000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

世界のごはんとアリーナ&スタジアムグルメ生活

全87件 (87件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

駅そば・立ち蕎麦(首都圏JR)

2020.01.08
XML
えー、2020年も早くも一週間過ぎましたがあけましておめでとうございます​​​​​​​​( *・ω・)*_ _))

  

おせちやお正月料理の写真から始めようと思ってたら誤って消してしまった、そんな迂闊な2020年の始まりでした諸々気を付けよう。お正月らしい写真あんまりないのでこれでも載せておこうかな。現在わたくしのおうちはこんな感じになっておりますドラクエウォーク上。

  

いのちだいじにごろごろしながら美味しいものを食べ、運に頼って生きて行きたいと思います。今年は無駄遣いを減らすのが目標ですが新年早々「きのう何食べた展」とか行って無駄遣いしちゃいましたえっへっへ。

というわけで写真は年末にいただいた「いろり庵きらく」横浜北口店さんのNRE系駅そば年末年始名物「大海老天そば(680円)」です。​去年は「大船軒」さんで食べました。

  

NRE系では「生麺使用(主に「いろり庵きらく」)」と「茹で麺使用(あじさい茶屋、中山道、大江戸そば、道中そば、濱そばなどいくつかのブランド有)」でラインナップを分けており、昨冬は「いろり庵きらく」では食べなかったので今回食べてみました。確かに海老のサイズは去年食べた茹で麺使用店舗とは違う、ぷりぷり度もあって80円の価格差は納得。でも同じ二尾の海老天そばなら昨冬「そばいち」で食べたごま油のきいたのが美味しかったなあ、750円とちょっとお高かったけど今年も食べようか。

そう思っていたらなんと!今冬「そばいち」さんでは海老天そばが出ませんでした残念。その代わりに期間・数量限定「牡蠣天そば」が出たらしいとクリスマス前後にTwitterで見たものの、同日私が行った「そばいち」東小金井店さんでは券売機になかったんです…

  

――という話をダンナさんにしたら「東小金井ってどこ?」と聞かれました。横浜在住の我々にとってはそういう位置づけというか、かなり遠い存在の駅ですがここです。中央線快速で吉祥寺と国分寺の中間ぐらいかな、私も初めて下車しました。

  

そんな東小金井の駅ナカにある「そばいち」さんはとても明るくて綺麗な新しい店舗。女性でも抵抗なく入れるのでは?と思います、私が行った時間帯は夕方早かったのでほぼ貸し切りでしたが。

  

ほらこんなに綺麗きらきらきらきら

  

店内の手前側は壁沿い(ガラス張り)の立席カウンター、その奥に着席ゾーンが5~6席あって、その奥はこんな感じになっています。広いし綺麗だし落ち着く・・・

  

さて、牡蠣天そばというか年末年始っぽいメニューが見当たらなかったので選んだのは、「そばいち」では初めて食べる「鴨そば(540円)」です。まあ年末年始っぽいというか冬っぽいですよね。ゆで時間の2分ほど待って提供されました。美しい!

  

そう、何より茹でたてのお蕎麦の麺が美しい。切りたて感を感じる、しっかりとお蕎麦の味がする麺です。「そばいち」と「いろり庵きらく」のすみ分けは確かにあるし必要。私けっこう好きなんですよ「そばいち」さん。私の周りの男性陣(普段「進んで」まで駅そばには入らないけど嫌いではないうちのダンナさんとか)にも概ね好評です。つゆも美味しい。予めきちんと鴨だしをなじませてくれています、茹で麺使用店だとレトルトパックの鴨を温めてそのまま麺&つゆの上から開けておしまいですが、ここは丁寧。

  

それに、ねぎ好きの私が特筆したいのは「ねぎが白髪ねぎ」ということ!NRE系列で初めてお目にかかる気がします白髪ねぎ。「そばいち」だけだと思います、「いろり庵きらく」でも茹で麺店舗でも鴨そば食べたことあるけどこんなことなかったもん。

  

という訳で大変満足したわけですが、年が明けての昨日、ちょっと都心まで出る用事がありまして、その帰りに立ち寄った「そばいち」恵比寿店。もちろん目的は「牡蠣天そば」があるかを確かめるため。

いつ来ても人の流れが都会な恵比寿。ここの「そばいち」さんはいつ入っても女性のお客さんが複数いらっしゃいます。昨日はなんと女性客の方が多かった!さすが恵比寿!

  

ありましたよ(ΦωΦ)フフフ…ちょっとお高いけど迷わず押します。

  

注文から3分ほど待って提供、数量限定「牡蠣天そば(780円)」きらきら豪華だ!
時間がかかったのは、牡蠣天を温めるためと載せる具が複数あるためのようで、切り柚子にわかめ、ねぎとちょこちょこ手間がかかっています。

  

やはり麺とつゆはいい、麺はちょっと茹ですぎな感じもしましたが、天ぷらが温まる時間のせいもあったかも知れない。牡蠣天大きいです。豪華です。

  

でもみなさん牡蠣を天ぷらにしたことありますか?ある方は大概「衣ががばっと剥がれる」「揚げ加減がすごく微妙」と感じられたのでは?と思います。私もそう。なので天ぷらではなく家でもフライかフリットにすることが多いのですが、敢えてそれを行った「そばいち」版はどうか、というのを確かめたかった。結果は「まあがばっとはがれるけどこれもこれでありかな」という感じ。個人的には、牡蠣は天ぷらにするなら揚げたてをそのまま塩で食べるか卵でとじて丼にするかが正解な気がします。お蕎麦にのせるのも悪くはないけど、もうちょっとボテッとした衣の方がお蕎麦には合うかな。けどまあ食べられたので満足。こういうのは縁起物だと思ってます。

でもなあ・・・やっぱり昨冬の大海老天そば美味しかった。また食べたい。

  

という訳で年末年始の限定メニューを食べ、NREの話題はまだあります。どうも12月~1月って自分があまり動かないせいか、首都圏のNRE店舗を攻める機会が多いようでして、久しぶりに季節限定ものもしっかり食べていたりしました。

こちらは「いろり庵きらく」今冬メニューの「ホタテと長ねぎのかき揚げ天そば(550円)」。これも横浜北口店でいただきました。いろり庵きらくではもう天ぷら載せるとワンコインに収まらないんですよね。でもこの冬、ホタテのかき揚げを出す立ちそばチェーンは他にもあって(「箱根そば」とか「ゆで太郎」とか)、こういうのはブームというか、各社競争があるのかも。

  

この時の券売機はこうでした。この後「大海老天」が入って春菊天が消えます。

  

これも崩れやすいかき揚げではあるのですが、ホタテもねぎも崩れた状態で食べても美味しいので不満はありません。特にこのこんがり焦げたねぎがとても美味しい。これ好きです私。

  

なんだかんだで割とよく入っている横浜北口店。狭いですが機能的に配置された席なので嫌いじゃないです。店員さんの感じもいい。店舗限定小松菜かき揚げがあるのも嬉しい。

  

茹で麺店舗の限定メニューも食べました。
まずは最近すっかり実験的店舗の位置づけになっている「濱そば」大船店さん。ここと赤羽駅ホーム上の「大江戸そば」はすっかりそんな感じになっていますね、2~3店舗限定のレアメニュー。今回はこれでした。

  

私は基本「つけ麺」はあまり好みではないのです。駅そばのつゆに刺激はあまり求めていないので。なので「きしめん(350円)」一択。関東風のつゆだと少々物足りなさがありそうなので、「生卵(80円)」をトッピングしました。

  

麺はツルツル。注文ごとに茹でるので少し時間がかかりますが、必ず茹でたてを食べられるのは嬉しい。つゆも思ったほど貧相な感じになっていなかった。削りがつおが載せられているからかな。悪くはないです。でもきしめん食べるならやっぱり名古屋が・・・(笑)

  

大船は「ちょっと電車乗りたいな(気分転換したいな)」という時にちょうどいい距離&時間なので2~3ヶ月に一度程度は行きます。ここもここ二十年ほどでどんどん変わって行く、駅前もまた新しい開発が進んでいるので以前とは違った感じになるんだろうなあ。

  

それと冬季限定メニューの方。今やすっかり珍しくなってしまった「あじさい茶屋」、成瀬店さん。私の自宅から行きやすい「あじさい茶屋」の中でもけっこうここは何度も来ているかも。

  

何故ならここは最早文化財的価値があると言うか、このなんともいえないレトロな壁の感じとか、飾り気のない店内がなんとも言えず好きなんです。昔(と言ってもここ20年ほどかなあ)の「駅そば」っぽくて。

  

券売機はこちら。

  

頂いたのはもちろん!紅生姜大好きな私が看過できない「いかと紅ショウガのかき揚げそば(480円)」。ワンコイン内に収まります。茹で麺店舗はそれがいいんですよね。リーズナブルで量も軽め。消費税の影響なのか、「いろり庵きらく」よりも麺の量が少ない気がします。天ぷらも薄い。でもそれがいい。小食な方でもおそらく食べきれるから。ここはそういう、パートや病院の行き帰りの中高年層の方もよく入っている感じがします。おじさんの対応も朴訥でいい。

  

生麺店舗とは明らかに違う茹で麺。だし感が薄いつゆ。そこも含めて、こういう店舗も残って欲しい。

  

そう。冬になると食べたくなる紅生姜、紅生姜と言えば赤、赤いと言えば​シャア専用o(゚ロ゚o)​
今年も始まりますJR東日本ガンダムスタンプラリー明日から!!

  

年末に概要だけ発表され、ガンダムはダブルゼータまでしか観ていなかった私は???なところもいくつかあって、どうも手抜き感を感じていたもののやっぱり出ました「いろり庵きらく」コラボシャア様メニュー。これは食べるしかありません、しかも今回は「グルメラリー」もあるのですよ・・・

  

「もうだまされないぞ(いや誰も騙してないけど)」と思ってたけど結局やってしまうのか、行ってしまうのか私は!

という訳で、1~2月は首都圏の主にこの辺をうろうろしていそうです。その間にもBリーグは何か所か行く予定ですが今年はどうも行きたい試合とJリーグの諸々の予定がほぼ丸被りしてしまい、前者を優先させることにしました。ここまで数年、Jの日程が出てから1~3月の動きを決めていたため行けない試合も多かった。今は他を優先させます。

大宮はファンクラブは更新し、シーズンチケットとユニフォームは当面見送り。プレシーズンは他の予定で行けず、新体制発表会は抽選に外れ、毎日更新情報はチェックしていますが、大宮は今年は遠くから見守る一年になるかな…。まだバラちゃんを失った悲しみから立ち直れていません。代わりに山形の試合は高山君を観に行くかも知れない(ΦωΦ)フフフ…
​​​
そんなこんなで、私は元気にやっております。みなさんも健康第一で、素敵な一年になりますように。​​






Last updated  2020.01.08 11:53:06


2019.02.25
​​​​​​​​​​​以前も「いろり庵きらく」店舗限定メニューについて書きましたが(​府中本町店ほかJR八王子支社「甲州天空かぼちゃコロッケそば」​)、その後さらにいろいろ食べたので少しまとめます。まずはこちら。

  

「武蔵野うどん」。なんとも魅力的な響きです。
「武蔵野うどん」の定義及び範囲について考察しだすと長くなるのでそこはスルーで、現状「武蔵野うどん」をいただける「いろり庵きらく」店舗は、こちら三鷹駅「アトレヴィ三鷹店」、武蔵境駅「nonowa武蔵境店」、西国分寺駅「nonowa西国分寺店」、そして八王子店の4店舗のみ。

  

「いろり庵きらくアトレヴィ三鷹店」さんは改札内外から入れる店舗で、改札外はこのエスカレーターを上がった左手。

  

券売機は入ってすぐに1台。店舗限定メニューがある分、他店の定番メニューの何かがないかも知れない(未確認)。店舗は広く、公式サイトによると57席だそう。殆どがカウンター席です。

  

実はこれだいぶ前から気になっていたのですが「ゆで時間が15分ほどかかる」との情報があり(八王子にはその旨貼りだされていたような…)、時間に余裕を持って限定4店舗へ行ける機会が…。なので今回ようやく来れたのですがなんと待ち時間はなし!直近で注文したお客さんがいらしたのかなあ。「肉ねぎ汁うどん(580円)」、即できました!

  

油揚げ、豚バラ肉、ねぎがそこそこたっぷり入ったつけ汁。できればアツアツで提供して欲しかったけどそこは駅そばクオリティか。麺が冷たいので食べているうちにさらに冷めてしまうんですよね…

  

麺はやや茹で置きでも問題ありませんでした。もともとが太くてかなりコシのあるタイプだし、太さがまちまちなのもいい。地粉感はしっかり味わえます。

  

つけ汁は個人的にはちょっとしょっぱすぎでしたが、このうどんに合わせるならこれぐらいは「アリ」の範囲。ただやっぱりもうちょっと熱いのがいい…

  

広いお店&改札内外入店可だけあって、店員さんが4人体制で注文・提供・声掛けともスムーズ。何より広さが魅力なので女性のお客さんも多かった。入りやすい店舗でした。ごちそうさま!

・実食日:2019年2月26日(火)11時20分頃
・立地:JR三鷹駅改札内外いずれからも可
・席タイプ:全57席(おそらく改札外側の席数が多く、大半がカウンター席。一部テーブルも有)
・清潔感、広さ:★★★★☆4.0(適度に広くきれいな店舗です)
・お店の方の雰囲気:★★★★☆3.5(男女複数人の店員さん。テキパキしていていい)
・メニューの魅力:★★★★☆3.5(「いろり庵きらく」基本+武蔵野うどん2品かな?)
・女性でも入りやすい度:★★★★☆4.5(広いので入りやすい。女性客が多い店舗です)
・リピートしたい度:★★★★☆3.5(吉祥寺~三鷹あたりへ行く機会があれば)

いろり庵きらく アトレヴィ三鷹店そば(蕎麦) / 三鷹駅

現在八王子店が工事中だそうで、うっかり行かなくてよかったです(限定店舗の中では自宅から最も楽に行けるのが八王子なので)​。

続いては、上の券売機にはまだあったけどそろそろなくなるかも知れない季節限定カレーそば。

  

これを食べたのは戸塚店さんです。

  

JR戸塚駅には地下改札と地上改札があり、こちらの店舗は「地下改札内」にあります。改札外には「濱そば」もあって充実してるんですよね戸塚駅。

  

私は「いろり庵きらく」の中では戸塚店がけっこうお気に入りです。天ぷらの揚げ方が上手なのと、つゆも「いろり庵きらく」他店舗に比べて美味しく感じるんですよね。

というわけで「至福のカレーそば(530円)」。

  

一見しておわかりでしょうか、とろみがかなり強めでスパイスの香りも漂います。「カレー粉」というより「ガラムマサラ」的な味がして、スパイス好きな方向け。でも後口は甘いので、辛いのが苦手な方でも大丈夫だと思う。具は豚肉、ねぎ、油揚げ。ねぎを炒めてあるのがいいですね。香ばしさと甘さの両方が楽しめるし、油揚げでボリュームも出ている。「いろり庵きらく」のそばは細めなので、このとろみにかなり絡んで食べやすい。「至福」は言い過ぎかもしれないけど、かなりいい出来。

  

それと、現在「いろり庵きらく」ではある店舗とない店舗があるらしい「春菊天そば(450円)」。私が戸塚店好きになったきっかけがこれでして、10月末現在は食べられたんですよ。

    

同店他店舗と異なるのは、この時たまたまかも知れませんがこの形。ドーナツ形に揚がってる!このため全体にまんべんなく火が通り、カラッとしてとっても美味しかったんですよ。

  

麺も茹でたてで、最後まで食べ飽きなかった。「いろり庵きらく」のつゆって基本私は途中で飽きて来てしまうのですが、ここのは最後まで飽きずに美味しく感じました。

  

なので期間限定の新メニューが出ると足が向くのは戸塚なんですよね。このままのクオリティで続いて欲しいなあ…。店舗評価は割愛しますが、ここは横長の店舗で店員さんはだいたい3人。とても感じのいいお店なのもお気に入りポイントのひとつです。

ちなみに「春菊天そば」を横浜北口店で食べた時にはこうでして、やはり「ドーナツ型」が基本ではないと思われます。たぶん。

  

そんな横浜北口店さんにもずいぶん前から店舗限定メニューがあります。開店以来ずっと出しているんじゃないかしら。

  

「横浜産小松菜かき揚げそば(420円)」、店舗限定メニューとしてはリーズナブル。
横浜が小松菜の生産が盛んなイメージは横浜に住んでいてもあまり感じませんが(笑)確かに最も身近な青菜ではあります。

  

けどこれもけっこうおすすめ。ポイントは「ちくわ」。小松菜、玉ねぎ、輪切りにしたちくわのかき揚げなのですが、ちくわのおかげでボリュームも味わいもかなりアップしている印象。小松菜ってあっさりしているので、それだけだとちょっと物足りない感がありそうですもんね。美味しかった。

  

横浜北口店は空いている時間帯があまりないくらいの店舗なので、麺もだいたい茹でたてです。このエッジが立っている感じ、この時は特にいい茹で加減でした。

  

さて、最後はこれもだいぶ長い間自分的宿題だったこちら。柏と言えば・・・

  

「かしわ天そば(550円)」!

  

これも長いこと食べなくてはと思っていて、昨年末にやっと行けました。その際の券売機メニューはこんな。店舗限定メニューってだいたい右上に配置されているようですね。

  

柏店は厨房をぐるっと囲むカウンター席になっていて、ここもいつ来てもけっこう半分以上は席が埋まっているイメージ。注文から1分ほどでできました。かしわ天大きい!

  

あっさりと柔らかなむね肉、生姜がほどよくきいて美味しいです。わかめも追加すればよかった感じがしますが、それだと600円超えちゃうか・・・。でもこれまた食べたい。鶏むね肉好き(○´∀`)ノ

  

それと「いろり庵きらく」の殆どの店舗では店員さんに言ってそば湯をいただくことができますが、柏店はセルフ。これ混んでる時等気を遣わなくていいですね。私の知る限り、このスタイルになっているのは柏店だけです。ごちそうさまでした。

  

「いろり庵きらく」の店舗限定メニューは、私が知っている範囲ではあとは川越駅と西船橋駅あたりにもあるようで、そのうち行きたいと思っていますがいつになるかな…。NREのサイトでは追えない情報なので、気が付かないうちに終わっていたら悲しいな。

「いろり庵きらく」のみならず、他社系駅そば・チェーンでも店舗限定がいろいろ存在します。最近その辺りも食べているので近々まとめられれば。​​​​​​​​






Last updated  2019.02.26 20:57:45
2019.01.30
​​​​​​​​​​​​​​​​​​今年も絶賛開催中、JR東日本の冬の大型スタンプラリー。今年はキン肉マンです。
そしてスタンプラリーと言えば!「いろり庵きらく」のコラボメニュー、今回もあります。

  

「友情パワースタミナ肉そば(580円)」、さっそくいただいてみましたよ(´∀`*)ウフフ

  

昨年はシャア様名言海苔でしたが今回はキャラクター海苔、全8種類だそう。

  

さて、今回の「コラボ」がどういう意図かと申しますと、まずは「キン肉マン」の作者「ゆでたまご」先生にちなんだゆでたまご。

  

そして、主人公キン肉マンの大好物と言えば「吉野家の牛丼」でしたよね。牛肉だとさすがにコスト的に折り合わなかったか、お肉は豚肉ですが牛丼風に甘く煮てあって、紅生姜もオン。おそばによく合って美味しいです。

  

最初に食べたのはある日乗り換えで立ち寄った御徒町駅の店舗でしたが、その後スタンプラリーついでに行ってみた蒲田駅。​蒲田駅と言えば、昨年ガンダムスタンプラリーでもかなり力の入った盛り上げが行われていた(⇒こんな)​ため、今年はどう?と思って行ってみたわけです。

​やはりすごかった(o゚ロ゚)o​​

蒲田駅のキャラクターは悪魔将軍。大物ですね(ΦωΦ)フフフ…

  

各駅のスタンプは昨年同様、すべて「改札外」にあります。蒲田駅は中央改札を出てすぐのところ。

  

撮影用グッズも備えられています。

  

このパネル前で撮る方もけっこういそうですね。

  

しかし!しかし蒲田駅の見どころは、なんといっても1・2番ホームへ至る階段なのです!!

  

そう、エスカレーターを使わずに敢えて階段を「上る」方にのみ見えるこの仕掛け。今年も同じでした(ΦωΦ)フフフ…

​​​​​  

  

  

そしてせっかく蒲田駅に来たので、東口のグランデュオ蒲田「いろり庵きらく」さんに入ったところ

  

海苔はウォーズマン。これも人気キャラですね。

  

なんだかお肉も紅生姜もこの前食べた時より大盤振る舞い(ノ*゚▽゚)ノ゙きらきらきらきらきらきら

  

おそばも茹でたて上向き矢印上向き矢印

  

いやーそうか。​​昨年のシャア様専用紅生姜天そば​は「紅生姜天1串(3枚)+わかめトッピング」と数量管理しやすい具だったので各店舗でそれほど差が生じませんでしたが、今回のお肉や紅生姜は店舗によって差が出るのかも。​実はマニュアルにお肉のグラム数とか書かれているのかも知れませんが、蒲田店は気前よく振る舞ってくれたのかも。美味しかったです。ごちそうさまでした。

ちなみにスタンプラリーの方は現在こんな進捗でして、

  

2月3日現在、山手線の大半常磐線の金町・亀有駅のみを残した状態となっております。
​​​​スタンプラリーの回り方については昨年の記事でかなり詳しく触れましたが(⇒コチラ)​​、今回は「都区内パス」圏外の駅が減っているため、以下2路線に関してはこのような回り方をしました。

・都区内パス圏外(常磐線取手、我孫子、柏、新松戸、松戸)⇒普通にSuicaを使って1日で回る
・東京モノレール(天王洲アイル、羽田空港第2ビル)⇒京急新馬場駅から天王洲アイルまで歩く&羽田からはバスで横浜まで帰る

後は普通に外出ついでにぽつぽつ&都区内パスを利用してある程度まとまったカテゴリをつぶしつつ現在に至ります。昨年の経験では山手線はこのスタンプラリー中最もペースよく回れるので、あと1日か2日かければ余裕で終わりそう。

ちなみに今回のスタンプラリーを始めたきっかけはダンナさんの「キン消し(全駅制覇賞品)欲しいかも」という一言でして、私自身はガチ世代でありながらキン肉マンにはそれほど詳しくありません。小学生の頃にクラスの男子が騒いでいたなあとか、実家の兄がキン消し集めてたような、とかその程度。

そのため昨年のガンダムほどスタンプラリー自体に執心…というよりは、いろんな駅を回るついでに街歩きを楽しむスタンプラリー活動となっております。

そんな中でも「スタンプ周り」が印象的だった駅をいくつか。まずはやはり主役からです。

<王子駅>キン肉マン

人気キャラの抽選はすごそうだな(スタンプのキャラクターは各駅の希望。重複の場合は抽選で、第7希望まで書けるらしい)と思ってましたが王子も抽選だったのか!昨年といい引きが強いですねえ

  

なおこの駅もエスカレーターの壁に名言集が貼られていましたがなにぶんエスカレーターなので撮り切れませんでした

  



<天王洲アイル駅>モンゴルマン

モンゴルマンってけっこう人気キャラだと思うのですが、土曜日の昼間にもかかわらず周りがあまりにも閑散としていたのがちょっと気の毒だった

  

しかも中央改札やたら遠かった(新馬場から歩いて行ったからですけど。新馬場散歩たのしかった)

  

<羽田空港第2ビル駅>スカイマン

ここは昨年もでしたがけっこう並んだ。区切りにする方が多いのかな

  

  

私は羽田空港から帰る際、横浜までバスに乗ることが多いのですが、この景色好きなんですよね

  

中央線沿線は昨年も凝った装飾をしている駅が多かったので期待していましたが、昨年すごかった四ツ谷駅は割と人気のキャラ(テリーマン)なのに今年は特に何もなく、代わりに攻めてきたのがこの駅でした。

<代々木駅>スペシャルマン

けっこうな面積を使っての飾りつけでした。文面といい、スペシャルマン好きな駅員さんがいるのかな

  ​​​​

  

​<西荻窪駅>ベンキマン​

記念撮影用の便器、黄色いのが「黄ばんでる」感じでちょっとイヤ(笑)アニメでも黄色かったんでしたっけ?

  

キン肉マンのパンツ詰めといてもよかったね

  

ここまで回った中で単純に「おおっ」と思ったのが信濃町駅。

<信濃町駅>ザ・ニンジャ

  

仲間の超人のいる駅への行き方やアドバイスが書かれています。こういうの好き

  

  

  

  

同様に、対となる完璧超人仲間を紹介してくれているのがこちら。

<千駄ヶ谷駅>ネプチューンマン

  

​  

そんな完璧超人はこちらです。

<柏駅>ビッグ・ザ・武道

  

今回のスタンプラリーで最も話題となっている駅が柏かも知れません。
この「原寸大ビッグ・ザ・武道&ミートくん」、段ボール製!

  

よく見ると透かしが入ったりと細工がかなり細かいです。それに他の超人の身長まで・・・

  

ミート君の洋服のパンダまで忠実に再現。

  

​いやあすごい。
同年代のお友達(ジェフサポさん)も主婦業の合間を縫ってスタンプラリーしているそうで、​​「ちばぎんカップの時柏へ行くのが楽しみスマイルと仰ってました。​


個人的には今回「スタンプラリーついでの散策」で楽しかった&収穫があったのは取手、我孫子、北千住、荻窪あたりでして、その辺は「スタンプラリーグルメ」的にまとめて別途書きたいなと思っています。

そんなわけで、最後に載せておきます四ツ谷駅のテリーマン。
「ヤムチャみたいな扱い?」とダンナさんに言ったら「いいとこ突いてる」と言われましたが、四ツ谷駅の駅員さん的には昨年より萌えなかったのでしょうか。昨年はすごかったからな…

  
  
スタンプラリーの期間はまだ1ヶ月弱ありますので、やってみたい方はぜひ!​​​​​​​​​​(○´∀`)ノ
またコンプリートしたら報告しまーす(ΦωΦ)フフフ…






Last updated  2019.02.03 17:22:50
2019.01.01
​​​​​​​​​​みなさま、さくら​2019年あけましておめでとうございまーす​さくら
本年もどうぞよろしくお願いいたします( *・ω・)*_ _))ペコリン

  

本年のおせちは東北の駅弁といえば!の「伯養軒」さんで注文しました。かつては駅そばも伯養軒だったんだけどな…(駅そばからはだいぶ前に撤退してしまいました)
東北の食材を使用し、味付けもやっぱり食べてみると「ああ東北だなあ」という感じで懐かしい。

  

一昨年末、​北海道で「口取り菓子」を買った​、という話を書きましたが、秋田でも売っていたので買いました。めでたいきらきら

  

年越しそばは店舗でもいただきましたがせっかくなので「しぶそば」さんのと、ついでに崎陽軒さんのポケットシウマイを・・・(ΦωΦ)フフフ・・・

  

まあこうなるわけです
(`∇´ )
けど期待したほど崎陽軒シウマイはしぶそばのつゆには合わなかった、シウマイの味の主張が強すぎるのかな…

  

さてさて、最近さぼりがちで駅そばも未アップがだいぶたまってしまっていますが、せっかくの年末年始、この時期ならではのおそばをいくつか。

現在NRE系各ブランド(「駅そば(中山道、濱そば、大江戸そばなど)」「いろり庵きらく」「そばいち」)」のみならず京急系「えきめんや」でも期間限定で提供している海老天そば(東急系「しぶそば」では通年提供)。2店舗でいただきました。

まずはお久しぶりの「大船軒」さん。本郷台・藤沢店ともちょっとご無沙汰していました。
本郷台店さんの初訪時にその記事を書いていなかったようなので、併せて店舗紹介から。

みなさん「本郷台駅」ってご存知でしょうか?神奈川の方以外は「???」な方が多そうな気がします。京浜東北線の横浜以西は「根岸線」となり、その終点大船駅のひとつ手前。

  

横浜駅より少し東側に住んでいる私も、普段毎日のように同じ電車に乗りつつ「根岸線」という呼び方はしないので、この表示が新鮮です。

  

そんな本郷台駅の改札を出たところにあるのが「大船軒」さん。この店舗だけ、以前から看板デザインが同店の他店舗と異なっていました。でものれんはおなじみの書体。

  

店内は厨房を囲むL字型カウンター。入口正面側に座って左側を見るとこんな感じです。券売機は左手の1台。写真は初訪時の夏のものです。

  

今回のお目当てはこれ。12月半ばからの期間限定ですが、いつ終売かは情報なし。
ちなみに「駅そば」(茹で麺使用店舗)では海老天は1本、「そばいち」「いろり庵きらく」では2本だそうです。

  

食券を渡して三十秒もかからず提供、「大海老天そば(600円)」。「駅そば」系店舗で私が1杯に支払った金額としては文句なしの最高額きらきら

   

潔い茹で麺、潔い揚げ置き衣多めの冷めている海老天、駅そばらしいなあ・・・

  

海老天を食べようとするとどんどん衣がはがれるのもそれらしい。私は嫌いではありません(´∀`*)ウフフ

  

夏に来た時に食べたのは「いか天そば(410円)」でした。

  

つゆは濃く甘いタイプですが、個人的な印象としては大船駅(もうない(´;ω;`)ウッ…)・藤沢駅の店舗より少しコクが薄い感じが…と思ったものの

  

いやしっかり「大船軒」専用なんですよね。その辺り希釈の仕方が違うからなのかなあ。

  

なおいか天も衣がすぐにはがれます、しかもかなーり噛み切りづらかった、けどいいんですそれがTHE・駅そばm9っ`Д´)

  

ここは雰囲気がとてもいい店舗です。ベテランらしいおばちゃんのワンオペで、混んでくるとちょっと待つこともありますが、常連のおじいちゃんなんかが来ると券売機が使えなくても現金精算してあげたりしていて、そういう感じがとてもなごむ。時々行きたくなる店舗です。

・実食日:2018年12月17日(月)14時頃
・立地:JR本郷台駅改札外
・席タイプ:L字カウンター席7席ぐらいかな
・清潔感、広さ:★★★☆☆3.0(広さの割に席数少なめなのは、椅子の間がけっこう広いため。古くてきれいな店舗です)
・お店の方の雰囲気:★★★☆☆3.5(おばちゃんのワンオペですが和やかないい雰囲気)
・メニューの魅力:★★★☆☆3.0(NRE「駅そば」系スタンダードです)
・女性でも入りやすい度:★★★★☆3.5(そこそこ入りやすい方じゃないかな)
・リピートしたい度:★★★★☆3.5(貴重な「大船軒」なので時々定期訪問したいお店です)

大船軒 本郷台そば店そば(蕎麦) / 本郷台駅

さて、続いての海老天そばは最近割とよく行っている恵比寿駅の「そばいち」さん。ここ数ヶ月そばいちブームが来ているようです。同店の恵比寿駅店さんについては​10月に「舞茸天そば」について書きましたが(⇒こちら)​、今回も天ぷら系ですね。現在の券売機メニューはこのようになっています。

  

​うっわ大海老天そばたっか!750円なんて駅そば店舗で見たことないぞΣ( ̄口 ̄*)​と驚きましたが、今回はこれを食べに来たので迷わず買います。ちょうどそば切れタイミングだったらしく、今からおそばを茹でるので少々お待ちください…と言われた3分後。

「大海老天そば(750円)」、豪華だ…これはもう「駅そば」の域を超えるルックスですね。

  

NRE系列の中でも「そばいち」麺は最も細くコシがあるタイプ。「いろり庵きらく」麺より私はこちらの方が好みです。

  

それにしてもご覧くださいこの長くて立派な海老天!2本も入ってる!!

  

しかもよーくご覧ください、先端部の身の厚さ!海老のボリュームも、サクッと噛んだ時に来る柔らかさと甘みも、これはもう駅そばの域を超えている…(-ω-人)そう、「そばいち」の天ぷらってごま油を使っている&店内揚げでボリュームがあって美味しいんですよ。私は恵比寿店でしか天ぷらを食べたことがないですが、他店舗でも同じクオリティなのかなあ。恵比寿店は上手だと思います。

添えられたもみじおろしもいいアクセント。色合いもいいし、海老が甘いので途中で口直しするのにいい。生麺のおそばに合いますね。どちらかと言えば冷たいおそばの方がいいかも知れないですが、これ常にトッピングメニューであればいいのにな。

  

いやー豪華でした~、これ年越しそばにしてもよかったなあ。
…という一週間ほど前にも同店へ行っていまして、その時食べたのは「国産海苔そば(500円)」。「そばいち」さんのレギュラーメニューです。温そばのみだけど冷たいのもあればいいのにな。

  

ご覧の通り、たっぷりのアオサとかつお削り節がのっていて、薬味にわさびがつきます。
このわさびも冷たいおそばの方がひきたつような…。温そばにも合いますけどね。海苔とわさびを両方麺に絡めて食べるととても美味しいです。

  

スタイリッシュですよね「そばいち」さんの外観って。駅ごとにちょっとずつ雰囲気が違いますが、恵比寿店は特にスタイリッシュ感を出したデザインだと思うなあ。

  

このところ首都圏各駅そば店の期間限定メニューをいろいろ食べているので、もう1記事ぐらいその手のネタを続けたいと思います。

こんな感じで2019年もマイペースで駅そば・サッカー・バスケット・その他美味しいもの的に更新していくつもりです。頻度はあくまで気まぐれですが、時々のぞいてやってください。
本年もどうぞよろしくお願いいたします(○´∀`)ノ​​​​​​​​​​






Last updated  2019.01.03 14:15:11
2018.11.27
​​​​​​​いくつになっても、初めて降り立つ駅というのはわくわくするものです。ここもそう。

  

木更津には「木更津キャッツアイ」のイメージぐらいしかありませんが(古い)、駅そば巡りを始めた頃から駅そば店があることは知っており、いつか行きたいなと思っていました。今回は鉄道の日の乗り放題パスが余ったため、房総半島をぐるっと乗り鉄です。

停車している電車がジェフ色。久留里線もいつか乗ってみたいな。

  

時刻は平日11時前後。さすがに平日、駅前はややがらんとしていますが

  

改札を出、東口の階段を下ったところに本日の目的店、「木更津駅そば」さんがあります。

  

外観は「成田駅そば」と似た「一見駅そば風に見せてないけど見る人が見ればNRE丸わかり」的店舗ではありますが、こちらには他の「駅そば」ブランド店では見かけない2つの特徴があります。

1つめはこれ。NRE「駅そば」ブランド店舗(基本はリーズナブルな茹で麺店舗)でありながら「生蕎麦」をウリにしているところ。「いろり庵きらく」系?と思いましたがメニューはあくまで「駅そば」ブランドラインナップ。

  

2つめは、「学生さん大盛サービス」があること。店舗限定サービスって珍しいですよね。

  

さっそく入店。券売機は入ったところに1台です。
上で「駅そばブランドラインナップ」と書きましたが、微妙な「有る無し」があるようで、さすが生そば提供店、9月で終売にした店舗も多いところを10月に入っても「冷やし」がある!

  

店内はかなり広いです。広い厨房を囲むカウンターと2人&4人用テーブル席があってゆったり。

  

  

厨房もすごく広い!ここを1人で賄うのはある意味大変かもしれない、けどおばちゃんちょいちょいいなくなるので観察し放題!

  

というわけで本日の注文は「冷やしおろしそば(400円)」

  

食券を出してから4分ほどでの提供。「いろり庵きらく」よりゆで時間(タイマー設定)が長く、茹ですぎでは!?と少々はらはらしましたがそんなことはありませんでした。しっかり冷やして締められたおそばはコシがあって美味しい!ピントがボケちゃったけど美味しい!

  

つゆの味もこの麺や大根おろしとよく合って美味しかったです。決して少なくはないですが大盛にしてもよかったな、と思うくらい。

通常NRE系の店舗を巡る際にはあまり期待感を持たずに訪問するところ、意外なほどに美味しかったので、木更津かなーり遠いですがいつか温そばも食べに行ってみたいなと思いました。​​​ごちそうさまでした!

・実食日:2018年10月18日(木)11時頃
・立地:JR木更津駅東口階段下(改札外)
・席タイプ:カウンター席+テーブル席、計22席とのこと
・清潔感、広さ:★★★★☆3.5(広さは十分。元ラーメン屋さんっぽい内装でレトロめです)
・お店の方の雰囲気:★★★☆☆3.0(おばちゃんのワンオペ。駅そば店っぽいです)
・メニューの魅力:★★★★☆3.5(メニュー数自体はやや少なめですが生麺提供は魅力)
・女性でも入りやすい度:★★★★☆3.5(そこそこ入りやすい方だと思います)
・リピートしたい度:★★★★☆3.5(近くにあればもっと積極的に行きたいですが木更津遠い…)

木更津駅そばうどん / 木更津駅

​…という木更津駅の西口を出、ロータリーを抜けた左手にあるお弁当屋さん。
みなさん「バー弁」って聞いたことありますか?それを買えるのがここ「吟米亭浜屋」さんです。
看板も「バーベキュー弁当」だもんね。

  

11時ちょっと前に伺ったところ、お店にはお弁当を買いに来る方が続々と訪問、まだちょっと時間が早いのでまとめて買って行く方はいませんがとにかくお客さんが切れません。地元でしっかり愛されているお店というのがよくわかります。

木更津といえばの「あさり飯」にも惹かれましたがやはりここは名物でしょう!と「バーベキュー弁当(565円)」を購入。大盛もありますがこちらは普通盛りです。

  

その日自宅に持ち帰って軽く温め返してみました。​同店のホームページ​によると「厳選した国産の豚ロース肉を直火で一枚一枚丁寧に焼き上げ、秘伝のタレに漬け込みました。40年以上の昔から「浜屋のバー弁」として親しまれて来た味は、一度食べたらやみつきになる美味しさです。」とのことで、たしかに豚ロースが見るからに美味しそう!

  

食べてみると、買ってからだいぶ時間が経っているにもかかわらずお肉がジューシー!ごはんもベチョっとせず適度な固さをキープしています。それに豚さんの脂とタレの味がしみこんでうんまあ~~~~い(○´∀`)ノ上向き矢印上向き矢印上向き矢印

  

そして、2個添えられたポテトもじゃがいも好きな私にはうれしい。
食感とかじゃがいも自体の味とか、このお弁当には絶妙なバランスだと思います。

  

いやあこれはロングセラーになるのはわかりますね。木更津来たら買いたくなる、というより近隣に来たらちょっと木更津へも寄って買いに行きたい、そんな気持ちになるバー弁でした。でもあさり飯もやっぱり食べてみたいし、パック詰めで売られていたちょっとしたおかず類も気になった。

木更津かなーり遠いですが(しつこい)、やっぱりそのうち機会をつくって再訪したいと思います。
ごちそうさまでした。


…さて、前回のエントリを書いてから数日。
大宮自体が注目される状況のため、同記事は通常よりもかなり早いスピードで多くの方の目に触れ、あたたかなコメントもいただきたいへんありがたく思っております(お返事後で書きますね)。みなさまありがとうございます​(〃・д・) -д-))ペコリン

とは言えサッカー観戦を卒業する訳でもブログをやめる訳でもなく、こんな感じで気分次第で続けていくつもりです。それに​明後日はわたくし今季初めて北斗さんに会えるかも(ノ*゚▽゚)ノ゙きらきらきらきら
そう、長崎へ行ってきます。今季北斗はなかなかベンチ入りもできず、出場実績は1試合の数分に留まっていますが、ホーム最終節なら姿を見られる確率は高いはず。できれば試合に出ているところを見たいですが、どんな顔をしてサンクスウォークを行うのか、数度めの降格をどんな風に感じているのか、しっかり観察して来たいところであります(ΦωΦ)フフフ…​あと高木監督の挨拶も楽しみ。

​​​
大宮は石井監督の退任と順大の契約満了(おそらくオファーがあったんでしょうね)がリリースされ、個人的にはサンクスパーティの参加権を得ましたが、行くかどうかはもう少し考えたいと思っています。心境が複雑すぎて選手たちとどう接していいかわからない。。。
とは言えパーティまでには他の選手の動向もいくらか出ているでしょうから、それで行く気になるんじゃないかな…たぶん。






Last updated  2018.11.29 09:39:14
2018.10.25
​​​​​​​​​​​​​​「甲州天空かぼちゃ」ってご存知でしょうか?

  

それをいただくために府中本町へ行ってきました。初めて降りた…。お馬さん馬好きの方にはおなじみなのかな、私は初めて行ったので辺りをうろうろしてみたのですが

  

こんな立派な神社さんもあったりして

  

こんなかわいい苔むしむしむしな狛さんたちもいたりして、なかなか面白い感じの街。この日は雨でしたがまた晴れた日に行って散策したいなあ。

  

そんな府中本町の駅そば店は、NREと言えば!今や「首都圏どこにでもある」感覚となった「いろり庵きらく」さん。改札内外どちらからも入れます。

  

今回は散策帰りに改札外から入店。券売機は改札内の場合お店の外に1台、改札外は入店したところに1台あり、いずれも壁向きのカウンター席と立席両方が配置された比較的広いお店です。NREの公式サイトによると改札内20席、改札外14席の計34席。

  

券売機メニューは10月23日時点でこんな感じ。

  

  

珍しく単品メニュー画面までチェックしたのは、「あれば単品で春菊天を追加したい」と思っていたからですが、府中本町にはなかった…。NREでもけっこうエリアや店舗によってその辺が異なるんですよね。

そう、今回府中本町に来たのもその「エリア」の関係です。今回私がここに来たのは、数日前に見たこのNRE公式さんのツイートがきっかけ。

  

へえ~「甲州天空かぼちゃ」っていうのがあるんだ、かぼちゃコロッケ美味しそうだし食べに行きたいなあ、けど八王子けっこう遠いし「八王子店や三鷹店など10店舗」って具体的にどこよщ(゚ロ゚щ)

…と思った&ピーンひらめきと来た私はいろり庵きらくのサイトではなく、JR八王子支社のサイトを見に行きました。JR八王子支社ってエリア限定商品をけっこう繰り出して来るんですよ。

​あった(ΦωΦ)フフフ…​

   

ありました該当リリース。「甲州天空かぼちゃコロッケそば」についても以下の通り。渋い店舗展開、行きやすいのは中央線・南武線・青梅線ユーザーの方ぐらいでしょうか…

  
――という10店舗の中でまだ比較的行きやすく、降りたことがなかったので興味をもった府中本町に来ることにしたのでした。決して近くはないですがそれだけにワンダー!

入店は平日の11時半頃。店舗によっては混みだす時間帯なので改札内側はいる間に少しずつ混み始めましたが、改札外は空いていました。入って右手奥が厨房で、店内のほぼ真ん中ぐらいで改札内外が区切られています。カウンター席から入口側を見るとこんな。入って右手手前が立席部分です。店外目の前はバスロータリー。

  

こんな感じで区切られています。

  

食券を出して1分もかからずに提供、「甲州天空かぼちゃコロッケそば(450円)」。「コロッケが売り切れ次第終売」なので、いつなくなるかわかりません。間に合ってよかった。

  

いろり庵きらく自体入るのがだいぶ久々なので、まずは麺&つゆを。
麺は先のお客さんに合わせて茹でたのか、ちょっとのび気味。

  

つゆは「あれ?いろり庵きらくこんなだったっけ?」という良い意味でいい塩梅でした。以前から府中本町の「いろり庵きらく」は悪くない、とTwitter上で見ていたので今回選んだというのもあったのですが、確かに悪くない。「いろり庵きらく」ってつゆ注ぎマシンを使っているので同じ店舗で誰が注いでも同じ味になるはずですが、どうもつゆ自体はだし部分とかえし部分の調整ができるようで、府中本町はいいブレンドなのかも知れません。けっこうつゆを飲んだけど飲み飽きなかった。

  

ではでは「甲州天空かぼちゃコロッケ」を。
「甲州天空かぼちゃ」とは、甲州市に多くある遊休ぶどう棚を活用し、地面ではなく空中で実を育てたかぼちゃだそうで、宙に吊るして育てるため陽が当たりやすく、糖度が高く形もよいのだそう。生産量はそれほど多くないので出回る量は少なく、ゆえにこうした機会で食べられるのはうれしいですね(○´∀`)ノ

こちらのコロッケはあらかじめ生産農家で皮ごとペーストにしたかぼちゃを使用しているそう。やや柔らかめで小ぶりな食べやすいコロッケです。見た感じ実の色が濃いめで、余計な味付けをしていないので自然な甘みがわかります。「ホクッとした感じ」というよりはなめらかなタイプのかぼちゃみたい。

  

衣も薄めなのでつゆになじみやすいですが崩れやすくもある、食べているうちにどんどん溶解していくのでれんげ必須でした(笑)コロッケを崩してスープに同化させる派の方向けかも。

  

美味しかった。コロッケそば大好きですがお店によっては衣が分厚く、食べきれないことがあるので、これぐらいライトだと助かるなあという感じ。きれいな店舗で居心地もいい感じでした。
ごちそうさまでした!

・実食日:2018年10月23日(火)11時半頃
・立地:JR府中本町駅改札内外いずれからも可
・席タイプ:改札内20席+改札外14席、カウンター&立席両方あり
・清潔感、広さ:★★★★☆4.0(適度に広くきれいな店舗です)
・お店の方の雰囲気:★★★★☆3.5(男女複数人の店員さんで回しており、感じがよいです)
・メニューの魅力:★★★★☆3.5(基本は「いろり庵きらく」、でも八王子支社管区はちょっと違う)
・女性でも入りやすい度:★★★★☆4.5(かなり入りやすい方だと思います)
・リピートしたい度:★★★★☆3.5(八王子管区「いろり庵きらく」ニーズがある際は優先したい)

いろり庵きらく 府中本町店立ち食いそば / 府中本町駅府中駅府中競馬正門前駅

さて、甲州かぼちゃコロッケは売り方にハロウィン感を一切漂わせていませんでしたが、今月はもう1種類、かぼちゃを使った駅そばを食べてきました。それがこちら。

  

NREが繰り出したハロウィンメニュー「かぼちゃとベーコンのかき揚げそば」、販売店舗は「いろり庵きらく」の2店舗(グランスタ丸の内店・津田沼店)、「菜の花そば」西船橋店と、今回やってきた大船駅「かまくらそば」のわずか4店舗。レアです。

そんな「かまくらそば」さん、9月にリニューアルされました。

<リニューアル前>

  

  

                      ↓

<リニューアル後>

従来の白地に黒文字から反転した黒基調の外観となり、

  

メニューは従前の店舗限定かき揚げ等がなくなり、「いろり庵きらく」メニューに価格差+30円でほぼ統一。その代わり、大船名物「鯵の押寿し」セットが誕生。

  

リニューアル直後に行って「鴨そば(510円)」をいただきました。従前通りつゆの味は「いろり庵きらく」とは異なり少し甘みがきいた味。麺もやや角が立っている感じがしなくもないような…(その辺はタイミングもあるのかな)

  

  

今回はハロウィンメニューを食べに入店。券売機もハロウィン仕様でかわいく、

  

店内にもハロウィン的なオブジェが。かわいい(○´∀`)ノ

  

店内の色調は、従前の茶系からやはり黒に統一。落ち着いた&やや高級感があるブランドイメージにシフトしたということでしょうか。いいと思います。私はこのお店けっこう好き。

  

というわけで「かぼちゃとベーコンのかき揚げそば(490円)」、思ったよりライトで美味しかったです。

  

この時はタイミングがよく麺が茹でたてできちっと角が立ち、

  

かき揚げは細かく切ったかぼちゃとベーコン、玉ねぎをふわっ&カラッと揚げてあって重たくありません。だし基調の「いろり庵きらく」や「かまくらそば」のつゆによく合うなあ。

  

うん、美味しかった。​「かまくらそば」の店舗評価は以前書いた時と変わらない​ため割愛。
次は春菊天そばを食べたいなあ。

  

ちなみに、同じ大船駅改札内コンコースの「濱そば」さんの「春菊天そば」はこちら。

  

「いろり庵きらく」「かまくらそば」系列との違いは、どうやら玉ねぎが混じっていそうな雰囲気。

  

最近は駅そば各店(チェーン)が季節・期間限定メニューを繰り出していてなかなか追いつかないのですが、とりあえず春菊天・舞茸天あたりは行っておきたいところです(ΦωΦ)フフフ…​​​​​​​​​​​​​






Last updated  2018.10.27 10:04:43
2018.10.11
​​​​​​​​​​​​​​​​​​ある日私は無性に「里芋コロッケ」が食べたくなりました。それも駅そばの。
駅そばで里芋コロッケをレギュラーメニューとして提供しているのはNRE系「そばいち」!

  

というわけでかなり久々に入りました「そばいち」。​前回入った神田店​に再訪してもよかったのですが、せっかくなので赤羽へ。なんとなくです。赤羽駅の改札内(エキュート内)にあります。

  

赤羽駅の「そばいち」ってディスプレイがきれいなんですよね。駅そばっぽくなくてついつい入りたくなりますおそらく女性がm9っ`Д´)

  

との狙い通り、入ったのは平日の17時頃でしたが店内にいたお客さんの大半が女性。それもグループで入っておしゃべりに花を咲かせている方々がけっこういらっしゃいます(ゆえに4人掛けテーブルが複数あります)。もはや「駅そば」ではないですね、カフェとか喫茶店とかと同じような感覚かも。

ですがわたくしの目的はあくまでおそば、それも里芋コロッケそば一択です。できればわかめをトッピングしたいな…と思いつつ向かったところ、後ろにお客さんがいたにもかかわらず、わたくし5秒間ほど固まってしまいました。

券売機は店内に入ったところに2台。
私が固まった理由はいくつかありまして、まずは目的のさといもコロッケそばは難なく見つかったのですが

1)NREの公式Twitterで見た「季節限定メニュー」が一品少ない(本来は2種類あったはず)
2)単品・トッピングメニューの「次画面」がない(NRE系の他ブランド、「濱そば」とか「大江戸そば」「中山道」、「いろり庵きらく」等は一画面めがそば・うどんメニュー、次画面が単品・トッピング)

  

NRE系の画面には慣れているはずが、あれ?あれ??と悩んでしまい、画面下方を改めて見て「そうか…」と納得。「そばいち」ってそもそもメニューがかなり絞られているので、単品も含めて一画面で間に合うんですね。

それと、私が見た公式さんのツイートはこれでして

  

2つある限定メニューのうち、どちらかと言うと「舞茸天そば」に興味があったんですよ。もう冷やしを食べるにはずいぶん涼しくなっているし、舞茸は大好きです。しかも秋田産(*゚∀゚*)ムッハー

  

​なので「あれ?舞茸天そばないの…?」と動揺してしまい、しばらく考えて思い当たりました。
そうか、「そばいち赤羽店」は今このメニューを絶賛推しているんですね。NRE全体でもこの店舗でしか出していない「紫芋とかぼちゃのかき揚げそば(520円)」、ハロウィンメニューだそうです。いやまあ確かにかぼちゃ使ってるけどさあ…

  

  

​​​というわけで​「そうか『舞茸天そば』は『紫芋とかぼちゃ』に負けたのか…」​と思いつつ、わかめに関してはちょっとお高かったので一旦スルーして当初目的の食券を購入。

そこそこお客さんが入っていたので茹でたての麺がすぐに出た「狭山のさといもコロッケそば(450円)」、NREの他ブランドのコロッケそばに比べるとややお高い感じもしますが、「そばいち」の中ではそうでもありません。

  

そばいち自体2年ぶりの入店なので「そうかこんな丼だったっけ…」とか「店員さんこういう制服だったっけ…(Tシャツにキャスケット)」とかいろいろ観察してしまいます。

  

壁のくり抜き台に飾りものがあったり、店内にジャズが流れていたりするのは「いろり庵きらく」と似てはいるものの、それ以上に思い出すとあるNREブランド。なんかこの照明、店内の感じ、盛岡駅の「蕎麦にはち」​にすごく似ているような…。お店の色合いや店員さんの制服は異なるものの(「蕎麦にはち」はグリーン基調で帽子ではなく三角巾着用)、似てる…

  

…と、それはそれとして​2年ぶりに食べた「そばいち」ですが、「こんなに美味しかったっけ??」というのが素直な感想でした。​茹でたての生麺は「いろり庵きらく」のそれより美味しく感じたし、つゆも途中で飽きない(「いろり庵きらく」のつゆは私は途中で飽きます)。化調感もあまり感じないし、…あれれ、「そばいち」こんなに美味しかったんでしたっけ。ねぎも新鮮。

  

それに、里芋コロッケも2年前の記憶より美味しかったんですよ。つぶし方が適度で、ところどころに里芋を食べた時の食感を舌に感じられる。あららこんなに美味しかったんでしたっけ。

  

…と、「記憶よりもずいぶん美味しかった」印象がとても濃かった2年ぶりの「そばいち」。

ゆえに数日後、わたくしは再度「そばいち」店舗へ向かったのでした。こちらは恵比寿店。JR恵比寿駅の東口コンコースにあります。

  

こちらは店外に券売機が並んで2台。舞茸天もちゃんと推されている模様、よかった。
恵比寿の「そばいち」にも店舗限定メニューがあるんですね。知らなかった。

  

そしてですね、今回は覚悟を決めてきました。確かに「舞茸天そば(580円)」はお高い。駅そばでワンコインを超えるメニューは「高い」というのが私の認識です。単品でも580円、しかし今回はここに「三陸産わかめ(150円)」をつけます。合わせて730円、駅そば店一回にすごい贅沢だ!

  

ビジネス街でも乗り換え駅でもある恵比寿、やはり男性客の方が多いですね。入って手前が立席カウンターと壁向きカウンター椅子席、奥に2人掛けテーブル席。ビジネスマンの方は多くは立席でさっと食べて行かれる模様。

  

でも私はゆっくり奥で座っていただきます。こちらの飾りは秋らしくてきれい。

  

提供はやはりすぐでした。食券を出して20秒くらいかな、「舞茸天そば(580)」+「三陸産わかめ(150円)」。舞茸天のボリュームがすごい!これ​商品説明写真以上​じゃないですか!!びっくりです。

  

しかもですよ、この「しっかり揚げ」、衣でかなり増してる??と疑ったのですが、違いました。ちょっと割るとすぐに舞茸。3ブロックぐらいにたっぷり舞茸。舞茸の使用量がすごいのです。これは580円は納得だ…(。_。(゚ω゚(。_。(゚ω゚ )ウンウン

  

ほら。惜しみなく舞茸です。衣はサクサクと香ばしく、舞茸の香りが口中にたちのぼります。これは至福…(*゚∀゚*)ムッハー手書きハート手書きハート手書きハート

  

と、天ぷらに気を取られ過ぎたためか、麺はちょっと「茹ですぎ」あるいは「ちょっとのびている」感が否めませんでした。そう、2年前に神田店に入った時も麺はこういう感想だったんですよね。

  

そしてわかめです。これは「トッピング」の域を超えていますね、お醤油をかけてお刺身わかめ的に食べられるクオリティです。コリコリして美味しい。

  

でも私は「トッピングわかめを入れた舞茸天そば」が食べたかったので丼に投入。水分の分だけちょっとつゆが薄まってしまいますが、食感がすごい。これは150円はやむなしかな…(欲を言えば、量を減らして100円なら気軽につける人が増えそう)。

  

いやーすごかった舞茸天、すごかった三陸産わかめ。舞茸のボリュームがすごすぎ、しかし舞茸は残したくなかったので結果的におそばの麺を残さざるを得ませんでしたが悔いはありません(´-ω-)ウム

でもね。やっぱり思いました。「三陸産わかめ」を扱っているNRE系ブランドは「そばいち」だけなんですよ。その点から言っても、産地は違えど「里芋を使用したコロッケ」をレギュラーで出している点から言っても、

「そばいち」と「蕎麦にはち」はブランドとして似た路線​​(´-ω-)ウム

ではないかと思います。
この​類似性に関しては初めて「蕎麦にはち」に入った時のエントリでも言及しています​が、改めてそう思ったなあ~。

そして、今回「NRE系ブランドの類似性」について意識したのはこの件だけではありませんで、JR大船駅の「かまくらそば」が最近リニューアルして路線をやや変えたという辺りも併せ、​NRE系駅そば各ブランドは現在戦略再編真っ盛りでは?​と勝手に推測しております。​​


また近々「かまくらそば」へも行ってみないとなあ・・・。
いやはや首都圏系駅そばからも目が離せません。飽きないなあ駅そば、楽しいなあ(○´∀`)ノ

そんなわけで、ものすごい舞茸天は期間限定です。食べたくなった方はお早めに「そばいち」各店舗(あっ赤羽店にはないんだった)へ行ってみてくださーい(○´∀`)ノ​​​​​​​​​​​​​






Last updated  2018.10.12 19:41:42
2018.07.12
​​​​駅そば近場シリーズ、未アップ分がけっこうたまっています。今回はこちら!

  

この画像だけでどこの駅かわかった方はかなりの駅そば通、あるいは山手線ユーザーの方かも。駅構内写真でわかるかな??走っているのは山手線、埼京線、湘南新宿ラインとりんかい線です。

  

普段この駅を滅多に使わない私でもパッとはわかりません(笑)、こちらはJR大崎駅。その駅ナカにある「生そば・うどん あずみ」さんです。一見してとても広そうな店舗、席数は約30席とのこと。周りにも飲食店が数店ある、北改札と南改札を結ぶ通路にあるお店です。

  

「あずみ」さんは2年ほど前に閉店した飯田橋店に行って以来です。あとの店舗は熊谷、国際展示場、あと北松戸とかなり離れた店舗展開。渋いなあ~。

  

券売機は入ったところに2台。「あずみ」はNRE系列ではなくジェイアール東日本フードビジネス」の経営ですが、NRE仕様の券売機なんですね。

  

店舗はやや細長い形で、入って正面に券売機、左に進むと厨房&カウンター、さらに奥に進むと比較的広いスペースが広がっていることにちょっとびっくり。ゆったり座っていただきたい際には奥側、さっと食べてさっと出たい方は手前側のカウンターと、利用者属性によって使い分けができそうな店舗です。入店は平日11時ちょっと前で先客は5人ほど。すべてビジネスマンっぽいスーツの方で、食べている間に次々入って来られた方も大半がビジネスマン。大崎っぽいですね。

私はもちろん奥側を選択!なぜかと申しますと、ゆったり座りたいだけでなく・・・

  

  

ほら!ホームが見下ろせるのです。鉄道好きにはたまりません(*゚∀゚*)ムッハー上向き矢印上向き矢印上向き矢印

  

しかも食券を出してから出てくるまでが速い!さすがビジネス利用のお客さんが多い大崎駅、10秒ぐらいで提供されたんじゃないかな、「春菊天そば(430円)」。

  

いやーいいですねえこの眺め!社会科見学っぽい小学生の団体なんかも見えたりします。

  

おそばの麺は「生そばあずみ」の店名通り生麺を使用。人の流れを見て何人分かずつまとめて茹でているのだと思いますが、この時は比較的茹でたてでした。なめらかで美味しい。量はけっこう多めです。
つゆの味は塩気が強め。「麺多め&つゆしょっぱめ」は、やはりさっと食べて満足感を得たい忙しいビジネスマン向けですね。

  

今年のはじめは多くの駅そば店で姿を消した春菊天そば。現在は復活させているお店が多いですが、「あずみ」さんの春菊天はもともと薄め&小さめ。春菊天を2枚載せてもいいかも。飯田橋では「春菊天2枚」がメニューにあった気がします。

  

つゆの味が後半やや単調に感じられてきたため、七味を振りました。同店の七味はごまがやや多めで、他店で七味&ごまを振った時にも近い食べごたえです。

  ​​​​

うん、久々の「あずみ」さん、美味しかった。
味が特段美味しいというよりは、利便性と立地(眺め)に魅力のある店舗なので、またこの眺めが見たくなったら来たくなるお店という感じ。カレーを食べている方も散見されたので、カレーも試してみたいな。

お店は3~4人体制でてきぱき回してくれている感じ。利用客が多く常に回転もいい店舗らしい清潔感や雰囲気も気持ちのよいお店でした。ごちそうさまでした!

・実食日:2018年6月12日(火)11時前
・立地:JR大崎駅改札内コンコース(Dila大崎内)
・席タイプ:カウンター30席
・清潔感、広さ:★★★★☆4.0(見た目よりも広く、とてもきれいな店舗)
・お店の方の雰囲気:★★★★☆3.5(男女複数人の店員さんで回しており、てきぱきと感じがよいです)
・メニューの魅力:★★★★☆3.5(NREに慣れた目にはちょっと新鮮)
・女性でも入りやすい度:★★★★☆4.5(かなり入りやすい方だと思います)
・リピートしたい度:★★★★☆3.5(あの眺めが恋しくなったら行きたい店舗。広いのも魅力です)

生そば・うどん あずみ 大崎店そば(蕎麦) / 大崎駅大崎広小路駅五反田駅

いやーいいですねえ列車を見下ろせる店舗!私こういうの大好きです。

それにしてもここ数日の暑さは厳しい。。。昨日はアイスショーを観に西東京方面へ行き、初めて行くので辺りを散策したのですが日差しも暑さもきつい!明日の大宮の暑さに身体が耐えうるかどうか若干不安です・・・下向き矢印

ではではみなさままた明日NACKで(○´∀`)ノ!






Last updated  2018.07.14 20:26:32
​​​​​​​​​​​​先月下旬、京浜東北線の一部区間の線路切替工事が実施され、その影響で、品川駅の同線ホームが元々は「3・4番線(上下線同一ホーム)」だったのが「3・5番線」に変更されました。

  

このため現在同駅同ホームはかなり「現在工事中」っぽい雰囲気となったのですが、現在品川駅での乗り換えをあまりしていない私は気が付くのが遅れたのです。

品川駅の3・4番ホームには2018年7月初旬現在「そば処」さんが2軒あります。

  

「23号店」さんはそば・うどん中心、「24号店」さんは「そば処」とは言いつつ主力メニューはごはんもの。お店で仕込んだカレーと丼が主力メニューで、中でもカレーが人気のお店なのですが・・・

  

この古き良き階段下店舗、ホーム変更時点で気づくべきでした。

  

​16日(月)22時30分にて閉店のお知らせ <( ̄口 ̄||)>!!!オーノー!!​

  

・・・という情報を私が得たのはTwitter上でして、あわててやってきました。だって24号店のカレー食べておかないと私絶対後悔する!!!

というわけでさっそく入店です。
ここはよく前を通る&列車から見るので、いつも混んでいるお店というイメージでしたがやはり合間の時間はあるようで、平日の10時半過ぎ、先客はなし。さっそく食券を買います。ほら「そば処」なのにそばうどんメニューがとても少ない!

  

店頭に貼ってあるメニューもこんなだもんね、やはりこの店舗は品川丼とカレーなんです。

  

カツカレー食べたかったけど猛暑で食べきれる自信がなく「温玉カレー(650円)」に。先客がいないので大丈夫かなと、お店のおじさんに「ごはん少なめでお願いします」と言ってみたところ、ごはんを盛った段階で「これぐらいでいい?」と確認してくれました。わーいありがとうーヾ(*´∀`*)ノ

年季の入った厨房。おじさんもとてもいい感じでした。冷房をがんがん効かせつつ自動ドアは敢えて開けてあって、風が通るし入りやすい。

  

昔ながらの「カレースタンド」っぽい店内。ここから京浜東北線を見られるのもあとわずかです。

  

  

というわけで「温玉カレー(ごはん少なめ)」。お皿が大きい!スプーンもいかにもな感じでいい!

  

自家製だというビーフカレー。表面がもう固まりかけているくらい濃厚なのは、牛すじがたっぷり入っているから。とろけるようなお肉も美味しいしルー自体も味わいがあります。

  

そして温玉がねえ、またカレーに合うんです。懐かしい感じでたいへん美味しい。

  

ああ美味しかった。食べている間にサラリーマンっぽいおじさんが2~3人入られ、やはりみなさん召し上がっているのは一様にカレー。やっぱりここはカレーなんですよ(品川丼はかなり油が強いので、胃腸が元気な若いうちしか食べられない)、閉店までにもう1回くらい行きたいなあ。穏やか~な感じのおじさんもねえ、なんとも言えずいいんです。なごみます。

品川24号そば店立ち食いそば / 品川駅北品川駅高輪台駅

――と思いつつ、ふと「あれ?そういえば23号店の方はどうなってるんだっけ?」と思い、翌日行ってみたところ、やはり真っ先に目に入る貼り紙。

  

​あああこっちはさらに閉店が一時間早い(´;ω;`)ウッ…​

  

とは言え23号店はそば・うどんが主力なので、まだ残る山手・総武横須賀線両ホームの店舗でも食べられるメニューが多いはず。でもせっかくなので入っておきます、ここもいつも「見かけるだけ」で入ったことなかったから。平日11時、やはり先客はなし。もうちょっとすると混みだすはずです。

メニューはやはり24号店とは大きく違いますね、それにそばメニューもこんなにあったんだなあ。

  

コロッケと迷いましたが「ちくわ磯辺天そば(440円)」をいただきます。丁寧に刻まれたねぎがたっぷり。

  

この濃い独特のつゆ、​最初に飲んだ時「しょっぱい!!!」と思った​けどその後同種のつゆを飲み歩いてきた私には「とっても美味しい赤ハートです。日や時間帯によって煮詰まり方とかが違うのもいい。

  

ちょっと太めのモソっとしたおそばの麺。「駅そば」って感じがしますね。

  

ちくわは丸ごと1本。価格が若干高かったのは、それなりにいいちくわを使っているから。食べごたえがある、みっしりしたちくわでした。食べている間に衣がつゆに溶け出すのもいいんですよね。

  

というわけで、23・24号店の両方を駆け足で回ってきました。16日で閉店なのでいつもの評価は割愛します。
どちらも全席立席カウンターのみのレトロ店舗で中のつくりはそっくり。カウンターがいくつかあって「どこに立つか」で見える景色が違って面白い店舗です。

連休中はいろいろ予定があって行けそうにないので、私にとっては今日が最後のチャンス。
もう1回24号店行っておきたいな。
「昔行ったことがある」「これを見てカレー(丼)食べたくなった」という方も、ぜひ足を運んでみてください。残ったホーム上店舗もいつまで残るか・・・。品川駅の位置づけや五輪の影響を考えると、他のホームにもさらに改修が入る可能性はあると思うので、そうなると・・・という感じはします。

ちなみに「常盤軒」さんは品川駅のコンコースに「吉利庵」さんというかき揚げを主力にしたお蕎麦屋さんを出店しており、つゆの味はほぼ一緒のようですが雰囲気やお店のしくみ、価格帯が大きく異なります。数年後にはこの店舗だけになってしまうのでは・・・という気もしなくもないので、こまめにチェックしないとなあ。

そんなこんなで三連休前の最後のウイークデー、朝から暑いですが今日ももうふとふんばりですね(○´∀`)ノ
​​​​​​​​​​






Last updated  2018.07.13 09:57:00
2018.07.08
​​​​​​​普段私があまり行けない首都圏チェーン駅そばのひとつ「箱根そば」。小田急沿線へ行く用事が滅多にないからなのですが、「箱根そば」さんて非沿線にもけっこう出店しているんですよね。

  

その一店舗が、JR川崎駅からだと徒歩2~3分、京急川崎駅からだと1分ほどのところにあります。「名代箱根そば川崎店」さん。フランチャイズ店舗ですね(他に豊洲、秋葉原、新橋、田町)。「DICE」というビルの1階ですが、道路に面しています。セブンとまぐろ丼のお店に挟まれるような形。

メニューは店外にもありますが、券売機は入ったところに1台。麺の重量が明記されているのは珍しいですが、箱根そばって一般的な駅そば店よりも麺が多い感じがします。「ゆで太郎」はもり推しなので冷たいそばは300gと聞いたことがありますが、温かいのはそれほど多くなかったような。

  

季節限定メニューも美味しそう。冷やしおろしとか食べたいなあ。

  

というわけでさっそく入店。
ここはいつも前を通るとけっこう混んでいて、空いていそうな時間帯(平日の11時前)を狙ってきたところ、入店時は先客お2人でしたが後からどんどん入ってほぼ満員に。やはり人気店ですねえ。

店内は立ち食いにちょうどいい高さのカウンターに小さなパイプ椅子が5~6脚置かれていて、混んでくると椅子を畳んで立って食べる方が増える感じ。厨房側にも立てるスペースがいくらかあります。同チェーンの田町店もこのパイプ椅子でしたが、座りにくい椅子を置いているのは基本的には立ち食いを推奨しているということかな。

  

「箱根そば」自体にあまり来ないのでいろいろと気になるメニューがありますが、今回は最初から決めてきました。箱根そばと言えば!そう!カレー味のコロッケです。

「コロッケそば(420円)」。注文から1分くらいかな、茹でたてで提供。

  

まずはつゆをひとくち。だしがきいて美味しい。麺とのバランスもいいですね。
「箱根そば」って周りにファンが多いのですが、わかる気がします。全体的なバランスがとてもいいと思う。メニュー数や価格、個性、その辺りが首都圏の駅そば界ではすごく「ちょうどいい」感じ。NREでは安っぽい(「駅そば」系のブランド)&画一的すぎ(いろり庵きらく)、「しぶそば」はちょっと小綺麗すぎ…といった方にばっちりはまりそう。

  

ではではいよいよコロッケ。それほど衣が厚くなく、うっかりするとつゆの中で瓦解してしまうやつですが、コロッケのまま食べても、つゆに溶かしてもどちらも美味しく食べ飽きない感じです。

コロッケそばのコロッケって、満足感&崩れにくさ重視で衣厚めでがっちり揚げているお店と、崩れる前提で敢えて安っぽいのをのせてくれるお店に二分されますが、私はどちらかと言えば後者が好き。その意味で、カレーコロッケって個性もあるし「箱根そば」のつゆ&麺にも合うし、定番と言われるのも納得。美味しいです。

そして​「箱根そば」のコロッケと言うと、私が初めて食べたのは実は「HOKUO」さんのコラボコロッケパン​でして、約2年前に食べたそれがきっかけで実は駅そば巡りが始まったような気も・・・。あの時食べたコロッケパンの味もしっかり思い出しました、確かにこのコロッケそばと同じ後味が残ります。あれ美味しかったなあ。また出さないかなあ。

  

お店の方は物腰がとてもソフトな男性のワンオペ。丁寧に対応いただきほっとできました。他にも気になるメニューもあるし私にとっては近くて行きやすいので、「箱根そば」に行きたい時には優先して行こうと思える店舗です。ごちそうさまでした!

・実食日:2018年6月19日(火)10時半すぎ
・立地:JR・京急川崎駅徒歩1~2分(川崎DICEの1階)
・席タイプ:カウンター8席(立席カウンターに折り畳み椅子5~6脚)
・清潔感、広さ:★★★☆☆3.0(広さ・きれいさとも標準的)
・お店の方の雰囲気:★★★★☆3.5(混み合った店舗でともすれば殺伐としそうなところを、物腰柔らかな対応でほっとできました。この時は男性のワンオペ)
・メニューの魅力:★★★★☆3.5(箱根そば標準だと思います。季節限定メニューも豊富でいい)
・女性でも入りやすい度:★★★★☆3.5(先客のうちお1人は女性でした。ちょっと男性が多めの店舗かな、という感じはあります)
・リピートしたい度:★★★★☆3.5(「箱根そば」に行きたい時に行こうと思います)

名代 箱根そば 川崎店そば(蕎麦) / 京急川崎駅川崎駅

コロッケそばって時々無性に食べたくなるんですが、この時「箱根そば」のコロッケそばを食べたくなったのは、少し前に観た映画「万引き家族」の影響でした。映画に登場する「カップ麺(カレー味)+お肉屋さんのコロッケ」が妙に美味しそうで、真似して食べたくなったものの、この時期カレー味のカップ麺ってあまり売ってない…。仕方なく「カレー味のコロッケののった駅そば」を選択することとなったのでした。美味しかったです。満足しました╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !きらきら

最近あまり近隣の駅そばを回れていないので、個人的に遠征の少ない7~8月(徳島も愛媛も行かない予定)はちょっと近場を回ろうかと思っております。横浜だけでも行けてないお店がいっぱいある…というわけで、最近は近所をうろうろ。暑いので遠出もたいへんですしね。

明日もNACKはとても暑そうです。開場する頃にはちょっとは気温が下がっているといいなあ。
みなさんも熱中症や夏バテに気を付けてください。ではではまた明日NACKで!​​​​​






Last updated  2018.07.10 21:03:53

全87件 (87件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.