1027659 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

パイプの部屋

PR

プロフィール


yohkura

バックナンバー

2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月

カテゴリ

フリーページ

日記/記事の投稿

コメント新着

 yohkura@ Re[1]:最高のバースデープレゼント(04/21) >タイガース非公式サイトさん コメントあ…
 タイガース非公式サイト@ Re:最高のバースデープレゼント(04/21) 相変わらず貫禄ありますね。やっぱりタイ…
 yohkura@ Re[1]:まさかの球児KOで3位転落(08/17) >タイガース非公式サイトさん 返事が遅…
 タイガース非公式サイト@ Re:まさかの球児KOで3位転落(08/17) 今年の球児はフォアボールが多いね。 と…
 タイガース非公式サイト@ Re:関本サヨナラ打、岩田5安打完封(06/14) 両投手とも素晴らしい内容でした。 武田…

サイド自由欄

お気に入りブログ

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

昨日も、アクセス多… New! HIRO.F@H/K AGESさん

はじめての えっち New! 虎党団塊ジュニアさん

社員育成(コンピテ… ミネちゃん1962さん
としのすけのワイン… @としのすけさん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2010年10月05日
XML
カテゴリ:阪神タイガース
ファミリーマートンカツおむすびを買ってみた。
味の方は大急ぎで開発した商品だからこんなものかという感じ。
包を破るときにタイガースのマークやマートンの顔が裂けてしまい、ちょっと縁起が悪い。
もう少し配慮が欲しかったなあ。
P1002202.JPG

マートンが2打席目にセンター前タイムリーを打ち、ついにシーズン最多安打日本新記録を更新。
その後も2本のヒットを放ち、記録を213に伸ばした。
イチローを超えたことについて、「当時は130試合で状況が違う。彼が日本に残っていれば210本どころか、もっと打っていた。記録を破られても、メジャーで最も優れた選手の一人に変わりなく、敬意を持っている」とコメント。
大記録を達成したんだから、もうちょっとテンションが上がってもよさそうなものなのに、本当に謙虚やね。
ヒットが出なくても落ち込むことなく、大当たりしてもはしゃぐことなく、ただ黙々とやってきたことがこの記録につながったんやろね。
おめでとう、マートン。



打線爆発で19安打17得点。
この日はマートンだけではなく、他の選手も記録ラッシュ。
鳥谷が通算1000本安打を達成。
節目の記録おめでとう。3割20本も頼むよ。

城島は4安打固め打ちで今季165安打とし、古田の持つセ・リーグ捕手最多安打を更新。
パ・リーグの捕手最多安打は182。
これも城島が2003年に記録したもの。
そういえば、日シリで大事なところで打たれたなあ。

金本が2試合連続のホームランを打ち、これで通算安打数が2371となり、落合と並んで歴代11位タイ。
金本はやっぱりクリーンアップを任せた方が調子がええんとちゃう。新井も奮起するし。

ブラゼルが12試合ぶりのホームラン。それも2本。
1本目は神宮の場外に消えていく特大のホームラン。
ホームラン王を取って欲しいけど、それよりバース以来の50本を狙って欲しいなあ。

平野が3安打で打率を353に上げ、青木に5厘差。
でも首位打者に踊り出るには、明日も猛打賞取らないと難しそう。

試合の方は9月の月間MVPを受賞した能見が中2日で登板。
5回に5安打集中されたものの、打線の援護で余裕の8勝目。
渡辺も前試合のリベンジを果たしたし、メッセンジャー中継ぎのテストも出来た。

この調子で残り2試合勝って同率首位を目指せ。








blogランキングに参加しています。
ご協力お願いします右矢印人気blogランキングへ

よろしければこちらもお願いします。
楽天BLOGランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ



パイプの部屋のトップページはこちら。
http://plaza.rakuten.co.jp/yohkura/

ミラーサイトの自由気ままに虎などはこちら。
http://ohkura.at.webry.info/

私のHPもどうぞ見てください。
http://www.fighting40s.com/

こちらにもどうぞ。
http://trendeye.fighting40s.com/








最終更新日  2010年10月06日 07時10分58秒
コメント(0) | コメントを書く
[阪神タイガース] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.