4945772 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

文春新書『英語学習の極意』著者サイト

トランクルーム 2


『World Journal』

【借金2億円】人生のどん底をみた父から学んだ「人生で大事なお金のこと」

僕の父はかなり波乱万丈な人生を送ってきた人だった。若くして成功し大金を手に入れるが、事業に失敗して個人で2億円の借金を作り人生のどん底を経験する。今日はそんな父から学んだお金の話。

<その前に、父の人生について>
高校を卒業した父はすぐに建築系の会社で働き始め、20代後半で建築資材のブローカーとして独立を果たす。父は成功するためなら何でもする人だった。癒着、賄賂、限りなく詐欺に近いこと。
父:「当時はまだビデオデッキが珍しい時代でな、よくビデオデッキ買っていって取引先のお偉いさんに「お土産」を渡したもんやわ(笑)」
勝つためなら手段を選ばない父は成功をつかみ、若くして大金を手に入れる。毎晩のようにクラブやキャバクラに行き、豪遊していたそうだ。この話をする時の父の顔は本当にイキイキしている。
そんな人生の絶頂期を謳歌していた父が一気に階段を転げ落ちていく出来事が起こる。バブル崩壊だ。バブル崩壊のあおりを受け、父の会社もあっけなく倒産してしまった。あとに残ったのは2億という借金だけだった。

<金の使い方の話>
ある日僕がクレジットカードの明細を見て、先月も食費にお金をかけすぎたなーとため息をついていると、横でテレビを見ていた父が話し始めた。
父:「お前よう覚えときや。金はいくら積んでも所詮金や。金の切れ目が縁の切れ目っていうのは、金を金以上にできなかった俺みたいな成金の末路やな。本当に成功する奴はな、金を人望に変えるんや。人生で成功するためには人望や。金はいつか無くなる。でもな、人望はそう簡単にはなくならん。金を人望に変えるような金の使い方をせぇ。」
父:「ある程度金を稼ぐまでは金の稼ぎ方が大事やけどな。小金を稼いだ後は金の使い方のほうが大事なんや。金の使い方次第で更に金が稼げるかどうか決まるんや。」
ただでさえ資金難だった父の息の根を止めたのが友人の裏切りだったから中々説得力がある。
父:「700万貸しとった知り合いが金もって蒸発してもうてな、それでジ・エンドや。今まで散々人を騙してきた俺が最後は人にだまされるんやから皮肉なもんやで(笑)人を騙す奴はいつか報いを受けるってことやな。」

<金利とローンの話>
ある日、ローンを組もうか悩んでいる僕に父がしてくれた話がある。
父:「ローンとか分割払いにすると金利がかかるから一括のほうがええっていう風潮あるやろ?でもな、ローンも悪いもんちゃうで。確かに金利はかかるけどな、本来返済するはずだった金を別のことに使って、金利以上に儲ければええねん。」
でも、そんな儲けるなんてどうすりゃいいの?とすかさず質問する。
父:「儲けるだけやない。あとは現金を常にいくらか確保しとけ。現金は王様や。支払いが100万で手元に110万しかないなら分割払いにするほうがええ。金利と現金は常に意識しとけ。」
当時の僕は金利がもったいないからなんでも一括購入方式にしていたし、分割払いする奴はアホだと思っていた。そんな時に父がしてくれた話は、金利やローンという生きていく中で切ってはきれないものについての見方を変えてくれた。会社を潰したことがある父だからこそ言えることなのだろう。

<貯金の話>
詳しくは覚えていないが、ニュースか何かの特集で貯金の話題が放送されていた時のことだ。
父:「最近は若い奴でも貯金貯金うるさいなー。いいか、若い時には貯金なんかするなよ。必要最低限あればいいねん。半年分の給料あれば十分や。」
父:「金なんて銀行に預けてもしゃーない。金利なんてあってないようなもんや。貯金するよりも自分のために金は使い込め。女遊びでも高級ホテルでも外車でもええ。贅沢いうんは若い頃にするから楽しいんや。歳とってから贅沢しても全然楽しくないもんや。ええか、若さは力や。消費の効用ちゅうんか?同じ額を使っても若い頃のほうがはるかに得るものは大きいんやで。そんな大切な時期に貧乏して貯金なんてしたら人生の意義っちゅうもんを殺してるようなもんや。」
父:「あとは投資や。投資には金融投資と自己投資の2つがある。株を買ってもええし、勉強代にしてもええ。あとはスーツとか靴には金をかけろ。身なりを整えるのも自己投資の1つや。くったびれたスーツやと印象も悪いし相手になめられる。若いときこそスーツや勉強に金をかけろ。」
父:「利回りってのは時間で決まるもんなんや。若い頃の利回りは歳とった時の利回りより遥かに高い。だから若い頃に貯金するなんて逆に大損なんや。よく覚えとけよ。利回りと時間の関係を。」

<貧乏の話>
父:「たとえ金がなくても、金ない金ないなんて言うなよ。何かにつけ金がないって言う奴おるやろ。あれはやったらあかん。」
父:「金がない奴と仲良くしようなんて奴おるか?なんかトラブル起こすかもしれんのに。金がない言ってる奴はな、それだけでチャンス逃してまうねん。特にビジネスではそうや。友人関係なら金が無くても付き合うかもしれん。でもな、ビジネスは殺し合いや。戦う武器が無いて言うてる奴を戦友にしようなんて思わんやろ。」
父:「たとえ金が無くてもわざわざそれを言いふらすような真似だけはするな。金があるように思わせろ。それだけでチャンスがやってくることもある。」

<最後に>
父:「金だけで人生は決まらんけど、人生の大体のことは金で決まるんや。金はたくさんあったほうがええし、金に関する知識もたくさん持っていたほうがええ。人生金じゃないなんて甘ったれたこと言ってる奴はいつか痛い目みる。人生はあらゆる面で金が絡んでくる。その現実をちゃんと直視しろ。ええな?」
そんな父は借金2億を背負っても自殺せず、元気に生きている。ちなみにこの借金は合法的に踏み倒したらしい。母いわくゴキブリ並の生命力だが、そんなしぶとい父から学んだ金にまつわる話でした。

========


道に迷った時、ほとんどの人は早く下山しようとする。下ればきっと道にぶつかると信じている。道に迷った場合、100%これが遭難の原因である。山を下ると絶対に道には出ない。必ず谷にでるのである。谷に出ると必ず崖にぶつかる。よって、そこから先へは行けない。そこで、崖を回り込んで下れる道を探す。そして、下るとまた崖にぶつかる。これの繰り返しである。そのうち日が暮れ、体力を使い果たし確実に遭難する。

道に迷ったら、下るのではなく登らなければいけない。登ると必ず尾根に出る。尾根伝いにさらに登れば必ず道がある。なぜなら、どこの山でも頂上に向かって尾根伝いに道ができているからである。谷は水の補給に都合が良いが、見通しが悪く、暗いうえ、早く日が落ちる。それに、台風のたびに道が崩れたり、鉄砲水が発生したりして危険である。そのため、通常、谷に道が作られる場合は尾根に取り付くまでの近道としてか、あるいは峠越えのためである。道に迷った時、確実に遭難したい人は谷に向かって下るのが良い。

========

福田恆存が「一匹と九十九匹と」というエッセイを描いているんですけど、迷える子羊が100匹いた時に、99匹を救おうとするのが政治の役割なんです。あくまで利害調整ですから。でもどんなに利害調整がうまくいっても、どうしてもそれじゃ解決できない1匹の羊が出てくる。それを救うのが文学だと言うんです。そしてこの役割分担がうまくいかなくなった時に世の中がおかしくなるんです。つまり、政治が最後の1匹まで救おうとすると、内面の問題にまで政治が介入してしまうから、全体主義になってしまう。

========


当時、化学兵器は日本も含めてどこの国も持っていた。持つだけなら合法で、禁止されていたのは使用だった。そして、使用禁止の化学兵器を使用したのは支那軍だった。

日本軍が使用したのは、「あか」など使用が禁止されていない暴動鎮圧剤だけだった。日本軍も、使用禁止の化学兵器を持ってはいたが、使用はしなかった。

日本軍は、終戦時、化学兵器だけではなく、全ての兵器をソ連軍や支那に引き渡した。近年、「兵器引継書」まで発見されている。

いま満州に埋まっている化学兵器は、ソ連製や支那製や日本製も一緒に埋められたりしてるのだから、終戦時、日本軍がソ連軍か支那軍に渡したモノを、支那軍が何年後かに埋めたものなのだ。

========

韓国籍者: われわれの苦しみを知らずに、よく云うよ、あんたは。
筆  者: 苦しみ? どのような?
韓国籍者: 強制的に連れてこられて、祖国に帰りたくても帰れない。差別を受けながら日本で生きて来たんだ。
筆  者: 失礼だが、お年は?
韓国籍者: 59だ。この年になるまで、散々苦労して来たんだ。
筆  者: 御寿59歳といえば、1949年か、50年頃のお生まれか?
韓国籍者: 1950年だ。日本に来たのが14の時だ。まだ子供だった。可哀相だと思わないのかよ。
筆  者: 14歳とおっしゃると、1964年頃か。東京五輪があった頃かと思う。その年に強制連行で日本に連れて来られた、と云われるのか?
韓国籍者: 莫迦野郎。おまえみたいな若造に何が判る。

========


日本語の真の主語は「私」とか「あなた」ではなく、いま語られている「話題」そのものである、という説があって、言語を研究している人たちの間ではよく受け入れられているようです。

========

途上国大好き意識高い系って「足立区の飲み屋にいるドカタの笑顔」は愛せない癖に「途上国の人々の笑顔」には無条件に善良な価値を見出すよな。

========


ソロモン海域を掃海中、ジョンの魚雷艇は突如、日本軍駆逐艦「天霧」と衝突し、船体がまっぷたつに割れて乗組員13人が海に投げ出された。

海に投げ出されたジョンの目に映ったのは、海上を機銃掃射しようとする日本兵だった。さらにその傍にいた司令官があたかも「溺れている敵を撃つのは侍ではない」といったようなしぐさでその兵士に停止を求めているのを見た。

この体験こそが、後に第三次世界大戦の危機を回避することになったケネディ自身の考え方の基本となっているのではないか。

「敵も自分も同じ人間なのだ」ということをはっきり認識し、その司令官に友情のようなものを感じると同時に、個々人の思惑を超えて敵と味方として戦わなければならない戦争の無常さを、太平洋の荒波の中ではっきりと悟ったのだった。

ジョンはのちに、日本人学者の力を借りて、このときの司令官が、花見弘平少佐(当時)だったことを突き止め、福島県の生まれ故郷で市長になっていた花見との文通を開始している。やはり自分が思っていた通り、花見は機銃掃射停止の命令を出していた。想像通りだった。その後、大統領になったジョンは花見に対しして大統領就任式への招待状を送っている。

========

・8月10日中国共産党機密事項2700点流出情報の開示(米国)
・8月11日元切り下げ(中国)
・8月11日夜、ダウ他主要国株価下げ
・8月12日元、再切り下げ(中国)
・8月12日世界同時株安
・8月12日沖縄で米軍ヘリ墜落
・8月13日未明 天津で大規模爆発
・8月13日元、追加切り下げ(中国)
・8月13日キャンプシュワブ演習場で山火事
・8月16日インドネシア トリガナ航空墜落
・8月16日北京、軍事訓練中に軍用ヘリ墜落(デイリースポーツ)
・8月17日夜、タイで爆弾テロ(声明なし)
・8月18日朝、米国家安全保障会議 支援発表(日経)
・8月18日上海株価暴落
・8月18日バンコクチャオプラヤ川桟橋で爆発物騒ぎ(ロイター)
・8月19日天津爆発現場で神経ガス検出(北京時事)
・8月19日沖縄県議会墜落ヘリの同型の飛行中止決議(NHK)
・8月22日南北朝鮮、戦争茶番
・8月22日山東省、科学工場爆発
・8月24日神奈川米軍施設で爆発火災
やっぱり始まってるよな?

========


「堀北真希結婚ショックだし死のう」ならまだ分からなくもないのだけど,「堀北真希の子供に転生するためには今死なないと間に合わない」みたいなツイートを見かけて,人間の思考の可能性に感動している……

========

治療を続け、カウンセリングも受けました。
「なぜわたしは過剰な労働を自ら引き受けてしまったのか」
「なぜわたしは自分の時間を犠牲にして仕事をやり遂げようとしていたのか」
プロの手を借りて、自分の中にあった疑問をひとつずつ解消し、なんとなく光が見えてきたとき、カウンセラーにもらった言葉があります。

「あなたを大切にしない人のことを、あなたが大切にする必要はない」

========


中国「日本攻めたらあいつもこいつも向こうの奴も更にあいつまで敵に回る可能性があるんか……めんどいわ」って思わせることができるのが集団的自衛権。

========

何の具体案も示さずに
「戦争は嫌いだ」
「平和がいい」
と言っているのは

何の努力もせずに
「楽して金儲けできないかなー」
「なんかいいことないかなー」
と言っているのと同じようなものです。

========


「なぜ、外国には寝たきり老人はいないのか?」
 答えはスウェーデンで見つかりました。今から5年前になりますが、認知症を専門にしている家内に引き連れられて、認知症専門医のアニカ・タクマン先生にストックホルム近郊の病院や老人介護施設を見学させていただきました。予想通り、寝たきり老人は1人もいませんでした。胃ろうの患者もいませんでした。
 その理由は、高齢あるいは、がんなどで終末期を迎えたら、口から食べられなくなるのは当たり前で、胃ろうや点滴などの人工栄養で延命を図ることは非倫理的であると、国民みんなが認識しているからでした。逆に、そんなことをするのは老人虐待という考え方さえあるそうです。
 ですから日本のように、高齢で口から食べられなくなったからといって胃ろうは作りませんし、点滴もしません。肺炎を起こしても抗生剤の注射もしません。内服投与のみです。したがって両手を拘束する必要もありません。つまり、多くの患者さんは、寝たきりになる前に亡くなっていました。寝たきり老人がいないのは当然でした。

========

佐藤家は、4人兄妹の机はすべて居間にあって、キッチンとの間にこたつを置き、勉強と勉強の間の食事時間は、そのこたつで食事をされたそうです。食事中も、そのこたつ机で勉強を続ける子や、暗記を親が手伝う時間にする子など、さまざまです。それでもそれが日常で、雑音を気にする子はいなかったそうです。

そして佐藤家では、テレビを2階の一番使いにくい部屋に置きます。テレビ画面を見るのは、佐藤家では非日常で、わざわざ2階の部屋へ上がって行かなければならない生活動線でした。つまらないテレビ番組をみるのは、家に悪い客を招き入れたのと同じくらい意味がないと言った人がいますが、全く同感です。

受験生が受験時代にテレビをみなくてもまったく困らないのに、それを生活の中心の居間に置くことの愚かさを、遅ればせながら思い知った次第です。家に帰ってくれば、まず居間に入ります。その居間を勉強部屋とすれば、居間にいる限り、勉強より他にすることはありません。そして母子でいつも、その部屋で勉強するのが、日常になります。

========


毎年この時期、日本の首相や閣僚が靖国参拝するかどうかでもめてるのが、不思議でなりません。
その答えは、日本国憲法にちゃんと書いてあるじゃないですか。
結論からいうと、日本の首相や閣僚が靖国参拝するのは、個人の自由です。
誤解しないでいただきたいのですが、私がいう自由とは、参拝する自由と参拝しない自由、どちらも含まれます。どちらを選ぶかは個人の自由選択にまかされていて、その意志は尊重されるのです。
憲法にはこんなことが書かれてます。信教の自由は、何人に対してもこれを保障すること。そして、宗教上の行事に参加することを強制されないこと。これを踏まえれば、参拝するもしないも個人の自由ってことです。参拝しろだのするなだの、他人に圧力をかけるのは大きなお世話だし、もし強制すれば憲法違反です。

========

自分をマネジメントする7つの心得

1 明らかになった強みに集中する
2 その強みをさらに伸ばす
3 知的な傲慢を正す
4 自分の悪癖を改める
5 人への接し方を改善する
6 行ってはならないことは行わない
7 能力が並以下の分野に時間を使わない
(ドラッカー『経営の真髄』から)

========


■ペマ・ギャルポ氏の警告 (2005年日本に帰化、桐蔭横浜大学法学部教授)

敬虔な佛教国チベットでは指導者である僧侶達が殺生を禁じ
「佛を拝んでいれば平和は保たれる」
と主張し抵抗を禁じたがその結果チベットは地獄になってしまった。
中共軍が本格的に進入してきたとき、チベット軍はすでに解体させられていた。
「インドに頼もう」とか「国連に訴えよう」とチベットは行動をおこしたがインドは動かなかった。
国際司法裁判所では「中国のチベット進攻は侵略である」と認定したが、それだけであった。
そして 95%の僧院が破壊され、120万人のチベット人が虐殺された。
日本人に言いたいことは、自分でいくら平和宣言をしても他国を縛ることはできない、泥棒を中に入れてから鍵をかけても遅いということだ。

========

戦後って長いよね。

========


レコード屋の本音その1
みなさん「この前いい新譜見つけた」といいますが、実際にはそのレコードがあなたにみつかるようにセレクトした人間がいるのです。それがレコード屋の店員です。

その2
実際、全世界でリリースされている新譜すべてを仕入れて揃えることなんて出来ないんですから。誰かがその情報を編集してあなたが素晴らしい音楽を見つけられるようにしているのです。その編集という行為に対してお金を払うべきです。

その3
ネットで全世界でリリースされてるダンスミュージックのほとんどが手に入る JUNO みたいなところ、最初はいいと思ったけど実は不便だと思いません?情報が編集されてないから。俺が好きそうな音楽だけ誰か選んで教えてくれよって思いません?それをいままでしていたのがレコード屋ですよ。

その4
だから最近は誰かが「これ良かった」って言うと、みんな一気に「それ僕も好きです」「気に入りました~」ってなるでしょ?それってちょっと怖いんだよね。もっとふり幅が有っていいと思うし、確かにそれもいいけどこっちも有るよね、そっちは? って思うし。

========

もし、優れた経営者や政治家が、高速道路をきちんと管理して、今回のトンネル事故を防いでいたら、どんな評価を得られていたか? 実は、世間の評価は、この場合「ゼロ」だ。トンネルの天井は落下しないのが当たり前だからだ。橋は落ちないのが当たり前、道路に穴があかなくて当たり前、信号は壊れないのが当たり前。本当は、そんな「当たり前」も、きちんと評価される社会でなくてはいけない。

========


インタビュアーが「なぜ“焼夷弾”を落とすという選択をしたのか」とマクナマラに問う。

マクナマラはこう答える。(以下M)

M:「問題は焼夷弾ではない。」
M:「一晩で10万人の市民を殺戮していいかどうかだ」

M:「ルメイの答えは、イエスだ」
M:「彼は言うだろう。“君は10万人ではなくもっと少なければいいと言うのか? 日本上陸ともなれば何万もの米兵が死ぬかもしれん。それが賢い選択か?”と」

M:「だが、焦土にした上で、原爆まで落とす必要があるのか?」
M:「ルメイは、東京以外も焼夷弾で焼いた」

クリーブランドと同規模の横浜は58%が破壊された。
当時のN.Y.に匹敵していた東京は、51%が破壊。

富山は 99%が破壊された。
名古屋は 40%が破壊された。
大阪は 35.1%が破壊された。
西宮は 11.9%が破壊された。
下関は 37.6%が破壊された。
呉は 41.9%が破壊された。
神戸は 55.7%が破壊された。
大牟田は35.9%が破壊された。
和歌山は  50%が破壊された。
川崎は 35.2%が破壊された。

岡山  68.9%
八幡  21.2%
鹿児島 63.4%
尼崎  18.3%
佐世保 41.4%
門司  23.3%
都城  26.5%
延岡  25.2%
宮崎  26.1%
福岡  24.1%
高知  55.2%
佐賀  44.2%
今治  63.9%
松山  64.0%
大分  28.2%
平塚  48.4%
徳山  48.3%
四日市 33.6%
宇治山田41.3%
大垣  39.5%
岐阜  69.6%
福井  86.0%
徳島  85.2%
堺   48.2%
八王子 65.0%
熊本  31.2%
伊勢崎 56.7%
高松  67.5%
明石  50.2%
福山  80.9%
青森  30.0%
岡崎  32.2%
静岡  66.1%
姫路  49.4%
千葉  41.0%
一宮  56.3%
清水  42.1%
大村  33.1%
奈良  69.3%
津   69.3%
桑名  75%
豊橋  67.9%
沼津  42.3%
銚子  44.2%
甲府  78.6%
宇都宮 43.7%
水戸  68.9%
仙台  21.9%
敦賀  65.1%
名古屋 64.9%
日立  72.0%
熊谷  55.1%
浜松  60.3%
前橋  64.2%が破壊された。

========

休むというのはただゴロゴロしたり寝るだけではなくて、やりたいことをやり、やりたくないことをやらないことですよ。

========


「日本ではアスリートがお茶飲んでたり休日取ったりすると『練習さぼるな』って言われる。オンとオフ切り替えられない」(安藤美姫さん)

========

移民を進めても、彼らは数十年後は高齢者です。

移民1000万人計画は、将来高齢者を1000万人増やすのと同じ意味。つまり問題を先送りし、数十年後の子孫に更に重い負担を押し付けるにすぎません。
移民で問題解決とほざくのは能天気な馬鹿です。

ドバイのように、移民の仕事がなくなると強制帰国させる、と言うのならまだしも、左翼や人権派弁護士(笑)が幅を利かす日本で”ドバイ方式”が取れるかどうか疑問。
実際自動車工場で雇ったブラジル移民たち。工場の海外移転で首切りになっても強制帰国させず、外人に生活保護を出している有様です。

2点目。
外人移民は必ず祖国に残した親兄弟に仕送りします。
売国的原案通り毎年20万人ずつ移民を増やし、最終1000万人を受け入れるとします。
移民一人が毎月の収入から5万円を祖国に仕送りするとすると、
1年目:20万人×5万円=100億円が毎月、日本から海外に流出します。
1年で12ヶ月×100億円=1200億円流出します。
2年目で2400億円、
3年目で3600億円…、

毎年20万人づつ移民を増やすので雪ダルマ方式に増え、最終1000万人の移民で毎年50×1200億円=6兆円となります。何と1000万人移民計画後、日本は毎年6兆円もの国富が海外流出することになります。これは円為替にも影響をあたえます。これは貿易外赤字。これと数十年後の高齢化した移民への年金支出と合わせ、移民受け入れで日本は財政破綻します。

========


嫌な人に遭遇したら、「勉強させてもらいました。もう十分です。ありがとう」と、心の中で拝むんだと。
すると不思議、嫌な奴が後腐れなく去っていく、関わらなくなるらしい。

========

 みなさんはスイスが「永世中立国」であるのはご存知でしょう。

 そのスイスのパンは非常に不味いことが有名なのですが、まずはその話から進めましょう。

 なぜ「永世中立国」スイスのパンは非常に不味いのか?

 諸君の中には、「永世中立国」であるスイスは非武装中立国と思っている人が多いと思いますが、実はスイスは武装独立と国民皆兵制を国防戦略の基本に据えているのです。

 国民皆兵制をしいているスイスではもちろん「徴兵制」であります。

 男子は19歳もしくは20歳になると、初年兵学校で15~17週間の新兵訓練を受けなければなりません。

 その時に受領した小銃は、自宅に持って帰って格納することになります。

 なぜ武器を自宅に格納するのか、そこには後述する深い理由があります。

 その後、予備役という有事動員要員として、毎年3週間の訓練を10回に分けて受けます。

 訓練期間の日当と費用は、スイスの企業が80パーセント負担しているのです。

 たとえ海外で生活をしていても、帰国をして新兵訓練、予備役の訓練は受けなければなりません。

 もし意図的にその訓練に参加をしなかった場合には、最悪の場合はスイス国籍を剥奪されてしまうのです。

 またスイスでは、自宅に核シェルターがほぼ100パーセント完備をされています。

 そしてスイスのパンは不味いことで有名なのですが、なぜスイスのパンは不味いのか。その理由は、スイスでは、その年に獲れた小麦は、すぐには使わず、備蓄に回し、古い小麦から使うという政策を実施しているので、スイスのパンは不味いのであります。

 「永世中立国」であるスイスは、「中立」を守るために、NATOなどいかなる軍事同盟にも永久に加盟しないことを憲法で決められています。

 そのために、万が一他国が侵略してきたら、スイス正規軍だけでなく国民皆が自宅に有する武器を手にして「群民蜂起」する、小国とはいえハリネズミのような国民皆兵制を国防戦略の基本としているのです。

 「永世中立国」としていかなる軍事同盟にも加盟せず自国一国の国防力だけで「中立」を維持するために、スイスはこのようなハリネズミのような国防戦略を取りました、このおかげで、第二次世界大戦中も、あのヒトラーが率いるナチスドイツですら、スイスには侵略してきませんでした。

========


学生に何か言うたら「先生の言葉に僕は傷つきました」っていうから「あんた、傷もつかんと大人になるつもり?」って言ったことがあります。

========

A国とB国が戦争してる!
お花畑がイメージするスイス 「私たちはどちらにも付きません! 戦争はやめましょう!」
実際のスイス 「俺んちの前で騒ぐなどっちも殺す」

========


(【泉茶々】以下の話は、要検証。)
みなさんは、日本のマンガが世界でどの程度売れているか知っていますか?
日本人で知っている人はほとんどいないでしょうね、びっくりしますよ。

アメリカの政府機関が発表した数字なので、ドル表記になっております。
現在、全世界で売られている印刷出版物、つまり、この地球上で売られている、全ての本の半分が日本のマンガなのです。世界の売り上げは90億ドル、つまり1兆円です。日本の貿易黒字額が5兆円強なので1/5をマンガが稼いでいるわけです。(【泉茶々】海賊版が何割かな?)

びっくりしたでしょ。

はい、ではアニメはどうなのでしょうか。
日本のアニメの世界シェアは65パーセント以上、その売り上げはマンガを超えるそうです。ハリウッドの調査会社の発表では、ジャパメーションが日本にもたらしている利益はハリウッドに匹敵するそうです。
アニメがこの国にもたらす利益はこの国の家電業界を上回っています。
ジャパメーションがなくなると、家電業界が全部つぶれる以上のダメージが日本の社会にやってきます。

日本人が知らない驚愕の事実です。(【泉茶々】以上、要検証。)

========

レベッカ・コスタ氏は著書『文明はなぜ崩壊するのか』(原書房)のなかで、社会の問題が複雑化し過ぎると人間の脳は理解が追いつかなくなる「認知閾(いき)」という状態に達し、以下のような非合理な思い込みや行動に走る傾向にあると述べています。

・ 反対はするが対策はない
・ 個人に責任を転嫁して問題を解決したと酔いしれる
・ 怪しげな因果関係に飛びつく
・ 物事の原因が不明でも何か一つにこじつける
・ 緩和策や応急処置に満足し根本問題を先送りする
・ 問題を細分化してより複雑にしてしまう
・ 行き過ぎた経済偏重行動をとる

========


【大衆運動の末路】 
(1) 運動が盛り上がる 
(2) 「うはwこれは受けているw俺たちが正義w」と判断 
(3) 「正義である」自分たちを受け入れない政府打倒運動に傾斜していく 
(4) 多くの参加者が「そんなことは求めていない」と離反 
(5) 指導部が先鋭化してタコ踊りを始める

========

阿久悠の言葉に、こういうのがある。読中、何度もリフレインしていた。

  夢は砕けて夢と知り
  愛は破れて愛と知り
  時は流れて時と知り
  友は別れて友と知り

だが、遅すぎた。何も始まっていなかった人生であることを、人生の最後になって知るということは、なんと残酷なことか。

========


ではなぜ、中国はAIIBの私物化を狙っていると言い切れるのか? 

第一の証拠は、そもそもAIIB設立のきっかけにさかのぼります。中国がADBの出資比率を上げて発言権を得ようとしました。しかしこれに米国と日本が難色を示したため、AIIB設立を宣言したと言われています。

ここまで聞くと、「なんだADBはアメリカと日本の息がかかっていて、日本の財務省の天下り先じゃないか」と思います。実際その通りなんですよ。

しかしアジアでは預ける人を間違えると、公金がどこかに消えてしまうリスクは非常に高いのです。公金を預けて安心なのはカネを貸し付けている先進国、そしてアメリカはアジアではないとなると、消去法で日本ぐらいしか残りません。たとえば欧州復興開発銀行(EBRD)総裁はフランス人とドイツ人しかやったことないですが、私はそれに文句を言おうとは思いません。アジアでは日本人以外に代わりがいないというだけです。

しかし中国はADBの総裁をやりたいと言ったようです。たとえば銀行の全資産から25%も借りている最大債務者が「俺を頭取にしろ!」と言い出したらどうでしょう。

地位を利用して踏み倒す気マンマンだな、こいつ

としか思えません。少なくともそういう要求をするのはADBからの借金を返し、日本のODAを断ってからにしてくれと思うはずです。

つまり中国はADBの乗っ取りと私物化に失敗したため、AIIBという別組織を立ち上げて揺さぶりをかけてきたということです。

証拠の第二は、北朝鮮の参加を断ったことです。

表向きの理由は「金融と経済体系が国際金融機構に参加する水準に至っていない」とのことですが、それなら「今は即答できないが、創設メンバーや資金が揃ってから検討する」と言えば済む話。しかしそうしないのは今の北朝鮮が北京政府と敵対関係にあるからです。おまけに資金を借りる側なので、中国政府にとっては特に邪魔者なのです。

これはAIIBが民主的で透明な手続きで仕事をする組織ではないことを示しています。北京の一存で参加国を決められるのであれば、どのプロジェクトに融資するか、どの企業に発注するか、どの銀行に資金をプールするかもすべて中国政府次第。私物化のための銀行なのですから他国に利益が回るはずありません。

証拠の第三は、日米のたび重なる「公正なガバナンス(統治)確保」の説明要求に答えていないことです。要するに「インチキしないという証拠を出せ」と言われているのに、無視を決め込んでいます。公正にしたらインチキできないので、出せるはずがありません。

========

スウェーデンは、100年以上、戦争をしていない。いかに戦争をしないかが国会の最大の責務。そのために重武装、徴兵制も最近まであり、武器も自主開発し独裁国にもがんがん輸出、NATOと密約、海外派兵、なんでもやる。憲法第9条の話なんか恥ずかしくてできない。

========


愛されることには失敗したけど、愛することなら、うまくゆくかも知れない。
そう、きっと素晴らしい泡になれるでしょう

『人魚姫』(寺山修司)

========

一緒にいて楽しい人ではなく、離れていて淋しいと思う人を選びなさい。

========


日本の欠点っていうのはちょうど東照宮に貼ってあったけど

仁に過ぎれば弱くなる
義に過ぎれば固くなる
礼に過ぎれば諂いとなる
智に過ぎれば嘘をつく
信に過ぎれば損をする

というあたりに集約されてるんじゃないかしら。

========

インド人は、牛食ってる僕らのことを「野蛮」とか「牛は聖なるものだから食べるな」とか言わず、「別にいいんじゃね? 俺らは食わないけど」って言うから好き。

========


中国、GDPを上げて大国に見せる為に民衆を煽った不動産バブルで固定資本形成を粉飾

北京五輪後、実態を伴わない不動産バブル崩壊

このままではGDPが落ちるので不動産に代わり、株が儲かるとテレビでバンバン煽る

国内で株ブームに、年収の数十倍の借金で株を買う人間が増える

上海A(元建ての中国人専用市場)の株価が異常上昇

上海Aの株価が香港・上海B(ドル建ての外国人投資家向け市場)に伝染

実態を伴わないので徐々に株価が落ちるが、米国債を売って株価を買い支える

米国債を勝手に売ったのでFRB(アメリカ連邦準備 制度理事会)に指摘され怒られる

海外投資家に外貨準備金が無いことを見ぬかれ中国株式市場が暴落

年金や様々な金を2.4兆円以上使用して買い支えるも5日で390兆円を失う

中国政府から「株を買っても、絶対売るな」と命令が下る

更に中国株を売ってる犯人探しするも、暴落止まらず

金融のルールを無視して1429社の売り買いを停止する

借金をして株を購入していた中国人個人投資家達が株を売れず

金を借りた金融期間に利息を返せなくなる中国人多発の危機  

持ち株が5%以上の株主を対象に向こう6カ月間、株式売却を禁止する措置を発表 ←今ここ

========

僕たちは日頃から他人との約束をスケジュール帳に書く傾向にあります。 裏を返せば、自分との約束はあまりスケジュール帳に書かないのではないでしょうか。これこそがスケジュールの落とし穴です。

========


岸田はどう責任を取るの?!

日本がいくら forced to work と言っても韓国は今後 slave labor と言い換えて煽ってくるよ。日本で「慰安婦(comfort woman)」=「売春婦(prostitute)」と言っても、sex slave と世界中に言いふらしてるようにね。
その韓国のプロパガンダを日本は止められてないし制裁もしてないよね。

日本語 慰安婦
英語訳 sex slave (性的奴隷)

日本語 徴用工
英語訳 slave labor(奴隷労働)

日本では世界遺産登録万歳でも、世界では日本が朝鮮人を強制連行して奴隷労働をさせたというモニュメント扱い。
世界中の人は、
「強制連行、強制労働があったのに慰安婦だけ強制連行していないとは考えられない」
ふつう、こう考えるだろうね。
まさに河野談話の再来とも言える「岸田事件」。

日韓基本条約さえ反故にして世界中でジャパン・バッシングを繰り広げている韓国の新しい謝罪要求・賠償要求運動の始まりだ。

========

理不尽なことに耐えなきゃいけない理由なんてない。客から理不尽なことを言われたら「じゃあ仕事しません」「あなたには売りません」と言えばいい。正しい状態とは「理不尽なことを言う人はどこのお店に行っても相手にしてもらえなくなる」ことである。

その理不尽さに耐えることをお金にする人たちがいる。理不尽な客も受け入れてお金に換える強欲な人たちだ。そういう強欲な経営者がはびこってるから「社会は厳し」くなるし「世の中には理不尽なこともある」ようになっちゃうんじゃないの?

経営者というのは不安な生き物だ。目の前の500円を得られなかったら、明日の10万円が支払えないかもしれない。そういう恐怖にいつも怯えてる人たちだ。だからこそ理不尽な要求を受け入れてでも目の前の500円を取りたくなる気持ちや事情はわからなくもない。

実際この20年の不景気の中、そういう不安に負けてきた経営者たちが多かったのだろうと思う。20年前より日本はより理不尽で、厳しくて、接客サービスの品質がたいへん高い国になった。たかだかコンビニや牛丼屋やラーメン屋なのに、海外の一流ホテルみたいな接客をする国になった。

これを何というか。ダンピングである。日本語では不当廉売という。本来一流ホテルにでもいってたいへんな金額を支払わなければ味わえない品質の接客サービスを、ほとんど無料で提供する企業がたくさん現れたということである*1。

そのしわ寄せがどこにいったかと言えば、もちろん労働者だ。安い賃金で、厳しい仕事をするハメになった。これが理不尽な客を受け入れてきた結果である。

========


(この動画は2010年に撮影されたものです)

【スピーカー】
副総理兼財務大臣、金融担当大臣 麻生太郎 氏

日本の借金を超わかりやすく説明!

麻生太郎氏:

マスコミが世の中へ流し、多くの人が信じている間違った話が一つあると思います。

それは、日本という国が破産する、って話。

これは簿記っていうものの基本がわかってない人がしゃべって、
わかってない人が書いて、
わかってない人が読んでいるから、
いよいよ話がわからなくなっているんだと思います。

今からわかりやすく例を説明するから、よーく聞いといてくださいね。

帳簿っていうのを見れば、まず借り方と貸し方と、二つがあるでしょ、簡単なこと言えば。

今お金を借りているのは、みなさんじゃありませんからね。お金を借りているのは、政府です。

お金を100借りていれば、必ず、100貸している人がいないとおかしい。帳簿って言うのは左と右が必ず揃うことになってますから。

100借りてる政府がいれば、100貸している誰かがいる。誰が貸しているんです? 

そうです、国民が貸しているんだね。

ところが新聞を見てごらん、「子どもや孫に至るまで一人700万円の借金」

……違うでしょう。700万円の貸付金が起きているんですよ、あれは。

貸しているのはみなさん。

「いや俺、国債なんか買ってないよ」と言われるかもしれませんが、みなさんはお金を銀行に預けておられる。銀行にとって預金は借金ですから、帳簿の上では借金ですからね。だからその借金を誰かに貸して、その ”さや” を稼がないと金貸しという商売は成り立ちません。銀行って聞こえはいいですけど、金貸しをやっているんですから。金を借りる人がいてくれない限りはあの職業は成り立たないんだから。

ところが今、みんな借りない。誰もお金を借りようとしない。少なくとも、預金する人は多いけれども、借りる人がいなければ銀行は潰れてしまう。その借りてくれる人を探している金が年間約30兆円くらいある。約30兆。

年によって違うけど。誰かがそれを借りてくれない限りは30兆でデフレになりますから、それを借りてくれているのが政府。

政府が借りて、みなさんが貸してるの。

みなさんが貸してるってことは円で貸しているんだからね。円で貸しているのよ。

日本の国債の94%は日本人が買ってます。残り6%は外国人が買っているけれども、その人も円だけで買っているから100%円で賄われていると思ってください。

「ギリシャと同じになっては大変だ」ってまだ叫んでいる元財務大臣経験者の方がいらっしゃいますが、
ギリシャは、ギリシャ発行の国債のうち、ギリシャ人が買っているのは3割です。残り7割は、ギリシャ人が買ってくれなくてしょうがないから国債相場に出す。

国債市場はお金持ちがみんな、「ギリシャ人や政府は信用できない」って眉に唾付けてみてるもんだから、誰も買わない。

だからギリシャはその金利を上げにゃいかん。ちなみに現在は13%。

日本は0.9%から1.0%です。13倍から15倍違うんですよ。

したがって、日本という国は間違っても、日本の政府が借金しているのであって、みなさんが借金しているのではない。

それと、当然円で賄われているから、いざ満期になったときどうすればいいかって、日本政府がやっているんですから、日本政府が印刷して返すだけでしょうが。

だって日本円なんだから。簡単なことだろうが。外国に返すんだったら、そりゃドルに替えにゃいかんよ、ユーロに替えにゃいかん。ギリシャはみんなそうです。(日本は)全然違います。だから返さなくていい。

いやしかし、そんなこと言ったって「財政が破綻する」と大蔵省が言ってます、っていうけれども、15年前、武村正義という人がいて、いや、まだ生きておりますが、時の大蔵大臣、細川内閣で働いておられたんだが、「財政破綻宣言」っていうのを言ったんですよ。

その時日本のGDPは500兆です。今とほとんど変わりません、500兆。

いいですか。その時の国債発行高は450兆だった。今は900兆ですからね。あの頃は今の半分よ。稼ぎは500兆、変わらず。でも破綻してないじゃない。

しかも金利はどうだ。あの頃は3.2%ですよ、確か。

今は1%、おかしいじゃない。会社の内容が悪くなったら金利が上がるのが当たり前だろ。

なんで日本だけ下がるの? 世界中で内容がいいんだって評価されてるからだよ。

大蔵省がえらく危機感を煽ってみたり、新聞はわけのわからない政治部が経済をわかったつもりで書いてみたり、それをまたわかったつもりで読んでみたりする人がいて、話がどんどんどんどんエスカレートしているけれども、現実問題、金利は下がっとる。

上がる上がるって言い続けて20年間ずっと下がったよ。ほとんどずーっと下がったね。

それが日本という国の持っている力ですよ。みなさんの力だよ、これ。

政治家の力でも何でもない。国債マーケットが決めているんだよ。

こんな景気が悪いのに円が上がるって、他の国の通貨が悪いから、他の国の経済がもっと悪いからこうなってる訳で、ぜひその辺をもっと考えて。決して悪くない。これだけは頭に入れて、少なくとも。

家庭で考えればわかりやすいよ。父ちゃんが「会社で困ってるんだ。母ちゃん金貸してくれ」って母ちゃんに言って、母ちゃん金利とるか? なかなか父ちゃんに貸した金って取り立てもしにくい。そんな具合。

だって郵便局にお金預けて、その郵便局が国債を買っているのだって、相手が国なら同じことでしょう。左のポッケから右のポッケに入れ替えたって。

世界中はそれを知っているから「あいつら円だけでやっているんだろう」ってみんな思っているんです、世界中でこういうことやってる人は。

だからいくら「大変だ大変だ」って言ったって、世界中は日本の国債を買いたがってる。金利がこんな安いのに。

そして円は、ついこの間まで240円だったんだ。今は83~85円(当時)。

えらいことですよ。そういうぐらいになったくらいからじーっと持ってたら、そりゃどんどん値打ちが上がっていくんなら、外国人は円持ってた方がいいもん。高くなるんだから。そういうことを計算して、世界中のお金持っている人はお金を動かしている。

ぜひ、そこのところだけ頭に入れておいてもらうと。帳簿に例えるのと、母ちゃんから金借りる話と、これくらいに因数分解してわかりやすく話せば、だいたい分かってもらえるんじゃないかと思っているんですけれども。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.