4892894 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

文春新書『英語学習の極意』著者サイト

伊澄航一俳句館

伊 澄 航 一 俳 句 館 


新 年

乗 り 遅 れ た る 神 が 好 き 寶 船(たからぶね)
   
初 夢 や 亡 き 父 と ゐ て 犬 の を る  
 
タ イ ル 壁 モ ル タ ル 壁 や 初 茜(はつあかね)
   
径 み ち の 花 も 御 籤(みくじ) や 大 旦(おほあした) 
 
元 旦 の 迷 ひ は じ め の 言 葉 尻
   
昨 年 の 年 頭 の 記 を 読 初(よみぞめ)
   
初 日 記 あ す あ さ っ て の こ と を 書 く
   
去 年 今 年(こぞことし) 団 地 普 請(ぶしん) に 鉄 の 塀
   
ご は ご は と 字 引 の 背 革 去 年 今 年


 
は る

鳥 交(さか) る 線 香 の 束 ほ ど け た る
   
風 疾(はや) し う す く れ な ゐ の 鳥 交 る
   
薄 荷 糖 口 に つ ぶ し て 鳥 交 る
   
亀 鳴 く や 画 伯 と 行 方 不 明 の 絵
   
四 書 五 経 堆(うづたか) く し て 猫 の 恋
   
抱 卵 期 ゴ ン ド ラ の 娼 婦 乗 れ と 言 ふ
 
立 葵(たちあふひ) 昇 り 初 め た る 緋 色 か な
   
蒲 公 英(たんぽぽ) の 絮(わた)と 地 球 の な か に 入 る
   
(うごめ) け り 蟻 六 匹 の 花 当 帰(はなとうき) 
 
彌 太 郎(やたろう) と い ふ 名 の 伯 父 の 椿 餅
   
叱 ら れ て 土 筆(つくし) を 摘 ん で を り し 土 手
 
全 身 が 手 指 足 指 入 園 児


 
な つ

君 青 き 蝶 と 逃 が さ む 浴 衣 着 せ
   
夏 蜜 柑 乳 首 の ご と く 苦 き こ ろ
   
岩 の う へ 洗 ひ 髪 な る 君 立 ち ぬ
   
ジ ャ ズ ガ ー ル そ の 横 顔 の 汗 白 き
   
朝 顔 の 紺 ひ ら く ま で 君 と ゐ る
   
竹 伸 び る 朔 太 郎 忌 の 根 が 伸 び る
   
水 無 月 や 遠 く 時 計 の 鳴 り 止 ま ず
   
い か づ ち や 行 先 知 ら ず 乗 る 列 車
   
大 井 戸 に 僧 都(そうづ) 浮 か べ し 蝉 時 雨
   
ま く な ぎ の 走 り ぬ け れ ば 消 え た り し
   
風 鈴 の 其 処(そこ) は 遍 路 と 居(を) り し ご と
   
風 止 め ば 風 鈴 売 り の 立 ち 上 が る 
 
昼 寝 覚 ゆ ら り カ フ カ を 読 み し こ と
   
炎 昼(えんちゅう) や 道 を ひ き ず る ポ リ 袋
   
炎 昼 や バ レ エ 少 年 高 く 跳 ぶ
   
路 地 裏 を 風 の ご と く に 浴 衣 の 子
   
歓 声 を あ げ て 水 着 に を さ ま ら ず
   
あ し の ゆ び 濡 ら す ご と 線 香 花 火
   
キ ャ ラ メ ル の お ま け 彩 々(いろいろ) 夏 の 宵
   
離 れ ゆ く 親 子 の や う に 石 鹸 玉(しゃぼんだま)
   
石 鹸 玉 わ れ を 見 下 ろ す 二 三 秒
 
素 麺 を 赤 児 の 如 く 大 盥(おほだらひ)
   
焼 茄 子 に 何 や ら 浜 の 匂 ひ か な
   
白 南 風(しらはえ) や 議 論 の 果 て て 日 振 飯(ひぶりめし)
 
  日振飯は、愛媛南部(南予)のぶっ掛け飯。新鮮な鯛や鯵の切り身をダシ醤油に漬け卵黄を落とし好みの薬味も入れて掻き混ぜ、これを熱い飯に掛けて食らふ。  
 
泥 鰌(どぜう) 鍋 父 は 小 骨 を 好 ま ざ り
   
豆 飯(まめめし) を 炊 く や 湯 気 ま で 薄 緑
     
      ボ ス ト ン
 
手 品 師 の ま ろ き 帽 子 や 苺 皿
   
楡 若 葉 金 装 飾 の 摩 天 楼
 
文 字 薄 き 旧 劇 場 の 壁 の 黴(かび)
   
      華 夏
 
か し ま し き 北 京 の人 と 冷 奴
   
人 海 よ 天 安 門 に 飯 饐(す) ゆ る
   
夜 の 秋 仏 陀 の 口 の 半 開 き
   
窯 の 砂 灼 け て ウ イ グ ル 族 の 市
   
      マ ニ ラ
 
輪 タ ク の 五 台 列(つら) な る 泥 旱(ひでり)
   
白 金 の ス コ ー ル 土 に 刺 さ り け り 
 
(はらわた) の ご と 透 き 通 る 夕 焼(ゆやけ) か な
 
一 匹 の 畳 の 蟻 の 五 六 匹
   
ご き ぶ り を 叩 き 廊 下 の 仄 明 り
   
合 宿 の 長 き 廊 下 を 跣 足(はだし) か な
   
終 戦 日 手 の ひ ら ほ ど の 国 旗 か な
   
帝 国 の 夢 や 娘 の 終 戦 日
   
終 点 の ホ ー ム 降 り れ ば 祭 笛

  

あ き

椰 子 の 木 の ひ ょ ろ り と 高 く 秋 立 ち ぬ
   
ま ど か な る 秋 ま し か く の 北 京 か な
   
秋 の 蚊 の ぶ い ぶ い ぶ い と 出 口 な し
   
曼 珠 沙 華 鬼 の 娘 は 優 し い 子
   
迷 ひ 子 よ こ こ ま で お い で 曼 珠 沙 華
   
曼 珠 沙 華 橋 渡 り て も 曼 珠 沙 華
   
橋 く ぐ る ま で 江 戸 湾 の 鰯 雲
   
月 今 宵 大 観 覧 車 立 ち く ら み
 
ポ プ ラ 散 る 子 ら 順 繰 り に 鬼 の 役
   
蜻 蛉(とんぼう) の 丸 き 飛 跡 の な か に 立 つ
   
ゆ で あ が り 眠 り の 栗 の 息 ひ と つ
   
八 つ の と き 秘 本 見 し こ と 栗 を 剥 く
   
依 怙 地(いこぢ) な は ど ち ら の 娘 落 花 生
   
栗 飯 を 食(は) ん で こ く り と 頷 け り
   
食 堂 の ラ イ ス カ レ ー や 一 遍 忌
   
野 分(のわき) し て 犬 に 前 脚 後 脚


 
ふ ゆ
   
街 灯 の き し き し 並 び 冬 の 道
   
枕 木 を 何 処 ま で 濡 ら す 時 雨 や ら
 
神 戻 り 人 の ぶ つ か る こ と あ ま た
   
厳 寒 や ロ ー ト レ ッ ク に 娼 婦 ゐ て
   
ス ト ー ブ の 芯 を 見 つ め て 待 ち ゐ た り
   
剣 道 着 白 き 少 女 や 冬 茜(あかね)
   
(あられ) 一 つ 二 つ 分 度 器 も て 測 る
   
コ マ 落 し の 画(ゑ) に 似 て 雪 の 降 り し き る
   
リ ズ ム ア ン ド ブ ル ー ス の 雪 降 り つ も る
   
一 頭 の 雪 の 回 転 木 馬 か な
   
積 分 も 微 分 も 忘 れ 霜 柱
   
聖 誕 の 樹 の 銀 球 に 映 る 顔
 
温 室 は 寂 し ガ ラ ス に 蝶 貼 り つ く
   
あ る が ま ま 千 枚 漬 の 唐 辛 子
   
ふ ぐ 食 ふ や ふ つ ふ つ す べ て 腹 の 中
   
一 日 の を は り 始 ま る 蕎 麦 湯 か な
   
お ば ば さ ま 玄 ぐ ろ と 掻 く 蕎 麦 の 椀
   
鰭 酒 を 覗 き 込 む 背 の ぽ ッ と 反そ る
   
湯 の 滾(たぎ) り 白 菜 餃 子 寒 厨(かんくりや) 
 
雪 の 夜 の 煮 込 鮑 の あ ぶ く 立 つ
 
面 白 き 待 人 (まちびと) 来 り 漱 石 忌
   
葉 脈 の 小 径 往 き た る 寅 彦 忌
   
寒 昴(かんすばる) 隊 商 埋 む る 沙 の 粒
   
理 科 室 の 人 体 模 型 日 脚(ひあし) 伸 ぶ
   
日 脚 伸 ぶ 掃 除 機 の 音 隣 室 に
   
山 茶 花(さざんか) や ワ イ ン の 栓 を ぽ ん と 開 け
   
酒 肆(しゅし) 二 月 燃 え ひ ろ が れ る フ ラ メ ン コ
   
水 仙 に 空 腹 な り と 母 逝 け り

 






Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.