000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

世界のごはんとアリーナ&スタジアムグルメ生活

2015.12.26
XML
カテゴリ:ごちそう!パスタ
えー、そんな訳で24・25日とも仕事漬けで疲れ切ったこの土日のごはんですが、クリスマス色があるようなないような。

   2015-12-26 20.45.02.jpg

こちらは土曜日の夜ごはん。昼はあまりに疲れてレタス&たまごのチャーハンで済ませてしまったので(疲れてる時って何かをモリモリ食べたくなりませんか?最近私はそれが「加熱したレタス」のことが多いです)夜はちょっとごちそうチックなものを食べたくて、高級食材を惜しみなく使ってみました。

◆イタリア風前菜盛り合わせ

   2015-12-26 20.45.36.jpg

美味しいサラミとプロシュート、グリーンオリーブ、チーズ2種類(ブルーチーズと白チーズ)、あとプルーン。日本で買ったオリーブとプルーン以外はすべてイタリア産で、先日買った食材福袋に入っていたものです。プロシュートはあらかじめごくごく薄~くスライスされており、ここまで薄いと「ふんわりハートした食感が出ることに驚き。レモンを絞るとまた違った味になります。


◆チコリとレタスのグラタン

   2015-12-26 20.45.28.jpg

もはや我が家で定番化しているチコリまたはレタスのグラタン。ホワイトソースだけはちゃんと自分で作るのがポイントだと思っています。

前菜盛り合わせで生ハムとかサラミとかがあるので、通常巻くロースハムを割愛(冷蔵庫になかったし。笑)してつくったところ、予想通りではありましたがかなり苦みの勝った味に。ダンナさんが「ハムって大事なんだね」としみじみ言っていました。


そして、グラタンに比べ超簡単ですが、間違いなく美味しいと確信してつくった本日のメイン。

◆フォアグラとブラウンマッシュルームのクリームパスタ

   2015-12-26 20.45.10.jpg

我が家的に超贅沢です。
というのも、フォアグラを惜しみなく「適当」に切り分けて使っている上、私が生クリームをお料理に使うことは滅多にないので、その両方をカロリーとか脂肪分とか気にせず使っている( ̄(oo) ̄)ノ点でも、滅多にないメニュー。

アップでどうぞ。

   2015-12-26 20.50.44.jpg

味ですか?そりゃあもう

夢心地に超おいし~~~~~いヽ(  ´  ∇  `  )ノハートハートハートハートハート

いやーつくってる段階から「これ絶対ものすごく美味しい、いいワインと合わせてちゃんと美味しさを味わいたい上向き矢印上向き矢印上向き矢印とひとり気合が入っておりました。フォアグラの深い旨味にブラウンマッシュルームの深みが重なり、過剰な風味をブランデーで飛ばし、最終的に両者の旨味を生クリームが包み込むこのウマさ!しかもパスタは生パスタのフェットチーネ、これは美味しくない訳がございません。後味を重たくさせないためのイタリアンパセリも必須、もちろん乾燥ハーブではなくフレッシュのを刻んで使います。

いやー過去とりあげてきたいろんなお料理の中で、ある意味最も贅沢な一品かも知れません。ほんと美味しい。工程自体はとても簡単で短時間でできるので、他のお料理はできあがり、テーブルに並べた上で「できたよ~、食べよう~」的に運んで食べ始めたいスペシャルさです。

≪ひとくちで夢心地トリップ!フォアグラとブラウンマッシュルームのクリームパスタ≫レシピ:2人分

1)大鍋にパスタを茹でるお湯を沸かし、沸騰したら粗塩を入れ、生のフェットチーネ200g(乾燥なら100~140gぐらい、お好みで)を袋の表示通りにゆでる。今回のは4分でした。

2)パスタを茹でている間にソースをつくる。フォアグラ50~60gはダイスカットし、ブラウンマッシュルーム4~5個は1個はスライス、その他のは食感が残る程度の粗みじんまたは細切りに。イタリアンパセリ(フレッシュ)1/2程度は飾り用を残して刻む。

3)フライパンにバター少々を熱し、最初にマッシュルームを入れて炒め、焼き色がついたらフォアグラも加え、表面がすこしカリッとするまで焼きつける。

4) 3)にブランデー大さじ2程度(なかったのでバーボンで代用しちゃった)を加え、フライパンを少し傾けてフランベする。

5)炎が収まったら塩と微量のしょうゆで味付けして刻んだイタリアンパセリを加えて混ぜ、生クリーム50cc程度を様子を見ながら加える。これでソースは完成。

6)茹で上がったパスタによーくソースをからめて皿に盛り、飾り用のイタリアンパセリを飾ってできあがり!

★フォアグラは今回はホールのを切り分けて使っていますが、あらかじめスライスされたものでも問題ありません。ペーストではなく、ぜひ食感を楽しめる程度の厚みがあるもの(最低7mm以上)をカットしてつくってみてください。

★パスタは平打ち太麺がベスト。フェットチーネまたはタリアテッレがオススメです。

★贅沢な味なのでワインもしっかりした、タンニンが効いた深みのある赤を用意してください。今回はマルケ州のシラー。

    2015-12-26 20.45.21.jpg

ああ美味しかった・・・(反芻中)。
味がとても濃厚で贅沢なので、ひとりで大量にモリモリ食べる類のパスタではない感じです。ちょっと足りないぐらいの量をゆっくり味わいたい。なので、2人で「1人分強」ぐらいな総量をイメージしています。

ちなみにこの夜ごはんが濃厚すぎて、翌日は私朝昼ごはんを抜きました(笑)
このところ仕事がほんとうに忙しく、1日1食の日もときどきあるので、胃腸をいたわらないと・・・。


そんな訳で今日がやっと仕事納めです。ああやっと休める。
身体もそうですが、主に気持ちの上ですごく仕事寄りな期間を過ごしたので、年末年始でちゃんとリセットしないとな。今年も横浜から動かず、主に休息に充てるお休みを過ごします。

通常仕事納めというと仕事もそこそこに大掃除して夕方にはみんなで乾杯的なイメージですが、私普通~~~~に仕事(ヽ´ω`)行ってきまーす電車






Last updated  2015.12.28 09:17:55


PR

X

Freepage List

Profile


ぱんだたいちょー

Calendar

Archives

2021.10
2021.09
2021.08
2021.07
2021.06

Category

Keyword Search

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.