1834128 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

私のブログ(田舎の自由人)

PR

X

全77件 (77件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

風景

2021.04.06
XML
カテゴリ:風景
4月4日にサイクリングロードの枝垂れ桜を見に出かけたときに、ヘビを見た。

散歩中、男女二人の黒い色をした外国人に呼び止められた。

石垣の所にヘビがいる、そのヘビは毒を持っているかと聞いてきた。

石垣にいるヘビは私には良くわからなかったが、女性外人がスマホの写真でヘビを見せてくれた。

其の場ではヘビの種類は分からなかった。多分毒はないヘビだと思うと答えておいた。

私のカメラでそのヘビを撮影しておいた。

散歩途中のヘビ-01

太い針金で細長く編んだ籠に玉石を詰めて、土手の補強に使っている所にヘビがじっとしていた。

ヘビの名前が知りたくて、ネットで似たよぅなヘビを見つけた。

ヘビの模様が似ていて、名前はニホンマムシだという。

散歩途中のヘビ-02

この辺ではマムシと聞くと強い毒を持っていて、かまれると時には死に至ると言われている。

別の同じような模様のヘビを探した。

ヘビの様子も書かれていた。

散歩途中のヘビ-03

銭形模様と呼ばれ、「小銭を貼りつけたような、茶褐色の丸い模様の中央に暗色の斑点があます

と書かれていた。

改めて撮影してきたヘビの写真を見ると、なんと驚きの茶褐色の丸い模様の中央に暗色の斑点が

ある模様が数個確認できた。

散歩途中のヘビ-04

今日見たヘビは「ニホンマムシ」かもしれない。

実際のマムシを見たのは初めてである。






最終更新日  2021.04.06 09:00:06
コメント(0) | コメントを書く


2021.04.05
カテゴリ:風景
4月4日、利根川自転車道 玉村・渋川サイクリングロード沿いに咲く枝垂れ桜の並木を見てきた。

道の駅よしおか温泉の駐車場まで車で行き、サイクリングロードを歩いて往復して並木を見てきた。

枝垂れ桜並木-00

この日は日曜日だったので、サイクリングを楽しむ人達でにぎわっていた。

枝垂れ桜並木-01

サイクリング道路わきには150本の枝垂れ桜が植えられているという。

枝垂れ桜並木-03

近所の方からサイクリングロードの枝垂れ桜が見ごろになっているという情報を頂き、妻と出か

けた。

枝垂れ桜並木-02

枝垂れ桜の花を良く観察すると、八重咲と一重咲きがあるのに気がついた。

一重咲きの枝垂れ桜。

枝垂れ桜並木-05

八重咲の枝垂れ桜。

枝垂れ桜並木-04

並木道は、緑地運動公園入口にある「桜並木完成記念」碑から500m先まで続いていた。

ここを折り返して、また道の駅よしおか温泉に向かった。

小学生が小さな自転車に乗って、サイクリングを楽しんでいる姿も見られた。

枝垂れ桜並木-06






最終更新日  2021.04.05 19:05:50
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.04
カテゴリ:風景
吉岡町小倉地区を流れている滝の沢川の土手にソメイヨシノが植えられている。

小さな橋から下流に向かって、土手沿いの桜が見ごろを迎えていた。

小倉地区の桜-01

小倉地区の人たちが、提灯を飾って花見に来た人たちを楽しませてくれる。

小倉地区の桜-02

わずかにつぼみもあるがほとんどが咲いていた。

小倉地区の桜-03

下流の端の近くには東屋があり、トイレも設置されていて、ミニ公園となっている。

小倉地区の桜-04

下流の端から上流を望む、土手から張り出した枝は小川に届きそうだ。

せせらぎの音が聞こえてきてのんびり感が出る。ゆっくりとした花見を楽しむことが出来た。

小倉地区の桜-05






最終更新日  2021.04.04 09:00:05
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.03
カテゴリ:風景
3月28日、上八幡神社が新しく建て替えられ、改築完成祝賀会が開かれたことが地元新聞で報道

された。

3月5日の私のブログで、上八幡神社が新しく建て替えられた事は紹介した。

上八幡神社新社殿祝う-01mm

この神社に奉納される大藪獅子舞は吉岡町の重要無形文化財である。

上八幡神社新社殿祝う-03

神社は鎌倉時代に創建されたという。今回改築された社殿。
上八幡神社新社殿祝う-02

旧社殿は130年を経過していたという。

上八幡神社新社殿祝う-04

今回の改築で、見違えるほどの社殿になった。

上八幡神社新社殿祝う-05

この社殿がこれから100年、200年と地元に愛される神社になる。






最終更新日  2021.04.03 09:00:05
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.02
カテゴリ:風景
3月31日、お寺に咲いている枝垂れ桜を見て回った。

最初にお寺には関係ない枝垂れ桜を見てきた。

ちょっとおかしな形で咲いている枝垂れ桜。

お寺の枝垂れ桜-01

主幹が途中でなくなっている、その下の枝が咲いている。

主幹がなくなった理由は、枯れてしまったのかそれとも雷にやられたのかはわからない。

残された枝で精一杯の花を咲かせている。

お寺の枝垂れ桜-02

金蔵寺の枝垂れ桜。

お寺の枝垂れ桜-03

この枝垂れ桜は、群馬県天然記念物に指定されている。

お寺の枝垂れ桜-04

地元では「いも種ザクラ」と呼ばれて親しまれている。

お寺の枝垂れ桜-05

泰叟寺(たいそうじ)の枝垂れ桜。

お寺の枝垂れ桜-06

渋川市有馬にある曹洞宗の寺である。

お寺の枝垂れ桜-07

けっこう大きな枝垂れ桜である。樹齢が三百年ぐらいはありそうだ。

お寺の枝垂れ桜-08

次は我が家の菩提寺、東福寺の枝垂れ桜。

お寺の枝垂れ桜-09

本堂の前に左右1本ずつ植えられている。向かって右側の木の方が大きく感じる。

お寺の枝垂れ桜-11

ここの寺には半鐘が吊り下げられてある。

大東亜戦争で金属の供出に出されたが、役場職員の機転で供出を免れ歴史をつなぐことが出来た。

お寺の枝垂れ桜-12






最終更新日  2021.04.02 14:17:10
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.31
カテゴリ:風景
3月29日、吉岡町の高崎・渋川線の下野田にある鬼が橋交差点を水沢観音方面に向かってすぐの

ところに桜が咲いていた。

船尾児童公園-01

この場所は妻の実家のすぐ近くにある、旧船尾遊園地の桜である。

ソメイヨシノが細い通学路沿いに咲いている。

船尾児童公園-02

両側の土手に桜の木が植えられていて、中央は広い広場になっている。

船尾児童公園-03

広場の一番西側には、「船尾遊園地記念碑の由来」の碑が建てられている。

船尾児童公園-04

「船尾遊園地記念碑の由来」

 昭和二十年八月、無謀な軍閥による大東亜戦争も無条件降伏という最悪の終結となり、私達も戦後の先の見えない不安と食糧難。幾多の障害を乗り越えなければなりませんでした。
 産めよ増やせよの時代、大勢の子供たちの遊ぶ所もなく、原町には、公会堂、集会所等の公共施設もありませんでした。
 子供達が安心して遊べる安全な施設が必要というのが、町内の一致した意見でした。土地もなく資金もない私達の前には大きな壁があり、この壁を突破しない限りは、話が進展しません。
其の節、柴崎酒造(株)社長、柴崎源喜様より、小学校通学路沿いにある土地を、無償貸与をしてくださるとの有難いお話を頂きました。
 町内一同、協議の上、遊園地を造ることに成りました。
除草や整地、桜を植樹し、鉄棒、ブランコ、スベリ台を設置、長イス等も置いて、遊園地らしい広場が完成、子供達の喜びと楽しそうな歓声が、毎日聞かれる様になり、私達もその恩恵に浴し、盆踊りや仮想コンクール等、多彩な催しや各種の行事に利用させて頂き、今も、なつかしい思い出として私達の心に残っています。
 星雷五十有余年、様々な思い出の残る遊園地も、世の変遷と子供達の激減により不要化しつつあり、町内アンケートの結果、返還を決定しました。
長年に渉る柴崎酒造社長二代柴崎源喜様のご厚情に対し、町内一同、心からの謝意と御礼を申し上げ、併せて社業の益々の御繁栄と御家族皆様の御健勝、御多幸を祈念申し上げ、ここに記念の碑を建立しました。

平成二十一年三月吉日建立
      寄贈 下野田、原地区住民
      碑原文 岩田 健吉
      代表世話人 原地区代表 森田 稔

この遊園地のスベリ台で遊んでいる幼少の頃の妻が写っている写真が、妻の実家にあった。

船尾児童公園-08

子供達は兄や弟と親戚の子供達だという。

話を桜に戻す。記念碑の裏から広場のソメイヨシノ。

船尾児童公園-05

桜の花は今、満開を迎えていた。

船尾児童公園-06

遊園地の遊具は取り外されてはいるが、今も広場は手入れがされている。

シートを持参して、家族で花見が十分出来る広場になっている。

船尾児童公園-07






最終更新日  2021.03.31 09:00:06
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.13
カテゴリ:風景
3月10日1
,前橋市敷島公園バラ園にあるサンシュユが見ごろを迎えたというので見に出かけた。

バラ園内にはサンシュユの木が2本ある。バラ園正面入り口から梅林を通り過ぎたところにある。

サンシュユの花-01mm1

公園入口から萩原朔太郎詩碑のある方へ進み、梅林を目指す。

サンシュユの花-02

梅林には赤や白の花をつけた梅の木が数十本植えられている。

サンシュユの花-03

梅林の先に黄色の花をつけた2本のサンシュユが見えた。

サンシュユの花-04

サンシュユの木を潜り抜けて反対側から見た。

サンシュユの花-05

青い空にサンシュユの黄色の花が光り輝く。

サンシュユの花-06

昨年同様に記念写真を撮ってもらった。

サンシュユの花-07

今回のサンシュユの見ごろの情報は地元新聞からで、新聞を読んでいて記事を目にしてから

その日のうちのに見に出かけたのである。

サンシュユの花-08






最終更新日  2021.03.13 09:00:06
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.12
カテゴリ:風景
地元新聞で前橋市にある利根川緑地の河津桜が見ごろになったと報じていた。

毎年この時期には緑地の河津桜桜を見ているので,見に出かけた。

河津桜-01

この日は上州独特のからっ風が強く吹いていた。

7本ある河津桜は、幾分遅すぎてわずかに見ごろを過ぎていた。

河津桜-02

サクラの木の下から、葉っぱがあまり出ていない場所を狙ってシャッターを切る。

河津桜-03

枝先の花を撮影しようとしても、からっ風が強く枝が揺れて撮影しにくい。

何枚か撮影してやっとこ撮れた。

河津桜-04

敷島緑地からは群馬県庁舎が良く見通せるのである。

河津桜と群馬県庁舎。

河津桜-05

7本の桜があるが、一番北側にある桜が見ごろだったので、妻に撮ってもらった。

河津桜-06






最終更新日  2021.03.12 15:01:46
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.11
カテゴリ:風景
昼間の散歩コースにミツマタの木が植えてある場所がある。

2月17日に散歩に出かけて、ミツマタが蕾を持っているのを見つけた。

ミツマタの花-01

3月10日、ミツマタの蕾が気になって見に出かけた。

黄色の花びらを開き咲いていた。

ミツマタの花-02

ミツマタの花-10





ミツマタの花は今回初めて見ました。

ミツマタの花-05

黄色の花がやや下向きに咲いている。

ミツマタの花-06

少し綿をかぶっているように見える。

ミツマタの花-07

青ずらをバックに。

ミツマタの花-08

小さな花がたくさん集まってる。

ミツマタの花-09






最終更新日  2021.03.11 19:08:21
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.05
カテゴリ:風景
吉岡町南下大藪地区にある上八幡神社が新しく建て替えられたと言うので見に出かけた。

上八幡神社は、先日紹介した城山みはらし公園の南側にあります。

長い石段の前の方に石で作られた鳥居が立つ、

上八幡神社建て替え-01

急な石段を登りつめると灯篭の後ろに真新しい社殿があった。

一段高く造られた石垣の中央に銅拭き屋根の社殿が建っている。

上八幡神社建て替え-03

拝殿と本殿の跳ね上がった屋根が綺麗だ。

上八幡神社建て替え-04

本殿の中を覗いてみた。

上八幡神社建て替え-05

建て替え前の上八幡神社の写真を見つけ出した。約10年前にサイクリングに凝っていた時の

写真です。

上八幡神社建て替え-06

上八幡神社建て替え-07

社殿全体が大きく成っている感じだ。

この神社には、町指定重要無形文化財 大藪獅子舞が伝承されている。

上八幡神社建て替え-08<


          大藪獅子舞

大藪の獅子舞は、大永3(1523)年桃井播磨守が守刀とともに八幡神社に奉納したのが始まりと
いわれている。
 流派は、稲荷流佐々良獅子で、一人立ち三頭連れの舞である。頭は獅子でなく、枝角を二本つけた竜で、手甲・タッツケ・白足袋・草履の衣装で、腰に付けた太鼓を打ち鳴らして舞う。
 踊りの振りは、「剣の舞い」を始め三十通り、歌が二十一通り、通り笛が六通りあり、威勢の
のよさと、振りのは近隣にないものである。又、新井村や溝祭村のししまいも、大藪の人が教えたと言われている。

上八幡神社建て替え-09

10年前に4月の神社の例祭に獅子舞が踊られたのを見学したことがある。

上八幡神社建て替え-10

この地域の住民の方々がお祭りに境内に集まっていて、その場所で笛の音に合わせて踊っていた。

上八幡神社建て替え-11

獅子舞の頭は獅子でなく、枝角2本を付けた竜だという。確かに頭の両サイドに枝別れした角が

確認できる。

上八幡神社建て替え-12

ちょっと気になることがある。

境内の端に鳥居の屋根が置いてあった。

上八幡神社建て替え-13

これは系内案内図の右端に描かれている赤色の鳥居と思われる。

上八幡神社建て替え-02

この鳥居は復活するのだろうか、心配である。

鳥居の土台になる石と思われる円い基礎石があったので、いずれは再建されると思われる。

上八幡神社建て替え-14

この新しくなった上八幡神社、地元の人たちの努力でこれから先何百年と引き継がれていって

ほしいと思う。

上八幡神社建て替え-15






最終更新日  2021.03.05 13:49:09
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全77件 (77件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


© Rakuten Group, Inc.