31092805 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

魔法のおっぱい





低カロリーダイエット食品について その1



~低カロリーダイエット食品について その1~

(低カロリーのダイエット食品を利用してダイエットをされている方&されてきた方に読んで欲しいページです)

私は低カロリーのダイエット食品自体は否定していません。
それらのダイエット食品も上手に利用すれば健康的にキレイに痩せることも可能だと思っています。
1日1~2食程度それらのダイエット食品を利用し、その上に基礎代謝を上げる筋肉運動などを併用し、またダイエット食品以外の食事の時に体に必要な栄養はキチンと取りながらゆっくりとしたペースで体の脂肪のみを落とすというやり方をされると、たとえダイエットをやめた後でもリバウンドをしない健康的なダイエット法と言えると思います。
でも実際は低カロリーのダイエット食品を2食にしてその上に後の大切な普通食の1食でさえ、パンや麺類などの単品メニューや低カロリーのダイエットメニューにされている方が多いのがとても気になっています。
2食をダイエット食品にするならばせめて1食は栄養バランスを考えていろいろな食品を食べる、もしくはダイエット食品以外に上手に食事を組み合わせて食べるようにされることをお薦めします。

低カロリーのダイエット食品の中にはバランスの取れた栄養成分が含まれてはいますがやはりカロリー自体が少ないので本来1日に必要な栄養はダイエット食品だけでは取り切れません。特に筋肉や骨や血液を作ったり、ホルモンを合成するタンパク質は意識して取らないとダイエット食品だけでは足りないのです。
また痩せるためには脂肪を燃焼させる手助けをする栄養素というものもあります。それらの痩せるための栄養素が不足すれば効率よくは痩せられません。確かにカロリーを減らすと痩せますし、食べなければ痩せはしますが、それは体にとってとても不健康な痩せ方をしているのだということを分かって頂きたいと思います。
不健康なのは分かっているけれど短期間だけのこと、健康より痩せる方が大事と思われる方もいるでしょうが、これは一時的な事ではすまされない将来の問題や一生の問題でもあります。

タンパク質が不足するとホルモンを合成する栄養素が不足します。女性ホルモンが不足すると生理不順になったり、胸の豊かさが失われます。無理なダイエットで胸がなくなるのは脂肪が減った為だけではなく女性ホルモンの合成が出来ないためという理由もあるのです。
ホルモンが不足すると普通の食事に戻したかからといってすぐに体の機能が戻るとも言い切れません。人によっては一時期の無理なダイエットのせいで不妊症になり欲しいときに子供に恵まれないということにもなりかねませんし、若年性更年期になったりする可能性も出てきます。
生理不順になってホルモン注射で生理が来るようには出来ても今度は注射しないと生理が来なくなってしまったり、生理が来たとして実は無排卵なんて事も多いのです。
また無理なダイエットをすると必ずといっていいほどカルシウムが不足しますから早い時期から骨粗鬆症になる人が増えます。早くに腰が曲がり骨折しやすくなります。すぐに骨折しやすい体になり入退院を繰り返す老後や寝たきりになって将来ご自分のお子さんに迷惑をかけることになってもいいでしょうか?
タンパク質が不足すれば筋肉量が減りますしそれは基礎代謝量の低下させることにもなりかねません。また筋肉量が減ると体が熱を生み出すことが出来なくなるので低体温や冷え性にもなります。
冷え性になるとセルライトが出来やすくなりますから、リバウンドした場合以前よりセルライトの多い体になってしまう恐れも出てきます。
冷え性がひどくなった、低体温や低血圧になって朝起きられない、何となく常に体がだるい、夕方になると疲れが出やすい、このような症状に思い当たる節はありませんか?また冷え性になるとむくみやすくなりセルライトなども出来やすくなります。これでは本当に悪循環になるだけです。
平熱が高い方が体温を保つためにカロリーを消費するので低体温はダイエットにはマイナスになってしまいます。

また食事制限のダイエットをしている人に便秘の人が多いようにも見受けられますが、便はある程度の量がないと出ないので食事制限をしているなら便秘になるのは当たり前です。便秘は便の中の胆汁が再吸収される結果になったりとダイエットにとってはやはり大敵です。便をスムーズに出すための脂質や便の量を増やすための野菜や食物繊維の豊富な食品は食べても太りにくくカロリーも低いのでダイエット中であっても意識してたくさん食べて頂きたい食品です。
便秘に関してはまず食べる量を増やすこと、私は特に玄米ご飯やきのこのエリンギを薦めます。玄米ご飯は同じカロリーでも白米より太りにくい食品です。玄米は栄養が豊富で繊維質も多いのですが、脂肪になりにくく代謝されやすい食品なんですよ。エリンギはきのこなのでノーカロリーですが、食物繊維の量はきのこの中でもピカイチなのです。このような栄養が豊富で食べても太りにくい食品が他にいくらでもあることをもっと知って欲しいと思います。
そして出来るならしっかり食べながら痩せられるダイエットをして欲しいと思っています。

それから同じカロリーのものを取るなら液体より固形の方が太りにくいということも良く理解して頂きたいと思います。
液体だと胃は活動しなくてもよく一気に腸に流れ込み消化吸収されます。その為消化が早くなりお腹が空くのも早くなり体に栄養が吸収されるのも早くなります。
吸収が早くなるということは栄養の多くを吸収してしまうことになるんですね。
これが固形食の場合(特に食物繊維を多く含んでいるものや食事で食物繊維を多く含むものと一緒に他の食事を食べた場合など)はまず胃で食べ物が長時間かかって消化されます。その時に胃は激しく動き、体中の血液が胃に集まってきて体温が上がり熱くなります。このように食べ物を消化吸収をする上でも内臓がカロリー消費をすることを知って下さい。
ものを食べて汗をかいたりして体が熱くなる人は特に代謝が高い人だと言えます。
そしてゆっくり腸に送られ消化されるのですが、消化がゆっくりだと腹持ちする時間も長く、食後の血糖値の上昇もゆっくりになりますから栄養が体に吸収される際に食物繊維と一緒に体外へ排出されたり、筋肉組織へ送られて代謝されたりして体脂肪になって蓄積される率が少なくなります。
だから同じカロリーを取るにしても内臓を動かすことによってカロリー消費にもつながる液体より固形食を取るということがとても大切だと言えます。
またモノを噛むことで満腹中枢が刺激されるので固いモノを良く噛んだりすると早くお腹がいっぱいになるように感じます。
食欲は胃で感じるものではなく脳で感じるものなんですね。

カロリーを極端に制限する期間が続くと体はやがて少ない栄養でやって行ける体になろうとします。筋肉量を減らし、肺活量を減らし、血液循環を悪くし、体温を下げます。そうすると体はある程度少ないカロリーでやって行けるようになりお腹が空く事などにも体が慣れてきます。
でも無事にダイエットに成功してダイエット食品をやめたり、普通食に戻すと基礎代謝量が著しく低下した体ではそれらのカロリーを充分消費することが出来ずに徐々にカロリーを持てあましリバウンドする結果になってしまいます。
リバウンドしてもたいていの人はそれは自分の生活管理がなってなかったせいだと思うでしょう?
でもそれは違います。無理なダイエットによって少ない量しか食べないのに体がカロリーを消費しない体になっているので、ダイエット中より少しでもカロリー摂取が増えるとそれは即太るということにつながるようになってしまっただけのことなのです。
それはカロリーを減らせば痩せる、食事を取らないと痩せるという減らすことばかりのダイエットをやってきたつけです。ダイエットで痩せた体を保つためにのこ先ずっと今のような低カロリー生活を続けますか?
これらのダイエットに成功してその後リバウンドしなかったという人も確かにいます。でもそういう人はたいていが小食になってしまっている場合が多いようです。
低カロリー食品で少ししか食べなくても平気という生活に慣れてしまったために食べない生活が普通になってしまい、朝ご飯抜き、お昼に外食したらまた晩ご飯は軽め。なんて風に知らず知らずのうちに普段の食生活も低カロリー食になってしまうパターンがとても多いのです。
またはちょっと太ったりリバウンドしてくればまた同じ低カロリーダイエット食品を利用する。
そして自分は上手くカロリー調整して痩せた体を維持してつもりになるのだとは思いますが、最低限体に必要なカロリーを取っておかなければ長期間低カロリー生活を続けていると必ず後になって上に上げたような体の不調が積み重ねられ後で取り返しのつかないことになってしまいます。

そうまでしてあなたは痩せた体を維持するためにダイエット食品を永遠に買い続けますか。そして一生低カロリー生活を続けますか。

理想の体は食べなければ痩せるけれど食べればすぐ太る体でしょうか?
私はたくさん食べても体がカロリーを消費してくれて太らない体になりたいと思います。
美味しいものは我慢せず何でも食べたいです。
ご飯もお肉も魚も野菜もお菓子もケーキもチョコやアイスも何でも我慢せず食べてもドンドン代謝する太りにくい体を作りたいと思いませんか。
脂肪を燃焼させる栄養素を多く含む食品があります。体のむくみ、体に溜まった余分な水分を排出する食品もあります。カロリーは低くはないけれどたくさん食べても代謝されやすく食べても太りにくい食品があります。
これからの知識を得れば食べながら痩せることも充分可能になります。

もう辛くてお金のかかるマイナスのダイエットはやめませんか。
しっかり食べて我慢がなくお金のかからないプラスのダイエットをしてほしいと私は思っています。
時々ドカ食いしたり、友達とランチに行って1日で1kgくらい太ってしまっても、それは体脂肪が増えたのではではなく、単に重さのある食品が体の中に入っているだけのこと。
代謝の高い体であればそのまま普通の食事や普通の生活をしていれば自然に2~3日で元の体重に戻れるようになるのです。
バランスのいい栄養で元気でパワフル、体力もバッチリ、お肌もつやつや、冷え性やむくみ知らず、おまけにいつまでも若い!こんな元気でいつまでも若いママが増えてくれることを私は願っています。


低カロリーダイエット食品について その2へ



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.