10275432 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

世界のごはんとアリーナ&スタジアムグルメ生活

全25件 (25件中 1-10件目)

1 2 3 >

トルコ料理

2017.07.16
XML
カテゴリ:トルコ料理
ずいぶん久々ですがレシピ記事をたまには。
ちょっと前にまとめて作ったトルコ料理です。こちらはブランチ。

   2017-07-09 12.43.59.jpg

こちらは夜ごはん。

   2017-07-09 19.02.25.jpg

急に暑くなったので無性に暑い国のお料理が食べたくなり、家にある材料で作れるジャンル…と考えての久々トルコ料理、すんごい美味しかった╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ ! きらきらきらきらきらきら

まずはブランチから。

◆ラフマージュン(生野菜とヨーグルトをのせて食べるトルコ風薄焼きピッツァ)

   2017-07-09 12.44.16.jpg

とても久々に作った気がしますが、おそらく私史上いちばん美味しくできた気が!

   2017-07-09 12.47.54.jpg

美味しくできた条件として思い当たるのは

・生地の分量をかなり少なくした(小麦粉80gで作りました)⇒必然的に薄焼きに
・具の材料は牛と羊のひき肉、ピーマン、青じそ、玉ねぎ、トマトの缶詰、塩コショウ、クミン、チリペッパー⇒羊肉の香りと青じそがすごく良かった!青じそ正解だと思います!

の2点かなあ…。最初は麺棒を使い、あとは指で極限まで薄くのばし、具をざっくりのせながらのばすととても薄くて大きく焼き上がり、美味しくできます。トッピングはレタスと玉ねぎ(スライスして水にさらし、キッチンペーパーで水気をふく)

基本の作り方は過去エントリのコチラですが、いい感じにアレンジしてみてください。繰り返しますがすんごい美味しかったよo(゚ロ゚o)!!!


◆バトゥルジャン・サラタス(トルコ風茄子の冷製ペースト)

   2017-07-09 12.44.04.jpg

これももう何度となく作っている茄子のサラダ。ギリシャ料理だと「メリジャノ・サラタス」、トルコ料理だとこの名前になり、焼いて皮をむいて食べやすく切ってつぶした茄子、おろしにんにく、塩、レモン汁、オリーブオイルが基本の材料。水切りヨーグルトを入れたりごまのペーストを入れたりするバージョンもポピュラーで、今回はちょっとこってりさせたくて練りごまを入れました。

基本レシピは過去エントリのこちらをご覧ください。今回は茄子1本半で作りました。


◆ブゥーダイ・サラタス(茹で麦と茄子のサラダ)NEWきらきら

   2017-07-09 12.44.07.jpg

初めて作りました。たまたま冷蔵庫にだいぶ前にどこかのスタジアムでいただいた「そのまま食べられるゆで麦」的なものを発見したためで、だいぶ適当に作りましたがダンナさんには大好評きらきらきらきらきらきら

大まかな作り方は、

1)はと麦や押し麦など、茹でて食べるタイプの麦はたっぷりのお湯でゆでる(40g程度)。あらかじめ加熱してあるゆで麦の場合もさっと湯通ししてパックの匂いをとる。

2)茄子1本は1cm角強ぐらいに切り、塩を振って軽くもみ、水にさらしてアクを抜く。アクが少ない種類の茄子ならさっと塩もみして洗う程度でいいと思います。

3)フライパンにオリーブオイル少々を熱して水切りした茄子を炒め、ボウルに1)の麦、炒めた茄子と塩、コショウ、イタリアンパセリ(なかったので割愛)、ディル、すりにんにく、レモン汁、オリーブオイル各少々をよく混ぜ、冷蔵庫で冷やしてできあがり!

★1時間以上冷やして味をなじませるとおいしくできます。水茄子や長茄子など、アクの少ないもので作った方が美味しいかも。


◆ウスパナック・イエメーイ(ほうれん草とひき肉のトルコ風リゾット)NEWきらきら

   2017-07-09 12.44.12.jpg

これも新作ですがかなりオススメです。美味しいです!しかも簡単!!上向き矢印上向き矢印

これまたざっくりとした作り方で恐縮ですが、1人分(2人で軽めにシェア)で

1)ほうれん草2~3束は洗って電子レンジで柔らかくし、1cm長さ程度に刻む。玉ねぎ1/4個はみじん切りに。

2)フライパンにオリーブオイル少々を熱してあらかじめ塩こしょうをなじませた牛ひき肉50gを炒め、軽く色が変わったら玉ねぎも加えて炒める。

3)肉と玉ねぎに火が通ったら、ほうれん草と米1/4~1/3合程度を加えてよく混ぜ、ホールトマト1/4缶、パプリカ、水1/2カップを加えて蓋をして弱火で15~20分程度、米が柔らかくなるまで煮る。途中水が足りなくなったら随時足していく。

4)ヨーグルトソース(水切りしたプレーンヨーグルトに塩、すりにんにくを加えたもの)を添えてできあがり!

   2017-07-09 12.47.58.jpg

★これがほんとにそんなに美味しいの??という気がする材料ですが、だまされたと思って作ってみてください。すごく美味しいです。レモン汁をかけてもいい。

ペースト類をいくつか作って盛り合わせると、ぐっと向こうっぽい気分が出ますね~。

   2017-07-09 12.50.07.jpg


さてさて続いてはディナーの方。
もともとは「ラムチョップ食べたい、それもトルコとかギリシャ風にこんがり焼いたやつ( ̄∇ ̄+)」という着想で仕込みを始めたこの日のごはん。昼にそんなに食べれなかった…という理由で夜もトルコ料理と相成ったのでした。

◆トルコ風ラムチョップNEWきらきら

   2017-07-09 19.02.37.jpg

我が家にはたいてい「羊肉の買い置き」があります。それも塊のやつ(ラムラック)。その方がラムチョップの状態で買って来るよりずっと美味しいためで、これまではだいたい下味をつけて塊をオーブンで焼いて切り分けて食べていました。

――が、今回は敢えてあらかじめ薄切りのラムチョップ状に切り分け、下味をつけてフライパンでこ~んがり香ばしく焼きました。ウマイ!星星星ビールにさいっこう~に合いそうです(と言いながら我々はワインを飲んでました)。とにかく香ばしく、お肉に味がよーくしみています。この作り方、初めて試しましたがいいですね。玉ねぎがお肉を柔らかくしてくれるようです。

   2017-07-09 19.05.57.jpg

トルコでもギリシャでもこんな感じの定食風に食べられる大衆食堂的なお店(ロカンタ)がたくさんあります。今回はトルコ風にのっとったので付け合わせもそれっぽく。お決まりは

・焼きトマト(ヘタを取ったトマトを4枚にスライスし、両面を焼く)
・焼きししとう(または唐辛子)
・フライドポテト(皮をむいた細切りタイプ。今回はキタアカリ1個を低温⇒高温で二度揚げしました)
・トルコ風ピラフ


あたりのようなのでフルで揃えました。

ラムチョップの作り方は、2人分(4本)として

1)オリーブオイル、塩、玉ねぎのみじん切り(1/4個分ぐらい)を混ぜ、ラムチョップ4本によくまぶし、冷蔵庫で半日程度なじませる。

2)焼く前に1)のラムチョップにこしょう、クミン、コリアンダー、パプリカ、オレガノをさらにまぶしつけ、フライパンで最初に側面(皮目の部分)をしっかり焼き、それから両面をこんがり焼く。焼きあがった後蓋をして15分程度休ませる(肉汁を落ち着かせるため)。

厚切りや皮目のあるお肉を焼く際、私は必ず「最初に皮目(側面)をこんがり焼く」ことにしています。これをするとしないで仕上がりの美味しさ、香ばしさは別物!特にフライパンだけで調理する場合はしっかり焼き付けてください。ぐんと美味しくなります。


◆トルコ風米粒型パスタ・レンズ豆入りピラフNEWきらきら

   2017-07-09 19.02.30.jpg

トルコ料理にはいろんなピラフがあり、本来は「パスタ入り」と「レンズ豆入り」は別々に作られると思われますが、食べたかったので両方入れました。美味しかったです。作り方は

1)レンズ豆1/3合ぐらいは洗って水に浸しておく。玉ねぎ1/4個はみじん切りに。米1/2合はさっと洗って水切りしておく。

2)少し深みのあるフライパンにオリーブオイル少々を熱し、玉ねぎを炒める。色が変わったら米と水を切ったレンズ豆と塩ひとつまみを加え、全体に油が回る程度に炒め、ぬるま湯1カップを加えて最初煮立たせ、沸騰したら弱火にして蓋をし、米が柔らかくなるまで15分程度煮る。途中水が足りなければ調整してください。

3)仕上げにバター少々を全体に混ぜて蒸らしたらできあがり!

★現地の作り方ではバターで材料を炒めることになっていますが、あっさりさせたかったのでバターは仕上げにごく少量のみ使いました。これでもすごくいい香りになります。


◆メネメン(トルコ風ひき肉・野菜入りオムレツ)NEWきらきら

   2017-07-09 19.02.41.jpg

レシピはどうやらこれまで載せていなかったようですが、実は何度も作っているトルコ風オムレツ。ポイントは

・牛ひき肉または羊のひき肉を使う
・ピーマンまたはししとうまたは青唐辛子を入れる
・角切りトマトを入れる
・やや辛みをきかせるのもよし(チリパウダーなど)


これさえ守ればそれっぽくなります╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ ! クミンを入れてもいいです。

今回の作り方は

1)トマト1個は角切り、ししとう3~4本はヘタを取って輪切りに。

2)フライパンを熱し、あらかじめ塩ひとつまみをなじませた牛・羊ひき肉計40~50g程度を炒める(脂が多い部位を使ったので油を敷いていません)。脂が出てきたらししとうを加え、全体に熱が通ったらトマトを加えてざっと混ぜ、余計な水分を飛ばす。

3)塩・チリパウダー各少々を加えた溶き卵1個分を流しいれ、ざっと混ぜ合わせて火を止め、蓋をして柔らかく固まるまで蒸らしてできあがり。

★かなり半熟っぽく柔らかめに作ってパンと合わせて食べる感じのものです。チーズ(できればフェタ)を入れても美味しいです。

いやー暑い季節に暑い国のお料理は美味しい。身体が喜ぶ感じがします。
暑くなると冷たいものに手が伸びがちですが、私はおなかがあまり強くないので冷たいものは控え(ビールは別)、温かいものやホットな(辛い)もの炎炎を食べて汗をかいてしっかり水分補給をする派です。

この時期、水分だけでなく塩分も不足しがちなので、身体と相談して十分な塩分も摂取しましょうねー(○´∀`)ノ






Last updated  2017.07.17 18:05:21


2015.01.20
カテゴリ:トルコ料理
ある日、スーパーで「宮城県産ムール貝」を見つけました。

国産のムール貝は見つけると時々買ってみますが、身が小さくて食べるところが殆どないことも。でもこの日のは持ってみてけっこう重く、貝も大きめだったので試しに買ってみました。輸入物でない未加熱のムール貝が買えたら、以前からつくってみたいものがあったからです。

じゃーんきらきらきらきら

◆ミディエ・ドルマス(トルコ風ムール貝のドルマ)

   DSC00391.JPG

ムール貝に詰めたドルマ。ギリシャ風に言うとドルマダキア。
要はピーマンとかブドウの葉とかキャベツとか何らかのブツにお米を詰めたり巻いたりして煮たお米(野菜としての扱い)料理で、ドルマ自体はトルコ・ギリシャに広く分布していますが、ムール貝に詰めるのはトルコ料理としてしか見たことがありません。想像しただけで美味しそう。以前、ピーマンのドルマは記事にしています。あれも美味しかった。

屋台の定番メニューだそうで、無造作にどっさり積まれているのを売ってもらい、レモンをギュッと絞って貝をスプーンにしていただく、というのにどうにも惹かれました。という訳で!

むほーヽ( ゚∀゚)ノ上向き矢印上向き矢印上向き矢印

   DSC00398.JPG

レモンを絞っていっただっきまーすo(⌒囗⌒)oΨ

・・・うーんまぁ~~~~い!\(o ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄▽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄o)/ワーイ!!

磯の風味と塩気+エキゾチックなピラフの味付け(クミン+ディルたっぷり+レーズン+松の実入り)、それにしぼりたてレモンの酸味とフレッシュ感がうまいことマッチして、これはウマイです。どちらかと言うと夏向けのお料理だとは思いますが、冬に食べてもウマイ!

やはり国産ムール貝は輸入物に比べ貝の身がやや小さく、そのためワイルドさが若干足りない感じもしますが、近海のお買い得品でどっさり作る感じがいいんじゃないかなあ。ムール貝がどっさり買えたら、ぜひお試しください。

≪トルコの屋台名物「ミディエ・ドルマス」≫レシピ:小さめのムール貝10~12個分程度

1) 中に詰めるピラフをつくる。玉ねぎ1/4個分をみじん切りにしてオリーブオイルで炒め、しんなりしたらお米3/4合、ぬるま湯で柔らかくして粗く刻んだレーズンひとつかみ、松の実ひとつかみとカットトマト少々を加え、刻んだイタリアンパセリ適量、ディルたっぷり、クミン少々と塩で味を調える。この後煮るのでお米は柔らかくならなくて大丈夫。

2) ムール貝は洗ってひげを取り除き、ナイフで開くか、フライパンに入れて軽く加熱して開きやすい状態にして殻を開き、1)のピラフを貝の身に乗せるようにして詰めて閉じる。

3) 鍋にくず野菜(この日はキャベツの外葉使用)を敷いて2)をのせ、水80cc程度を入れて蓋をし、12~15分程度蒸し煮にする。

4) レモン汁をかけ、貝の殻をスプーンにしていっただっきまーす!

★いろんな作り方があるようで、ピスタチオを入れたり、スパイスも他のを使ったりもするようです。今回は私の好み+手に入る材料で作りました。レーズンは入った方が美味しいと思います。

★レモンだけで食べても美味しいですが、ヨーグルトソースで食べるのもいいです(水切りヨーグルトに塩とにんにくを入れた状態。トルコ料理によく合うソース)。


余ったムール貝でもう1品。ムール貝が「余る」って贅沢!

◆トルコ風ムール貝のフリット(ミディエ・タヴァ)

   DSC00399.JPG

「フリット」と言うと大層な感じですが、要はムール貝の身の天ぷら。小麦粉+卵+ビールまたは水でもったりした衣をつくり、殻からむいた身をくぐらせてカリッと揚げ、現地では串刺しになって売られているようです。美味しくないはずがなーい上向き矢印上向き矢印上向き矢印これにもレモンは必須!

油を温めた+衣をつくったので、揚げるおつまみを何品か。

   DSC00389.JPG

中央がムール貝、右が種を抜いてパン粉をまぶしたオリーブ(黒・グリーン両方)、左がお正月からちょいちょい出て来る干し柿です。でも干し柿の天ぷらは美味しい。おつまみ、箸休めとして一度に2個までなら食べられます。地道に消費を続けています。揚げたオリーブも地中海地域の定番おつまみ。パン粉のシャリッとした食感がオリーブに合って冷やした白ワインがすすみます。


という訳で、この日の全体はこんな。

   DSC00388.JPG

ムール貝を買ったのが中華街帰りの山下町のスーパーで、さすがは中華街に近いお店。お店の人が買いに来るようなレアめ食材満載。中華でも使うトリッパも売っていたので食べたくなって、久々に煮ました。

◆フィレンツェ風トリッパの煮込み

   DSC00390.JPG

フィレンツェ風はたっぷりの野菜と一緒に煮込むのと、仕上げにチーズを振って焼くのが特徴。基本のレシピは過去エントリのこちらをご覧ください。これはパスタソースにもなるので、焼いたパスタも食べたくなって、茹でたファルファッレを下に敷きました。うんまぁ~いヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

   DSC00395.JPG


あと、前日につくった羊肉の餃子の余りの皮。トルコ料理に合わせてこれを作りました。

◆餃子の皮を使ったギョズレメ(トルコ風ほうれん草入りおやき)

   DSC00394.JPG

ギョズレメは以前皮を作るところからやってみたことがあります(その際の記事はコチラ)。

が、薄~くのばすのが大変。なので春巻きの皮を使うとラクチンですが、ちょっと小さすぎ。この日は餃子の皮の端っこに水をつけてつなぎ、茹でて水気を切って刻んだほうれん草と、フェタチーズがなかったので代わりにハルミチーズを切って3つに折りたたみ、少なめの油でこんがり焼きました。

   DSC00397.JPG

だいぶこんがりしましたが、香ばしくて美味しかった。ハルミチーズはフェタより幾分あっさりしているので、前に作った時よりあっさりしていましたが美味しかった。玉ねぎはない方が美味しいかも。でもこのこんがり感は何となくインドの「サモサ」を思い出させ、じゃがいもやクミンシードを入れたくなりました(笑)


・・・ちなみに、この日のごはんがトルコっぽくなったのは、前日につくった羊肉餃子がどうも心残りで「トルコ風に作ればよかった!」という後悔の念を引きずったからですが、「こういう風につくればよかった」の典型がこの時のグルジア風水餃子「ヒンカリ」というか中国内陸部の「フントゥン」。これを羊のひき肉でつくれば完璧です。

   P1130961.JPG

せっかく羊のひき肉があるので作ってみればよいのですが、皮つくるのに腰が重たいです。というのと、同じジャンルのお料理を続けて作る&食べるのは飽きる。冬の間に気が向くかなあ・・・。






Last updated  2015.01.21 11:21:13
2014.01.09
カテゴリ:トルコ料理
今年は遅いなあと思っていたJリーグサッカーの開幕カード情報、やっと出ましたね。

スポニチの記事が正しければ大宮はアウェーマリノス戦(日産だよね?まさか三ツ沢ってことはないよね???)。私にとってはいきなり楽でうれしいなあ(笑)3月は仕事がバタついているであろうこともあり、いきなりの遠征は厳しいんですよね。でも行くけど!


という訳で、オフ中はサッカーの話題が乏しく必然的に食べ物ネタが続きますが、今日は少し前につくったトルコ料理のお話です。

   P1100092.JPG

スパイスのきいたトルコ料理は夏向けのメニューもいっぱいありますが、どうも私は冬場に作ることが多いような(単にサッカーなくて時間ができるから?)。

今回は、その日「がぶっ」とお肉を食べたかった&ちょっと前からよく聞くようになって気になっていたメニューを試したくて、それを中心に献立を組み立てました。


という気になるメニューの「なんちゃって」版がこちら。


◆トルコ風濡れバーガーのなんちゃって版(馬肉使用)

      P1100096.JPG

「濡れバーガー」「ウエットバーガー」的な単語を、ここ1年ほどで何度か目にしました。なんでも最近トルコで流行っている街角フードで、予め敢えてバンズに肉汁やソースを染み込ませてあるハンバーガーだそう。

私が見た各種記事ではハンバーグ(ケバブ)が分厚くて、バンズはお皿みたいなイメージなんだろうなと思いましたが、トルコ風なのでお肉は本来羊か牛、しかしこの時冷凍庫にあったのはトルコではありえない豚と、あとは馬肉…馬

という訳で馬肉使用にけってーいo(゚ロ゚o)


馬肉を使うならあまりへなちょこなパンは合わないな~と、これまた冷凍庫にストックしてあった美味しいお店のライ麦入り食パンを取りだし、男らしく製作してみた結果が上の写真。

見た瞬間、ダンナさんが「肉だ・・・。」とつぶやきました。サイズ的にはそれほどでもありませんが(この食パンは10cm角ぐらい)かなりの存在感。

断面はこんな感じになりました。

   P1100102.JPG

パンにはあらかじめかなり肉汁+トマトのソースを染み込ませましたが、パン自体がすごくしっかりしていて「濡れバーガー」という感じからはちょっと離れているかも。でもスパイシーな馬肉ケバブが美味しくて、2人とも夢中で食べ進みました。今度は羊肉でつくってみようっと!


≪トルコ風「濡れバーガー」、なんちゃって馬肉版≫レシピ:2人分(1個分)

1) 馬肉のひき肉(本来は羊肉)120g、みじん切りにした玉ねぎ1/4個分をボウルに入れてよく練り混ぜ、塩・コショウ、コリアンダー、クミン、シナモン、フェタチーズ(なければ普通のプロセス等でも)を加えてさらによく混ぜ、ハンバーグ型に整えてフライパンで焼く。

2) ハンバーグ(ケバブ)を焼いたフライパンにホールトマトかカットトマト少々を入れて少しぐつぐつさせ、塩を加えて味を調える。

3) ハンバーガー用のバンズ(今回はライ麦食パン使用)を切ってマスタードを塗り、2)のソースをよく染み込ませてハンバーグを挟んでできあがり!

★いっしょにスライスオニオンやトマトを挟んでもよいです。


いやー強力な一品でした。これに合わせて、サイドメニューもトルコ料理です。


◆ほうれん草の目玉焼き添え(ウスパナックル・ユムルタ)

   P1100094.JPG

トルコ系のブログや記事でよく見る野菜のおかず。要は「ほうれん草の巣ごもり」ですが、「ボリュームがある」と紹介されているので、どかん!と大量に作ってモリモリ食べるもののようです。

作り方は簡単。フライパンにバターを熱してみじん切りの玉ねぎ・にんにくを炒め、茹でてざく切りにしたほうれん草も加えて塩・コショウで味を調え(この後卵が入るのでちょっとしっかりめがベター)、中央をちょっと空けて隙間に卵を落として半熟状態にし、仕上げに好みでチリパウダーやクミンを振ってできあがり!

シンプルなパンに合いそうなお料理ですがハンバーガーつくっちゃった(笑)



◆トルコ風トマトスープ(ドマテス・チョルバス)

   P1100093.JPG

これまた超簡単なスープですが、けっこう手間のかかった味がします。ズルイ。

フライパンにバターを熱して小麦粉大さじ1程度を振り入れてよく混ぜながら炒め(これが味のベースになるのでしっかり炒めます。かなり香ばしくなるくらい)、生のトマトなら皮をむいてすりおろしたのを2個分、ホールトマトやカットトマト等の缶詰なら半缶ぐらいの量を加えてよく混ぜ、水600ccとチキンスープの素を加えてよく混ぜながら(混ぜ続けることがポイント)とろみが出るまで煮、塩・こしょうで味を調えて完成。これで2~3人分です。

トルコでは器に盛る際とろけるチーズをのせて、より濃厚にとろーり感を味わうようです。



◆トルコ風にんじんとヨーグルトのサラダ(ハウチ・サラタス)

   P1100097.JPG

この手のサラダも地中海沿岸~ロシアぐらいまで似たような感じのが見られますが、ヨーグルトをたっぷり使うのがトルコっぽい。作り方は以前アップしていますが、分量はお好みで。



そして、トルコでまとめた食卓に仲間はずれが一品。

◆牡蠣と里芋と白菜の焼きパスタグラタン

   P1100098.JPG

牡蠣を買ったのでグラタンっぽいものが食べたくなった+消費を急ぐべき里芋があったので作りました。牡蠣グラタンはほうれん草を合わせるレシピが多いですが、この日のメニューは割と個性的だったので、より優しい味になるよう白菜を使用。里芋はとろみが出るのでなんちゃってホワイトソースを作る際に便利です。

   P1100104.JPG

これまた作り方の概要は以前書いているのでそちらをご覧ください。隠し味の味噌がポイントです( ̄m ̄* )


むふー美味しかったーヽ('(OO)'*)ノごちそうさまーハート


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ FC2バナー 
   ↑       ↑         ↑
  お料理ブログランキングに参加しています。
  ポチッと応援、お願いいたします。


それにしても、家長ってホントかなあ。サポ友さんともさっき話しましたが「走らせる大熊VS絶対走らない家長」の組み合わせってウケ狙いとしか思えないぞ(笑)

昨夜は雪を見た方も多かったようで、今朝もさむーい!雪あったかくして行きましょう!ではでは今日も行って来まーすスマイル






Last updated  2014.01.10 09:22:14
2013.07.18
カテゴリ:トルコ料理
今週もようやく金曜日!と言っても連休で1日少なかったので早いですね。

今週は半ばから朝晩少し涼しくなって眠りやすくなりましたが、日中は相変わらずの暑さ!食欲が落ちて少しばてている方も多いかもしれません。

食欲がやや落ちている時には、食感が面白いものや喉越しの良いものが食べやすい気がします。意識した訳ではないですが、先日の連休の晩ごはんがたまたまそんな感じでした↓

   P1240735.JPG

少し前にアップしたおうち居酒屋の日の夜で、2人ともそれほどお腹が空いていなかったのでやや軽めの晩ごはん。その日はどうも朝からパンが食べたくて生地を発酵させておいたので、パンを中心に組み立てたメニューです。


◆黒オリーブと枝豆の地粉パン

   P1240739.JPG

パン生地をこねるのが面倒なので、私はいつも水分多めでこねずに作るむっちり系パンです。だいたいの分量と作り方はこちら。少し変化をつけたくて、ブラックオリーブと枝豆を練り込んで焼きました。

   P1240742.JPG

ブラックオリーブの塩気と枝豆の食感がいいアクセント。ダンナさんにも好評でしたグッド


◆ズッキーニと茄子のケフテデス(ギリシャ風野菜の肉だんご風)

   P1240740.JPG

少々焦げてしまいました(笑)が、時々つくるギリシャ風の野菜のおだんご。本来ズッキーニだけ、または茄子だけで作ることが多いものですが、1本ずつ使って作ってみました。これまた食感がちょっと変わって美味しい。

作り方は簡単で、ズッキーニと茄子は皮をところどころむいてから西洋おろし金で粗くすりおろし(なければ千切りでも)、軽く塩をして水気を絞ります。ここでしっかり絞っておかないと焼く際に水っぽくなるので、そこそこしっかりめにギューッと。

そこに粗みじん切りの玉ねぎと溶き卵、つなぎのパン粉を加え、塩・こしょう・すりおろしたチーズとディルを適当に加え、油を敷いたフライパンにスプーンで落として両面焼けば出来上がり!水切りしたヨーグルトソースをつけて食べます。

以前かぼちゃで作った際のレシピをアップしていますので、よろしければ参考にご覧ください。



◆そら豆の素揚げ

   P1240738.JPG

そら豆が旬だった時に買って、軽く茹でて薄皮ごと冷凍しておいたのが残っていました。

薄皮をむいてディップにしても美味しいですが、何か薄皮を活かせる調理法はないかなあと検索したら「薄皮だけ揚げておつまみに」というのが見つかり、それもいいけど折角なら両方!と水気をふき取って薄皮ごと(何もつけずにそのまま)揚げてみました。揚げる際はねるかな?と思ったら全然はねなかったヽ( ̄▽ ̄)ノ

薄皮部分はパリパリ、実の部分はほくほくで食感が楽しめて美味しい。この日は塩と黒こしょうを振りましたが、ビールに合わせるならカレー粉もよさそう。チーズを振ってもいいなと思いつつ、この日は薄く切ったチーズを添えて一緒に食べました。

私はそら豆の茹でたのがあまり好きではないので(匂いが気になるんですよね)、これならOK!いろんな味付けが合うし、冷凍そら豆でぱぱっと作れるのでおつまみにオススメです。



そしてそして、ダンナさんがこの日喜んでいっぱい食べたのがこちら。


◆米粒パスタのトルコ風スープ

   P1240737.JPG

米粒型のパスタは主にギリシア・トルコで好んで食べられています。
ギリシア料理だとお肉とトマトの煮込みに入れてオーブンで焼く「ユベッチ」がおなじみ(作り方の目安はこちら)。中でもチキンのがすごく美味しく感じます。

ダンナさんはこれが殊の外好きで、作るといつも大喜びなのですがこの日は塊のお肉がなかったのでスープに。トルコでは街中のお店でこういうのがよく食べられているそうです。

ツルッとしたパスタの食感が気持ちよく、あっさりしていて夏向きのメニュー。油を殆ど使わずに作っているので、温かくても冷たくしても美味しくいただけます。この日は常温ぐらいの「あたためない」状態でいただきました。今は米粒型パスタもネットで買えるので、ぜひお試しくださいね!


≪ツルッとしたパスタの食感とあっさりスープが合う!「トルコ風米粒パスタのスープ」≫レシピ:2~3人分

1) 玉ねぎ1/4個とピーマン1個、にんにく1/2かけは粗みじん切りに、鶏むね肉少々(50gもないくらい)も粗く刻む。

2) 1)を少量のオリーブオイルを敷いた煮込み鍋で炒め、玉ねぎが透き通ったら塩・コショウを軽く振り、ホールトマトまたはカットトマト1/3缶程度を加え、少しぐつぐつさせてから水1.5カップとチキンコンソメ少々、米粒型のパスタ(スープ用の小さなパスタでも)70g程度を加え、ひと混ぜして蓋をし、沸騰したら弱火にして15分ほど、パスタが柔らかくなるまで煮込む。途中様子を見て、水気が足りなそうなら足してください。

3) パスタがスープを吸って柔らかくなったら必要に応じて水分量を調整し(私はこの段階で1カップぐらい足しました)、味を調えてできあがり!


★ピーマンはなくても良いですが、入れた方が美味しいです。苦みで味が締まります。


ユベッチにしなかった理由は「長いこと煮込むと部屋が暑くなるから」でもあったりして( ̄▽ ̄)我が家はキッチンとリビングがつながっているので、冬は煮込みを作ると温まって良いですが、夏は暑い…。調理時間の短いメニューは助かります。

うーん今日もとっても美味しかったぺろり今日もごちそうさまでしたウィンク


さてさて今週末はJ1がありませんが、その分J2が土曜開催。明日は私はグリスタ(栃木)へ熊本の応援に行こうと思っています。幸い暑すぎず、観戦にもちょうどよいお天気晴れくまモンも来るようですよ音符

宇都宮は大宮や柏から近いので、主税が気になる(怪我中なので出場は微妙)大宮サポさん、キタジや南が気になる柏サポさんもけっこういらっしゃるのでは?ぜひ赤いグッズを身につけていらしてくださいねスマイル私は熊本のレプリカ・タオマフ着用で(ふっふっふ、大宮サポとはわかるまい<( ̄▽ ̄)>)しっかり応援しますよー上向き矢印

ではでは皆様、今週も残り1日!がんばりましょうースマイル

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ FC2バナー 
   ↑       ↑         ↑
  お料理ブログランキングに参加しています。
  本日もポチッと応援、お願いいたします。






Last updated  2013.07.19 09:08:57
2012.08.16
カテゴリ:トルコ料理
昨年・一昨年と体調を崩し、野菜作り(というか土かな)が思うようにできなかった実家の父。
先日義父の葬儀で会ったらすっかり「おじいちゃん」になってましたが、それなりに楽しく生活している模様。夏野菜も今年は自慢の品があるようで、久々にドカッ!とクール便が届きました。

中身は茄子、ししとう、枝豆、トマト2種類、桃、じゃがいも2種類、坊ちゃんかぼちゃに加えてこれ↓

   P1070414.JPG

オクラ2種類。一般的な緑のオクラと、ちょっと珍しい紫色のオクラです。

オクラは前にも届いたことがありますが、育ちすぎで中がかなり固く、消費に苦労した記憶が・・・- -;今回は割と小さめの段階で収穫してくれたようでよかった。

紫のオクラは緑のより粘るから生で食べるのがいいと聞きましたが、あまり日持ちしないオクラはとりあえず大量消費したかったので、作ってみたかったこれを試してみました。


◆クイマル・バムヤ(トルコ風オクラとひき肉のトマト煮)

   P1070419.JPG

トルコ・ギリシャではオクラをよく食べるので、ギリシャでもオクラを大量にトマトで煮たりオリーブオイルで煮たりする料理があります。でもギリシャ料理のオクラはホントにまだ小さいうちに収穫されたもの。ちょっと雰囲気が違うかな?と思って今回はトルコ料理にしました。

トルコではこんな感じの「主役の野菜をトマト・ピーマン・玉ねぎ・ひき肉のスープで煮る」的なメニューがけっこうあり、カリフラワーのこの手の料理も美味しいですが、ポイントは

   ★ひき肉は(ラムを使わない場合は)豚!

が日本人には美味しく感じると思います。

トルコはイスラム圏なので本来豚肉は絶対食べちゃいけません。
が、日本で羊のひき肉を入手するのは簡単ではないし値も張ります。手に入りやすいお肉で言うと、牛よりは豚ひき肉で作った方が格段に美味しい。鶏も悪くないですが、旨味の点で言うと豚が一番かな。

それと、オクラ特有の粘り。
あの粘り気はヨーロッパでは好まれないらしく、粘りを出さない調理法が一般的です。トルコ・ギリシャでは、酸味を加えることで粘りを押さえるらしく、これにはレモン汁が入りますが、これがウマイ( ̄▽ ̄)ほのかな酸味が食欲をそそります。

これだと1人でオクラを5~6本は食べられるので、昨日は2人で15本くらい消費できました。ダンナさんもこの手の煮込みが好きなので、お代わりしてくれてよかった。ピーマンの苦みがいいんですよね。


≪オクラがいっぱい食べられる!「クイマル・バムヤ(トルコ風オクラとひき肉のトマト煮)」≫レシピ:2~3人分

1) オクラ200g程度は洗ったあとヘタの固い部分を形に沿ってむく。ピーマン2個、玉ねぎ1/4個は粗みじん切りに。トマトは生でもホールトマトでもOK、生の場合は大1個分程度を皮を湯むきして大きめにダイスカットしておく。缶詰なら1/3缶ぐらい。

2) 煮込み用の鍋にオリーブオイル少々を敷き、ラムまたは好みのひき肉大さじ2程度とピーマン・玉ねぎを炒め、全体に熱が入ったらオクラとトマトを加えてざっと混ぜ、ひたひた程度の水を注いで煮立ったらレモン1/2~1個分を絞り入れ、蓋をしてオクラが柔らかくなるまで煮る。

3) 塩・こしょうで味を調えてできあがり!


この日の全体メニューはこんな。野菜を使いまくったのでお肉はこの煮込みに使った微量のひき肉のみ。

   P1070418.JPG

ししとうは素揚げがいちばん!よく見えてないですが横に粗塩を添えてあります。

   P1070420.JPG

フォカッチャは生地にも中身にもじゃがいもが入っています(⇒レシピはこんな)。じゃがいも入りの生地は甘みと香ばしさが出てとっても美味しい!ダンナさん大喜びヽ( ̄▽ ̄)ノ 

   P1070425.JPG


そこそこの量が届いた茄子もトルコ料理にしてみました。


◆ヨーグルトル・パトルジャン・サラタス(焼き茄子のヨーグルトサラダ)

   P1070424.JPG

ほぼ同じ材料をすりつぶしてペースト状にしたサラダもトルコ・ギリシャ共に存在しますが、今日は焼き茄子の形や食感を保ったサラダに。見た目が涼やかなのでダンナさんは最初デザートかと思ったらしいです(笑)

   P1070427.JPG

ダンナさんも私も日本風の焼き茄子はあまり好きではなく、好んでは食べませんがトルコ料理のは好き。焼き茄子の風味を生姜醤油に合わせるよりも、にんにくやヨーグルトに合わせた方が好みなんですよね。冷蔵庫で冷やすと茄子もヨーグルトももっちりした感じになってとっても美味しかった!


≪ヨーグルトル・パトルジャン・サラタス(焼き茄子のヨーグルトサラダ)≫レシピ:2人分

1) 茄子3本は魚焼きグリルで皮が焦げるまで焼いて皮をむき、へたを取って厚さ2cm程度に切り、皿に並べる。

2) ヨーグルトソースを作る。プレーンヨーグルト大さじ3~4にすりおろしたにんにく1/2かけ、塩少々、チリペッパー適量をよく混ぜて茄子の上にかけ、冷蔵庫でよーく冷やしてできあがり!食卓に出す際、チリペッパーを振ると彩がきれいです。


全体写真のいちばん奥に若干仲間外れ的な一品が見えますが(これだけ明らかにヨーロッパじゃないですね)、これはまた別途ご紹介します。これを作ったせいでワイン飲んだ後ビールが欲しくなってしまったんですよね・・・- -;


夏野菜特集はたぶんまだ続きます。まだ野菜室がぎゅうぎゅうなんだもん。


うん、今日もとっても美味しかったぺろり今日もごちそうさまでしたウィンク

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ FC2バナー 
   ↑       ↑         ↑
  お料理ブログランキングに参加しています。
  本日もポチッと応援、お願いいたします。






Last updated  2012.08.17 10:24:46
2012.03.12
カテゴリ:トルコ料理
3月ももう半ばというのに、今年はなかなか温かくなりません。日差しは春らしいけれど朝晩がすごく冷えるんですよね~。春服に移行するタイミングがつかめません^^;


という訳で、まだまだ煮込み料理が美味しく感じます。

  P1080813.JPG

この日は先日ご紹介した菜の花のパスタを作りたくて、それを中心にメニューを組み立てたのですが、もう一つ試したかったものが。


◆トルコ風モロッコいんげんのトマト煮

      P1080815.JPG

幅広で平べったいモロッコいんげん、我が家ではクタクタに煮てパスタやトルタ・ヴェルデの具にすることが多いのですが、このお料理を知った時「絶対美味しい!」と確信。虎視眈々と作る機会を狙っていましたが、職場近くのスーパーである日特売に。チャーンス(-_☆)

      P1080822.JPG

オリーブオイルを控えめにしたせいか、いんげんの青みが少々強めかも、という仕上がりに。でもダンナさんには「優しい味スマイル」と好評。柔らかく煮えるので食べやすく、塩・砂糖のシンプルな味付けで優しい味。冷めても美味しいので便利なおかずです。パンによく合う一品。


≪いんげんがとっても優しい味に!冷めても美味しい「トルコ風モロッコいんげんのトマト煮」≫レシピ:2人分

1) モロッコいんげん1/2袋~1袋は5cmくらいの長さに切る。玉ねぎ1個はスライス、トマト大1個(小さければ2~3個)は皮をむいてダイスカット。

2) 小鍋にオリーブオイルたっぷり(私は大さじ半分程度でしたがおそらく大さじ2~3
が適量)を熱して玉ねぎを炒め、柔らかくなったらいんげんとトマトも加えてさっと炒め、塩・さとう少々で味付けする。

3) 水50cc程度を加え、軽く重石をして蓋を閉め、30~40分弱火で煮込み、いんげんがクタッと柔らかく煮えたらできあがり!


★オリーブオイルの量はお好みで調整してください。「かなりたっぷりめ」で美味しくできるお料理です。いんげんに対する玉ねぎの量も「やや多め」がポイントです。

★普通のいんげんでも美味しくできますよ!


それと、こっくりした味の豆料理が食べたくて、お隣ギリシャのお料理も作りました。


◆ギリシャ風豚肉と白いんげん豆の煮込み(シチュー)

      P1080820.JPG

これはレシピ未掲載でしたが我が家では何度か作っているシンプルで美味しい煮込み。

煮込み用の、脂身のある部位の豚肉で作ると、脂の部分とトマトがよく馴染んでまろやかに美味しくできます。豆は大きめの白いんげん豆が基本ですが、その他の豆(大豆、レンズ豆、ひよこ豆など)でも美味しいです。

豆は茹でる際最初に沸騰した際水を替え(ガス抜きのため)、その後柔らかくなるまで煮ますが、この煮汁がとろみ付けやおいしいだしになります。このシチューでも豆の茹で汁を使うと美味しさが違ってきます。缶詰を使う場合も汁ごと入れてくださいね!

      P1080819.JPG


≪トマトの酸味が豚肉とよく合う!豆もより美味しく感じる「ギリシャ風豚肉と白いんげん豆のシチュー」≫レシピ:2~3人分

1) 豚肉(シチュー用)150~200gは食べやすい大きさ(3~4cm角)に切って塩・コショウをなじませてしばらく置く。玉ねぎ1/2個とにんにく1かけはみじん切りに。白いんげん豆1/2カップは半日水につけて戻したのを水ごと鍋に入れて火にかけ、沸騰したら水を替えて柔らかくなるまでゆでる。

2) 煮込み用の鍋にオリーブオイル大さじ1を温め、にんにくを炒めて香りが出たら豚肉を加えて全体に焼き目をつけ、玉ねぎも加えて色が変わるまで炒める。

3) 2)にホールトマトまたはカットトマト缶1/2缶程度を加えて少しぐつぐつさせ、余計な水分を飛ばしてから1)の豆を茹で汁と共に加え、ひたひた~具を覆うぐらいの水加減にし、蓋をして煮立つまでは中火、その後弱火で50分程度、全体が柔らかくなり具が馴染むまで煮ればできあがり!


★豚肉はある程度脂身のある部位を使ってください。脂が全体をまとめてくれる役目をするので、ヒレ等脂肪がない部位だと少し物足りない感じになるかも。その場合はオリーブオイルを多めに使うと良いと思います。


サイドメニューはイタリア料理ですが、ムール貝に味付けパン粉(パン粉、にんにく、イタリアンパセリ、パルミジャーノ、黒こしょう)をまぶしてオリーブオイルをかけ、オーブンで焼いたもの。簡単ですが美味しい定番前菜です。

      P1080824.JPG


20代の頃までは冬の方が体調が良いくらい寒さに強かった私ですが、今では立派な寒がり。まだまだ身体を温める対策が必要です。早く本格的に温かくなるといいな~さくら


うん、今日もとっても美味しかったぺろり今日もごちそうさまでした!ウィンク


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ FC2バナー 
   ↑       ↑         ↑
  お料理ブログランキングに参加しています。
  本日もポチッと応援、お願いいたします。






Last updated  2012.03.14 08:58:42
2011.12.10
カテゴリ:トルコ料理
この時期出回るカリフラワーって、巨大でなかなか使い切れないですよね(好きだから買っちゃうけど)。

我が家の場合、まず真っ先にフリッターを作り、

      111204フリッター

その後トマトで煮たりスープにしたりパスタにしたりと一通りスタンダードな食べ方を試し、まだ残っている場合は新たなメニューを模索します。

今回は、前々から作ってみたいと思っていたこれをお試し!

     111204トルコ風カリフラワー

◆トルコ風カリフラワーのヨーグルトソース焼き(フルンダ・アルヌバハル)


トルコと言えばヨーグルトを使ったお料理がたくさんありますが、「ヨーグルト入りのソースをかけて焼く」調理法自体にまず興味がわき、さらにカリフラワーと合わせたらどうなるんだろう??と興味津々。作り方自体はとっても簡単なので、ヨーグルトとカリフラワーさえお家にあれば思い立ってすぐに作れます。

見た目が実に地味なのでとりわけ後の写真を撮るの忘れましたが(ごめんなさい^^;)、お味はさっぱりなんだけどボリューミー、という感じかな?薄味ながら濃厚さが出るのです。でもホワイトソースみたいにバターを多用していないので後口はさっぱり!たくさん食べられます。ダンナさんは「チーズも入っているのがいいね」とお気に入りの模様。

これは他の野菜を使っても応用がきくと思います。ほうれん草やブロッコリーなど緑の野菜にも合いそう。ボリュームのある野菜料理が食べたいとき、是非お試しください音符


≪さっぱり味、なのにボリューミー!トルコ風カリフラワーのヨーグルトソース焼き「フルンダ・カルヌバハル」≫レシピ:約2人分

1) カリフラワー1/2個分(大きければ1/4個分)は食べやすい大きさに切り分けて茹でるか、ラップ等にくるんでレンジで柔らかくなるまで加熱し、水気を切って耐熱容器に広げる。

2) ヨーグルトソースを作る。プレーンヨーグルト1/2カップ、卵(小さめ)1個、小麦粉大さじ1、好みで溶かしバター大さじ1(今回は割愛)を混ぜ、1)のカリフラワーにたっぷりかける。オーブンは180度に予熱。

3) 2)にとろけるチーズを振り、好みでパン粉とバターを散らしてオーブンで15分ほど、表面に適度な焼き色がつくまで焼けば出来上がり!好みでパセリや赤唐辛子粉を散らしてください。


★溶かしバターやパン粉を使うとよりグラタンっぽくなって更にボリュームも出ます。この日は他に揚げ物を作ったので、さっぱり食べたくて割愛しました。


この日の全体メニューはこんな感じ。

   111204全体

スープはかぶとチキン。カレー粉とガラムマサラをすこーし入れてカレー風味にしました。かぶはあっさりしているので、それぐらいパンチを利かせてもいい感じです。葉っぱにはすごく栄養があるので残さず活用!

      111204かぶのスープ

揚げ物は上にのせたカリフラワーのフリッターと、もう1つはわかさぎ。こちらは片栗粉を薄くまぶして揚げるとサクッと揚がります。私はいつもビニール袋に粉と具材を入れて振っています。こうするとまんべんなく粉がつくのです。

      111204わかさぎ

主食はポルトガル風のトマトを一緒に炊き込んだごはん。粗みじん切りの玉ねぎを炒め、お米を加えて軽く炒め、普通に炊く時より少し多めの水(米の1.5倍ぐらい)と角切りトマトを加えて普通に炊く(沸騰するまで中火、あと弱火で7~8分)だけです。お鍋で炊いた方が短時間で美味しくできますよスマイル

      111204トマトごはん


ふー、この日も美味しかった!
普段スタジアムではがっつりお肉を食べる我々ですが、家ではこんな風に野菜をたっぷり食べることが多く、そうしてバランスを取ることで胃腸の調子が整うようです。ダンナさんは平日帰宅が遅く、あまり家でごはんを食べられないので、週末はなるべくいっぱい野菜を食べてもらうようにしています。


今日はこれから今シーズン最後の野津田、13時キックオフ!引き分け以上で町田のJ2自力昇格が決まります。シーズン最終戦だし、ポポヴィッチ監督も最後だし、きっとお客さん大勢入るんだろうなスマイルお天気も良く、日差しがたっぷりあるので体感的には温かそうです。

町田はJFLとは思えないほどスタグルも充実。来季J2で更にパワーアップするといいなと思っています。ではでは、支度していってきまーす電車


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ FC2バナー 
   ↑       ↑         ↑
  お料理ブログランキングに参加しています。
  本日もポチッと応援、お願いいたしま






Last updated  2011.12.11 09:12:23
2011.11.21
カテゴリ:トルコ料理
前回のごはん記事の続き、土曜日にNACKから帰って作ったごはんです。

   111119晩ごはん

ダンナさんが途中まで迎えに来てくれて、帰宅は21時。ごはん開始は22時を回ったのでちょっと時間がかかりましたが、それは私はNACKでじゃがいも料理しか食べられずダンナさんも日産で焼きそばしか食べられなかったから(笑)日産で飲食売店が売切れるなんて初めて聞きましたが、そんなこともあるんだねえ^^;なので、予定メニューに急遽2品追加しました。スープは前日の残りのかぼちゃとにんじんのポタージュに牛乳を多めに加えたものです。


もともと用意していたメインはラムチョップ。

       111119ラム

◆ラムチョップのグリル

塩、コショウとオレガノ、ローズマリーをまぶし、オリーブオイルをたらしてマリネしておいたラムチョップ。最初にフライパンで背中の皮目部分を焼き付けてから、180度に予熱したオーブンで両面合わせて20分ほど。オーブンに入れる際、ラムの下に敷いた茄子がラムの旨味を吸って美味しい。マッシュルームも一緒に焼きました。マリネする際にんにくを使わないのは私には珍しいですが、ハーブだけのも美味しい。ラム自体が美味しいので、シンプルな味付けがいいんですね。


追加の2品はお肉と炭水化物です。

       111119イベリコ

◆イベリコ豚のフライパングリル

お肉は冷凍庫からイベリコ豚を出して塩・コショウをまぶし、フライパンでジューッと焼いただけ。出てきた脂で焼いたかぼちゃとピーマンも立派なごちそうです。


       111119ブルグル

◆ブルグルピラウ(粗挽き小麦のピラフ)

前日久々にトルコ料理を食べたら、思い出して食べたくなったブルグル(粗挽き小麦)。クスクスも美味しいですが、ブルグルのより「ぷつぷつ」した食感が食べたくてピラウ(ピラフ)にしました。作り方は以前ご紹介したクスクスのピラウとほぼ一緒ですが、ブルグルはクスクスよりも柔らかくなるのに時間がかかるので、ル・クルーゼで炊き込む感じに。

       111119ピラウ

同じ理由でクスクスを使う際より鶏のスープを濃いめにしたら、ダンナさんは「味がしっかりしていて美味しい」とご満悦。モリモリ食べてくれましたウィンク


そして、もともと作りたかったこの日の初挑戦メニューがこれ。

       111119ギョズレメ

◆ギョズレメ(トルコ風薄焼きおやき)


トルコ料理には小麦粉を使ったメニューがいろいろあってどれも美味しいですが、今まで挑戦したことがなかったのがこれ。薄い皮に好みの具を挟んで香ばしく焼いた「おやき」的な、ダンナさんは「チヂミみたいだね」と言っていましたが、そんな感じの小麦の香ばしさが美味しい一品です。今回はほうれん草とチーズ、玉ねぎを挟みました。

これはなんといっても「巨大な薄い皮」(ユフカ)が特徴。日本では入手しにくいし、トルコ料理の資料で見るような大きくて薄い皮を作るのは難しそうだな~と敬遠していました。が、やっぱり食べてみたいので挑戦。ユフカほど薄くは行きませんが、そこそこ薄く大きく伸ばせました。

       111119ちぎったところ

本来はフェタチーズを使うようですが、今回は普通のとろけるチーズを使用。ほうれん草の風味と小麦・チーズがよく合ってとても美味しい目がハートこの手の食べ物、私大好きなんですよねえ^^;


≪トルコの大きな「薄焼きおやき」風軽食、「ギョズレメ」≫レシピ:約2人分

1) 皮を用意する。小麦粉80~100gに塩ひとつまみを加えてさっと混ぜ、ぬるま湯80cc程度を様子を見ながら加えていき、ゴムべらで混ぜて耳たぶよりもかなり柔らかい程度に練る。ひとまとめになったらラップで包み、冷蔵庫で1時間以上ねかせておく。

2) 具を用意する。ほうれん草1/2束はざく切り、玉ねぎ1/2個は粗みじん切りにして、オリーブオイルを敷いたフライパンで中火で炒め、玉ねぎの色が変わったら火を止めて粗熱をとる。塩(控えめ)コショウで軽く味付け。フェタまたはお好みのチーズは適当にちぎるか刻む。

3) 1)の皮をできるだけ薄い長方形(正方形が2つ縦に並ぶ感じ)にのばし(今回は26cm四方の2倍サイズぐらいになりました)、手前の半分に2)の具をまんべんなく散らし、向こう側の皮を持ってきてパタンと蓋をし、四隅を手でとじる。

4) フライパンにオリーブオイル少々を熱し、3)を両面こんがり焼けばできあがり!


今回は定番のほうれん草チーズで作りましたが、ハムやじゃがいもを入れて作ってもいいらしく、要はお好みの具でOKの模様。次はハムじゃがで作ってみようと思います。

やっぱり世界三大料理、トルコ料理は美味しいですねスマイル久々につくって気分がかなり乗って来たので、翌日はお隣ギリシャ料理を作りましたうっしっしこの模様はまた別記事で。


うん、今日もとっても美味しかったぺろり今日もごちそうさまでしたウィンク


五輪予選、荒れたピッチに荒れた試合でしたが東また点とってくれましたねーウィンク
次節の広島戦も東がいないのは大宮にはかなり痛いですが、遠くでがんばっている東の分までみんなでがんばろう!

そして今日は久々のJFL観戦です。町田VSホンダロック@相模原。
ポポヴィッチ監督、FC東京には行かないで欲しいな…。ステップアップを目指していた相馬前監督と違い、ポポヴィッチさんは「町田をJ1に上げる」プロジェクトに賛同して来てくれた訳で、せめて2~3シーズンは町田にいて欲しい…。毎年監督が引き抜かれるようでは、頑張っている選手たちがかわいそうです。

ではでは、いってきまーす車


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ FC2バナー 
   ↑       ↑         ↑
  お料理ブログランキングに参加しています。
  本日もポチッと応援、お願いいたします。






Last updated  2011.11.23 08:52:33
2011.11.18
カテゴリ:トルコ料理
※今日は時間が取れないので、昨日の試合については明日アップします。今日はさっきまでマリノスタウンでのマリノスVS大宮の練習試合を観に行っていたので、昨日の写真の整理がまだできてないのです^^;ちなみに練習試合は4-2で大宮の負け。柏の控えとは大分違いましたね…。マリノスの守備は堅かった!


数日前から無性~にトルコ風の「カリフラワーのトマト煮」が食べたくなり、久々にトルコ料理の晩ごはんを作りました。

   111118晩ごはん

メインはもちろんこれ!

       111118カリフラワー

◆トルコ風カリフラワーのトマト煮(カルヌバハル・イエメーイ)


先日安いカリフラワーを買えたので、以前作った際とっても美味しかったのを思い出して作りました。

そして、今告白しますが前回レシピをご紹介した際、私「豚ひき肉」を使って書いてしまったのですが、トルコは本来イスラム圏、豚さんは食べてはいけなかった!ごめんなさいm(_ _)m
なので今回はきちんと牛ひき肉を使って作りました。ひき肉の種類を変える以外の作り方は一緒です。レシピはこちら。

・・・が。

「前回と作り方変えた?」とダンナさん。「ううん、肉を豚じゃなく宗教に合わせて牛にしただけ。でも…豚の方が美味しかったね^^;」「やっぱり?なんか前回の方が甘みがより濃く感じられたよね」


という訳で、我々の口には「豚ひき肉で作った方が美味しい」という共通の感想。無宗教の我が家、以後も豚ひき肉で作らせて頂きますm(_ _)m


それと、これも久々に食べたくなって作りました。

   111118ラフマージュン

◆トルコ風薄焼きピッツァ「ラフマージュン」

ラフマージュン、一時期凝ってかなり頻繁に作っていましたが、気がついたらずいぶん作っていなかった!その後、トルコ料理について調べていた際、現地のラフマージュンはかなり薄くて大きいらしいということが判明。以前レシピをご紹介した際はもうちょっと厚かったので、今回は極力薄く大きく作ってみました。

ウマイ大笑い大笑い大笑い

いやー、生地や具の作り方は同じなのに、生地を薄くしただけでこれほどまでに違った感じになるとは!!ちぎりやすいし食べやすい。スライス玉ねぎともよく合って、いやこっちは今回のが正解グッドクミンの香りがまだいいんだ目がハート

作り方は以前のレシピ(こちら)と一緒ですが、生地を薄くした分、焼き時間を短くしました。220度で8分くらいがちょうどいい感じ。


せっかく発酵させた生地を作ったので、1/3は他のおかずに合わせるためパンにしました。そして、パンやラフマージュンに合わせて食べたいのがトルコ風のディップ。

   111118パンとディップ

◆水切りヨーグルトのにんにくソースとほうれん草ディップ

トルコ料理やギリシャ料理で定番のヨーグルトソース。翌日のにんにく臭さが少々心配ですが、にんにくがあるとないとで美味しさは天地の差!とても美味しいソース兼前菜です。基本のソースはこちら、前菜としても美味しいほうれん草のはこちらをご覧ください。


そして、カリフラワーがあるとこれも食べたくなるんですよね~。

       111118揚げ物

◆インド風ひよこ豆粉(ベーサン粉)を使ったカリフラワーのフリット(パコラ)と、わかさぎのサクサク唐揚げ

カリフラワーをフリットに、という発想は日本人にはわきにくいと思うのですが、ホントにびっくりするほど美味しいのでつい作ってしまいます。ベーサン粉でなくとも、小麦粉+卵+水のフリッター衣でもちろんOK。チリソースも合いますが、上のヨーグルトソースもぴったり!これも作り方は以前のレシピ記事をご覧ください。

わかさぎはスーパーで安かったので、片栗粉を薄くまぶして揚げました。わかさぎは小麦粉よりも片栗粉100%で揚げた方が断然サクッと揚がって美味しい。塩をパラッと振るともう最高目がハート


いやー、久々にトルコ料理で揃えた晩ごはん、美味しかった!スマイル
最近ダンナさんが土日も仕事だったり、土日ともスタジアムでごはんを食べていたりで、思いっきりお料理できていなかったので久々にいっぱい作ってスッキリしましたきらきら

でも昨日もNACKから帰ってからかなりしっかりごはんを作ってしまったところを見ると、まだ作り足りなかったようです(笑)まぁ、若干思い残しというか「勝ち点2をみすみす逃した」(というか本山にやられた・・・- -;)試合だったので、フラストレーションがたまったんでしょうね。

まぁ、残留が決まったのはよかったですが、昨日も書いた通りそれが本来の目標では全くなかった訳で、ああいう試合を勝ち切れないのがダメなところだよな~(今日も練習試合もそうですけどね- -;)と改めて思います。この分を次節、広島での今季最後のアウェー戦にぶつけて欲しい!勝ちたい!勝ちたいよー(T0T)


という訳で、試合の詳細はまた明日!
今日もとっても美味しかったぺろり今日もごちそうさまでしたウィンク


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ FC2バナー 
   ↑       ↑         ↑
  お料理ブログランキングに参加しています。
  本日もポチッと応援、お願いいたします。






Last updated  2011.11.20 14:37:09
2011.05.01
カテゴリ:トルコ料理
5月1日は我が家の入籍記念日です(挙式の記念日は来月)。なんと!10周年です。スイート10ですお誕生日

おかげさまで周囲の方々にはいつも「夫婦仲良くていいね~」と言って頂ける我が家ですが(実際仲は良い方だと思います)、10年の間にはお互い仕事が忙しくて一緒にいられない時期が数年にわたって続いたり、私が大きく体調を崩したりと、それなりの雨風に耐える時期もなかったわけではなく、ダンナさんは「10年て早いね~スマイル」と言いますが、月日の経過が速い時期とそうでなかった時期があったのではないかしら、と私的には思っております。
ともかくともかく、10年間ありがとう&今後ともよろしく!スマイル


そんな訳で、豪華ディナーをつくってお祝いしたかったのですが、このところ体調が芳しくないワタクシ。この1~2ヶ月結構無理が続いたので、連休にあわせてしっかり疲れがドバーッと出てしまっている感じです。とほほ・・・。


なので、当日は品数控えめでお肉を焼きました。

       110501ディナー

なんだか記念日っぽくないテーブルの上がスカスカな光景ですが(^^;)ダンナさんの好物のラム肉のかたまりを焼き、合わせて焼き野菜料理を1品と、パンとホムス。ラムはオレガノとレモン、にんにくでギリシャ風の味付けにしたので、茄子も近隣の国のお料理に。

       110501茄子

◆トルコ風茄子のオーブン焼き

トルコやギリシャでは大きな茄子が一般的に流通しているらしく、レシピ本の写真で見る茄子が日本で言う「米茄子」サイズに相当していることが珍しくありません。このお料理は、写真の感じからして大きめ茄子をじっくり焼いて皮の美味しさや身のとろ~り感を楽しむものだと直感ひらめきなので、先日ダンナさんが福島帰りに買ってきてくれた米茄子で作ってみました。米茄子正解!美味し~いスマイル

予めフライパンで揚げ焼きにしてから長時間オーブンで焼いているので甘さが存分に引き出され、茄子はトロトロ、身と皮の間のところの「クシュッ」とした食感もいい。上に載せて焼いた玉ねぎも甘くって美味しい!シャキシャキした食感も茄子との相性抜群です。

どちらかと言うと米茄子で作った方が感じが出ますが、普通の茄子でも問題なく美味しく作れます。特別な材料は何も要りませんので、是非お試しください♪

≪米茄子がとろ~りで美味しい!トルコ風「茄子のオーブン焼き」≫レシピ:2人分

1) 米茄子1個(普通の茄子なら1~2本)は皮を虎刈り状にむき、厚さ1cm強の輪切りにする(普通の茄子を使う場合は、なるべく断面が広くなるよう斜め切りにしてください)。玉ねぎ小1個は粗みじん切り、トマト小1個も粗く刻む(缶詰のホールトマト・カットトマトでもOK)。

2) フライパンに多めの油を熱し、1)の茄子を軽く揚げ焼きにする。カロリーを気にしなければ、素揚げにすると茄子がよりとろ~んとして美味しいです。両面に油がしみ、軽く焦げ目がついたら耐熱容器に並べる。オーブンは160度に予熱。

3) フライパンに油を少し足して、1)の玉ねぎをしんなりするまで炒め、トマトも加えて余計な水分が飛ぶまで加熱し、塩少々で軽く味付けする。お好みでオレガノも加えると美味しいです。これを2)の茄子の上にのせます。

4) 予熱したオーブンで、耐熱容器の野菜を20~30分焼けばできあがり!焼きすぎると乾いてしまって美味しくないので、表面の感じをみて具が馴染んで美味しそうに焼けていればOKです(水分はトマトの分量で調整してください。但し、トマト味になりすぎないよう、控えめに加えた方が美味しいと思います)。


★お好みでにんにくを入れる作り方もあるようです。お好みでどうぞ。


米茄子はボリュームがあるので、1個で2人とも満足のメインおかずになりました。塩しか使っていませんが、野菜本来の味でとっても美味しくできますよ!



そして、今日のためにダンナさんが買って来てくれたケーキ。胃腸がイマイチな私のために、小さくてかわいいのをセレクトしてくれました。

       110502ケーキ

かわいいうっしっしパンダモンブラン。
「どう?」という感じのパンダの表情がなんともいいですよね~。甘さ控えめ、クリームも優しい味で美味しかった!ところどころに見えている、ザクザクした黒糖っぽいのもいいアクセントでした。

超ニコニコで美味しく食べている私に、ダンナさん「これからもパンダらしく生きてくれな~」だそう。たぶん「無理しすぎず適度にゴロゴロ&ダラダラしつつ、食べる時には超!真剣な、パンダ的に可愛らしい食いしん坊でいて欲しい」という意味かと勝手に解釈します(一ヶ月ほど前、りすさん兄さんからも同じような言葉と共に、ホワイトデーにかわいいパンダちゃんのハンカチとティッシュケースを頂いたんですよねえ^^;私の周りの男性は私の度を越した食いしん坊ぶりに深い理解と愛があって実にありがたいです。笑)



うん、今日もおいしくいただきましたぺろり今日もごちそうさまでしたウィンク


バナー1 FC2バナー 
   ↑       ↑         ↑
  3種類のランキングに参加しています。
  順位が上がると、より多くの方々にご覧頂くチャンスが広がります!
  本日もポチッと応援、お願いいたします。






Last updated  2011.05.06 19:57:21

全25件 (25件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.