10263852 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

世界のごはんとアリーナ&スタジアムグルメ生活

2010.12.05
XML
Jの季節が終われば「そろそろクリスマスシーズンだなぁ・・・」などと思いつつ、ちょっと華やかな料理でワインを飲みたくなります。

そんな訳で、今年1年J観戦楽しかった家庭内打ち上げを兼ねた、日曜日のディナー。

      101205ディナー

ポタージュは人参・かぼちゃ・玉ねぎ・キャベツで、味付けは塩コショウだけ。食べる直前の温め返しの際に牛乳を少々加えています。キャベツが入ると自然なとろみと旨味が出るのでブイヨンは不要!あっ、あとパスタの茹で汁もちょっと入ってます。これも美味しいだし代わり。

なんと言っても目を引くのはこちら!

       101205手長エビとサーモンのリングイーネ

手長エビとサーモンのリングイーネ。
最近買った福袋に手長エビが箱でどーん!と入っていて、「お刺身で食べられます」と書いてあるものの、この旨味(特に味噌の部分が濃くてうまい!)を存分に味わうにはやはりソース系・スープ系だろうと思い、パスタにしました。トマトはあくまでエビの風味が強くなりすぎないようバランスを取る役目、ちょっとしか使いません。

手長エビは背中から切れ目を入れて背ワタを取り、にんにくと種を抜いた唐辛子を熱したオイルで殻ごと香ばしく焼いてからホールトマトと白ワインを加え、蓋をしてエビの旨味をしっかり引き出します。味付けは塩のみ。仕上げのポイントはソースの吸わせ方。パスタの茹で汁を少し加えた中に硬めに茹でたぷりっぷりのリングイーネを入れて3分ほど煮、旨味をしっかり吸わせると、ソース自体が薄味でもパスタにしっかり染みて美味しく頂けるのです。いひ、贅沢うっしっし

       101205パスタアップ

エビだけでも十分美味しいですが、手長エビって見た目の割に身の部分が少なく、ボリューム感に欠けるので、冷凍庫にあった鮭の切り身に塩コショウして皮がカリカリになるようソテーし、粗くほぐして盛り付けの際に一緒にのせました。「皮カリカリ」とサーモンの美味しさをそのまま生かすため、敢えてソースと一緒には煮込まない戦法。これも正解!グッドとっても美味しくできました!


合わせた野菜は、これまた我が家の定番イタリア風緑のタルト「トルタ・ヴェルデ」。今日はパスタをいっぱい食べたかったので、より軽い皮にしようと市販の春巻きの皮を2~3枚重ねて使いました。少し濡らしてオイルと溶き卵を塗るとうまくくっつき、かつパリパリに焼けます。

       101205パイ

今日の中身は、小松菜・玉ねぎ・ワイルドライスとつなぎ役に卵少々。ワイルドライスが入ると、ちょっとボソボソした独特の食感がアクセントになって美味しいです。青菜に合うんですよねワイルドライス。

       101205パイ断面


そして、折角ワインを開けるので、もう一品何かワインに合う美味しいおつまみが欲しいな~と料理しながら考えていて、ひらめいたのがコチラきらきら

       101205エリンギのライスペーパー巻き揚げ

エリンギのチーズサンド・生ハム巻きライスペーパー揚げ。
エリンギを縦2つに割いてチーズを挟み、それを生ハムでくるくる巻いてライスペーパーで春巻きの要領で巻き、さっと揚げ焼きにした一品。

これとっても美味しかったぽっハート

今日のお料理の中で最も手がかかっていないのに一番美味しかったという、作り手からするとビミョ~な気も若干しなくはない一品ですが、美味しいのでいいです。食べるのも私だし(笑)

       101205エリンギ断面

これも、先日ご紹介した「フォアグラの醤油漬け」を食べた大阪のお店の「生ハムとモッツァレラのライスペーパー揚げ」の美味しさが忘れられず、でも食感的に核になるものがあればもっと美味しいのにな~と考えていて浮かんだのがエリンギ。昨日パスタに使った残りがちょうど3本残っていたので試しに作ってみましたが、作っている過程で「これ絶対激ウマだな」と確信!もちろんダンナさんにも大好評。一口食べた時点で「これ俺2本食べていいんだよね?ぶた」と嬉しそう。

作り方はほぼ上に書いた通りですが、食べる際に忘れてはならないのがバルサミコ!これがあるとないとで雲泥の差ですので、くれぐれもお忘れなくウィンク


作り方です。


≪失敗ナシで絶対に美味しくできます!低カロリーで満足の一品、エリンギのチーズサンド・生ハム巻きライスペーパー揚げ≫レシピ:1~2人分

1) エリンギ3本は縦2つに割り、間にお好みのチーズ(今回はプロセスチーズを使用。温めると少し溶けるタイプがオススメです)を挟み、縦3つに裂いた生ハムを1枚ずつ使ってぐるぐる巻き、はがれないようにする。

2) ライスペーパーをぬるま湯または水にさっとつけて戻し、春巻きの要領で1)を1個ずつ巻く。

3) 深めのフライパンまたは小鍋に揚げ油を熱し、2)の表面がカリッとするまで高温でさっと揚げれば(長時間揚げるとチーズがこぼれてしまいます)できあがり!盛り付けの際、上にバルサミコ酢(熟成タイプがおすすめ)をたらしてどうぞ♪

★クレソンやルッコラの苦味が合う味なので、つけ合わせにすると更に美味しく、見栄えもよくなると思います。少し冷めても美味しいのでパーティにもオススメ!


ライスペーパー特有のカリッ・シャクシャクした食感にチーズの滑らかな食感とまろやかさ、生ハムの塩気、更にエリンギのコリッ、つるっとした歯ざわりがとてもバランス良く、ワインが進むおつまみです。赤・白・ロゼ・シャンパンいずれにも合うと思いますので、クリスマスパーティの際にでも、是非一品加えてみてください。オススメです!


うーん今日もとっても美味しかった!ぺろりごちそうさまでしたウィンク


バナー1 FC2バナー 
   ↑       ↑         ↑
  3種類のランキングに参加しています。
  順位が上がると、より多くの方々にご覧頂くチャンスが広がります!
  本日もポチッと応援、お願いいたします。






Last updated  2010.12.09 10:28:28


PR

X

Freepage List

Profile


ぱんだたいちょー

Calendar

Archives

2021.09
2021.08
2021.07
2021.06
2021.05

Category

Keyword Search

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.