475506 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

横田満康の建築独り言ごとゴト?

PR

全33件 (33件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

世間話

2009年02月08日
XML
カテゴリ:世間話
  

先日 東京事務所に相談にこられました方のリフォーム工事お話をすこし

その方は マンションのリフォーム行うために4社に見積もりの依頼をされたそうです
3社は同じような見積もり金額だったそうですが
1社だけは今契約するとこの金額でという提示があったそうです 
その金額はびっくりするほど安かったので
すぐにその会社とリフォーム契約をその日にしたそうです   (これもいかがなものか?)

今 そのリフォーム会社と訴訟になっているそうです

問題は その会社の言うことを丸呑みしたからと ご主人は言っていました

安い その一言だけにつられて契約したのが悪かったと反省されていました

そのリフォーム会社の営業の方は
本当に何でもできます なんでもしますって感じだったそうです
でも今は その営業の方は退職したそうです・・・

では 少し問題の箇所を
そのマンションの基準として床はL45以上(ほとんどのマンションはこの基準です)
通常は遮音材施工を行ってからか無垢床を施工する又は 遮音フローリングの施工を行うのですが そのまま合板の床を施工して しかも 床が波打っていたそうです
 つまずく位に(この施工もいかがなものか・・・)

信じられないことに共有部分(パイプスペース)まで解体をしてしまったそうです
これも信じられないことですね!

聞いていた話とは とまったく違う施工して入ったそうです
その方は施工しています職人の方に そのことを言いますと
私は下請けですから契約した会社に言ってほしいと聞く耳も持っていなかったそうです
   (私には考えられないことです)

そこで契約したリフォーム会社(本業は不動産屋だそうです)に説明を求めたところと契約したとおりの施工を行っているの一点張りです

確かに見積書には何々一式と書かれていて 
(坪単価契約一式いくらというチラシを見て 見積もりを取ったそうです)

どのような仕様なのか まったく解らないまま 契約したということでした 

チラシの仕様をみてこれだと思っていたそうです  
(これも私には理解できないことですが)

今の仕様ではこのマンションでは生活できなくなるからいうことで 
仕様を一から打ち合わせをして 再度見積もり金額をいただいたそうです
なんとその金額は リフォーム工事をする前に取った見積もりの約3倍以上金額が・・・

いろいろあって 訴訟となったみたいです


私のところに来て何とかしてほしいといわれましたが・・・ 

残念ながら 私にはどうすることもできないのです  
この問題が解決してからしかリフォームはできませんよとお話しました


これから訴訟中で 裁判所から現状確認の指示あったときに 
その裁判所が任命した第三者の方が来て 
この事実確認が必要となってきますとお話をさせていただきました

そのリフォームが適正かどうか(契約内容通りか等)証拠になるわけですから

そのままの状態で 工事をストップした状態です

いろいろ説明して ・・・・・・・・・・・(内容は書けないので)

今お願いしています弁護士の方に現状確認を急いでもらって 

これからの進め方を相談して 決まりましたら又相談に来てくださいと 

(依頼があればその弁護士さんと協力して進めさせていただきますお話をさせていただきました

判決が出るまで 何年かかるのでしょうか?

その間 住む事もできない 生活もできない
 
しかし ひどい話ですね 本当にこんな話があるのですね 

びっくりしました

間違った選択で リフォームで人生が変わっていますという恐ろしい事ですね

良いリフォーム工事であったなら その方は楽しく安心して暮らしていけたのに・・・



やっぱり 相場より安いということは何かあるという事!

その業者の言うことを鵜呑みにしない

事例を(施工したお宅訪問)見せてもらう事




リフォームするのであれば それなりの知識は必要と考えることです

私のように何でもオープンにしているHPもありますし

建材単価も施工単価も雑誌に載っていますよ
(積算資料ポケット版もプロが見る参考書です) 


クライアントも勉強が必要!と私は思います

せっかくリフォームして 楽しく暮らすはずが

悲劇を生むなんて 私には考えられませんが皆さん気をつけてください









Last updated  2009年02月08日 23時05分17秒
コメント(0) | コメントを書く


2008年05月07日
カテゴリ:世間話
今 ペット(家族)のシックハウスが問題になっています

犬や猫の小動物は 人間と比べて嗅覚など 優れていることがたくさんありますから 
そこにお住まいの人間が感じなくても 大きなストレスや病気の原因となって大切なペット(家族)を襲っていることが多いですね

ご相談の中でも 新築やリフォーム後のマンションに入居して しばらくするとペット(家族)の毛が抜けたり 原因不明の皮膚病になったり 妙に動作が不自然になったり・・・・いろいろな変化が出てきているそうです。

ペットは話しことができないですから 飼っている人間がその変化をいち早くさっして あげて 対処することが必要と感じます
よく考えて見ますと それは人間にとっても 悪影響だということを知らせてくれているということではないでしょうか
  
では どのようにすればよいかということになりますね

まず 良くないものを排出している建材を撤去(家具などの事もありますよ)
つぎは 珪藻土などの建材で 空気を改善する(良くないもの分解してくれる等)壁天井を施工する
フロアーについては 自然素材に変更することおすすめします
ペットがいる部屋だけでも 改装してあげてほしいですね 

上記のような事ができない場合は
マンションは 気密性が高いですから 換気を良くすることですね 
換気といっても 換気扇だけでは無理だと思います
自然喚起 対角線上に窓を開けて 空気の通り道を作ってください
できたら 一日10時間以上お願いします
本当は24時間が良いのですが・・・

ご質問がありましたら ご連絡ください






Last updated  2008年05月07日 21時28分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年05月04日
カテゴリ:世間話

ハウスメーカーの住宅のリフォームって そのハウスメーカーしかできないのですか?


なぜか 今年になって このような質問がたくさん来ますね
ハウスメーカーがリフォームにも目を向けたということでしょうか
毎年発表されています 新築着工件数が少なくなっていますし、 
工業化されたハウスメーカーの建替え時期に来ていると思います。
ユーザーがコストのかかる(もったいない)建て替えよりも コスト的に見て安くつくリフォームと考える方が多くなったせいでしょうか
本当に多いですね ハウスメーカーのリフォーム&リノベーションの相談


『ハウスメーカーの中には そのハウスメーカーしかその家のリフォームできないですよ』 と言っているメーカーもたくさんありますね
果たして?

実際はどこでもできると私は考えていますし 実際にたくさんハウスメーカーのリフォーム&リノベーション行っていますよ。(HPを見てください)

確かに 工業化軽量鉄骨・木質パネル工法・ジャパニーズ2x4・輸入住宅等・・・・・
基本的なことをわかっていなくては 難しい点もありますが 
基本は建築基準法ですので 少し勉強をしていれば 普通にできます。
中には特殊(そんなに特殊ではないこと)ですよといって リフォーム金額を吊り上げてくるリフォーム会社や工務店あります 
また ハウスメーカー自身も 特殊ですからと言って金額が相場より 高いことも多いですね
これって いいのですかね? 商売ですから仕方無いと思いますが?

この間 あるクライアントの方が あるハウスメーカーの見積書を持って相談にこられます 
びっくりすることが・・・ たとえば通常1000円~のクロスが1850円!!!!(どうしてこんな金額になるのでしょうか?)
ひとつ ひとつ見ていきますと 本当にビックリの連続!
メーカーの強みですね 
そのハウスメーカーが言うには 他社では私どものリフォームはできないと言ったそうです。(私のHPに掲載されている物件は?工業化軽量鉄骨ですよ)
またハウスメーカーの中には、
詳しい資料を提出しなかったり? 
問い合わせても無しのつぶて だったり?(他社でリフォームするから資料くださいなど)本当にこれでいいのでしょうか?

また不思議と日本人は ブランド志向みたいな 
ハウスメーカーだから安心できる?
大手だから安心できる?
でも結局工事を行うのは 下請けか孫請けの職人さんですね
ハウスメーカーの方が来て施工していますか?
(中にはそのハウスメーカーのジャンバーを下請けに着用を義務付けている会社もあります)
下請けの大工さんや職人さんですね!


よく考えてください
腕の良い職人さん程 ハウスメーカーの仕事はしたくないようですね
今 町の良い仕事をする大工さんが 本当に仕事がなく(良い仕事をする・ポリシーを持った職人さん程厳しいみたいです)大変なことになっています 

これは ユーザー自身も少し勉強する必要があると考えますね
自分の財産を守る 同じ予算でよいリフォームをする為にも 

今は いろいろな情報が 簡単に手に入る時代です 間違った情報も多いですが
その情報を的確に取って(本当に間違った情報を捉えている方が多いです)設計事務所などに相談されることが良いと思います
設計事務所は ある程度解っていて当たりまえですからね (実績がものを言いますよ)

ユーザーの方は とにかく相談することですね
相談は普通無料ですから






Last updated  2008年05月04日 16時38分33秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年03月27日
テーマ:住宅コラム(1479)
カテゴリ:世間話
今年に入って 本当にビックリするほど依頼が来ています



一年間で当事務所が施工できる件数の何倍も!

本当にありがとうございます




せっかくお問い合わせを頂いたのに 施工等の予定で 
お話もしないで お断りをすることになったクライアントの皆様  本当にすみません 
どうか ご理解のほど よろしくおねがいします






当事務所は 問い合わせを頂いてから 打ち合わせ日時を確定し ご連絡をさせていただいています

その打ち合わせの中で お互いの感性を確認して 当事務所の考え方を理解して頂いて 次のステップに進むようにしています




私の考えは  HPにも掲載していますように 
他社のように図面だけで現場も確認しないで プランニングや見積もりはしませんし 出来ません!
私は出来る訳が無いと思っています


現場をしっかり確認して そして調査し
クライアントの感性とライフスタイルをしっかり把握し 
私なりに十分に検討してから プランニングをします

という事は
クライアントのライフスタイルに合った 空間に施工するには・・・・
数ヶ月の打ち合わせが必要です

それから 一番良い施工方法を(出来るだけコストをかけないで)
吟味し 検討し施工の図面 書き  施工の指示をし 施工が行われるのです



あるリフォーム会社のHPでは
メールでリフォームのプランや見積もりが出来ると書いてあるところがあります 
どうして出来るのでしょうか? 不思議に思いますね?
一軒 一軒 間取りや施工状態が違うのに? 
既設の状態がまったくわからないのに?


そうそう
この前の 始めて相談に来たクライントさんは 
メールで間取り図面を送ったら あるリフォーム会社(大手のリフォーム会社です)は すぐプランと見積もりを営業の方が 持ってきましたと お話されていました

どうして 横田さんでは出来ないのですか?という質問がありました

私はこう お話をしました
考え方の違いですね
机上で リフォームやリノベーションは出来ませんから 

現場を確認しないで どうして その家のことがわかるのか逆に知りたいですね! 又どうしてクラインとの感性を理解しないで プランが出来るのでしょうか?


私の考えは
現場を確認して 調査して 物件調査書(物件調査書=人間で言う人間ドックのカルテみたいなもの)を作り 
クライアントの要望を(ライフスタイル)を何回も確認して 感性をすり合わせて プランニングをしていくと考えています

それが 建築家としての責任と考えています

また 話が飛んでしまいました


クライアントの皆さん 出来るだけ施工できるように 体制を整えていきますので お待ちください

お断りしました クライアントの皆さん 本当にすみませんでした
がんばって 良いリフォームを行ってください






Last updated  2008年03月27日 21時13分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年03月26日
テーマ:住宅コラム(1479)
カテゴリ:世間話
先日 TOTOの新宿ショールームに行ってきました


クライアントの方と打ち合わせをするためです


そこで 見た光景を少し


なんと  そこには 大名行列が・・・・??????






たぶん  大手のメーカーか工務店さんだと思います


お客さんと打ち合わせに来ていたのでしょう


お客さんは ご夫婦で

たぶん担当の営業の方と きっとその上司かな?

たぶん担当の設計とその上司かな?

施工担当と思われる方とその上司

後 なぜか 2名の方が・・・・お付の方かな

TOTOの担当者の方

総勢 11人で ぞろぞろ  ぞろぞろ


これでいいのでしょうか?


よく考えてください





TOTOの担当者は仕方ないとして

こんなにたくさんの方が 必要でしょうか

そのリフォームには 少なくとも8人の経費が上乗せしてあるということですねしょんぼり


一番えらいと見たいな方は 途中でゆっくり寛いで TOTOのお姉さんに・・・


これでいいのでしょうかねぇ~   しょんぼり




家をリフォームするのに これだけの人間が必要でしょうか


ちなみに 私はクライアント2名と私で3人 

十分打ち合わせできましたよスマイル


ということは クライアント 設計者だけで良いという事ですよね


ああああ~もったいないですね 


私は このように 考えています


家は(ライフスタイル空間は) 


クライアント  設計者(設計管理・施工管理) 職人さん


で リフォームや新築ができます






家をリフォームする 新築するにおいて



一番無駄なものは 営業 モデルハウス 広告費


その経費で もっと良い 家(ライフスタイル空間) できますから






























Last updated  2008年03月26日 21時08分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年07月18日
テーマ:住宅コラム(1479)
カテゴリ:世間話
地震は予知できるか

震災に見舞われました 皆様には心からお見舞い申し上げます

私も阪神大震災を経験した 一人です
今も思い出すだけ心が痛みます たくさんの友人や親戚をなくしました
これ以上は書きたくないので・・・・

日本は 地震国家です 
色々なプレートが大きく入り混じった構造になっています
日本と言う島ができたのも 地震による大陸移動で完成されたと言われています
今も日本と言う国は 大陸移動を少しずつしていると 考えてもいいと思います

ですから 地震とは共有して暮らさなくては ならないと思います
ここで 地震は予知できるかと言うことです?

私はできないと考えていますし 世界中の科学者と言われています専門家の方のほとんどの方ができないと!
では なぜ日本は できると? 必死になってたくさんの税金を使って 研究しているのでしょうか?

確かに 周波数の違う振動を計算して たどり着く時間等は 出てきていますが
あくまでも 海の中でしかも距離があることが前提です
このことは 確かにすばらしいと思いますが・・・

今 日本で大きな地震として 各地に災害を起こしているのは 直下型地震ですよ

直下型地震では 何も役に立たないと思います

では その予算を 今建っています 耐震補強が必要な民間の家や公共施設に まわしたほうが少しでも 人命や怪我が防げると思いませんか

今までに使われた予算は 何百億円といわれています

何百億円のお金があれば どれだけの家に 耐震補強ができると思いますか

同じように地震が起きるたびに 大切な家族の命が危険に冒されていると言うことを
もっと 国が考えなくてはいけないと思います

今回の地震で倒壊した家屋の多くは古い木造住宅。被害が集中した新潟県柏崎市は、木造家屋に被害を 及ぼしやすい特徴的な地震波に襲われていた。筑波大学大学院構造エネルギー工学専攻の境有紀・ 准教授は、防災科学技術研究所が公開する地震の波形を解析。その結果、柏崎市では、揺れの 往復に1~2秒しかかからない、比較的短い周期の地震波が多く観測された。
この周期の地震波は「キラーパルス」と呼ばれ、低層の木造家屋と共振し、家屋の倒壊を招く。
阪神大震災で壊滅的な被害をもたらした地震波として知られ、その後、2004年の新潟県中越地震、
今年3月の能登半島地震でも観測された。
一方、東京大学地震研究所の纐纈一起(こうけつ・かずき)教授の解析では、周期1~2秒の地震波に 加え、2~3秒という長めの周期を持つ地震波も検出されている。纐纈教授によると、低い建造物で ひびや緩みなど細かな破壊が進むと、2~3秒の周期の地震波も建物と共振しやすくなる。纐纈教授は 「地震の揺れで壊れ始めた木造住宅に、2~3秒周期の地震波がとどめを刺し、さらに倒壊被害が 広がった」と見る。
建物被害を広げた原因として、専門家は軟弱な地盤の存在も指摘する。
新潟大学災害復興科学センターの卜部厚志(うらべ・あつし)・准教授によると、柏崎市周辺の地盤は 粘土と砂が多い堆積(たいせき)層で、地震の揺れが増幅されたり、液状化現象が起きたりしやすい。
地盤の弱さが原因で、柏崎市を通る北陸自動車道も毎年沈下が確認されているという。
産業技術総合研究所地質調査総合センターの水野清秀グループ長は「柏崎一帯の地層は
500万~100万年前に海底下に堆積した地層が隆起してできたが、多くの建物が倒壊した
柏崎市の中心部は、特に地盤が軟弱。軟らかい地盤が波打ち、建物被害を大きくした可能性が ある」と指摘した。

このようなことは 専門家の方はわかっているはずですから  
民間の家に耐震補強工事の予算を国がもっと出さなくてはいけないと 私は思います
あくまでも 私の意見ですので






Last updated  2007年07月18日 18時17分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年02月24日
テーマ:住宅コラム(1479)
カテゴリ:世間話
 

時事通信から

 

悪質リフォームの被害最悪=4万7000人から253億円-220人検挙・警察庁

2月23日6時3分配信 時事通信

 

 

 昨年1年間に検挙された訪問販売による悪質リフォーム事件の被害額が、前年比13.5%増の約252億8953万円に上り、統計を取り始めた2004年以降、最悪となったことが22日、警察庁のまとめで分かった。1人当たりの被害は約92万円から約54万円に減少したが、被害者数は95.3%増の4万7204人に達し、過去最多となった。

 検挙事件数は前年比4.7%増の67件、検挙人員も18.9%増の220人で、いずれもこれまでで最も多かった。

 同事件を含む特定商取引法違反事件などの検挙は11.3%増の138件で、1990年に統計を取り始めて以降、最多。検挙人員は16.7%増の385

 

 

要注意! 悪質リフォームの訪問販売

こんな誘いには気をつけて ~よくある手口~

  1. 「この地区で無料点検を行っている」「近所で工事をしているからついでに」等と称して、頼んでもいないのに点検に来る
    点検後、悪いところをあれこれ指摘して、工事等の契約を勧めてきます。
  2. 「このままでは地震が起きたら一発で倒壊する」等と、大げさに不安をあおる
    業者の説明を鵜呑みにせず、不安であれば、建築士などの専門家や行政機関に相談しましょう。
  3. 「今なら特別に安くする」等と、契約をせかす
    住宅のリフォームは、工事の必要性や施行方法もまちまちで、その工事が妥当かどうかの判断が難しいものです。契約はあせらず、慎重に検討しましょう。
  4. 「家族に話すと心配するから言わない方がいい」「あなたの家のことだから自分で決めないと」等と、家族に内緒にするように促す
    契約をせかしたり、家族に内緒にさせるのは、冷静に考える時間を与えると断られるようないい加減な契約だという思いがあるからです。
  5. 「お金がない」「ちょっと考えたい」等と断っても、執拗に勧誘を繰り返して帰ってくれない
    それまでは親切そうに話していたのに、断った途端に「これまでの時間が無駄になった。どうしてくれるんだ」等と豹変したり、「契約してもらえないと私は会社をクビになってしまう」等と泣き落としたりすることもあります。
  6. 「これは単なる見積書だから」「嫌ならいつでもやめられるから」等と偽り、その場で契約書に署名・捺印をさせようとする
    「見積書のつもりでサインしたら実は契約書だった」「やめられると言われたのにやめさせてくれない」ということはよくあります。
  7. 一度契約をすると、作業時に次々と悪いところを指摘して、追加契約を迫る
    はじめは床下防虫ネットの交換など数千円のものを勧め、作業時に悪いところを指摘して高額工事の契約を迫ったり、定期点検と称して来訪して「過去の工事の続きだ」等と、追加契約をする義務があるかのような説明をすることもあります。

トラブルを未然に防ぐには?

  1. 訪問した人には身分証明書や名刺等の提示を求め、安易に家に入れない
  2. 訪問販売で勧められても、その場では契約をしない
  3. 業者の説明を鵜呑みにしない
  4. 契約する時は複数の会社から見積をとって比較検討する
  5. 契約する時は必ず改修計画図(書)、工程表の提出を求める
  6. 契約内容(価格・工期・工事内容・支払方法、保証内容等)をしっかり確認する
  7. クーリング・オフ制度を知っておく 

( クーリング・オフとは、訪問販売や電話勧誘販売などの特定の取引について、いったん申し込みや契約をした場合でも一定の条件が整っていれば、特別な理由がなくても一切の費用負担なく、消費者が一方的に申込の撤回や契約の解除ができる制度です。)







Last updated  2007年02月24日 15時31分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年11月24日
テーマ:住宅コラム(1479)
カテゴリ:世間話

japanホームショーの続きです

CIMG3569.JPG

手漉きの和紙を体験していました  和紙は本当に良い物ですよ 皆さんぜひ使ってください

CIMG3570.JPG

見ていただいた通りの中国のブースにて フローリングを取り扱いしています業者の方です

CIMG3572.JPG

私が今回使って見たいと思いました 建具です

CIMG3579.JPG

CIMG3578.JPG

CIMG3582.JPG 

 よい建材が たくさんありました 

毎回 勉強させていただいています 

JAPANホームショー主宰の皆様 有難うございます

                                 By横田スマイル

 

 







Last updated  2006年11月24日 20時24分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年11月23日
カテゴリ:世間話

11月15日より開催されていました JAPANホームショーに行ってきました

ちなみに 22日よりのインテリアショーにも入ってきました(後日掲載)

CIMG3545.JPG

CIMG3547.JPG

お洒落な照明ですね  ゴウリキアイランドさんの商品です

CIMG3548.JPG

横田 お気に入りの素材なんですが????

ちょっと???????????デザインを考えてみては?

CIMG3551.JPG

これは アクリル板で挟み込んだ自然素材(草など)アメリカ特許の商品だそうです  使ってみたい素材ですね

CIMG3555.JPG

タイル素材とパイン無垢材を使ったキッチン 私がよく知っています建材メーカーさんの新しい取り組みです (今まではなかったですよ)

CIMG3563.JPG

CIMG3561.JPG

お隣の国 中国で作られています 手洗い器です

ビックリする価格でした 一万円ぐらいといっていたような 間違っていたらすみません

 

 

次回に続く・・・・

 

 

 

 

 

 

 







Last updated  2006年11月24日 10時01分48秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年11月05日
テーマ:住宅コラム(1479)
カテゴリ:世間話

最新号です

04a.jpg04b.jpg







Last updated  2006年11月05日 12時07分42秒
コメント(0) | コメントを書く

全33件 (33件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.