4973559 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

文春新書『英語学習の極意』著者サイト

Nov 25, 2009
XML
カテゴリ:越南のオモチャ箱
11月21日の日本経済新聞の1面左隅と13面(企業面)に、住友商事がベトナム企業と共同出資してベトナム南部で大型石炭焚火力発電所を建設する計画が報じられた。

ハノイの岩本陽一記者の報道記事だが、商社の口車に乗って不見識なことを2つ書いている。

13面で打った見出しに端的に表れている。

≪ベトナムで発電所建設
住商、「環境」で開拓
グループ企業の力も強み≫

何が「環境」なのかといえば、熱効率の高い「超臨界圧」の火力プラントを採用することで二酸化炭素の排出量を抑えるから、ということなのだが、

こういう一般大衆を惑わせる企業広報垂れ流しは、願い下げにしたい。

火力発電システムは、蒸気の温度・圧力を上げるほど効率がよくなる。
温度・圧力の向上は、配管の材質の改良など様々な技術の結晶だ。
「亜臨界圧」、「超臨界圧」、「超々臨界圧」 と、熱効率は上がってゆく。

で、この 「超臨界圧」 だが、日経記事はこれをあたかも新技術のように書いて、記事の目玉にしている。

「超」の字に躍らされているが、「超特急」も半世紀ちかく前からある。
「超臨界圧」 の火力発電は、1970年代からある技術で、日本ではこれを採用するのが常識だし、中国企業もこれを採用してプラントを製造している。

特別なことは何もない、ふつうの技術なのである。

日経記事では
≪熱効率が高い 「超臨界型」 の石炭火力発電所を建設し……≫
などと、 「超臨界型」 という言い方がされているが、これも誤り。

圧力が臨界を超えている、というのがポイントだから、「圧」の字を落としてはいけない。

“超臨界型” をグーグル検索しても、270件しか出てこない。
その4~8件目は、まさにこの日経記事の誤記を引用したものだ。



もう1つの不見識は、以下の箇所。

≪「超臨界型」の石炭火力発電所の心臓部分であるボイラーの部材を製造できるのは、世界で住友金属工業など数社とされる。

住商はグループ企業とのつながりを武器に、発電プロジェクトを環境関連事業のひとつとして強化する。≫

ボイラーの部材を製造できる金属メーカーをグループに持たなければ、超臨界圧発電プラント建設のための投資ができない、などということがあるだろうか。

同じ流儀で意地悪くいえば、住友グループにはそもそもボイラーやタービンを作るメーカーがないから、住友商事は火力発電に事業投資しようとしても不利な立場にある、ということにならないか。

実際にはそんなことはないのであって、発電事業への投資においてグループ企業にメーカーがいるかどうかは全く関係ない。

投資者としての住商、プラントの売り子としての住商が、住友金属工業から直接に部材を調達するわけではない。
他案件の分もふくめて部材を一括調達するのは、住友グループではないボイラーメーカーである。

経済社会がそもそもどういうふうに動いているか、よく理解せずに書いた上滑りの記事。
今年の日経記事のワースト10に入るのではないか。






最終更新日  Nov 25, 2009 08:28:27 AM
コメント(3) | コメントを書く
[越南のオモチャ箱] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 基礎知識   ノム さん
私も泉さんの世界とは大きさに二桁、あるいは三桁の差がありますが、ボイラー屋です。製造メーカーではありません。
広範な知識は持ちませんがごく狭い範囲では専門家です。
泉さんの古里にも立派なメーカーがありますね。

私が自信を持つ知識は多くありませんが、ごくたまに、そこに触れる記事があります。大抵の場合、記者およびデスクの、基礎知識の欠如が窺えます。
自分の領分だから分かるので、それ以外のケースでは判定できません。しかし類推することは出来ます。他も、似たり寄ったりだろう、ということです。

日経新聞のみならず「日経産業新聞」にすら、基礎知識に欠ける記事はいっぱいありますね。
記事の信憑性においては「日刊工業新聞」が上、と私は思います。

(Nov 28, 2009 12:59:01 PM)

 岩本陽一記者   Izumi Yukio さん
はからずも槍玉にあげた岩本陽一記者を知る、わが勤務先のハノイ駐在員によれば

「日頃からアグレッシヴで優秀な記者だと思うが、今回の記事は大ハズレだった」

 ご本人の名誉のために言及しておきます。 (Dec 8, 2009 07:28:35 AM)

 あぁ、彼ですか・・・・   ジャカルタ さん
岩本記者はかつて日経のジャカルタ特派員でしたね。当時の彼をよく知る人は
「確認もせずに飛ばして書く典型的な日経記者」との評判だったとのこと。
ベトナムでもなんら変わっていないのですね。 (Jan 28, 2010 11:32:01 AM)

PR

フリーページ

平成20年 配信コラム ベスト10


泉ユキヲの読書メモ 32


観劇・読書メモ 1


観劇・読書メモ 2


観劇・読書メモ 3


観劇・読書メモ 4


観劇・読書メモ 5


観劇・読書メモ 6


観劇・読書メモ 7


観劇・読書メモ 8


観劇・読書メモ 9


観劇・読書メモ 10


観劇・読書メモ 11


観劇・読書メモ 12


観劇・読書メモ 13


観劇・読書メモ 14


観劇・読書メモ 15


観劇・読書メモ 16


観劇・読書メモ 17


観劇・読書メモ 18


観劇・読書メモ 19


観劇・読書メモ 20


観劇・読書メモ 21


観劇・読書メモ 22


観劇・読書メモ 23


観劇・読書メモ 24


観劇・読書メモ 25


観劇・読書メモ 26


観劇・読書メモ 27


観劇・読書メモ 28


観劇・読書メモ 29


観劇・読書メモ 30


観劇・読書メモ 31


購読雑誌リストアップ


泉ユキヲの美術館・画廊メモ 了


美術館・画廊メモ 1


美術館・画廊メモ 2


美術館・画廊メモ 3


美術館・画廊メモ 4


美術館・画廊メモ 5


美術館・画廊メモ 6


美術展・画廊メモ 7


美術館・画廊メモ 8


美術館・画廊メモ 9


美術館・画廊メモ 10


美術館・画廊メモ 11


美術館・画廊メモ 12


美術館・画廊メモ 13


美術館・画廊メモ 14


美術館・画廊メモ 15


美術館・画廊メモ 16


美術館・画廊メモ 17


美術館・画廊メモ 18


美術館・画廊メモ 19


美術館・画廊メモ 20


美術館・画廊メモ 21


美術館・画廊メモ 22


美術館・画廊メモ 23


美術館・画廊メモ 24


美術館・画廊メモ 25


美術館・画廊メモ 26


美術館・画廊メモ 27


美術館・画廊メモ 28


美術館・画廊メモ 29


美術館・画廊メモ 30


美術館・画廊メモ 31


美術館・画廊メモ 32


美術館・画廊メモ 33


美術館・画廊メモ 34


美術館・画廊メモ 35


美術館・画廊メモ 36


美術館・画廊メモ 37


美術館・画廊メモ 38


泉幸男のブックマーク


トランクルーム 1


トランクルーム 2


旧ホームページ掲載の記事から


中国詩人 牛 漢 の作品「半身の木」


松山市周辺の新たな鉄道整備案


伊澄航一俳句館


南川 航 詩集『ハイウェイの木まで』


「平成かなづかひ」のご説明


ぼくの小学一年生ケッサク作文


日記/記事の投稿

プロフィール


Izumi Yukio

お気に入りブログ

四塚祐子個展 YOTSU… New! ギャラリーMorningさん

3連休ハノイ旅行 … New! masapon55さん

大饗の儀で一連のご… New! seimei杉田さん

旅も2日目、台湾での… New! ヨンミョン1029さん

プレゼン講座スタート Urara0115さん

軍事情報協定、失効… 生王さん

「ヘアスプレイ」山… CherCYさん

さんまの価格が下が… アップラウンジさん

正倉院の世界では みなみ*さん

映画「蜜蜂と遠雷」… 福禄太郎さん

コメント新着

 ワタナベ@ 参考にさせていただきました。 YouTubeで自分の日本語の勉強がてら、語源…
 http://buycialisky.com/@ Re:悪役「国際連合」がインターネット界をハイジャック?(11/08) buy cialis soft online canadian no scri…
 http://cialisb.com/@ Re:悪役「国際連合」がインターネット界をハイジャック?(11/08) para que sirve el viagra y el cialiscia…

バックナンバー

Nov , 2019
Oct , 2019
Sep , 2019
Aug , 2019
Jul , 2019
Jun , 2019
May , 2019
Apr , 2019

カテゴリ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.