10382814 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

世界のごはんとアリーナ&スタジアムグルメ生活

全105件 (105件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

Bリーグ/旧bj・NBLアリーナグルメ(南関東・東海)

2020.02.12
XML
開幕直後に襲った台風により長い間順延となっていた第2節GAME2、4か月ぶりにやっと試合数が他と揃いました&勝ちましたー​∩(・ω・)∩ばんじゃーい∩(・ω・)∩ばんじゃーい​上向き矢印上向き矢印​​​上向き矢印

  
※負けてがっかりしている様子ではありません

いやー嬉しい。苦手ビーコルにというだけでなく、こちらの作戦が一部はまった&結果的に得失点差でも上回れたという点でも良い勝利。お互い連戦続きでボールが手につかなかったりミスが散見されたりと疲労の見える内容ではありましたが、とにかく勝てて良かった・・・

  

平日開催でもコルス君は開場時から終了時までしっかり稼働。​確かに「今季のコルス君は違い」ました

  

ビーコル戦は毎回楽しみEyes'さん。各クラブのパフォーマーはB開幕後でも大分移り変わる中、bj時代からずっと高いクオリティで続けてくれているのはすごいと思う

 

たまたま選手登場口が撮れたのでいっぱい載せてみます。
まずは新入団大浦くん、大阪でのデビューは堂々としたものでした(大阪も2日行ったけど書けてない)

  

続いてのもとがこんなことになっている(だいぶ待たされている)のは

  

コート上でこの方が大注目されているためですスターですよもうきらきらきらきら

  

なかなか呼んでもらえません

  

お待たせのもと!

  

今日もよろしくキャプテン!

  

今日も頼みますタカシ!

  

地元横浜出身と紹介されたタク

  

今日もノボルの「俺様化」あるか!?

  

アウェイ大阪GAME1で負傷した龍斗に代わってスターターが回って来た多田君。守備にも期待!

  

今日のレフェリーは(現状判定基準がB界で最も厳しいと思われる)加藤さん。アジャストしてがんばってニカ!

  

秋田のインサイドはやはりジャスティン!

  

KCも厳しめの審判に割とファウル取られがちなんですよね、イライラしないでたのむよKC!

  

やはりこの方の存在感はとても大きい、特に相手キーマンのマークが冴えているよろしくフルさん!

  
 
以上12選手とこのお2人でお送りします、西野君ももっとプレー観たいなあ

  

加藤レフェリーは基準が絶対にぶれないという点では信頼していますがとにかく厳しい、厳しいんですよね細かなところまで…(ダンクが長いと即テクニカルとかさ)

  

  

【秋田】試合前時点東地区5位(16勝20敗)
 #16タカシ,#22タケ,#40ジャスティン,#43KC,#51フル

  

【横浜】試合前時点中地区5位(9勝27敗)
  #00サザランド,#2橋本,#7ベクトン,#10アキ・チェンバース,#46生原

個人的に警戒しているのはベクトン、アキ、生原の3選手。この3人に好きなようにやられてしまったらまずい。それとHC交代が戦術にどう影響しているのか。

​​
​​​ 

Tip Off!


  

がんばれタケシ!エリート海賊に負けるな!

  

この日1本目のスリー!

  

アキ選手を押さえ込んだのはやはりフルさんでした(ΦωΦ)フフフ…
最近の試合は「誰と誰をマッチアップさせるか、試合中に組み合わせが変わるか」を面白く観ています

  

今季は選手の方から顕蔵HCに確認に行く場面がよく目につく

  

昨日のハマはいつもにも増して冴えていた、攻守ともに頼りになったなあ~

  

序盤から相手ビッグマンには必ずダブルチーム

  

ツイストしまーす

  

開始直後~前半はこちらのPGにベタつきの守備でも嫌がらせていた橋本選手、彼も乗せると嫌な選手

  

前半は13-20、19-14で計32-34。
1Qから2Q頭にかけて多めのリードを奪えたのはこちらが良かったというより相手のミスが多かったためで、前半終わりのこのスコアが妥当な印象。双方判定に苦心しており、どちらが先にアジャストできるか。ハーフタイム、秋田の選手たちが出て来るのがかなり遅かったのは後半の戦術を丹念に話していたから??と期待。

次節はどちらか一戦でもベンチ入り&出場あるといいね

  

1月は欠場が多かったジャスティン、やはりこの人がいると安心

  

昨日のハマはなんとフィールドゴール成功率100%で10得点!やはりしんどい時にはハマとタクだと思った試合でした

  

こういう時フルさんが何話してるのかすごく気になる

  

盛り上がっているのはベクトン選手が5ファウルで退場したためで、25-24と接戦だった3Q終わり頃から狙ってたと思う(明らかに4Q頭でディフェンス強度を上げてスティール&速攻を重ね、相手ファウルを誘う場面が続いた&うまーく引っ掛かってくれた)

  

昨日はニカも良かった。高確率のフィールドゴールに加え、苦手のフリースローも7/12で計21得点。得点面でも貢献してくれました

  

いいシュート決めた直後にファウル取られましたのマーシー

  

なんとなく大浦くんとタクって似てますよね顔だけでなく独特なプレースタイルの感じも

  

赤穂姉妹の弟(ひまわり選手の双子の弟)、赤穂雷太選手。先日のデビュー戦でも堂々とした得点ぶりでしたが、やはり昨日も臆せず打ってくる。オフェンスに自信があるんだなと感じました。守備やその他の部分はまだまだのようですが、いずれ怖い存在になるんだろうな

  

なんとなく撮りました

  

この日最後の得点はノボル。新戦力大浦くんも加わり、PGもいろんなタイプが揃ってきましたね

  

  

試合終了。
ベクトン選手退場後は相手が大きく崩れたため、こちらは好きなようにやらせてもらえたものの、そうでなければ最後までわからない試合だった可能性は少なくありません。疲労の影響もあってでしょうが、余分なファウルもかなり多かった。
その中でもやはり頼もしく思ったのは、どんな局面でも変わらず戦術遂行してくれる(劣勢でもプレーレベルが全く変わらず、勝っていても浮足立たずに落ち着いてきっちり時間を使い切ってくれる)タクとハマ。若手~中堅選手の成長も著しく、移籍組が果たしてくれる役割や影響も大きいですが、やはり今の秋田の柱はこの2人です。集中力やメンタルコントロールの面でも非常に頼りになる。

大阪⇒横浜⇒秋田と移動だけでも大変な過密日程で、コンディションを保つのも大変。シーズン後半踏ん張りどころ、がんばって!!

  

多田君・西野君の特別指定加入時も「秋田にこのレベルの選手が来てくれるようになったんだな」と思いましたが、今川君をレンタルに出してまで大浦君を入団させ、更に加入後即使って来たことには驚きました。しかも全く臆していない。この試合ではさすがに多田君・大浦君とも疲労や判定への苦心が見て取れましたが、それにしても今後が楽しみな限りです。

今季は他チームも全体的に大学生選手の活躍が目覚ましく、Bリーグや日本バスケ界全体が変わりつつあることを感じます。秋田も遅れを取らずに底上げをはかって行きたい。次節ホーム琉球戦、更に勝ち点を積み上げられるか!

  

現地参戦、次回はアウェイ三遠。久しぶりに三遠のみなさんに会えるのも楽しみです!
​​​






Last updated  2020.02.13 11:31:56


2020.01.26
長岡へ行ってきました。17-18シーズン以来、2年ちょっとぶりです。

  

1月下旬の真冬とは思えぬ、雪の全くない長岡。動きやすくてよかった。

  

本日のカードはコチラ。秋田の応援で長岡に来るのは初めて(前2回は三遠でした)。

  

会場前になんかもふもふしたのいる!と思って走って行ったらテレビ新潟のマスコットさんでした。「てっと君」だそう。かわいい。

  

新潟と言えばお楽しみはこれ!「風味爽快ニシテ(600円)」、これ美味しいんですよねえ。新潟はこのように会場前に飲食スペースがあるため、寒くない時期はここで飲食を楽しむ方が多く、目の前のセブンで缶ビールを買う方も多いようですがまずは生です生ビール

  

さて、首都圏からも行きやすく、美味しい食べ物も多くて街としては好きな長岡が何故こんなに久々だったかと言いますと、新潟って一人で来るのが比較的厳しいアウェイ会場のひとつだから。と言うのも(決してけなしている訳ではない)ホームのみなさんのブーストが非常に熱く、その圧力に気圧される感がかなり…特にチームが不調だとなかなか行く気力が…。今回は秋田戦で来るのが初&ダンナさんと日程を合わせられたので楽しみにしてきました。

試合前の順位表はこちら。


  
昨季は地区優勝した新潟、今季は苦戦しています。要因の一つが主力中の主力だったガードナー選手が移籍したことと思いますが、昨季出場できなかった今村選手が戻り、日本人選手の質は悪くない。それに秋田はなんとか連敗からは脱出できたものの、依然主力が全員試合に出られる状態ではなく、今節はマーシーが内腹斜筋肉離れで欠場。厳しい状況です。

でもでも久々にアルードくんにも会えたし、
  

こんなに嬉しそうかつ無防備なハマの顔を見られるなんてすごい、柏木パイセンすごいなあ

  

ルーキーの頃から知ってる先輩だもんねえ



我々にはクールなとこしか見せてくれないタカシもこの表情、ほんと柏木力すごいきらきらきらきら

  

そして新潟と言えばこの美白キラキラ系39歳五十嵐選手な訳です。折茂さんが引退したら最年長日本人(帰化選手除く)は彼になるのでは。という意味でもすごい

  

という訳で試合です。2試合観るといろんなことを感じますね。

  

個人的に警戒している選手は上述の今村・柏木・五十嵐選手に加えて加入したばかりのこの選手。日本に慣れている選手なので、加入したばかりでもすぐ活躍されそう。

  

アルードくん2年会わない間にキャラ変わったね



タクはこのタイミングで龍斗に何を言ったのだろう

  

  

さあさあTip Off!どちらもメンバーは超ガチンコです。
【新潟】#0エグゼビア・ギブソン,#3柏木,#7五十嵐,#30今村,#33ニック・パーキンズ
秋田#9ハマ,#16タカシ,#32ハビ,#43KC,#51古川

  

新潟戦はマッチアップの組み合わせに着目しています。というのも庄司HCはそこをこだわってくるタイプの監督なので、予め相手を想定して戦術を組んでいるはず。今節は今村選手を誰が止めるかがポイントのひとつだと思っていました。だとすればハマだ!自由にさせるな!

  

同様に決して良い気分でプレーさせてはいけないのが五十嵐選手。彼を乗せると手が付けられなくなるので(すごいなあ39歳ですよ)ここもポイントのひとつです。

  

そして守備面で最も期待&重責がかかるのが野本のところ。こんな重量級の選手が全力で来るのを比較的細い身体で止めている、すごいなあのもと!がんばれ俺たちののもと!!

  

それと今節出場を期待していた、特別指定の#22多田選手。コートネームは「タケ」。関東一部リーグ得点王で、3P王は3年連続取っているピュアシューターのようですが、入りから腰を落としたいい守備をしてるなあと思いました

  

それに打てるタイミングがあれば迷わずすぐに打つ!リリースの速いタイプのようで

  

しかもネットを通ってまっすぐ落ちて来るこの高めの軌道、美しい・・・きらきらきらきらきらきら

  

新潟県出身(きっとご家族とか友達とかいっぱい観に来てたんだろう)多田武史選手22歳、おめでとうB初得点しかも得意のスリー!やりました!!

  

さてこの試合、最初はややリードされて入った感じではあったのですが、徐々にペースは秋田に傾きかけていました。というのもこういう感じで、最近なかなか取れなかったスティールが取れ始めたので攻撃が良いペースでできるようになって行ったからです。

  

タケ2本目!

  

やはり美しい・・・

  

一方リング下の争いは熱さを極めております炎炎炎

  

いやあ特別指定とは思えぬ落ち着き&活躍、いいですねえ多田君。ただシュートが得意だから獲得に行った訳ではないんだな、守備力も買ってのことだったんだなと今節2試合観て納得

   

タケに負けじと(彼の加入により一番の若手ではなくなった)今川君も投入され、ノボルのナイスパスからの得点!

  

うれしそう

  

  

でもですね、この試合観ていて一番面白かったのはここです。ノボル&五十嵐選手のマッチアップ!

  

マーシー欠場で正直ちょっと心配してたんですが負けていない!

  

それどころかのもとがうまくヘルプに入って

  

奪った!!!

  

前半終わりを前に、どうやらノボルに【俺様モード】が発動した模様(ΦωΦ)フフフ…

  

ハーフタイム。てっと君けっこう踊れるできる子でした

  

安定のハマの上ペロ。これが出るのは「安心感があり、落ち着いて集中できている時」と解釈しています

  

前半スタッツ。気になるのは、成功率はともかく新潟のシュート数の方が秋田よりも多いこと。とにかく「打って終わる」が徹底されているので、これが決まって来る内容になるとまずいということです

  

ハマらしいシュート。これを決められる体幹と、怪我せず着地できるバネってすごいと思います

  

3Qは得点こそ伸びませんでしたが秋田らしいスティール&ランがたくさん。

  

一旦今村選手をかわしての余裕のシュート、落ち着いていたニカ。今節外国人選手は判定にかなり苦しめられたけど、GAME1ではニカもハビも良かった。特にハビのスリーが「打てば決まる」くらいだったなあ

  



【俺様】発動中

  

発動中

  

ほら特指のタケまでスティール狙ってますよ15歳も上の押しも押されぬベテラン相手に

  

やりました(ΦωΦ)フフフ…

  

高額席の空席も両日割と目立ちました。戦績のためなのか、或いは新潟で秋田人気ないのかな…

  

タクらしいシュート。ほぼ独走からでした

  

そしてのもとががんばって取ったこのファウルに

  

ナチュラルに沸く若手たち上向き矢印上向き矢印上向き矢印

  

そしてそして

  

ここで得たファウルに

  

この日最強の【俺様発動中】

  

いやあ良かったですねこの試合のノボル。本来俺様発動型なんだなとよくわかりました、彼は少し調子に乗らせるくらいの方がいいのかも。

という訳でGAME1はこのままなんとか逃げ切って(終盤フリースローで追い上げられて危なかったけど)会心の勝利。会心の笑みを見せる顕蔵HC(ΦωΦ)フフフ…

  

  

データから言ってもこれはすごい勝ち方です。これだけのスティール数が出る試合ってなかなか見ない。逆に言えば相手は「コケにされた」と思っている、しかもベテラン主力の2人なので明日が怖いことは間違いありません。

  

やはり俺様ノボルはすごかった!貢献度がこんなに出てるなんて初めてでは?

  

そして気になるのはこの試合開始ちょっとしか出なかった古川さん。試合中にやっちゃったかな…

  

でもですね、相手は#34ハミルトン選手、こちらはジャスティンの立派な体格の外国籍選手をGAME1で使っていないので、GAME2はこの2人が加わってリング下がまた違う感じになるのでは?と思っていたんですよ。庄司HCのことだからGAME1は様子を見たのかなと。

でも違った下向き矢印下向き矢印下向き矢印

  

全く同じ登録選手、同じスターターで行われたGAME2。
開始直後から「守備がうまく行っていない」と感じましたが相手の強度について行けず、2Qの時点で目も当てられない状況。今年最初に行った試合は約10日前のアウェイ千葉で、あまりのミスの多さに目の前で観ているのがつらいくらいの内容でしたが(以後10日間ほぼ白目をむいて暮らしていたと言っても過言ではない)それを思い出してしまった。同じメンバー同士で対戦してもどうしてこんな風に違いが出てしまうのでしょうか。そこがバスケットの面白いところでもあるんですけどね。潮目の読み合いになる相手との対戦は特にそうなりがちです。宇都宮とか新潟とかはそういうイメージだなあ。

試合写真は良いのがないのでそれ以外を。

  

かわいいですねえ

  

同じことを先輩同士がやるとこんな風になるのにね

  

  

  

昨日は思うほど活躍できなかった龍斗に特に期待してる!

  

  

最初から「昨日とは違うぞ」感満々だった五十嵐選手

  

2Qあまりにつらいのでお手洗いに行って戻ったらダンナさんが「顕蔵がごしゃいだ(秋田弁で「怒った」)とこ」と言ったTO。そりゃそうだ、気持ちで負け過ぎていた

  

自分が出られない分同じシューターの龍斗に特にケアしているようだった古川さん、なんと我々のお隣で観てたおじいちゃんは彼の親戚の方だった

  

後半、「俺が見せなきゃ」とばかりに気合を入れ直してくれたタカシかっこよかった上向き矢印上向き矢印上向き矢印

  

  

  

それと、千葉戦からの復帰ですごくうれしそうにしていたタクもこういう時にいいプレーを見せてくれる選手の一人、というかやっぱり今は俺たちの一番だと思います

  

タクが何よりすごいのは、ボールに対する、勝利や得点に対する執着が誰よりも強いこと。それをナチュラルにやっているのが本当にすごいと思う

  

ほら絶対あきらめない

  

そしてこの試合、最後のスリーを再び決めたタケ。もはや君は主力の一員だ、このまま秋田に加入して!!プレースタイル合っていると思います

  

それにしても不思議だったのは、前日あんなに積極的に打っていたハビがGAME2では打てるタイミングでも打たなくなり、そこでややリズムが狂ったように感じられたこと。同じ相手でも見え方が違った(守られ方が違った)のか、それとも本人のシュートタッチなのか。同様に、どうもチーム全体でプレーが消極的になってしまった理由が何なのか。バスケットって繊細な競技ですね…。

という訳で、今節終わっての順位表はこちら。
もう今日夜に次の試合があります。秋田はホームで北海道との対戦。同地区なので絶対に負けられません。厳しい日程だなあ…

  

そんなこんなで一勝一敗のやや残念な結果ではありましたが長岡楽しかった。美味しいものもいろいろ食べて、そちらは主にインスタに上げてあります。また行きたいなあ長岡。そしてあまりの白目さ加減に上げていなかった千葉の写真も気が向いたらちょっと上げてみようかな…

  

次の秋田の生観戦は来週末のアウェイ大阪です。かなりの難敵、高得点型の相手はどうしても苦戦することになるため不安もありますが楽しみ!






Last updated  2020.01.30 01:27:15
2019.12.25
​​​​​​​​​​​​​​​クリスマス当日クリスマスツリーのBリーグ。

  

場内にはクリスマスツリーや

  

このようなボードが飾られ(かわいい(´∀`*))

  

マスコットや会場MCさんはじめサンタ帽をかぶった方が大勢。チームカラーが赤だとそうなりやすいですよね。

  

というわけでアリーナ立川立飛。遠いです。横浜から1時間半はかかります。せめて最寄駅が立川ならいいのに・・・けどアルバルク戦なら来ない訳には行かない、何故なら試合が面白くなるからです。

  

飲食売店でおまけがある等のサービスもありましたが、こういう「この日だけ」の選手動画はいいですよね上向き矢印

  

  

大貴くん安定の真顔

  

最後なんとか笑わされる

  

ハッピーなクリスマスになるのはどっちか!

  

​※以下の会話はすべて私の個人的偏見によるフィクションです※​

​顕蔵HC「ねえねえ今日ちょっと最後手加減してみてくれない?(秋田がアルバルクに大敗する試合は大概第4Qで彼に無双されるので)」​
誓哉「いやーそれやるとルカ(HC)に本気で怒られちゃうんで」

  

古川「おいわかってるよな」
誓哉「ええ~・・・」

  

加藤審判にご挨拶

  

ルーク「どうかひとつなにとぞ」
加藤R「こちらこそ」

  

ルカHC「・・・炎炎炎炎炎

  

各地で渦巻く権謀術数(ΦωΦ)フフフ…アルバルク戦っぽいぞ!

というのも私は個人的にアルバルクのルカHCはハピネッツ(の持ち味であるフルコートでのハードなディフェンス、全力プレイ)が大好きだと思っています。試合後のHCコメントを読んでも、試合中の様子を見てもそれはわかる。故にアルバルク秋田戦は毎回盛り上がり、普通に戦っても強いアルバルクがよその試合とはちょっと違った顔を見せて来るので毎回とても楽しみ。たとえ負けても「試合は面白かった」との感想になることが多いので、都合がつく限りアルバルク戦は優先して観に行くのですルークかわいいし!

というわけで早速試合周りに。​​​​​​​
【秋田】前節終了時12勝10敗東地区5位
  #7野本,#16伊藤,#40ジャスティン,#43KC,#50古川

前々節アウェイ宇都宮はぼろ負けに等しい完敗(現地行ってたけど気持ちが萎えすぎて試合記事書けてません。宇都宮はいつも「力負け」という感じに上から抑えつけてくるので負けると大体そういう気持ちに…)、前節アウェイ富山戦は元秋田所属ノリこと菅澤選手に大活躍されてGAME2を落としました。超主力のタクをアウェイ宇都宮戦での右手の負傷、ハマを肩の負傷で欠いている上にさらに!これまた得点源でも主力PGでもあるマーシーまでもが急性胃腸炎で欠場。非常~~~~に厳しい状況です。

​​A東】​​前節終了時18勝5敗東地区2位
​​​  #3誓哉,#13菊地,#15譲次,#24大貴,#53アレックスカーク

誰がスターターで出て来ても変わりないくらい強いアルバルクですが、一歩も引かない感じが漂う超主力メンバー。ルカHCの本気度が伝わります。おそろしいよルカ・・・

カメラさんもサンタ帽

  

へそ出し&バニーちゃんを思わせるしっぽ、スタイル丸わかりのぴったりとしたパンツ。セクシーですねえアルバルクチアさん。前から見ても後ろから見てもエロイぞ!

  

大貴くんのラスボス感漂う選手紹介でした

  

大貴選手と言えば試合前かなり近くで拝見したのですが、服の上からでもわかるものすごい背筋でした

  

この日の席はコートエンド指定の2列目。これが真横にある状況で、目の前で須田選手が座って汗拭いてる!ドリンク飲んでる!ガン見したいけどできない!!的状況でしたぐへへ

  

試合前のルークの陣太鼓

  

Tip Off!

  

アルバルク戦を間近で見たのは初めてではありませんが、おや?と思いました。

  

各ポジションのマンマークが非常にきつく、最初から全力で入るのはアルバルク戦の恒例ですが

  

  

守備のうまいタカシでさえ

  

開始早々に2ファウルをやってしまうくらいの激しさなのもアルバルク戦レギュラーと言えばそうなのですが

  

どうもアルバルクが攻めて来る際、ピック&ロールが2か所で行われ、それがクロスするように攻め込まれているような。なので秋田はそれを切る(やや想定外の)縦の動きをせざるを得ず、そのために最初にファウルがかさんだ感があります。

そういう普段とちょっと違うことしてくるのが​秋田戦におけるルカHCクオリティ(ΦωΦ)フフフ…​炎炎炎

  

のもと今日もがんばってる

  

これもアルバルク戦名物(一匹だけ熊がいる)

  

タク、ハマ、マーシーが欠けるとなるとこの2人に頑張ってもらうしかありません上向き矢印上向き矢印上向き矢印

  

今日も冴えてるKCのブロックきらきらきらきら

  

今季ノボルはどんどん成長してると思う

  

  

  

誓哉とマッチアップしても当たり負けしなくなったもんなあ

  

――という中ちょっと判定でもめておりますが(まあそこもアルバルク戦の恒例)

  

なんと!!この時間帯でルカHC、ベンチテクニカル×2で退席処分となってしまいました下向き矢印下向き矢印下向き矢印
残念だ・・・

  

対応を確認する龍斗、「今日は俺がやらなきゃ」感が漂っている

  

エロいですねえ~

  

  

ファウルを取られ、漫画みたいにわかりやすいリアクションのKC。日本に慣れましたねえ~

  



がんばれノボル!

  

龍斗もあの大貴選手のこのディフェンスに負けていない

  

  

  

こうしてがんばってつないだボールが最終的にこのスリーに!!

  

  

いい顔してる

  

ハーフタイム。この2人がいないのにアルバルク戦を戦えているのが昨季との大きな違いだと思うなあ~、本当によかった今季補強してもらえて(でも早く帰って来て(´;ω;`)ウッ…)

  

タクのこの日のシューズはクリスマス仕様かしらクリスマスツリー

  

前半スタッツ。

  

  

  

ファウル数は敢えて出してないのかな

  

後半は…まあこの後逆転負けしてしまうんですけども、やはりルカHCがいるかいないかで試合の面白さは半減なんだなと正直なところ感じました。後半のアルバルクは「さすが」と言う他ない、日頃のトレーニングと元々の実力がいかんなく発揮され、HCがいなくてもきっちりチームの戦い方を遂行して勝てるのがアルバルクだなと思う一方、「普通だなあ」ともついつい思ってしまう。それだけ秋田戦のルカHCは面白いんです。ルカだけ見ていても飽きないぞ!(※昨季そういうことがあった)

なので後半の写真は少なめ。このマークでも決められるさすがのジャスティン

  

絶対私より胸大きいなあ

  

この後すぐに逆転され、その後は追い付くこともままなりませんでした。後半は特に外国籍選手を波に乗せてしまった

  

後半はインサイドでの得点もきつくなる中、バスカン取ってくれました

  

​あんぎゃ~~~~~~~ (「・ω・)「ガオー

  

やはりインサイドはジャスティン。富山戦で温存させた甲斐があったね・・・(温存しないで出してればGAME2も勝てたんじゃないかと思ったりもしますが)

  

ニカも頑張ってくれてる、外国籍選手相手だと狙われて点を取らせてもらえないけどやれるところでちゃんとやってる

  

そしてこの日良かったのは、勝てない様相のスコアになっても最後の最後まで諦めて手を抜く選手がいなかったこと。

  

  

この試合、秋田の最後の得点が龍斗のスリーというあたりが象徴的だと思いました

  

試合終了。悔しそうな顔をしているのは「自分がもっとやっていれば」と思っているからだと思う。いいぞ!もっとやってくれ!

  

――という、龍斗やノボルの奮闘・活躍を見ることができたので、負けはしましたが行ってよかった。面白い試合でした(ルカHCにはいて欲しかったけど)。

  

この試合の結果を受けての順位表。レバンガがもうすぐ背中にいます。もっと勝ちたい!!!けど今日明日はホーム宇都宮戦です。1試合でもいい、勝ちたい・・・

 

そう。上述しましたが、12/11のアウェイ宇都宮戦と11/17のホーム滋賀戦GAME2は現地観戦していて写真もたっぷり撮ったものの、負けて悔しくて記事化できずに今日まで来てしまいました。内容はともかくいろいろ残しておきたい部分もあるので、年末年始にでも書ければ書こうかな。

 

次のBリーグ観戦は明日、久々に秋田でも三遠でもない試合を単純に楽しみに行きます。
​秋田戦は次は年明けのアウェイ千葉。勝ちたいな・・・炎炎炎​​






Last updated  2019.12.28 15:39:37
2019.10.11
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​みなさま、台風台風による影響はいかがでしたでしょうか。
幸い私の自宅は風雨とも避けやすい立地でほぼ影響ありませんでしたが、全国的に浸水被害がすごい…
という前日の横浜市からお届けします、4シーズンめのBリーグ。

  

関内駅徒歩5分程度の横浜文化体育館。来年9月の取り壊しが決まっており、ビーコルがここでホームゲームを行うのも残り数回になるのかな。

  

前節はアウェイだったビーコル、本日この試合がホーム開幕のため、会場にはたくさんのお花。

  

文体でBリーグを観るのは久々。天井に照明が映えてなかなかきれいですねきらきら

  

1階席の段差はだいたいこんな感じ。正直この3段分ぐらいの段差が列ごとに欲しい。

  

文体のアリーナグルメは国プ開催時と違うかも知れませんが、今節は3店舗の出店でした。
おなじみの「信濃」さんと横浜ビール、

  

いかにもアリーナグルメっぽい串メニューが豊富な「Nalu'cafe」さん、

  

それにおにぎり専門店の「CHAKAS」さん。

  

実店舗ではどれでも1つ税込み100円で販売しているようですが、アリーナでは2個入りパックが400円。「たらこマヨ&しらすおかか(400円)」を買ってみました。

  

思ったよりも大きくて、女性なら1個&ドリンクで軽食になるかも。「専門店の味」と言うより、自宅でお母さんが握ってくれたおにぎりに近い感じの味がします。

横浜ビールは「ヴァイツェン(700円)」を。私はだいたいアルトかヴァイツェンを飲みます。ヴァイツェンはバナナみたいなフルーティな香りが好き。

  

ごちそうさまでした!・・・けどビーコルと言えば「BEEFMAN」さんの焼肉弁当と「ESSEN」さんのパンが自分的定番だったので、なくてちょっと寂しい。国プだとあるのか、それとも今季撤退しちゃったのかなあ。気になるところです。

今節はアウェイクラブのグッズ販売もあったのでさっそく購入。1/10スケール定規(各選手あり、1,500円)」と中身が見えないユニフォーム型ミニクッション(1個300円)。

  

そう、今節は秋田戦。わがハピネッツにとってビーコルはbj時代からの盟友であり、ライバルでもあり、​しかもどうも苦手​なんですよね…。大事な試合に限って勝てない、しかし勝ちたい!

なお飲食ブースもグッズ売店も「Paypay」決済が可能。Yahooプレミアム会員はポイント還元があるため、すべてpaypayで支払いました。スキャンで読み取って金額を入れる形式。

今日はここからの観戦。ビーコル的「スイート」、いわゆる「コートエンド」「コートサイド」最前列が一般販売開始時完売だったため、その後ろの「アウェイキャビン」1列目。リング寄りはカメラエリアのため前にスイート席がなく、視界は実に快適でした。

  ​​
  

今季ビーコル秋田へ移籍の細谷選手。さっそく旧交あたため中。場内でも「マーシー!」と声をかけるビーコルブースターさん多数。もちろん秋田でも早速人気出てますよ(ΦωΦ)フフフ…

  

こちらは渋谷仲間、いずれも今季移籍のアキ選手(千葉ビーコル)と伊藤選手(渋谷秋田)。かなり長々とおしゃべりしていた、仲良しなんですね。

  

記者席&関係者席がここに配置されてるの観やすくていいですよね。ちょっとうらやましい。

  

ホーム開幕ということで、試合前のイベントも多め。男声合唱団のおじさま方楽しそうでよかった

  

でもやっぱり!ビーコルのホームと言えばこの方がいないと物足りないEyes'さんのライブ。今回は横浜市歌と

  

おなじみ「We are B-CORSAIRS」の2019-20 ver。bjの頃からずっと観て来てるので毎年楽しみなんですよねえ。(と横浜市民的に言ってみる)

  

ではでは試合です。

【秋田】前節大阪戦〇●
  #6細谷,#17中山,#40ジャスティン・キーナン,#43カディーム・コールビー,#51古川 

台風の影響で翌日のGAME2は中止が決定。一発勝負と考えてのスターターと思われますが、個人的にはPGは伊藤、勝負どころで細谷投入の方がよかったような気が…。結果論ではあるんですけども。

  

【横浜】前節アウェイ北海道●●
​​​​​​​​​​  #2橋本,#7レジナルド・ベクトン,#10アキ・チェンバース,#21田渡,#42ジェイソン・ウォッシュバーン​

  

赤字が新加入。アキ選手はもともといい選手ですがビーコルでこういう使われ方をするなら今季はより期待できそう。それとベクトン選手、身長は206cmと極端に大きいわけではないのに腕が長い&ジャンプ力があってブロックやリバウンドで秋田はかなり苦戦。#7・#42が同時に出ている時はあまりやりたいことをやらせてもらえなかった印象です。

  

現在世の中的に最も注目されているBリーガーは彼かも知れません。今季キャプテンを務める田渡凌選手。今季は彼中心で行くんですね。テラスハウス入居、個人的には賛成というか、彼らしいなという感想。彼なりにいろいろな考えを持ってのことでは?と期待しています。

  

北海道から加入の牧選手もビーコルのスタイルの方が合っているかも。人気出そうですねえ

  

昨季で引退した山田元選手。今季からは強化・チーム編成やアシスタントコーチとして関わるそうです。引退してちょっと太った?

  

仲良しなのかなあ。顕蔵HCお知り合い多いんですよね。いろんなチームに仲良しさんがいる印象

  

開幕ということで林市長ご来場。佐竹秋田県知事の話題にも触れてくれました

  

それではいよいよ・・・

  

  

Tip Off!

  

試合は、前半から「やりづらいなあ」という感じを受けていました。序盤は秋田もまあまあいいシュートを決められる場面もあったのですが、それよりも

こういうのとか

  

こういうのとか、相手の方に好調さが見えてしまっていたんですよね。

  

まあでも一発勝負なので3枚替えとか多用できてしまう訳ですが

  

こういうハマらしいシュートなんかも炸裂するものの、どうもチームを勢いづけるリズムにさせてもらえません。

  
安定のB-Roseさんと

  

安定の・・・

  

そう、冒頭にも載せたビーコルのマスコット・コルス君。Bリーグが開幕してからというもの、ホームゲームに行ってもいないし出て来ても大して…(以下自粛)な、ドット画のようなお顔同様些か消極的な活動が印象付けられていたのですが、会場MCさんいわく​​「今季のコルス君は違います。はっきりとは言えませんがはっきり違います」​​ということだそうで、たしかに

  

おっ即反応した!コルス君ってこういう反射神経じゃなかった印象なので、これは確かに違う。

  

コルス君、bj時代から紆余曲折がありました。ビーコルには横浜銀蝿さんの「アイラブ横浜」に合わせて踊るツイストダンスがあるのですが、これを軽やかに踊れたコルス君時代もあったんです。

この日現在の模様↓

  

・・・が、がんばれ!

第1Q終わりはターンオーバーからの連続得点といい時間帯もあったのですが、どうも波に乗れない秋田。

マーシーはこのサインを出していることが多かった

  
右側の関係者席の30代くらいの酔っ払った男性グループが「マサシ!マサシ出せ!」ってずーーーーーっと言っててうるさかった、お友達なのかスポンサー様とかなのか

それと気になったのが#22、新加入の秋山選手。昨季は金沢武士団にいたそうで初めて観たのですが、地味に(ごめん)いい活躍をしているんですよ。オールラウンドに何でもできるタイプなのかなあ。

  

なので、31-37と6点リードで折り返したとは言え、全然「このまま行ける」感はなかったんです。

セクシーなハーフタイムパフォーマンス。今季のB-Roseさんはちょっと大人っぽいですね

  

  

後半開始直前、古川選手の肩を借りてストレッチしようとするアキ選手。ここも仲良しっぽい。

  

わざと肩カックンする古川選手(ΦωΦ)フフフ…

  

話題沸騰の「テラスハウス」。今日絶対ロケあるだろうと思ったらやはり!2階席の端っこにやたら21番着てる人が固まってる、と思ったら…

  

というわけで後半ですが、リング下の争いはますます激化してハピネッツはなかなか中に入れてもらえず

  

ビーコルガード陣も活躍。凌選手のこのシュートも鮮やかに決まり、このQだけで11点のリードを奪われてしまいます。このQで完全に相手を調子に乗せた自分たちでリズムを崩した印象

  

大盛り上がりのテラハさん方(ここ絶対放送で使われそう~

  

がんばれタク

  

がんばれタカシ

  

この日は周りを気にしている様子が目についたキャプテンハマ。確かに特に後半インサイド陣、特に外国籍選手&ニカが我慢しきれない場面が目についてはいたんですよね

  

がんばれマーシー

  

いいぞーのもと

  

すごいぞKC

  

きゃーかっこいいー​ (○ ˃̶̀ロ˂̶́)੭◌ु⁾⁾※今季私は伊藤選手をイチ推しています

  

リング下の争いは終盤どんどん激化して行くのですが

  

これもよく撮れた1枚

  

  

ビーコルの強度が終盤にかけてますます上がって行ったのは、この選手の精神面での貢献も大きかったかも知れない。観客席を何度も煽るJ-ウォッシュ

  

終了時も最初にプレーを止めてこの笑顔きらきらきらきら

  

まけました・・・。後半のスタッツから言っても、プレー内容から言っても相応の結果。ビーコルは出ていた選手の殆どが良かったと思った。ホーム開幕に相応しい素晴らしいパフォーマンスでした。

  

一方、秋田で気になったのは上述のマネジメントと「誰で(どこで)点を取るのか」的な決め事が曖昧に見えモヤッとしていること。メリハリがつかず劣勢時に巻き返せない。中も外も中途半端でミドル気味に打たされている場面もあって、全体的にチームができあがっていない印象を受けます。開幕3試合めとは言え今からチームを作っていく余裕はありません。今季は本当に期待しているので、出て来た課題を早期にクリアして欲しい。顕蔵さんも選手のみんなもがんばって!!

  

という訳で、次回B観戦は今週末のアウェイ琉球。B1会場で琉球だけは未訪で、チャンスを伺っていたのでとても楽しみ!上向き矢印上向き矢印上向き矢印

今日は本来昨日(12日)から今日(13日)に延期になったJリーグの試合のはずでしたが台風の影響で中止に。今回の台風は本当にすごかった。自然や地理について考え直すきっかけになりそうです。現在影響が出ている各地の皆さんはもちろん、避難や後片付け中の方も「いのちだいじに」で、諸々お気を付けください。​​​​​​​​






Last updated  2019.10.13 11:54:26
2019.02.02
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​そんなわけでB1第23節ビーコルVS三遠、主にGAME2についてですが

  

試合の前に、アリーナグルメについても少々触れておきましょう。
ビーコルの平塚開催を国プ開催と比べてみると、「1店舗少ない」感じ。それは「エッセン」さんのパンが出ていないから。その他のラインナップは今季はほぼプールと同じのようです。

ビーコルグルメで欠かせないのは「横浜ブルワリー」さんのクラフトビールビール各種!来るたび変わる季節限定のフルーツ系もいいですが、定番がどれも美味しいのがやはり最大の魅力。いつもどれを飲もうか店頭で悩んでしまいます。

  

GAME1ではフルーティでホワイトビールっぽい飲み口の「ヴァイツェン(650円)」

  

GAME2では苦みのきいた「ペールエール(650円)」を飲みました。どちらも好き(○´∀`)ノ音符

  

GAME2は車で来たため、ダンナさんにはビールを我慢してもらう代わりにちょっと贅沢なお弁当を。ビーコルと言えばおなじみ「BEEFMAN」さん「特凌ハラミ弁当(2,000円)」。「特上」ならぬ「特​凌​」、敵を喰らう!的なやつです(ΦωΦ)フフフ…

  

お弁当は購入後にレンジで2分加熱。凌くんの他にもハンターコート選手にちなんだ牛タン弁当もあるみたいだしタコライスも美味しそう、やっぱりBEEFMANさんいいですねえ上向き矢印どれを食べても美味しい。

  

別がけのたれも美味しい、それにやっぱり​ハラミ美味しーい(ノ*゚▽゚)ノ゙​手書きハート手書きハート手書きハート

  

柔らかいしお肉自体の味がとっても美味しい。2,000円は伊達ではありません。ごちそうさまでした。

というわけで前回の続き、試合周りに入ります。前日のGAME1はこのスコアでした。

  

結果的に3Qの点差が勝敗を分けたものの、三遠がペースを握って確実に勝った試合ではありません。ミスも目立ったし、不気味なのはGAME1ではなぜか沈黙気味だった細谷選手(DFではいい場面を作られましたが、得点やアシストでは目立っていない)。GAME2きっと活躍されちゃうよ(((;゚Д゚)))

…なーんて思ってしまうのはこれまで実際に”やられた”記憶が濃いからで、負けた試合は大概彼が活躍しています。それもスタッツというより「印象」が濃い。そうしたことをまたも痛感させられたGAME2、スコアはこちら。​やられたよまたしても(´;ω;`)ウッ…​

  

【三遠】GAME1終了時17勝20敗中地区5位
  #1チルドレス,#5川嶋,#15鈴木,#45マクドナルド,#73田渡

前日同様でした。

  

前回載せなかったやつを。定番、あっちゃんが「どすん!」ってやった時のチルとゾノ。ゾノかわいいなあ(○´∀`)ノ

  

…というシーンをGAME2では正面からとらえてみました、やっぱりゾノかわいいねえ(○´∀`)ノ

  

こういう時のウィルの包容力もいいですよね。試合前もウィルに声をかけるビーコルブースターさんが何人も

  

【ビーコル】GAME1終了時9勝28敗中地区6位
  #1川村,#21田渡,#25竹田,#32モリス,#33スティーブンソン

こちらも前日と一緒のスターター。怪我人が多いそうで、台所事情は苦しいのでしょうがそれでも!40歳竹田選手のあのスタミナと守備力はすごい、32歳川村選手だってかなりの運動量ですよね…

  

さあさあTip Off!

  

この試合はいつもと違う見方をしたため写真では伝えづらく、文字数多めになりそうです。読みづらかったらごめんなさいー ( *・ω・)*_ _))ペコリン

というのは前日に続きビーコルのDFに着目したためで、競技経験がなく戦術に詳しくない私では到底目が追いつかず、経験者であるダンナさんの目を借りると見え方がずいぶん違いました。

開始直後から「あれ?」と思ったPGをトップに置く縦のフォーメーション。「1-3-1だね」と言われなるほどと思ったら次の守備時は2-3に変わり、更に別の形も…というのを追いかけ続けていたら試合を見失うのであまり形に気を取られないようにしたものの、そもそもビーコルがゾーンを多用する理由を考えると、以下2点が主なところではないかと。

・相手を混乱させ、より多くのターンオーバーを奪って自分たちの攻撃につなげるため
・マンツーマンでは守り切れない要素があるため

今シーズン当初、ウィスマンHCは試合後コメントでずぅぅぅぅっと守備のことを言い続けており、選手個々の守備スキルが十分ではないこともゾーン多用の一因かも。またウィスマンHCはもともとゾーンの活用に非常に長け、​JBL時代栃木を優勝させた際のDFが「アメーバゾーン」と呼ばれている​そう(名前からなんとなくイメージできますね)。ビーコルが目指す最終形もそれなのでしょう。つまり臨機応変に対応されるので、相手からするととてもとらえづらい。しかもボールマンには常に1人はボックス気味についているらしい。実際にやる側はもちろん、攻略する側にとってもかなり難しそう。

今回両日三遠が攻めあぐねた時間帯、ビーコルはその「形を変えるゾーン」と「ボールマンにつく」が機能していたように思います。それにしてもそういう指示(システムの変更含む)って誰がしているのかな、PG?それともベンチ??と思いながら見ていたところ、「やっぱりこれをやるのは難しいんだな」と頷けた場面が。

1)おや?凌選手思いっきりよそ見してる??(味方の左右の選手を意識していたからだと思う)

  



2)という隙をたっちゃんが見逃さず、すかさず勇人に出して注目を集め、さらに

  



3)コーナーでどフリーになったシューティへ!

  



4)カバーも追いついてない!(残念ながらこれは外れましたが、流れとしてなるほどと思った一例です)

  

残念ながらこのシュートは外れたものの、ゾーンってやる側にとっても難しいんだろうなと。マンツーよりも常に注意しなければならない範囲、角度が広いですもんね。

逆に攻め手にとってはフリーになりやすい(作りやすい)ところも。マンツーだとシュートを打つ際にDFがこんなに離れていることは滅多にないはず。

  

GAME1,2とも、ゾーンの守備に不慣れな選手が出ている時間帯はフリーを作りやすかった部分も実際あったと思います。シューティが連続でスリーを打った場面等は多分そう。

  

とは言え、どんな戦術を取ろうと、大きな実力差のないチーム同士の対戦では「精神的に優位に立った側」が勝ち。その分かれ道、多くの場合PGかエースの出来なんですよね…。今回は両チームともエースは十分に活躍したため、決め手はPGだったと思っています。この対戦、両チームの出場PGは以下の5人。

<ビーコル>細谷、田渡(凌)(ハンターコート選手は怪我なのかな、観たかった)
<三遠>鈴木、渡邊、寺園

中でも私が着目したのは「細谷選手と三遠各PGのマッチアップ」です。
まずは、三人の中では細谷選手との対戦に最も慣れていないゾノ。

  

少し翻弄された&気圧されたのか「やりにくそうだな」という印象を少々受けました。得点面では貢献してくれましたが、PGとしての働きは本人的にも物足りない感があったのでは。

  

  

それに比べると、ビーコル戦で毎回楽しみにしているたっちゃんとのマッチアップは双方譲らず見ごたえがありました。ふたりとも負けん気が強くて一歩も引かないし、​一瞬たりとも見逃せない緊迫感炎炎炎が漂います。​好きだなあこのマッチアップ(*゚∀゚*)ムッハー上向き矢印上向き矢印

  

  

  

  

​つまり「両方とも好き」​ってことなんですけどね​​​( ゚∀゚)きらきらきらきら
両者ともコート上の空気を変えることのできるPGだし、ゲームコントロールで迷うこともないので観ていて安心できる。「コート上の空気を変える」はPGに欠かせない能力だと思っています。あと「コート上で迷わない(少なくとも顔や態度には出さない)」も。

その意味で、個人的に現状物足りなさを感じているナベ。もともとゲームコントロールや守備より攻撃が得意なタイプなのだと思いますが、焦りが若干顔に出やすく、​今季の試合で「ボールを前に運べないまま24秒が過ぎてしまった(=相手PGとのマッチアップに負けたり、相手を攻略できず攻め手を見出せなかったり)」ことが何度かあり、PGがそれでは困るよщ(゚ロ゚щ)と思ってしまった。​

とは言え彼の長所は「愚直なまでに相手に食らいつく」なので、それで行けた前半は「いいんじゃない?」と思って観ていました。ゾノに比べてビーコルとの対戦経験も多いし、PGとして細谷選手とマッチアップした経験もあったんだろうなと。
​​​

  

前半終わってほぼ同点とは言え苦しい戦い。点差がつかなかったのはシューティのスリーが当たっていたことと両外国籍選手の粘りかな…。それと川村選手の得点が前半はまだ抑えられていました。

  

後半に入り引き続き三遠はチル・ウィルの気迫あふれるプレイで食らいつきますが、

  
ちなみにビーコルはこの試合、マンツーの時間帯で必ずと言っていいほど高嶋選手を使っていました。さすが守備職人(逆にゾーンの時間帯ではモリス選手が必須)

  

  

一方では川村選手にこのQだけで10得点を許すなど、攻撃面ではかなり思い通りのプレイをさせてしまいました。三遠も22点取ってはいますが、足りない分とビハインドはおそらく前日17得点を挙げたあっちゃんがケアされ、シュートを打てなくなっていた影響。そこも修正されましたね。
​​​​​​​​​​​​​​​
  

こうなってくるとお互い​1ポゼッションずつが本当に大事​で、それだけにPGにはシュートセレクションを慎重かつ確実に行って欲しいところですが、各選手の得意な形で打たせて確実に決めるビーコルに対し、三遠は大事な4Qでターンオーバーを3つやってしまいました。うち2つがナベ。1回めは川村選手に奪われ細谷選手に得点される形、2回めはリング下で細谷選手に手元を突かれ、

  

  

そのまま自陣リング下まで一気に走られて失点。おそらく何度もやってきた形なのでしょう、ビーコルは周りの選手の戻りも早かった。ナベはこういう「手元がお留守」のターンオーバー、被スティールも目立つ。きっとコーチからも何度も指摘されていると思うけどこの癖は本当に気を付けて欲しい、PGがこういうミスをしてはいけません。

そして3つめのターンオーバーも似たような形で、湊谷選手とモリス選手のすごい圧でシューティが打てなかったボールを細谷選手に奪われ

  

  

そのまま走られ決められてしまいます。こういうプレイ、味方がやるとすごく盛り上がりますよね。細谷選手ってこういうの得意だよなあ…。だから「やられた」印象が残る。しかも相手PGのミスを誘うのがうまい。この後たっちゃんもひとつやられた場面があり、この日の三遠はこうした「ちょっとずつのミスの積み上げ」で勝てなかった感じがします。

  

それでも最後1点差で終えたのは勇人のスリーがブザービーター気味に決まったからで、直後に私が見たこの後ろ姿は「打たせちゃったか…(でもファウルは防いだ)」という凌選手の若干複雑な背中。勇人はおそらくファウルさせて4点プレイを狙っていたと思いますが、残念。

  

以上、結果的に「三遠側の敗因(主にPG同士)」にクローズアップする内容になってしまいましたが、ビーコル戦って毎回スリリングで、着目すべきポイントが異なるので楽しみでもあります。今季はまだ対戦を残しているので、次回どういった内容になるか楽しみ。そして勝ちたい!ビーコルのゾーンの熟成にも引き続き着目したいところです。

それと、ゾノ&ナベに関して今回けっこう厳しめに書きましたが私は彼らにとてもとても期待しています。弱みがあるということは克服してより強くなれるということでもあり、今後の伸びが楽しみ。2選手ともとても真面目で応援したくなるキャラクターであることはよーくわかっていますから(ΦωΦ)フフフ…
​​​​​​​​​
様々な角度から見たVSビーコル平塚2DAYSは以上!引き続き今週末の平塚が楽しみです。

  
かつてはコルス君がツイスト踊ってた時期もあったんですよまた観たいなあ​​






Last updated  2019.02.06 13:59:02
2019.02.01
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​2月の三遠はアウェー平塚4DAYS。

  

この4DAYS参戦に際し、私はあるミッションを自らに課すことにしました。それは
「平塚の最適席種を見つける」m9っ`Д´)

…というのも、平塚開催ってほぼ毎年来てますが、自分にとっての最適席が未だ見つかっていない感じがしているのです。間近でがっつりプレーを観たい時にはもちろんコートサイド・エンド席が最適ですが、全体を俯瞰的に観たい時や両チームの戦術・印象を概観したい場合の最適解がどうもわからない…

というわけで、今回の平塚4DAYSは全て別の席種から観てみることにしました。
<VSビーコル>
2/1(金)2階ビジターベンチ裏付近最前列(ビーコル席種「アッパーデッキスターサイド指定席)
2/2(土)1階コートエンド席の後ろブロック前列(〃「アウェイキャビン指定席」)
<VS川崎>
2/9(土)1階コートエンド1列目(川崎席種「コートエンド一列目アウェー」)
2/10(日)2階ビジターベンチ向かい付近最前列(〃「2Fベンチ向かい側指定一般」)

ビーコル/川崎開催時では席の配置(席種)や席数、指定/自由の別がけっこう異なるため、その辺も併せて比較してみたいと思っています。

そんなわけでまずは1日め。本来私はどちらかと言えば「リング裏」からの視界が好みです。
が、平塚の2階に関しては天皇杯で来た際に「見え方が他会場同等エリアと比べて遠い」との印象を持ったため、今回は2階席メイン/バック両方の最前列を試してみることに。
​​​​​​​​
ちなみに「リング裏2階(最前列)」から見るとこんな感じの視界です。距離はそこそこ近いけどちょっと「高すぎる」感じなんですよね。

  

ベンチを見たついでに1階席ベンチ裏側についても触れておきましょう。ベンチ裏側はすべてパイプ椅子を置くタイプで段差少なめ。前列の方がかなり視界を妨げる席配置なので、私は好みではありません。

  

  

ベンチ向かい側(メイン側)はロールバック席(席種は「コンフォートスイート)となっていて、おととしはその席種に座りました(​⇒その際の模様はコチラ​)。最前列からの視界はまあまあでしたが同じ列の方が立ったり座ったり体重をかけたりする際振動がかなり伝わるため、気になると言えば気になる&2列目以降は段差がかなり足りないため視界は妨げられると思います。プールの1階席もそうなんですけどね(なので私は国プではほぼ1階コートエンドを選びます)。

  

というわけで今回の席ですが、ビジターベンチがとてもよく見えます(ノ*゚▽゚)ノ上向き矢印上向き矢印

  

ヘッドコーチの表情までばっちりですよ(ΦωΦ)フフフ…

  

それでいて全体の俯瞰もいい感じにできるし、ホーム側のベンチもけっこうよく見えます。

  

結論から言うと私はこの「ベンチ裏側2階席最前列」、全体を見る目的としてはかなり好きです。チケット価格もリーズナブルだし(指定席で前売2,200円)、試合もよく見えてストレスがない。来週川崎戦では逆サイドに座る予定ですが、たぶんベンチ裏側の方が好みじゃないかな…(ベンチを観察しやすいので)。それに2階席は1階席と比べて段差が十分あり、2列目以降でも比較的よく見えると思います。

そしてですね、翌日GAME2で座った「アウェイキャビン(コートエンド席後ろの指定席)」も私はわりと好きでした。コスパが高い席だと思います。

1階コートエンド側(リング裏)のビーコル開催時の席配置はこう。
コートエンド席は1列だけで、その大分後ろに「アウェイキャビン席(指定席)」が2列配置されています。私はここの「1列目リング寄りの端」を狙って確保したのですが、意図はこの2点。

・リング寄りの写真が撮りやすいのでは?(ビーコル開催時は前の「コートエンド席」の席数が少ないため、前の人が妨げになりにくいと予想。川崎開催時は異なります)
・選手の導線に近い

  

平塚のロッカールームはビジター側リングの後方にあるため、リング寄りにいると必然的に選手が通るんですよ。隣接している「男子更衣室」がホーム、「女子更衣室」がビジターです。

  

狙い通り╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

  

  

アウェイキャビンは前売3,200円とリーズナブル。この価格でこの視界はかなりいいと思いました。

但し、川崎主催の試合では席配置や席種が大きく異なるため、来週は全く違うことを書くかも。川崎はコートエンドの席数がかなり多いので、最適席が難しいんですよね…。川崎の本来のホーム、とどろき開催ではコートエンド後ろブロック席は個人的には大失敗(コートエンド席が視界の妨げとなり、試合がかなり見えづらい。​⇒先月座ったらこんなでした​)。もうあのエリアは買わないよ…(´・ω・`)

​​​​​​​​​​​​​​というあたりで、まずはGAME1です。

【三遠】前節終了時16勝20敗中地区5位
  #1チルドレス,#5川嶋,#15鈴木,#45マクドナルド,#73田渡

先週のアウェー名古屋戦から先発起用されている勇人。アクセントをつけたい時に最適な選手ですが、相手にペースを渡したくないスターターとしてももちろん頼りになります。最近は勇人”らしい”予測のつかないプレイが増え、より自由度(=HCからの信頼度?)が増している感じも。
  

そしてやっと来た!空いていた3人目の外国籍選手、セド。この日は試合前、ビーコルのコストナー選手とおしゃべりしていました。元チームメイトかな?

  

この日はベンチ後ろでの観戦でしたが、試合前儀式に呼ばれ

  

参加してみる(みんなうれしそう)

  

早くなじんでくれるといいなあ

  

【横浜】前節終了時9勝27敗中地区6位
  #1川村,#21田渡,#25竹田,#32エドワード・モリス(帰化),#33スティーブンソン

私が応援する三遠・秋田の両チームとも、以前からどうもビーコルを苦手としています。その理由が何なのか今ひとつつかめずに来ましたが、前節ビーコルは秋田戦だったので比較的集中して中継を観たところ、「秋田はビーコルのゾーンディフェンスが苦手かも知れない」疑惑。なので今節もビーコルのゾーンにちょっと着目してみよう、と思ったのですが…

  

ビーコルのホームゲームに欠かせないEyes'さん(髪型とメイクがずいぶん変わった!)のライブ。久々に正面から見ましたが、ラップ部分でB-ROSEメンバーがひとりずつ出て来て一緒に踊るのがかわいい

  

  

  

このオープニングも毎回たのしみ

  

そしてビーコルで警戒しなければならないのは常にこの2人なんですけども、

  

  

川村さんほんと藤田さん好きよね

  

特にGAME1で「やられた」という印象を持ったのが湊谷選手。この日三遠が最も苦しんだ第2Qで6得点、シュートの本数自体は多くないけれど高確率で決めて来る

  

それと秋田戦の時から「いやだなあ」と思って観ていたのがモリス選手。現状ビーコルの外国籍(じゃないけど)選手の中で最も粘る彼が日本人なんですよ、会場MCさんも選手紹介時に​「海賊日本人」​って呼んでるし…

  

Tip Off!

  

前半は全般「どっちもどっち」という感じで見ていました。
両方ともミスが目立つ、特に三遠のパスミスからのターンオーバーが多すぎ&シュート精度ももうちょっと…ではあったものの、前半では点差のない終わり方ができたので後半勝負かなあと。

ただ、特に苦しんだ第2Qの前半、気づけばやはり相手はゾーン。おそらくかんちゃんが投入されたのもゾーン対策でスリーを打たせて警戒させるためでもあったのでは?と思うのですが
​​​​
  

でも1本しか打たなかった。もっと打ってもよかったなあ、チャンスはあったと思う

  

それと相手は普段からゾーンを使い慣れているので、ゾーンを崩すための選択肢が読まれていると感じる場面が多かった。ここもそう。切り込んだシューティのかんちゃんへのパスが

  

  

細谷選手に読まれていた。ここで切られて走られて失点…的な流れが目につきましたね。

  

とは言え相手のシュート精度も川村選手以外そう高くはないため、前半終わりでは広げられた点差を詰めてハーフタイムへ。

2QのオフィシャルTOはゲストにベル爺ちゃん(通称です。本名「キングベル1世」、Jリーグ湘南ベルマーレのマスコット。海の神様です)登場。

  

この時間はコルス君の挑戦タイムとなっており、今回のお題はキックターゲット(コーンの間にボールを通せばOK)。まずはベル爺ちゃんがお手本を見せ、続いてはコルス君ですが

  

あ・・・(ボテボテ)

  

毎回失敗してしょんぼりするところまでがセットな気がしますこのコーナー

  

というわけで後半。このメンバーで始まります。

  

第3QもビーコルはほぼゾーンDFのままでしたが、フェニックスの取った作戦は、たっちゃん得意の速いペースでの攻め

  

  

勇人ならではのトリッキーで柔軟な動きの2点で相手を揺さぶること。

  

これで流れが三遠に来たため、前半は周りと合わずややイライラしていたチルものびのび本領を発揮し始め

  

得点を重ねながら同時に相手のファウルも誘うことに成功。

  

勇人っぽい

  

(ΦωΦ)フフフ…

  
撮れてないけど藤田HCもけっこうドヤ顔してたよ
 
たっちゃんだけでなくあっちゃんにまでこんな「走って決める」プレイが!!

  

いやあ最近のあっちゃんはほんとすごい

  

  

ビーコルはさすがにキーマン細谷を投入しますがペースは握らせない!

  

いやあ第3Qはちょっと出来過ぎかなという感じも

  

第3Q終わってこのスコア。

  

さすがに第4Qは点差を詰められる場面もありましたが、主力を適度に温存させつつリードを保持することに成功。この日のあっちゃんの17得点のうち後半に11得点、それも8得点が第4Qに集中していた

  

  

  

Bリーグ界広しと言えども倒れ掛かったついでにレフェリーに抱きつけちゃうのはこの人ぐらいではないかと思う(たしかこの試合中、同じように藤田HCも抱きつかれてた)

  

そんなわけで第4Q途中でほぼ「勝利は動かないな」と思ったため、終了後即退出してバス停へ向かいました。

  

とは言え苦手のビーコル&第2Qと第4Qの内容を振り返るにつけ翌日に不安がないでもなく、「勝てるかなあ、どうかなあ…」と思いつつ家路へついたのでした。GAME2に続く!

  ​​​​​​​​​​​​​​






Last updated  2019.02.04 17:57:17
2019.01.23
​​​​​​​​​​​​​​​​​2019年初の豊橋に来ました。
先週オールスターで全国にその身体&運動能力を見事アピールしたダンカー、平常運行電車

  

…かと思いきや、どうもいつもよりアリーのことが気になっている様子。当初はガールフレンドとして華々しく誕生、2人の関係性が取り沙汰された時期もありましたが(あの時期のアリーのキャラ設定の適当さはすごかった、毎試合性格変わってたw)、最近その辺放置なんですよね。バレンタインも近いしダンカー期待してるのかなあ。

  

本日は平日ナイター、今季初の三河戦です。平日なのでまだ来場者も少なく、選手たちも近い地域同士の対戦のせいか、心なしかいつもよりリラックスした表情。ダービーなんですけどね炎炎炎

ゾノはやはり大学年代の選手の顔見知りが多いですね。年末に特別指定で入団したばかりの#11熊谷選手とニコニコと談笑。

  

西川選手は…そうか代表活動で一緒だったのかな、とても嬉しそうにあっちゃんのところに来たので「おっ」と思いました。あっちゃんのところに来る選手ってそういう顔して来ることが多い。きらきら人徳きらきらですねえ(´∀`*)ウフフ

  

こちらはとても礼儀正しく「はじめまして」的ご挨拶。拓大を中退して三河に入団した岡田選手、弱冠二十歳(若いのでてっきり特別指定かと思ったら大学中退⇒正式入団だったんですね。Bリーグもそういう選手が現れる時代になって来たか…)。そうか彼から見たらノブってすごく先輩なんですよね。

  

こちらは京都っ子つながりの模様。いやあ実に初々しいですねえ岡田君。…けど私は油断していない、何故なら彼のBデビュー戦は11月の秋田戦だったからです(20数分出場して点もけっこう取られた)。20歳での「正式入団」は伊達ではありません。

  

バスケットの会場に来ると試合前に1杯だけビールかチューハイを飲むのが私のルーティン(適度にリラックスして試合に集中するため)。本日のおつまみはおなじみ「たまごと」さんで「本日限定」と書かれていた「名古屋コーチン焼き鳥(2本700円)」。

  

名古屋コーチンらしい弾力と肉汁を楽しめるもも焼きとつくね、どちらも美味しい。塩味なので鶏本来の美味しさがよくわかります。ボリュームたっぷり!また食べたいなあ。

  

ではではコート周りに。

【三河】前節終了時16勝16敗中地区4位
  #5バッツ,#12西川,#14金丸,#32桜木ジェイアール,#46生原

なんかかわいかったので練習中のこちらを採用。三河ってここ1~2年特に雰囲気いいように思う
若い選手が増えたからかなあ

  

同じ愛知県内だけあって、平日でも大勢ご来場の三河ブースターさん。この日の来場者数は今季の豊橋最多では?さすがダービー、ご来場ありがとうございました

  

【三遠】前節終了時13勝19敗中地区5位
  #1チルドレス,#8太田,#15鈴木,#45マクドナルド,#73田渡

​​  

チルのアフロがちょっと見ない間に大きくなってた

  

そう言えば豊橋駅にこんなスポットができたんですね、今回初めて見ました

  

さてさて本日のカゲトーーク!

三遠って三河にほぼ勝てていないんですよね。その中で​​昨季唯一、それもアウェーで勝った!試合を私は現地で観た(ΦωΦ)フフフ…​​あの​試合後鈴木HCのコメントが超上から目線​だった(まあそれだけ悔しかったのだとは思いますが、こちらを格下に見て油断したということですよね)ことをよく覚えています

  

ほほう・・・

  

という風に見ていたKJさん&加藤選手

  

まあそうですよねえ、今季特にすごいし

  

​​​という金丸さん、いたずらされても微動だにしません。泰然自若です。
バッツって人懐っこいんだろうなあ、ひえじともよく試合前遊んでましたよね

  

加藤さんは何にダメサインを出したのか

  

ゾノが背伸びなのがかわいい

  

  

  

Tip Off!

  

試合が始まって最初に「!?」と思ったのがこれ。三遠はどちらかと言えば守備的なチームですが、ここまでする守備って過去あまり見たことがない気が。とにかく金丸さんにシュートを打たせたくないんだな…と思ったのですが

  

これを鮮やかに抜いて

  

ほんとに一瞬の間で体勢を整え

  

リリースされてしまいます

  

「あざ笑うように」ってこういうことを言うんだな(꒪⌓꒪)…と思ってしまった、シューティがんばろう

  

でも思いました。

  

こんなに機敏に動く金丸さんを見たのも初めてかも知れない(もしかしたら強豪との試合ではいつもこうなのかも知れないけど)

  

  

  

やはり決められてしまいます、金丸さんって「タフショット」がないんですよね、リリース速いし打つ瞬間に誰か前に跳んでもほぼ気にしていない

  

それでも点差がつかずに推移しているのは、開始早々からあっちゃんのシュートタッチが非常に安定していて、客席から見ていてもリリース時に「これは入るな」と思うほどの精度だったこと

  

どうですかこのボールの綺麗な落ち方、それがわかるネットのかたち

  

そして1Q途中でシューティに代わって入ったノブ。​ラグビーか!?​と思うほどの低~いディフェンス、これはさすがに金丸さんも大分イヤ

  

微妙な駆け引き

  

…からも抜け出され、打たれてはしまうのですが

  

この「ノブがマッチアップしての最初のシュート」が外れたんですよね、それがよかった。
嫌な意識を植え付けることに成功したんじゃないのかな、と思います

  

どうやら三遠はシュートタッチのいい選手が多いみたい

  

  

やはりこのマッチアップは面白かった

  

1Qは22-24とハイスコアで終わり、24点中11得点を叩き出した金丸さんは2Qではほぼ打たずに温存。2Q、三遠でよかったのはゾノ。なんと打ったシュート全部を沈めるという高確率!このチルからのパスもしっかり決めてくれた

  

  

いやあやはり今日のあっちゃんはいいぞ!すごいぞ!!

  

こちらは岡田VS岡田のマッチアップ

  

しなやかですねえ

  

前半終わって40-45。1Qに比べやや差が開きましたがまだ追いつかない差ではありません。三遠が前半でこんなに点を取る試合は久々に見たし、前半がとてもあっという間でした

ハーフタイム中。加藤さんはノブに何を話しに行ったのかな、ディフェンスについてかなあ

  

後半、序盤はチル&あっちゃんの連続得点であれよあれよと追いつき逆転に成功した三遠でしたが

  

  

その後得点が止まり、金丸さんにファウルを続けて取らせてしまい再逆転、さらに点差が開いてしまいます。金丸さん、3Qで15得点。

その中でも10点差以上の差が一度も開かなかったのは、三遠のシュートも落ちなかったから。

  

3Q終わってこの点差。十分逆転可能ではあります。さてどうなるか。

  

今日のダンカーは・・・

  

  

  

  

着地成功!かと思ったら

  

最後に痛そうだった

  

でも大丈夫なようです

  

セーーーフ

  

なにこれなんかいい雰囲気ですけど

  

​なにこれドラマ始まっちゃってる系??​

  

という中での最終Qです。この日カメラを通してゾノを観ていて「雰囲気出て来たなあ」と思った
最初はやはり「プロ」という感じがしなかったしPGとしてはもっと独特の存在感、凄味のようなものが欲しいなと思っていましたがそれが出て来た感じがします。いいぞもっと行け!

  

  

  ​​​​

このQ目立ったのが岡田選手でした。機敏でしなやかなので近いタイプのチルとのボールの奪い合いは見ごたえがあった、これは勇人がスティールされたボールを奪い返そうとした瞬間。すごい速さでいろんなことが動いていました

  

チルのブロックがこれ以上なく見事に決まったのも、このQで彼の速度がだいたいわかったからかも知れない

  

いやーあっちゃんかっこいい!!

  

たっちゃんは筋肉ももちろん見ずにはいられませんが、顔とか背中からでも迫力が伝わるのが好き
私は小柄で強気、そしてクリーンな選手が好きなようです

  

最後三遠は追いつきそうで追いつかず、勝負所で仕掛けたスリーがシューティ・チルとも外れ、最後ファウルをしようにも金丸さんがボールを抱え込んでタイムアップ。

  

いやあでも本当に観ていて面白い試合でした。両軍のいいところをたくさん観ることができて、試合時間が短く感じました。

  

藤田HCも一定の満足はあったようなコメント。
「選手たちもよくファイトしてくれましたし本当にいい試合だったと思います。ただ、三河さんのようなタレント集団にはチームの質をもう一つ上げないとあのように力負けしてしまうので、次回対戦するまでにチーム力をレベルアップさせたいと思いました。細かいミスをなるべく減らし、チームとして(相手に)やらせていいこととやらせてはいけないことをはっきりさせ、それを我慢してやり続けることを40分間継続できるようにステップアップしていきたいです」

  

一方、鈴木HCのコメントは以下の通り。今回はある程度認めてくれたようですね。
「今日はお互いに非常にシュートが入って得点が入る、お互いのオフェンスが調子の良いゲームだったと思います。リードしてもまた追い上げられた三遠さんの粘りも素晴らしかったですし、最後はうちの方が三遠さんよりもシュートが多く入ったというところで今日はしっかりと勝てたと思います。
若い選手も出場し期待に応えてくれましたし、やるべきことをしっかりやって勝てたことが良かったです。新しい選手と昨年末に入団した若い選手が非常にコミュニケーションを練習の中でも取るようになって落ち着いてきたので、可能性のある選手は使いながら勝利を目指したいと思います。」

試合後のサイン会当たりました!今回はヒサシ。ファンサにもすっかり慣れましたね。
出場機会が欲しいな…(そこは鈴木HCを見習ってほしいぞ…)

  

在来線往復でちょっと疲れましたが来てよかった、楽しい試合でした。
アリーとダンカーの仲も気になるところですが、バレンタインのある2月はホームゲームがないんですよね。神奈川アウェー4DAYS、私は全日参加ですヽ(○´∀`)ノたのしみ!!上向き矢印上向き矢印上向き矢印

  

それではまた来月、平塚でお会いしましょう(○´∀`)ノ​​​​​​






Last updated  2019.01.26 09:45:31
2019.01.16
​​​​​​​​​​​墨田区総合体育館です。この会場と言えばこの子、スミダイル。

  

ミトンのおててがかわいくて、気が付くとなんか好きになっちゃってるんですよねスミダイル。
(フウガドールすみだの試合を観たことはないんですが)

  

観に来たのはバスケット。

  

渋谷ホームのB1リーグ戦、本日の対戦相手はレバンガ北海道です。
一度レバンガの試合を間近で見てみたくてチケットを取りました。

というわけで本日のサンディー。レバンガに年末加入したばかりの元NBAプレイヤー、#6バイロン・ミュレンズ選手のお隣に座ってみると・・・

  

​「飲むかい?」​と差し出されたドリンク。

  

飲みます。ごきゅごきゅ。

  

​「ぷはーウマカッタ!」​よかったねサンディー(`∇´ )それにミュレンズ選手はマスコットをいじってくれる能力があることが判明、素晴らしい(ΦωΦ)フフフ…

  

【北海道】前節終了時8勝23敗東地区6位
  #6ミュレンズ,#8多嶋,#11桜井,#13ドブラス,#32松島

多嶋&松島のダブルガードで行くんですね。この組み合わせは初めて観たなあ。内海HCが就任してひと月以上経ちましたが、起用法はいくらか違ってきているのかな。ミュレンズ選手は中からも外からも高精度のシュートを打てるし戦術理解度も高そう。やはりレバンガ、外国籍選手の獲得が巧いですね。

  

試合開始前に髪の毛をしばり直す松島選手。

  

レバンガ版試合前儀式。雰囲気はとても良さそうです

  

【渋谷】​​​前節終了時13勝18敗東地区4位
  #6サクレ,#7伊藤,#9ベンドラメ,#14杉浦,#34ケリー

正直「レバンガを間近で」と思って来たのに、結果的に「ベンドラメ君写真集」になってしまったこの試合。というくらいこの試合でも輝いていた(26得点)ベンドラメ君ですが今季は本当にいい。それと事前情報なしで会場に来て「あっ特別指定入れたんだ」と思った#44盛實海翔選手(専修大3年)。ずいぶん堂々としてカメラ映えするなあ、華があるなと思い帰宅後調べたら「上尾市立大石中⇒能代工業」、秋田の長谷川暢選手の1年後輩なんですね。要チェックです(ΦωΦ)フフフ…

それと、インカムをつけたスタッフの方が、モッパーさんに拭きに入るタイミングを指示していた(特に試合の最初)のがすごく良いと思いました(モッパーさんがタイミングを計りかねている場面ってけっこうよく見る)。あのスタッフさんクラブスタッフかな?かなり若かったのでインターンかも(日本スクールオブビジネスが試合運営インターンで入ってるみたいなのでそれかも)

  

Tip Off!

  

松島さんスターターで観るの初めてな気がする新鮮

  

ちなみに「レバンガ間近で観たい」目的の8割程度は#11桜井選手(当ブログにおける呼称は「俺の桜井」です。やはりルーズには強い!

  

序盤から輝き始めていますベンドラメ君…

  

これも圧巻でした

  

  

なんかこういうカット「スラムダンク」で観たことあるな…とこの写真撮ってて思いました

  

レバンガって髪型とか髪色がオシャレな選手が多いですよね、美容室がパートナーでついていたりするのかな(桜井選手もカラーしたてっぽかった)

  

間近で観るとこういうことになっていた、「俺の桜井」のディフェンス大好物なんですよ

  

やっぱりカメラが追ってしまっているベンドラメ君、このスリーも決まりました

  

すごいリング下

  

今季渋谷の試合を生で観るのは3~4試合目だと思いますが、これまでケリー選手ってあまり熱くなったのを観たことがありませんでした。この日はけっこう熱いなと思ったのはレバンガの外国籍選手2人の影響かも知れない

  

#44盛實選手。試合前にシュート練習している時から妙に目が行く、やはり華があるからかと
バスケ選手らしく飄々としているのもいい感じ。1番~3番までこなせるようですね

  

うん、やっぱり華がある

  

キントーン上手きらきらきらきら

  

やっぱりミトンのおててかわいい(○´∀`)ノ赤ハート

  

前半終わって38-37のほぼ互角。
渋谷はスリーが高確率で決まるもののインサイドの強いレバンガに点差をつけられず。それに前半は両軍ともにチームファウルが5を超えないクリーンな展開。これ後半どうなるのかな…と思ったら

第3Qでそれまでとは全く別の試合に炎炎
両軍とも激しく行くプレーが増え、ファウル数も増加。どちらかと言えば渋谷に余裕があるなと思いながら前半を観ていたため、後半はその差が少しずつスコアに反映される展開に。

ふと前にいたベンドラメ君「お尻の位置が高いなあ」とつい撮ってしまった1枚
その辺りの筋肉も発達してるのかなあ

  

両者の熱さが前半とは違います、どちらも熱いし重そうだ!炎炎

  

折茂さんのスリー決まりました

  

どちらかと言えば熱くなりやすいドブラス選手と冷静そうなミュレンズ選手、相性は悪くなさそう

  

最終Q残り1分を切ったあたりからファウルゲームに。なんとしてもベンドラメ君を止めようという迷いのなさがレバンガらしい

  

試合終了。見ごたえのある接戦でした。

  

  

  

以上。
最近「応援しているチーム以外の試合」をあまり観ていないなと思って来た試合、楽しかったです。
今週、さらには来週もウイークデーに試合があるBリーグ、水曜は久々に豊橋へ行きます。翌週は立川へ。どちらも楽しみ!

オールスターでも大活躍、サンディーはこの日もかわいかった(○´∀`)ノ手書きハート手書きハート

  ​​​​​​​​






Last updated  2019.01.20 17:44:55
2019.01.05
​​​​​​​​​​​​​​​​​​いやーおめでたいですねえ、こういうのかわいくってすき(○´∀`)ノ上向き矢印上向き矢印
というわけで2019年最初のスポーツ観戦はBリーグ@とどろき。

  

だるま迫力あるなあ~

  

…というとどろき、今日は秋田の応援です。今シーズン初の​​​谷​​​炎炎炎
このイラストの入ったコラボグッズも販売されています。

  

  

こうして見るとあまり似てない気もするけど、近くで見るとけっこう似てるんですよ意外と

  

さてさて今日はお正月。冒頭のロウルディスプレイもたいへんかわいかったですが、さらに!
先着1,500名様にこのかわいらしいロウル焼き型のお餅入りぜんざい無料で大サービス上向き矢印上向き矢印上向き矢印

  

美味しかったです。お餅もつきたてやわらかで食べやすかった。

お屠蘇ならぬTHE CRAFT THUNDERS BEER(650円)」ももちろんいただき

  

アリーナグルメは、気になっていた「クラブハウススタミナライス(800円)」。
黒コショウのきいたガーリックライスに塩味の豚肉をトッピング。脂っこすぎずそこそこボリュームもあって、ダンナさん的には「これなかなかおいしい」との評価。

  

「太麺やきそば(600円)」はもやしがたくさん入ってシャキシャキ。思ったより美味しかった…けど、スタミナライスと共通して感じる「100円高いな」的価格帯。Jリーグのスタジアムグルメ比での感覚ですが、アリーナグルメはサッカーに比べて高値傾向。屋内競技の運営コストに見合う価格なのかも知れませんが、千葉と川崎は特に高いと感じます。各店舗の出店型ではなくクラブが統一したやり方も一緒だし、おそらく経営的な判断でしょうね…

  

​​​​​​​ごちそうさまでした。
それではコート周りを。

【秋田】前節終了時11勝18敗東地区5位
  #17中山,#24保岡,#34小野寺,#40キーナン,#43KC

あれ?ハマで行かないんだ?と思いました。うーん、調子よくないのかな・・・
ドワイトは帯同していますがベンチ入りはなし。今後の活躍に期待。

  

コートエンドの後ろの指定席最前列を取ってみましたが、段差が足りず視界が…。
とどろきの最適解が依然つかめない…

  

とどろきって照明が暗めなんですよね、カメラの設定によってはちょっと撮りづらい

  

【川崎】前節終了時17勝12敗中地区2位
  #0藤井,#7篠山,#21マクリン,#22ファジーカス,#33長谷川
​​
GAME1に関しては「ファジーカスがいるかいないか」で秋田のシュートの決定率が違っていたと思います。それにQ1で彼に簡単に打たせすぎましたね…。チーム全体を乗せてしまった。でもやはり全体的な川崎の個の能力の高さに、秋田の選手たちが気圧された部分もあったかも知れません。

この日は選手登場時の画像がちびっこたちのイラスト。かわいかった

  

大胆な構図…(ごくり)

  

試合前、秋田のマネージャーさんの目をかすめて(ないけど)いたずらしようとするロウル(ハーフタイムに続く)

  

いっしょにアップ(#4青木選手とは特に仲良しの模様)

  

ティップオフセレモニーはなんと!谷口ブラザーズのおじいちゃんだ!いいですねえ(○´∀`)ノ

  
翌日GAME2は谷口三兄弟唯一の女の子、大智と光貴選手に挟まれた長女さんだったみたい、それもいいなあ

  

Tip Off!

  

ええと前半の見所はここかと・・・

  

  

  

第1Qは川崎に28得点もされてしまう厳しい展開に。たのむよセカンドユニットのみんな!特に古巣戦の#7のもと!

  

と思っていたら早々にやってくれたぞ(ΦωΦ)フフフ…

  

  

この後のタイムアウト、エンブレムの辺りをを叩きながら戻って来た様子に「今日の彼はいいぞ!」と思いました炎

  

前半終わってこの点差、川崎が主力を温存させたこともあり、2Qは比較的持ちこたえられた印象

  

さっきの続き、ハーフタイムではタオルを奪うことに成功したロウルΨ(`∀´)Ψ

  
こうして見るとなんかそれっぽくも見えるよね

諜報活動にも余念のないロウル(しかし誰にも気づいてもらえなかった残念)
というのと、ロウルのデザインってキティちゃんとまねこねこダックのハイブリッドっぽい

​​  

誰よりも熱い、最後まで誰よりも勝利を諦めないヘッドコーチってほんと頼りがいがあるなあ

  

というわけで後半ですが、どうも前半から気になっていたことの1つが「龍斗の顔つきがどうもすぐれない」こと。おなじみ「顔ディフェンス」もいつもほどの迫力がないのはまだ無得点だからかな…

   

と思った数分後にこの日初得点を決めた後の表情

  

それと気になったその2が、ハマの調子が今一つなこと。この様子から言ってもコンディションがあまり良くないんだろうか。翌日のGAME2のプレータイムも短かったしちょっと心配

  

ベンチの様子(​タクごめん​

  

そしてやっとキタ!龍斗のこの日初のスリー

  

  

のもとも活躍!

  

  

  

光貴選手はこの日6得点。兄弟対決は得点・プレータイムとも弟・光貴選手に軍配があがりました。
がんばれダイチ!

  

終盤はノボル選手も登場(翌GAME2ではスターター)。デビュー早々代表選手とマッチアップできるのはすごくいい経験のはず。がんばって!!

  

ちょっとタイミング外しちゃいましたが「この身長でこの高さ!?」と驚いたプレー。身体能力高いんだなあ

  

試合終了。
川崎のこの表示すごく見やすくていい(出ている選手の番号・名前・得点数・ファウル数が一覧できる)。得点時には該当選手の顔写真も出るので、初めて来た方が選手の顔と背番号・名前を覚えやすい。毎試合入場時に応援ハリセンが配布されるのも同様で、川崎は初心者に優しい運営だと思います

  ​​​​

翌GAME2の結果はこちら。秋田としては「今できることは全部やった」内容なのでやむなし。

  

今月は平日ナイターの多いBリーグ。私はしばらくハピネッツはお休みで、1月下旬~2月はほぼまるまる三遠活動の予定ですが秋田もちょっと行きたい、しかしそろそろJリーグも始動で悩ましいところです

  

​​寒い日が続きますがみなさんお身体に気を付けて(○´∀`)ノ​






Last updated  2019.01.09 07:47:05
2018.12.23
​​​​​​​​​​​​みなさん、メリー・・・

  

​​​​クリスマース:*・゚☆.。.:*・゚£(。・”・)o[クリスマスツリー†Merry Christmas†クリスマスツリー]o(・”・。)β。.:*・゚☆.。.:*・​​​​

  

三遠は今季初の浜松開催。先々行入場開始10分前でこの人です。さすが浜松、小学生無料ご招待とかあるもんね…

  

でも浜松開催は人気。先行発売当日でもコート周り最前列は買えませんでした。それと浜松はアリーナ上部からの入場のため、入った際の見え方や場内での動きが豊橋とは少々異なります。

入口すぐから見ると全体はこんな。立派ですきらきらきらきら

  

2階席の最前列から見るとこんな。広い分ちょっと遠いかな?という感もありますね。浜アリなら私は1階席派かな。

  

ダンカーみーつけた!

  

前回アウェー渋谷で爪痕を残した菅野君、いつもよりちょっと目立つ配置に感じたのは気のせい??

  
かんちゃんグッズの売れ行きも好調だそうですよ(ΦωΦ)フフフ…

アリーナグルメは豊橋同様1階。いつもと出店が少し違うのが新鮮です。

  

初めて見るメニューがあったので「チキンベーコン(450円)」、燻製の食べやすいチキン。おつまみにぴったりで美味しかった。

  

クリスマスらしくケーキの販売もありました

  

なぜかプラレール

  

本日の対戦相手は富山グラウジーズ。同地区ながら今季は初対戦です。例年苦戦している相手&今季はHCも選手も入れ替わったためどうなるか…と思っていましたが、前日GAME1の結果はこちら。

  

うーわー惜ーしーい​​​​​​(悔´д`)ノとネット中継を観ながら思っていましたが、気になったのは双方レフェリングに苛つきがち&ファウルも普段の試合より「早い」。でもこの組み合わせって前からそうだった気も。それと負けはしたものの富山がそれほどよかった感じもせず、点を取っているのはほぼ外国籍選手で富山・三遠とも日本人シューターが当たっていない(打ててもいない)。

――となると、GAME2はどちらのシューターが先に当たるか次第かもとなんとなく思っていました。つまり

俺たちのシューティが先か

  

裕土が先か​(私ハピブーでもあるので「元俺たちの裕土」感覚)​

  

​とは言えチーム内の役割や戦術の特徴から言って、裕土が先に当たりだす可能性の方が高そうな気が…と思っていたらその通りになってしまいました(´;ω;`)ウッ…

  

​トータルスコアはたまたまGAME1と一緒ですが、2人のスタッツはGAME1と2とでかなり異なります。
<GAME1での両選手のシュート&得点数>
 シューティ 2FG:1/3(33.3%)3FG:0/5、 FT0/0 2得点1AS​​

 裕土    ​2FG:0/3 、3FGA:0/2、ET0/0 0得点0AS
<同GAME2>
 シューティ 2FGA:2/2(100.0%)3FGA:4/8(50.0%)FTA1/1(100.0%)  17得点2AS
 裕土    2FGA:4/4(100.0%)3FGA:3/6(50.0%)FTA3/3(100.0%) 20得点0AS

シュート成功率は一緒なのに裕土の方が「当たっている」と感じたのは前半から積極的に打って決まっていたから。第3Qで2人が得た得点数は全く同じ11得点、シューティのスタッツも決して悪くはないのに「もうちょっと打って欲しかったな」という感想が微妙に残る…のは何故だろう…

【富山】前節終了時13勝11敗中地区3位
  #0レオ・ライオンズ,#6船生,#11宇都,#24大塚,#34ジョシュア・スミス

今季の富山が「オフェンス力リーグ1」というのが個人的には意外でした。今季の補強はどちらかというとディフェンシブだと思っていた(阿部選手も船生選手も守備がいいし、スミス選手でリバウンドも楽勝なので)、でも蓋を開けるとこうなるのがバスケットの不思議で面白いところです。

  

さすが同地区対決だけあって横断幕もいっぱい、グラブーさんも大勢ご来場。富山から浜松ってみなさん何で移動されるんだろう、車の方も多かったりするのかしら。富山また行きたいなあ

  

富山と言えばこの方(ΦωΦ)フフフ…

  

そんなヒルキングがダンカーを投げ飛ばしたりするのを期待してたのですがよそ見してる間に何か起きてたみたいです

  

ちなみによそ見の原因はこれでして

  

うっわなにこの目が赤いのこわいよ!?と思っていたらダンカーとなぜかジャグリングで対決・・・

  

とても地味かつシュールな画になっております

  

​ちなみにこの恐竜さんは「ジャグリングドラゴン ヒョウガ」さん​という浜松在住のドラゴンさんだそうで、この対決の後近くに行ったらブラックサンダーくれましたありがとう(○´∀`)ノ

対戦相手チームを迎え入れるおなじみの「WELCOME」動画、浜松バージョンになってた!

  

  

  

  

【三遠】前節終了時9勝15敗中地区5位
  #1チルドレス,#6長谷川,#15鈴木,#45マクドナルド,#73田渡
​​​​​​
最近のエントリで「固定メンバー&固定交代」に不満を述べましたが、藤田HCこの試合では策を打ってきました。#11慎吾たんではなく#6ノブからのスタート。よりDFに強度を持たせたスタートでということだったのかな。個人的には今季ノブのキャプテンシーがいい感じに作用していると思っているので、このスターターもいいと思う…というか他にももっといろんな組み合わせが観たいです…

  

かんちゃん出番もらえるかな

  

久々にCLEEM MIKUちゃんライブを観ました

  

三遠はクリスマスはグリーンユニ開催。Fire Girlsさんたちもクリスマスっぽくてかわいい

  

  

やはりベンチスタート声出し係はナベ&かんちゃんあたりか  

  

富山さんが赤いのでよりクリスマスっぽくていいですねえ上向き矢印

  

試合前のこのあっちゃんの手を前に組む感じがなんとなく好きですかんちゃんもそうか

  

Tip Off!

  

​試合は両軍とも最初から積極的に打ってくる展開。この裕土のファーストシュートが見事に決まってしまった時点で嫌な予感がしましただって裕土決まりだすと止まらないんだもん・・・

  

  

​​それに裕土ってフィーリングが悪い日はすごく消極的になって試合から消えちゃったりするけど
当たってる日は攻守ともにぐいぐい来るんですよほらこんな風に

  

  

それでも前半は点差がつかずに推移し、やはり気になったのは両チームともに笛への対応。

富山ってケロリンタオルがかわいいのよね、と思って撮ったら

  

あれれ?船生君の手がけっこうぐっとヒルキングに食い込んでる…これって(ごくり)と思ったり

  
ベンテクに気を付けよう

すごいなあこの”にべもない”感とか思いましたが

  

そんな中でも両チームはベンチメンバー含めいろんな選手が活躍

  

いろんな選手との連係のキレが増してきているゾノ。いいぞ上向き矢印上向き矢印

  

なんとなくですが今季の水戸さん怖い気がするんですよね、自分のプレーに集中している感じで

  

クックさんノブに何を伝えたのかな

  

同点で終わりたかった前半、裕土に決められて終わったのもちょっと嫌な予感でした(´;ω;`)ウッ…

  

ハーフタイムにも登場したヒョウガさんの背中がこうなってましたかわいい

  

ヒサシ出番が欲しいね~・・・

  

後半第3Qは上述通りシューターが活躍。このシューティのスリーも見事に決まりましたが

  

リング下に立ち尽くすスミスちゃんがかわいい

  

あれよあれよと点差が開いたのは裕土+スミスちゃんの活躍でして

  

三遠は続けてタイムアウトを取らざるを得ない劣勢に

  

とは言え前日GAME1に続く勇人の活躍もあり

  

  

  

こちらが決めれば即裕土が決め返す…的な流れもありつつ、なんとか追いつく&勝てる可能性のある点差で最終Qを迎えます。

  

今日のダンカーは・・・

  

  

  

  

  

  

大成功╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

  

そして運命の第4Q、三遠は気迫あふれる超強力DFで相手の追加点を阻み点差を詰め
 
   

こうして見ると青野さんのサイズ感ってほんとすごいよね伝説の生き物のようだ(ネッシーとか)

  

あっちゃんが数分間全力で守り抜いた勝負時にやってきましたかんちゃんの出番!

  

しかも、リバウンドを取ったチルが切れ込み

  

放ったシュートの

  

三遠にとってはとても貴重なオフェンスリバウンドを自ら取って

  

打つ!!

  

もう1回打つ!!

  

決めた後クールに走って守備につくかんちゃんに

  

悶絶する#4ゾノ選手をご覧ください

  

ご覧くださいかわいいねえ(´∀`*)ウフフ

  

そして役目を終えてベンチに戻り、みんなに褒められ&自らも納得の表情を浮かべるかんちゃんを見て「ああ今日来てよかったな」と思いましたよ私は(*・ω・)(*-ω-)

  

その後は相手フリースローの邪魔を試みるダンカー含めチーム全員ががんばり

  

  

残り1分で1点差まで追い込みましたが、結果は一歩及びませんでした。

  

  

とは言えHC選手みんなの表情は1週間前とは違っていて、少し明るい感じが戻ってよかった。

  

試合後にサブアリーナで行われたサイン会は誰でも参加OKだったのでものすごいことになっていましたが(開始前でチル・たっちゃん・シューティ・ウィル締切、その後勇人、あっちゃん、ノブも締切)、急いで向かったのがよかったらしく#6ノブ・#4ゾノ2人のサインをゲットできました(ΦωΦ)フフフ…

  

誰でも参加可にするとなかなか複数選手を巡れませんが、並んでいる間に普段聞けない層の感想をたっぷり聞けるのが面白かったです(私の前は小4ぐらいの女の子たちで「次誰もらう?」とか「この人かっこよくない?」とか言ってるのが新鮮だった)。

次の参戦は今週末、たいへん寒い予報の年の瀬アウェー秋田です。さすがに参戦される方は少ないのでは?と思いますが私は両日参加。たのしみです。​​GAME1は秋田ユニ、GAME2は三遠ユニ着用で公平に​​行くつもりです(ΦωΦ)フフフ…

浜松開催は豊橋とは買って帰れるものが違うのもいいですね。海のものをいろいろ買って帰りました。

  

それではみなさんまた今週末に!

  






Last updated  2018.12.25 15:15:14

全105件 (105件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.