4844245 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

文春新書『英語学習の極意』著者サイト

中国詩人 牛 漢 の作品「半身の木」

        半身(はんみ)の木  
                    牛 漢(ぎゅう・かん)作、泉ユキヲ 訳
 
ほんとうさ この目で見た、
わびしい丘に立つ半身の木。
 
人間みたいに
荒びる風をはばかり
横っちょ向いて立っている。
 
二月のこと いなづまにひとたび撃たれ
木の先っぽから根っこへと
すっぱり真っ二つ 半身になった。
 
春が来たとき 
半身の木は すっくと立ったまま
青々とした枝葉をまとった。
 
半身の木は
ふつうの木と同じ丈(たけ)のまま、
ふつうの木と同じ気高さのまま。  
 
人々は言った、
いなづまがまた来て撃つぞ。
すっくと高いままだから。
 
いなづまが彼方(かなた)の空から見さだめる
半身の木。
 
          1972年 湖北省 咸寧(かんねい)にて
 

牛 漢 (Niu Han)
 大正12年・1923年、中国・山西省生まれ。本名、史成漢(し・せいかん)
 漢人だが、祖先はチンギス・ハンに仕えたモンゴルの武将。15歳で中国共産党地下組織に加わり、16歳で詩作を開始。昭和21年、23歳で学生運動中に投獄され、昭和30年には中国共産党から反革命を批判され、昭和32年に党籍剥奪。
 昭和41~43年、文化大革命で幽閉され吊し上げ・強制労働の日々。昭和44~49年、湖北省に送られ野良仕事。「半身の木」は、このとき執筆された。
 昭和55年に名誉回復。現在、中国詩歌協会副会長、中国作家協会全国名誉委員。
 邦訳に、秋吉久紀夫(くきお)訳編『牛漢詩集』(土曜美術社出版販売・刊)がある。
 (上掲の泉訳は秋吉訳を見る前に訳したもの。泉訳のほうが原文に忠実で、かつ詩的であると自負しております。)











Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.