1836619 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

私のブログ(田舎の自由人)

PR

X

全99件 (99件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >

カブト虫

2020.09.09
XML
カテゴリ:カブト虫
カブト虫の卵の孵化を観察するために、卵に番号をつけたことは紹介済み。

卵の孵化の観察を始めたのが8月30日。

3日目の9月2日までは1~10までの番号が付いた卵には変化は見られなかった。

4日目の9月3日には7番の卵が消えていた。

6前

7日目の9月6日までは7番目以外には変化がなかった。

8か目の9月7日に大きな変化が起きた。

1番と2番の卵が消えていた。

9月5日の孵化前の状態。

1前

9月7日、卵の姿は消えていた。

1後


同じ日に変化があったのは6番の卵。

6後

卵の姿はなく、白いもやもや状のものが観察された。

9番10番の卵が消えていた。

9後

10個の卵の内の6個の卵の姿がなくなったので、残り4個の卵もいずれなくなると思っている。

全部の卵の姿が無くなったら幼虫の数を数えてみるつもりだ。






最終更新日  2020.09.09 09:00:06
コメント(2) | コメントを書く


2020.09.03
カテゴリ:カブト虫
カブト虫の点検時に採取した卵に識別番号をつけた。

識別番号-00

卵がふ化して幼虫になると動きだしてしまい、そこに卵があったかどうかわからない。

識別番号-01

しるしをしておけば、そこに卵がなければ卵が孵化して幼虫になったことになる。

識別番号-02

卵10個に番号をつけた。

識別番号-03

毎日識別した卵の状態を観察していこうと思っている。

識別番号-04

識別をしていない卵が孵化して小さな幼虫になっているところもあった。






最終更新日  2020.09.03 20:21:11
コメント(0) | コメントを書く
2020.03.19
カテゴリ:カブト虫
我が家では家庭菜園用に堆肥をつくている。

畑の隅に剪定した枝や、野菜のクズ、庭木の落葉、などを山積にして堆肥を作っている。

堆肥中のカブト虫-01

堆肥の下のほうはすでに色が黒っぽくなり堆肥が出来上がっている。

堆肥中のカブト虫-02

堆肥を畑にばらまいている作業をしていると、堆肥の中からカブト虫の幼虫が6匹ほど出てきた。

堆肥中のカブト虫-03

昔のジュラルミン製の火鉢に堆肥をたくさん入れて幼虫を飼育することにした。

堆肥中のカブト虫-04

5,6年前にも堆肥から出てきたカブト虫の幼虫を育てた経験がある。






最終更新日  2020.03.19 09:00:06
コメント(0) | コメントを書く
2018.01.20
カテゴリ:カブト虫
今日、メダカを飼っている水槽が濁ってきたので水替えをした。

昨日から水道水をバケツに貯めて、日光に当ててカルキ抜きをして

変え水を準備しておいた。

水槽水替え-01

最初は水を3分の1を変えるつもりだったが、濁りが取れなかった。

濁りが取れなかったのは、水槽の下に敷いてある小石のなかに余った餌や、

メダカの糞が溜まっており、いつまでも濁っていた。

水槽水替え-02

水槽のメダカを別の容器に移して、水槽の小石を丁寧に洗って濁りの原因を

取り除いた。

カルキ抜きした変え水を水槽に入れた。結局全量の水替えとなった。

水槽水替え-03

水槽の水の透明度が上がり、濁りもなかった。

水槽水替え-04

メダカを観察していても特に異状は見当たらず、気持ちよさそうに泳いでいた。

水槽水替え-05

前回水槽にメダカを移してから16日ほどが経過している。

水槽の水替えは月2回程度は必要になるのかもしれない。

3ヶ月ぐらい水替えがいらない薬品があるらしい。

調べて試してみたいと思っている。






最終更新日  2018.01.20 23:26:47
コメント(0) | コメントを書く
2018.01.10
カテゴリ:カブト虫
先日、2匹のメダカを新しい水槽に移動した。

玄関の下駄箱の上に水槽を置いたが、出勤のたびにメダカの姿が目に入る。

2匹のメダカのオスメスを観察した。

メダカの観察-01

拡大して観察をした。

メダカの観察-02

メダカの観察-07

下にいるメダカの背びれに亀裂がある様に見えるのでオスと思われる。

メダカの観察-03

拡大してみた。

メダカの観察-04

メダカの観察-08

上にいるメダカの尾びれがくびれている様に見え、また尻ビレが大きいように

見える。

メダカの観察-05

拡大してみた。

メダカの観察-06

メダカの観察-09

この場合はオスメスの判別は難しい。

オスのメダカがいることは確信できたが、もう一匹がメスであるかは解らない。

しかし、春になって卵を産んで欲しいと願っている。






最終更新日  2018.01.10 22:35:17
コメント(0) | コメントを書く
2018.01.04
カテゴリ:カブト虫
昨年の吉岡町ふるさと祭り配布されたメダカ2匹がまだ生きている。

そのメダカの水槽がお粗末だったので、新しく水槽を購入した。

メダカの水槽替え-01
右にある丸い容器の中にメダカがいる。

水槽の付属品著チェックした。

メダカの水槽替え-02

水槽の底に敷く砂利も購入。砂利は濁らなくなるまで洗浄してから水槽の

底に入れるという。洗面器の中で洗った。

メダカの水槽替え-03

水槽付属の備品をセットして水を貼り、メダカの移動準備が出来た。

メダカの水槽替え-04

丁寧にメダカを扱い、新しい水槽に移動した。

メダカの水槽替え-05

しばらくその場で様子を見たが特に異常が認められなかったので、

玄関の下駄箱の上に設置した。

メダカの水槽替え-06

ゆっくりと水槽の中で泳いでいる二匹のメダカ。

メダカの水槽替え-07

丸い容器よりも水槽の方がメダカの泳ぎがよくわかる。






最終更新日  2018.01.08 11:58:21
コメント(0) | コメントを書く
2016.03.09
カテゴリ:カブト虫

昨日、衣装ケースで飼育しているカブト虫の点検をした。

7匹の幼虫が確認できた。

カブト虫の点検-01

昨年たくさんの幼虫が誕生して、大多数は近所の堆肥置き場に移住させた。

衣装ケースには20匹ほどの幼虫を入れておいたが、7匹しか残っていなかった。

点検中に2匹ほどは既に死んでいたのが確認できていた。

7匹の幼虫も大きさがいろいろだった。一番大きいものと小さい物を比べた

カブト虫の点検-02

小さい幼虫も成虫になれるのか心配している。

飼育マットの水分量を調節し飼育環境を整えた。

カブト虫の点検-03

次の点検は4月に行う予定である。これから暖かくなるので食欲も良くなり幼虫が大きくなる

時期だ。大きな幼虫になっていて欲しいと願っている。









最終更新日  2016.03.09 23:14:19
コメント(0) | コメントを書く
2015.08.21
カテゴリ:カブト虫

先日カブト虫の卵が孵化して幼虫が誕生した。

今日はその卵の孵化状態を観察したガラス瓶の中の幼虫を点検した。

ビンの周りには白いカブト虫の卵が見える様にしておいたが、その卵の姿が

全く見えなくなった。

幼虫の確認-01

卵が孵化して幼虫になり、クヌギマットの中心部に移動したため、ガラスビンの表面から

幼虫を観察できなくなった。

ビンの蓋を取り中を見ると幼虫が2匹ほど観察さ荒れた。

幼虫の確認-02

ビンの中身を全部出して幼虫の数を数えた。10匹ぐらいが観測された。


幼虫の確認-03

幼虫の数が確認できたのでもとの飼育びんに戻しておいた。

幼虫の確認-04

まだ1円玉の大きさに満たない小さな幼虫だが、大きくなるに従い飼育容器を大きくしていくつもりだ。








最終更新日  2015.08.21 23:32:29
コメント(0) | コメントを書く
2015.08.14
カテゴリ:カブト虫
10日ほど前にカブト虫が卵を産んでいたので、卵が孵化した状態を

観察するためにカラスビンに卵が見えるように配置した。

そのガラスビンの中の卵が孵化した。

卵が孵化した-01

10個ぐらいの卵を入れておいたが、幼虫になっているのを確認できたのは3個だけだった。


卵が孵化した-02

それから1日たった今日は、孵化した幼虫が1匹だけしか確認できない。

多分幼虫になったので、ビンの表面ではなく中の方に移動してしまったと思われる。

卵が孵化した-03

今日も卵を採取してみたが、数はあまりなかった。

今年はたくさんの卵を産んでくれないようだ。

暑い日が続いたせいかもしれない。







最終更新日  2015.08.14 20:32:00
コメント(2) | コメントを書く
2015.08.03
カテゴリ:カブト虫

今年もカブト虫をたくさん幼虫から成虫に成長させた。

飼育状況は、小さな飼育箱が7個、水槽と衣装ケースで40匹ぐらいのカブト虫を

飼育している。

卵を産んだ-01

小さな飼育箱にはペアリングしたカブト虫が入っている。

そのほかは、衣装ケースと水槽で飼育している。オスメス混合である。


卵を産んだ-02  卵を産んだ-03

ペアリングをした飼育箱ではまだ卵は確認できていない。

やや大きめの飼育箱に5、6匹のカブト虫を混合して飼育していた中に卵を発見した。

早速卵の孵化を観察するために、カラスビンの周囲に卵が見えるように配置した。

卵を産んだ-05

卵の数は10個ほどだ。

新聞紙で蓋をして、時々霧吹きで水分を与えながら管理して卵が孵化するのを

観察していくことにした。


卵を産んだ-04






最終更新日  2015.08.03 23:37:50
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全99件 (99件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >


© Rakuten Group, Inc.