955776 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

魑 魅 魍 魎

PR

X

全3432件 (3432件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >

カテゴリ未分類

June 7, 2020
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
一期一会 6 仏教詩人  坂村真民

会うも別れるも一つの輪廻、一期一会を繰り返し、回る地球の命のふるえ

【好幹の感想】

夏来る会うと別れを繰り返し 好幹

輪廻を繰り返し一期一会を繰り返し地球は回っている 震えながら






Last updated  June 7, 2020 12:00:13 AM
コメント(8) | コメントを書く


June 6, 2020
カテゴリ:カテゴリ未分類
一期一会 5 仏教詩人坂村真民

一期一会の喜びを
花に告げつつ花を見る
鳥に告げつつ声を聴く

【好幹の感想】

花にも鳥にも一期一会の別れかな 好幹

花とも鳥とも一期一会がある その気持ちで自然とも付き合いたい






Last updated  June 6, 2020 07:25:26 AM
コメント(4) | コメントを書く
June 5, 2020
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​​​一期一会 4  仏教詩人   坂村真民

夢の中での一期一会
どうしてあんな夢を
みるのだろう
行ったこともない
小さい島に
花咲き
人住み
祈れば
動く石などがあった

【好幹の感想】

夢を見る一期一会や花の中 好幹

わたしはよくイースター島の像の夢を見る
前世にこれを作ったのかもしれない
平和な島であった
​​​​​​​






Last updated  June 5, 2020 12:00:21 AM
コメント(10) | コメントを書く
June 1, 2020
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​​​​ニつの愛    仏教詩人   坂村真民

タンポポへの愛
朴への愛
このニつへの愛なら
誰にも負けないだけの
愛の心を残して
生を終わろう
それだけでも
この世に生まれてきた
甲斐があったといえよう
地球のある限り
花は咲き
人間のいる限り
愛は消えず
私が念ずる華厳の世界を
開花現成してくれるだろう

【好幹の感想】

念じたる華厳世界や花の咲く 好幹

華厳世界の実現を目指さないと人類は亡ぶ
​​​​​​​​






Last updated  June 1, 2020 12:00:17 AM
コメント(10) | コメントを書く
May 19, 2020
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​​​念食     仏教詩人    坂村真民

毎日御飯を食べるように
毎日念根を食べよう
そうすると
いつか必ず美しい
仏智の花が咲く

【好幹の感想】

念根や日々に仏智の花咲かせ 好幹

念根とは正法を深く心に銘記して忘れないこと である
まず正法とは何かを覚えることが大切である
そしてそれを毎日修することが仏智の花を咲かせるのだ



​​​​​​​






Last updated  May 19, 2020 12:00:15 AM
コメント(8) | コメントを書く
May 11, 2020
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​​ねんねんころりよ 仏教詩人    坂村真民

ねんねんころりよ
ねんころり
念じて念じて
ゆきましょう
こころにあかりが
ともります

ねんねんころりよ
ねんころり
坊やのおめめは
天の星
こころが澄みます
開きます

ねんねんころりよ
ねんころり
念ずるこころに
神仏の
大慈大悲が
宿ります
ねんねんころりよ
ねんころり
念じて念じて
ゆきましょう
鳥もそんなに
歌います

​​​【好幹の感想】​​​
念ずれば大慈大悲やあいの風 碧雲

念ずれば花開くと真民さんは言われている
念ずることの大切さ念ずることのありがたさ


​​​​​​






Last updated  May 11, 2020 12:00:13 AM
コメント(12) | コメントを書く
April 30, 2020
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​​​​火をつける 仏教詩人 坂村真民

ローソクに
火をつける
センコーに
火をつける
その時
自分にも
火をつける

【好幹の感想】
北窓を開きて心に火をつける 好幹

どうもコロナが怖くて家に閉じこもり小さくなりすぎていた 無駄な外出はしてはならないが 過敏なこともしてはならない もう少しだけ元に戻ろう
​​​​​​​​






Last updated  April 30, 2020 12:00:16 AM
コメント(7) | コメントを書く
April 27, 2020
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​​​​大木    仏教詩人 坂村真民

明治、大正、昭和、平成と
長い歴史を生きてきた
もうそれだけで
一つの宝ではないか
全くかつてない
感動の時であった
ぼやぼやして生きてきた人は
一人もいなかった
みなそれぞれが
必死で生きた
そして死んでいった
中にはまだ異国の地に
成仏できない人たちが
幾万といるであろう
わたしも生と死のすれすれの線を
通り抜け生きてきた
今日は一本の老い木の側に立ちながら
そんなことを思った
梅雨の晴れ間の
まぶしいひかりの中に立つ大木よ

【好幹の感想】

生かされて生きながらえて梅雨晴間 好幹

人それぞれに歴史がある
これからも多くの思い出歴史を作って入れることを楽しみに生かされてゆこう
​​​​​​​​






Last updated  April 27, 2020 12:00:13 AM
コメント(10) | コメントを書く
April 25, 2020
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​

詩人 坂村真民

 

うごいているから
うつくしいのだ




​​​《好幹の感想》​​​

こう自粛ばかりだと動けない それでも身体だけは動きそう
流れる水は腐らない。動けるのだ。動こう。二度とない人生だから!

 

今日もお越しいただきありがとうございました。素敵な人生でありますように!

 

​​






Last updated  April 25, 2020 07:08:23 AM
コメント(8) | コメントを書く
April 21, 2020
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​​​​​​​​​​仏行
仏教詩人 坂村真民

大宇宙には
無尽の大生命が
一分一秒の狂いもなく
電波電流のように
流れている
それを受け留めねばならぬ
そういう体にしてゆかねばならぬ
それが仏行である

【好幹の感想】


​​​​一秒の狂いなくして春来る 好幹​​​​
誰が支配しているのかは知らないが一分一秒の狂いもなく宇宙は生きている
その中で生活し生かされているのであるからその法則に則った生活や心遣いをすべきである
​​​​​​






Last updated  April 21, 2020 06:45:53 AM
コメント(8) | コメントを書く

全3432件 (3432件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >


© Rakuten Group, Inc.