10383373 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

世界のごはんとアリーナ&スタジアムグルメ生活

2015.12.19
XML
リーグ戦が終わってからというもの、仕事が忙しすぎて私的な時間が減っているのでお家の中もまったくクリスマスっぽくないのですが、とりあえずクリスマスクリスマスツリーっぽいシーズン開始。

   2015-12-19 13.29.31.jpg

ふだんの年はシーズン終了ぐらいから「今年は何つくろうかなあ」と構想を練り、買い物にも何度も出かけてかなり気合が入りますが、今年はほんとうに時間がなく、先週はお弁当を作る余裕もない状況(ヽ´ω`)やむなく食材福袋だけを買って、金曜夜に届いたその中身からメニューが決まりました。

◆チーズ&サラミ盛り合わせ

   2015-12-19 13.30.14.jpg

イタリア産の熟成チーズセットとバスク産のおいしいサラミが福袋に入っていたので、それを少しずつカット。どれも味が濃く深いので、チーズは小さめにカットして舌の上で味わうように、サラミも薄くスライスして口の中で溶けていく脂を味わいます。

熟成系のチーズは私はあまり得意ではないですが、フランス産よりイタリア産の方が全般的に風味が優しく、口に合います。ブルーチーズの柔らかいのが特においしかった。前日パンを買いに行く時間がなかったので、パンは当日ダンナさんに買いに行ってもらいました。


メインをお肉にしたいと思ったので、合わせて温野菜系もいくつか。

◆いんげんとロマネスコのトマト煮

   2015-12-19 13.29.37.jpg

いんげんだけでもよくつくりますが、加熱すると柔らかくほろっと崩れるロマネスコも入れたら、食感の差もあってとても美味しくできました。いんげんの香ばしさがクセになります。

作り方はすごく簡単。

1)煮込み用の厚手の鍋にオリーブオイルを熱し、筋をとったいんげんをオリーブオイルで香ばしく焼き付ける(焦げ目がつくぐらいこんがり炒めるのがポイント)。

2)全体的に焼き目がついたら小房に分けたロマネスコと、切り目を入れて包丁の腹でつぶしたにんにく1かけ、つぶしたホールトマト1/2缶を加えて蓋をし、野菜が柔らかくなるまで煮込む。

3)塩で味を調えたらできあがり!


◆にんじんのキャセロール

   2015-12-19 13.29.43.jpg

これはもう我が家の定番で、疲れ目の時に私がすごく食べたくなるもののひとつ。基本のレシピはこちらです。

何度も作っているのでその時々の気分や体調で量も調整され、今回はにんじん1本半、たまご1個、牛乳100ccと玉ねぎ1/4個(すりおろし)、そしてクラッカーがなかったのでサラダ味のおせんべいで代用という(笑)これも味付けのひとつなので、他のスナックを使って作ってもOK。チーズの量もその時の気分やその他のメニューで買えています。昨日のはチーズはやや少なめ。


◆ほうれん草のキャセロール

   2015-12-19 13.29.48.jpg

昨日の野菜料理の中でとりわけダンナさんに好評だったのがこれでした。ほうれん草をどっさり使ったお料理もよく作りますが、これは初めてかな?もともとはアメリカ料理がベースですが、生クリームを使わずバターも殆ど使っていないので、アメリカらしさがだいぶ薄まっています(笑)

1)ほうれん草3束は洗ってレンジで柔らかく加熱し、細かく刻む。玉ねぎ1/4個も粗みじん切りに。

2)フライパンにオリーブオイルを敷いて先に玉ねぎを炒め、しんなりして透き通ったらほうれん草も加え、余計な水分が飛ぶまで炒め、塩・こしょうで調味。

3)小麦粉大さじ1を加えて全体になじませ、牛乳150~200cc程度を少しずつ加えては煮詰め、加えては煮詰め…を繰り返し、ホワイトソースのようにする。

4)もったりして余計な水分がなくなったら火を止め、溶き卵1個分を加えてさっと混ぜ(※火からおろしておかないと固まってしまうので注意)、バターを塗った耐熱容器に流し入れて180度のオーブンで15~20分焼けばできあがり。

   2015-12-19 13.34.23.jpg

ダンナさんいわく「ほうれん草の苦みが残っているのがいい」そうで、要はアク抜きをしていないからなのですが(笑)アクも美味しさの一部なので、私はほうれん草のあく抜きはあまりしません。この後縮みほうれん草が出回ったら、そちらで作ると苦みが少なく甘く出来上がるかな?


という訳で、昨日のメイン。

◆サーロインステーキ&フォアグラのソテー


   2015-12-19 13.29.55.jpg

どーん!


   2015-12-19 13.30.02.jpg

どーん!!

   2015-12-19 13.30.08.jpg

いやーもう説明不要ですね。この画像だけでお察しください。

すんんんんんんごく!ウマかったー上向き矢印上向き矢印上向き矢印ィェ‐ィ v(´▽`v)))))).......((((((v´▽`)v ィェ‐ィハートハートハート

いいお肉ってホントに美味しいんだな、というのと、フォアグラも何度か使って焼き方のコツを会得したるので、どちらも塩コショウだけでシンプルに焼いただけなのにトリップしてしまうほどの美味しさ。ダンナさんがお肉(脂の部分)をひとくち食べた瞬間から「お肉と2人きり」になってました。

   2015-12-19 13.33.20.jpg

これだけの厚みがあると(2人分1切れで460g)中まで適度に熱を入れるのもフライパンだけでは難しいので、お肉については室温に戻して塩・コショウをなじませたのを最初にフライパンで側面も含めよーく焼き付け、オーブン用の焼き皿に移してスライスにんにくをのせ、180度のオーブンで10分焼いてからホイルで覆って休ませました。

フォアグラは私は半解凍を使って焼くのが最も失敗なくできると思っています。表面に塩コショウを塗った後小麦粉をまぶし、油を敷かないフライパンで両面こんがり(しばらく動かさずにいると脂がどんどん出て来て、それでこんがり焼ける)焼いて皿に移し、ソースはバルサミコを切らしていたので、焼いた後残った脂にはちみつとお醤油、コショウを加えて少し煮詰めたものを塗りました。フォアグラは少し甘みのあるソースがよく合います。あとお醤油。ほんとおいしかった。

いやーおいしかった~・・・(※トリップ中)

…という訳で実は今日もこれからお仕事なのですとほほ(ヽ´ω`)
ああ休みたい!特に精神的に!!!と思いつつ現場いってきまーす電車






Last updated  2015.12.20 08:45:35


PR

X

Freepage List

Profile


ぱんだたいちょー

Calendar

Archives

2021.12
2021.11
2021.10
2021.09
2021.08

Category

Keyword Search

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.