000472 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

小説感想

PR

プロフィール


朱文金こめっと

カレンダー

バックナンバー

2022.01
2021.12

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.11.30
XML
テーマ:読書(5062)
カテゴリ:SF

ーーーーーーーーーー
虐殺器官による世界的な混乱を経て人類は大規模な福祉厚生社会を築き上げた。
ほとんどの病気が放逐され、見せかけの優しさや倫理で創られた"ユートピア"。
そんな社会に不意打ちを与えるべく3人の少女は餓死することを選んだ。
ーーーーーーーーーー

ハーモニー新版 (ハヤカワ文庫) [ 伊藤計劃 ] 
【中古】 ハーモニー / 伊藤 計劃 / 早川書房 [文庫]【メール便送料無料】【あす楽対応】


虐殺器官の後に続くSF小説です。
生活や人の様子は虐殺器官より身近に感じました。
  

自分を守るための攻撃として自殺を選んだ少女が幸せってたまに同調圧力かもなと気付かせてくれました。
与えられた幸せを受け入れるか受け入れないか選べる権利が個人にあることが重要だと思いました。
 
なにこれと感じる部分があってもそのまま読み進めて大丈夫だと思います。
 
エピローグでは気持ち良い喪失感を感じました。







最終更新日  2021.11.30 07:12:28
コメント(0) | コメントを書く
[SF] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.