December 8, 2020

蝉脱

(8)
カテゴリ:俳句
​​​​​​​​​蝉脱  仏教詩人  坂村真民

サウロが
パウロになった
幼名を真魚と言った人が
無空から如空へ
そして教海へ
さらに空海へと
改名し
智真が
一遍になり
幹夫が
空外になられた
わたしもまた
昴から
真民になった
これを
蝉脱とも
脱皮ともいう
人間一度こういうものを
持たねばならぬ

【好幹の感想】

脱皮して大きくなりてまた蝉脱 好幹

わたしも
好幹となって
はや25年
大きくなれたか

​​​​​​​​​





TWITTER

Last updated  December 8, 2020 12:00:15 AM
コメント(8) | コメントを書く
[俳句] カテゴリの最新記事