555810 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

仙台市泉区在住の健康オタクの気まぐれ日記

PR

Profile


ビリオネアー

Freepage List

Favorite Blog

「食品の選び方」「… 抗加齢実践家てるさん

2019.7.12 13:51 室… 野母伊 志穂輔さん

飲み屋に行かず自宅… little-greenpeasさん

健康オタ子の日記 健康オタ子さん
健康道場トラの穴 MCタイガーさん

Comments

R.R@ Re:東電のカネに汚染した東大に騙されるな!(03/31) 正論ですね。 「プルトニウムは飲んでも〜…
R.R@ Re:潰瘍性口内炎の原因は?(08/31) 最近、日本でも女性の間では自然派シャン…
R.R@ Re:青木泰さん講演会後編(02/20) 原発排水は通常海水温よりも6~8度以上高い…
リーボック@ lhbjzkmztot@gmail.com My developer is trying to convince me t…
アクアスキュータム マフラー@ xgzylf@gmail.com Howdy! Would you mind if I share your b…

Archives

2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2008年12月12日
XML
カテゴリ:禁煙
仙台市泉区のながさわ歯科医院の長澤です。
いつも有り難うございます。皆様の健康に役立つ情報をお届けできたらと思っています。

 喫煙が米国で年間44万人の死亡原因になっているとは驚きですね。
 タバコ会社は殺戮団体としか言いようがないですね。
 更に日本の場合は国家をあげてタバコ会社を運営しているわけですから、これも国家的犯罪と言えるのではないでしょうか。
 最近、わが医院でも歯周病への影響や、全身との関連、インプラント手術においてのリスクを説明すると、禁煙する方が多くなってきたように感じます。

脳内の分子スイッチで喫煙欲求が抑えられる

 脳内の神経ペプチド受容体を遮断することによって、たばこへの欲求を急速に低下できる可能性のあることが新しい研究で示され、米科学アカデミー発行の「Proceedings of the National Academy of Sciences(PNAS)」オンライン版に11月24日掲載された。

 米スクリプス研究所フロリダ(ジュピター)の研究グループによると、神経組織内にある短鎖のアミノ酸であるヒポクレチン-1(hypocretin-1、別名オレキシン A、orexin A)によって、ラットがニコチンを渇望する一連の生化学反応が発生するという。


 研究主任のPaul Kenny氏は「ヒポクレチン-1受容体を遮断すると、ラットのニコチン使用を続ける意欲が減退しただけでなく、脳の報酬回路に対するニコチンの刺激作用が無効になった」と述べ、この受容体を効果的に遮断する方法を突き止めることができれば、新しい禁煙治療につながる可能性があるとしている。今回の研究では、低用量の選択的拮抗薬SB-334867(市販されている化合物で、研究によく用いられる)を使用してヒポクレチン-1受容体を遮断した。


 前頭葉のごく小さな領域に損傷を受けた人が自発的にたばこをやめる事例がみられるが、今回の知見でその理由が説明できると考えられる。研究グループによると、ヒポクレチン-1受容体は脳の前頭葉にあるクルミ大の島(insula)と呼ばれる部位に存在するという。同研究所による過去の研究では、ヒポクレチン-1受容体がコカイン依存症の再発を制御する上でも中心的な役割を果たしていることが判明している。


 喫煙は米国で年間44万人の死亡原因となっており、それによる医療コストは年間1,600億ドル(約15兆円)に上る。禁煙を試みる人のうち、1年後まで禁煙を維持できる人は約10%にとどまるという。

[2008年11月24日/HealthDay News]






Last updated  2008年12月12日 18時17分43秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.