10474845 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

世界のごはんとアリーナ&スタジアムグルメ生活

2016.02.16
XML
週末、ダンナさんがこんなお祝いりぼんを用意してくれてまして。

   2016-02-13 19.37.10.jpg

トップスのチョコレートケーキとチョコペンを買って自分で書いてくれたようです。ありがとうダンナさん、そして今年バレンタイン的なのを一切用意してなくてごめんねー(人*・ω・)

あ、そうだ、自分が食べたくてPSMの帰りにドーナツ買って帰りました。

   2016-02-13 19.40.06.jpg

右の2つは期間限定バレンタイン仕様でダンナさんは美味しいって喜んでたけど自分的にはきなこがいちばん美味しかった╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

――という先週末のおうちごはん。

   2016-02-14 20.00.23.jpg

その前の週、八千代へ車で行った際に直売所の前を通りがかったので野菜をどっさり買っていました。中でもこの季節限定で毎年つくっているこちら。

◆葉玉ねぎのフォカッチャ

   2016-02-14 20.00.33.jpg

フォカッチャ生地というかピッツァ生地というか「小麦粉(私は地粉と全粒粉をブレンドするのが好き)+塩一つまみ+ドライイースト+ぬるま湯」で練った生地に、葉玉ねぎを炒めてトマト少々を加えて煮、オリーブとケッパーを散らした具をたっぷり包んで焼いたもの。味付けは本当に塩とオリーブ、ケッパーだけなのに

何故こんなに美味しいんだo(゚ロ゚o)!!!!!

と声を大にして言いたくなるほどの美味しさ。野菜ってすごいなあと改めて思い知らされます。

↓こんなに地味な断面なのに!

   2016-02-14 20.02.32.jpg

というのも、葉玉ねぎってそれだけ食べると「美味しいけれどちょっと物足りない」感じの味なんですよ。成長する前の玉ねぎなので、葉っぱの部分は長ねぎに似ているけれどもっと優しい味。辛味は一切ありません。なので調理する際は何かしらコクの出る材料を合わせるのが基本。例えば味噌やあさりと合わせたぬたとか。

↓今回買った一部もぬたにして食べました(辛子酢味噌+ちょっとごまも入れてみました)。ダンナさんが大喜び。

   2016-02-11 20.06.21.jpg   

でも、このお料理で言うとそれが「ない」んです。
敢えて言うとトマトとオリーブ、ケッパーとの相性+小麦粉の生地との最高の相性、でしょうか。確かに葉玉ねぎはピッツァの具にしてもすごく美味しい。

という訳で「葉玉ねぎはこれが一番おいしいよね((((゚∀゚(。_。(゚∀゚(。_。(゚∀゚(。_。∀゚(。_。(゚∀゚(。_。(゚∀゚)ウンウンウンウン!!!!」と改めて実感した一品、基本レシピはこちらですが、具も生地も分量はかなり適当です。今回の具は「葉玉ねぎ2束半+ホールトマトのトマト1個+グリーンオリーブ7~8粒+ケッパー大さじ半分ぐらい」といった感じ。トマトはあくまで引き立て役で、入れ過ぎない方が葉玉ねぎの美味しさが活きて美味しいです。ぜひ!ぜひ!!!つくってみてください╭( ・ㅂ・)و̑ グッ!


それと、同じく直売所で買った立派なキャベツ。ダンナさんが「キャベツ切って食べていい?」と言うのを「ロールキャベツにするから待って」としばらく待たせてつくった(笑)こちら。

◆フィンランド風焼きロールキャベツ、ベリーソース

   2016-02-14 20.00.54.jpg

ベリーソースと言っても本来はコケモモ的なものですが、入手しにくい(できたとしてもきっと高い)ので今年は冷凍庫&冷蔵庫にすごくたくさんあるブルーベリーを使用。さらに

   2016-02-14 20.04.14.jpg

ギリシアやトルコでよく食べられるピーマンの肉詰め&ブドウの葉でそういった具を包んだ「ドルマダキア」同様、肉詰め系の具に「お米が入る」のも北欧料理の特徴。西欧ではパン粉やちぎったパンを使うところにお米を使う訳で、面白いですよね。つなぎと言うより食感のアクセント兼ボリューム出しになっている感じで、これも美味しい。

こちらも過去エントリで一度レシピを上げていますが、フィリングはお好みでアレンジしてみてください。今回は豚多めの合挽(冷凍庫にあったのを適当に混ぜた)にしていますが、牛肉やちょっとジビエっぽい味のお肉が混ざるとそれっぽさが増す気がします。

なお、焼く際にバターを塗ると現地レシピには書かれていますが、今回は頂き物のメープルバターを塗ってみました。これもいい感じです。


あと、これももはや似たようなものを毎週作っているような気が。

◆かぶとにんじんのキャセロール


   2016-02-14 20.00.40.jpg

直売所でにんじんを2袋買ったのですが、その日からがんがん使ってもはや残りはわずか。なので同じくその時買ったまるまると大きなかぶと合わせてキャセロールにしました。

   2016-02-14 20.10.05.jpg

かぶから水分がかなり出るので柔らかめの口当たり。優しい味です。
今回の材料は「かぶ大1個、にんじん2/3本、卵1個、ヨーグルト大さじ1、塩コショウ、とろけるチーズ適量」といった感じ。基本のレシピはこちらですが、スパイスは入れていません。

それと、使ったかぶには美味しそうな葉っぱがついていたので、葉っぱは先に使っていました。

↓セントレアで買ったヤマサのちくわと一緒にごま油で炒めて仕上げにお醤油をジュッ!としただけ!でもウマイ~ヾ(o´∀`o)ノ

   2016-02-06 20.16.35.jpg

かぶの葉はちょっと苦みがあるのが美味しいですよね。ほろ苦みのある野菜、春だなあ~(○´∀`)ノ

我が家にもきのうシーチケ一式が届きました。開幕まであと10日、春よ来い来い早くこーい花さくら






Last updated  2016.02.18 08:48:01


PR

Freepage List

Profile


ぱんだたいちょー

Calendar

Archives

2022.01
2021.12
2021.11
2021.10
2021.09

Category

Keyword Search

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.