成地にはいって来て作業をはじめた。

すでに3本ほどのアカシアの木が根こそぎ倒されている。

造成が始まる-02

土手のアカシアの根元をショベルカーで掘り起こす、ショベルカーのアーム部分を使ってアカシア

の木を倒してゆく。

根を掘られたアカシアの木は簡単に倒れた。

造成が始まる-03

倒れた木はハサミ型重機ではさんで水平に保ち、その場でチェーンソーで1.5mぐらいの長さに

切っていた。





造成が始まる-05

最後のアカシアの木が倒された。





造成が始まる-06

夕方近くにはすべてのアカシアの木が倒され、1.5mの長さに切られた。

造成が始まる-041






最終更新日  2021.02.19 09:00:06
コメント(0) | コメントを書く


2021.02.15
カテゴリ:作業
2月12日、我が家の家庭菜園の隣地が宅地造成となる。

工事関係者が挨拶に見えて、具体的な図面を持ってきた。

図面をトレースして簡易図面を書いた。

宅地造成7区画-00

隣地の南側に幅約6m、長さ約65mの道路が作られ、道路の北側に7区画の宅地が造成される。

宅地造成の完成は8月を予定しているという。

現在の土地の様子を4か所から撮影して、造成工事の進捗状況を観察してみることにした。

宅地造成7区画-00mm

①、町道から、宅地造成の入り口を撮影。

右側のフェンスのすぐ北側に6m道路が作られる。(枯草が有る所)

宅地造成7区画-01mm

②、6m道路が屈曲する部分の手前から、造成地の一番奥を見る。

宅地造成7区画-02mm

③、右側の畑が。我が家の家庭菜園である。菜園の手前は「馬入れ」と言われる道路です。

宅地と畑の堺には70Cm位から95Cm位の擁壁を立てるという。

宅地造成7区画-03mm

④、馬入れの道路から造成地を見る。境界に擁壁が出来るので馬入れの先は行き止まりになる。

宅地造成7区画-04mm

我が町吉岡町は、群馬県内でも唯一人口が増えている町である。

町の発展が加速しそうだ。






最終更新日  2021.02.15 12:44:48
コメント(0) | コメントを書く
2021.02.04
カテゴリ:作業
わが家の畑の隣地に土木用の車両が来ている。

そして何やら作業をしていて、アカシアの木が少なくなって来ていた。

河川維持工事-01

1月の中旬から作業をしていた。作業で切り倒されたアカシアの木に印を付けてみた。

河川維持工事-02





河川維持工事-11

どんな工事なのか見るために河川敷に行くと『河川維持工事」の看板が、橋のたもとに表示

してあった。

河川維持工事-03

工事中と整備完了時の写真を比較してみた。

橋の袂の比較。

河川維持工事-04

うっそうとした篠がなくなり、川沿いのアカシアの木が切り取られている。

河川維持工事-05

橋の欄干から。

河川維持工事-06

川沿いのアカシアが切られすっきりとしている。

河川維持工事-07

河川敷の道路。

河川維持工事-08

河川維持工事-09>

アカシアの根元の大きな株。

河川維持工事-10

ここの河川維持工事は20年前にも1度実施されていたように記憶している。

維持工事はなされたが、アカシアの根元からまた芽が出て大きく育つ。篠も根が残っているので

又生えてくる。

河川維持工事-12









最終更新日  2021.02.04 14:00:32
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.25
カテゴリ:作業
昨年の暮れ、隣に住む長男の孫が我が家に遊びに来た。

ちょうど幼稚園が冬休み中なので時間がたくさんあり、時間つぶしに妻が水彩絵の具を出して

孫に絵を書かせた。

孫の水彩画-01

孫も絵を書くのが楽しいらしく、家や果物、柿の木や団子みたいなものを沢山書いている。

孫の水彩画-02

色替えの時には絵筆を綺麗に洗ったり、水がよごれれば水を新しくしたりしている。

孫の水彩画-03

3時間ぐらい絵を書いていたようで、カラー模造紙いっぱいに絵が埋まった。

物の形や、物の色などをしっかりと認識している様子だ。

孫の水彩画-04






最終更新日  2021.01.25 09:00:06
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.20
カテゴリ:作業
整備会社社員が我が家を訪れて、タオルを届けに来た。

その時にどんな整備をしているのかと妻が伺うと、隣地と川の間にある道の整備をしているとの事。

土手にある道の状況を見に出かけた。

川にかかる橋から土手を見た。

宅地造成開始-10

橋の端から土手道を見る。

道の両側にあるアカシアの木は、通行に邪魔になる木は切り倒され、道にはびこっている篠は、

綺麗に刈り取られていた。

宅地造成開始-11

道に降りてみた。

宅地造成開始-06

太いアカシアの木がきり倒され、根っこが残っている。

宅地造成開始-12

この道を利用する人はほとんどいない道である。

川側に生えているアカシアの木は昔の整備時にはすべて切り倒されていたものが、ここまで太く

成長しているのである。

隣地にあるアカシアの木は太く、川側にあるアカシアの木はそれよりも細いのである。






最終更新日  2021.01.22 23:17:14
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.19
カテゴリ:作業
我が家庭菜園の北側の隣地の整備がはじめられた。

隣地のさらに北側は土手道があり滝の沢川が流れている。

土手の部分の篠が刈られて、作業者が集めている。

宅地造成開始-04

翌日には、作業車も入って来た。

宅地造成開始-07

この場所は昨年の夏ごろまでは桐材の板を乾燥させておく場所であった。

宅地造成開始-01

11月になり、桐材が全て無くなっていた。

宅地造成開始-02

今年になり、土手の部分の篠が刈り取られている。

宅地造成開始-03

隣地の堺のブロック塀まで来た。西側まで広い土地が広がっていた。

宅地造成開始-08

宅地の造成が始まるのだろうか?。

これからの状況を注視していく。






最終更新日  2021.01.19 10:39:13
コメント(0) | コメントを書く
2020.12.29
カテゴリ:作業
12月28日、送迎の仕事が済んで家に戻ると、メダカ置き場の前に猫が座っていた。

どうもメダカを狙っているようだ。

猫が狙っている-01

車から降りて近づくと、急に逃げ出した。

猫が狙っている-02

メダカを猫に狙われないように、夏の日よけに使ったすだれをかぶせておくことにした。

猫が狙っている-03

これで猫も近寄れないと思う。

今までに猫にやられていたのかはわからない。今度水替えをしたときにチェックするつもりだ。





猫が狙っている-04
猫が狙っている-04 posted by (C)田舎の自由人






最終更新日  2020.12.29 09:00:07
コメント(0) | コメントを書く
2020.12.17
カテゴリ:作業
12月13日の日曜日に車のタイヤを冬用に交換した。

隣に住む長男が、自分の車のタイヤを冬用に替えていた。

そのあとに私も交換しようとタイヤを並べておいた。

昼食後休んでいる間に、長男がわたくしの車の全部のタイヤを交換をしてくれていた。

冬用タイヤに交換-01

私は交換が終わったタイヤをしまった。

タイヤ交換後長男が冬用タイヤの圧力を見ていた。

冬用タイヤに交換-03

小型ドリルみたいな恰好をした機械の先端にホースがあり、その先をタイヤの空気口にはめ込

んでいる。

冬用タイヤに交換-02

この機械は小型のコンプレッサーでバッテリーで動作して、タイヤの空気圧を上げてくれる。

私の車のタイヤの標準空気圧は240らしい。

交換した冬用タイヤは185ぐらいしかなく、スイッチを入れてポンプで250ぐらいまで上げて

タイヤからホースを抜いた。

ホースを抜く時に少しエアーが抜けるので、高めの250に上げておくのだという。

冬用タイヤに交換-04

今年の冬用タイヤ交換は、全部長男がしてくれて大助かりだった。






最終更新日  2020.12.17 09:00:06
コメント(0) | コメントを書く
2020.09.01
カテゴリ:作業
昨日、カブト虫の点検を行い卵が採取できたので卵の孵化を観察できるようにビンにセットした。

透明なビンに飼育マットを詰め、ガラス面に棒で穴をあけその穴に白い卵を落とし込む。

カブト虫卵観察-01

白い卵がガラス面から見えるようにマットを動かしてセットする。

カブト虫卵観察-02

一ビンに10個ぐらいの卵をセットした。

新聞紙に細かい穴をあけたものでフタをしておいて、時折霧吹きで水分を保ちながら観察を続ける。






最終更新日  2020.09.01 09:00:07
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.31
カテゴリ:作業
いま4匹のカブトムシを飼育している。

すべて我が家の畑の自家堆肥の中から出てきた幼虫を、火鉢の容器内で成虫になったものばかりだ。

カブト虫の点検-01

7月19日に最初のカブトムシの成虫が確認できた。

カブト虫の点検-02

急遽カブト虫の飼育箱を準備した。

カブト虫の点検-03

一番最初の成虫は雄のカブト虫だった。

カブト虫の点検-04

その後次々に成虫が誕生し、最終的に雄2匹、雌2匹となる。

カブト虫の点検-05

飼育マットを交換してみると、成虫のほかに幼虫4匹と20個ぐらいの卵が見つかった。

カブト虫の点検-06

4匹の幼虫は飼育箱に戻す。

カブト虫の点検-07

同じ飼育箱に雄2匹、雌2匹の成虫を戻して、これからさらに飼育してゆく。

カブト虫の点検-09

採取した卵は、孵化する様子を観察するために別のカラス容器にうつした。

カブト虫の点検-08

これからもカブト虫の成虫や幼虫、卵の孵化などの世話が続く。






最終更新日  2020.08.31 09:00:07
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全91件 (91件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >


© Rakuten Group, Inc.