000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

しあわせまんじゅう♪

全6件 (6件中 1-6件目)

1

子供のこと

2020.04.20
XML
カテゴリ:子供のこと
春から新社会人の娘
娘の仕事はテレワーク不能らしく
毎日、都内まで通っている

仕方ないよね
仕事だから

私はテレワーク中で
ちょっとした外出しかしていないが
弊社でもテレワークでは賄えない仕事の人達は
毎日だったり順番だったりで出勤している

さっさとテレワークにし都内に近寄らない私は
正直いうとちょっと気まずい
弊社は発症者の多い東京都世田谷区にあるもので

何か足らないものあったら送りますよ
などと親切な連絡を貰ったりすると
そんなことはいいからどうか無事でいてくれ
とすまない気持ちでいっぱいになる

本当に早く収束してくれ、この騒動

話は戻って娘
やはり新社会人は疲れるのね
休日は寝てばかりいる



娘の足の間で一緒に寝てるプー



この写真だけでも想像できると思うが
部屋のど真ん中で
ひどい格好(服)でひどい格好(寝相)の娘

今更なにも言わないけどね






Last updated  2020.04.20 20:32:13
コメント(0) | コメントを書く


2016.02.15
カテゴリ:子供のこと
1月のセンター試験からずーっと
娘の大学受験に振り回されていたが
ようやく普通の生活に戻りつつある今日この頃

第二志望と第三志望の大学には
なんとかひっかかったようなので
娘は無事、女子大生になれそう…

まだ終わってないけどね

多少、落ち着いてきたから言えるものの
一時はどうなるかと思ったよ

それに娘の変なテンションも怖かったし〜

試験のあった日などは、帰宅するなり

「だーっ‼️
今日のは落ちたかもしれねー❗️
一問、迷いに迷った問題があったんだよ
電車の中で調べると叫んじゃいそうだから
調べなかったんだけどね」

とか言いながらスマホをいじりだし

「うおーっ‼️
みつからねー❗️
ネットでも調べられないような問題を
出すんじゃねーよ❗️
このクソがよーっ‼️ ( 女子です {(-_-)} )

あ‼️
あった、あった‼️
なになに…

おあーっ‼️
当たってた‼️

あはあは、あはははは
当たってたよ‼️
これはもう受かったかも‼️
いひいひ いひひひひー」

と、殆どアブナイ人状態で
母(私)はひたすら固まってました、隣で

プーもかなり迷惑だったんじゃないかなぁ
犬って敏感だもんね

でも元気だけどね、プーは

rblog-20160215230323-00.jpg






Last updated  2016.02.15 23:03:26
コメント(0) | コメントを書く
2015.09.19
カテゴリ:子供のこと
土曜日
会社は休みだけど
主婦だったりお母さんだったりするので
やることは山のようにあるのであった

今日はお母さんとしての行動が求められる日
娘の高校の懇談会

なにせサラリーマン生活長いもので
化粧をしながらもTPO(最近あまり聞かない言葉)をわきまえてしまい
仕事の時にはビシッといれるアイラインはなし
アイシャドウも無難な薄いブラウン
頬紅はベージュかな…などと
お母さんメークを心がけたところ
なんとも納得のいかない顔になってしまったが
どうせ私の顔なんて誰も気にしてはいない

懇談会では受験前の子供にプレッシャーをかけないよう
かつヤル気をださせるよう
こんな言葉をかけましょう的なマニュアルが配られたが

『いざとなったとき、あなたは強いから』

このくらいは、まだいいんだけどね

『神様が休憩しろって言ってるのよ』

『今は階段の踊り場あたりね』

このへんのセリフには苦笑いしか出ない
言わないだろう、こんな痒くなるようなこと

反対に言ってはいけない言葉の方を見ると
普段私が日常的に言ってることばかり

そんなに子供に気を遣わないといけないんですかね…
私には無理だなぁ

しかし、我が家にはこれがいる

rblog-20150919211914-00.jpg

rblog-20150919211914-01.jpg

娘のストレスを癒すのはやはりプーの役目でしょう






Last updated  2015.09.19 21:19:17
コメント(0) | コメントを書く
2014.12.24
カテゴリ:子供のこと
明日から冬休みの娘。
家を出る時に、

「あ!
今日、うんこみたいな通知表返ってくるんだー
萎えるわ〜」

…{(-_-)}
萎えるのはこっち!

高2の娘、
通知表見て怒る気にはならないが、
金だの飯だの弁当だの送迎だの…
娘の召使いのような生活をしている母としては
文句のひとつも言いたくなる。

でも言わない。
言ったとしても、次回の通知表も、
どうせうんこだろうし。

諦めるのが一番、
ストレスにならない。


rblog-20141224075950-00.jpg

↑「ムンクの叫び」のつもりらしい。

今の私の心境にピッタリ。






Last updated  2014.12.24 10:32:54
コメント(0) | コメントを書く
2010.04.22
カテゴリ:子供のこと

子供の頃、母に勧められて「若草物語」を読みました。
面白かったので、「続・若草物語」も買って貰って、どちらも繰り返して読んでいました。

娘も、とても本が好きなのですが、大好きなのは「ハリーポッター」とか「ダレンシャン」とか、
最近は「山田悠介」です。

今の子供は、面白い本がたくさんあっていいですね。

でも、「若草物語」とか「赤毛のアン」とか「長靴下のピッピ」とか、
私が少女だった頃に読んだ本も読んで欲しい、と思い、「若草物語」を読ませてみることにしました。

楽天ブックスで探したら、
「若草物語」「続・若草物語」「若草物語(第3)」「若草物語(第4)」
と4冊もあるんですね。

私は「続・若草物語」までしか読んでいないので、
娘が読まなかったら私が読もう、と思って4冊とも購入しました。

娘は、「あまり面白くなさそうだなぁ・・・」と渋々読み始めた様子でしたが、
すぐに夢中になって読んでいました。

結局、2日で4冊全部、読んでしまいました。
読み終わった後も、たまに手にしては、繰り返し読んでいます。

時代が変わっても、良い本はやはり良いんですね。

母が私に勧め、私が娘に勧めたように、いつか娘も自分の子供に、
「若草物語」を勧めて読ませるのかな、と想像してちょっとおかしくなりました。

でも男の子だったら、若草物語は読まないですね。




プーを枕に若草物語を読む娘、プーは迷惑そう・・・

読書の・・・.jpg

 

















若草物語改版
若草物語(続)改版
若草物語(第3)改版
若草物語(第4)改版










Last updated  2010.04.22 12:35:53
コメント(4) | コメントを書く
2010.02.12
カテゴリ:子供のこと

今年も近づいてきました。
恐怖のバレンタインデーが・・・(T_T)

オバサンの私には、バレンタインデーなど、もはや全く無意味なイベント。
会社でも、義理チョコなんて行事は、完全に廃れているしね。

しかし!!!

女の子達は「友チョコの交換」なんて、余計なことをして喜んでいるため、
娘を持つ母親は、「友チョコ」作りをしなくてはならないのであった。

友人に聞いても「友チョコ」って大体、手作りが定番なんだそう。
でも、殆どの小学生は、手作りのチョコなんて作れるわけがないんですから~!


つまり・・・

    親が作るしかないじゃん!!!!


私は、手作りのチョコなんて七面倒なこと、好きな男にさえしなかったよ!
(威張ることではないが)

それなのに、今は娘の家来となって、大量のチョコ菓子を生産しなくてはならない。
冗談じゃないよ、全く!

毎年、2月11日の休日は、チョコ作り大会と決められているので(娘により)
昨日は1日中、働かされました・・・( ̄ー ̄)


まずは、カップケーキを焼く。

バレンタイン1.jpg

次に、ブラウニーを焼く。

バレンタイン2.jpg

そして、チョコレート。(これはちょっと楽しい♪)

バレンタイン3.jpg

最後に、可愛くラッピング。

バレンタイン4.jpg

全部で18個。(-_-#)

バレンタイン5.jpg


作業が終わる頃には、腰はメリメリ言うし、肩はパンパン。
フラフラになりました。


ところで、「友チョコ」は作るのも大変だけど、「貰う」のもまた大変。

交換なんだから、ほぼ同じ数の「手作りチョコ」を貰うわけで、
貰った「手作りチョコ」を、娘がガブガブ食べてるのも、親としては思うところがある。

バレンタインデー以降、毎日、すごい量のチョコを食べることになるのよね。
手作りだから、そんなに日持ちはしないだろうしさ。

また、貰ってくる「手作りチョコ」は、どれもよくできており、
殆どが、「母親監修の元に作成されたもの」と想定されるのだけど、

中には、子供が自分で作ったらしきものもあり、大変申し訳ないのだが、
「これ、食って大丈夫なのだろうか?」と疑いたくなったりもする・・・

チョコだから腹を壊すこともなりだろうけどね。


そんなこんなで・・・

ここ数年は、苦労と悩み多きバレンタインデーなのであった。






Last updated  2010.02.12 17:17:58
コメント(6) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


© Rakuten Group, Inc.