31092872 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

魔法のおっぱい

PR

フリーページ

母乳育児のノウハウ


私の母乳育児体験


母乳育児の基礎知識


乳管開通法


母乳の出を良くする混合のやり方


しこり・おっぱいが詰まりかけた時のケア


夜中の授乳について・添え乳のやり方


張らなくなったおっぱいの不安


断乳・卒乳について


断乳時のおっぱいケア


おっぱいが切れた時の対処法


おっぱいにいい食べ物 悪い食べ物


おっぱいを噛まれることについて


おっぱいを嫌がる・遊び飲み・乳頭混乱


リズム(授乳間隔の調整)は必要!?


授乳中のお薬・おっぱいをお休みする場合


赤ちゃんの便秘について


乳腺炎の対処法・おっぱいの痛み


授乳が楽になる秘密のアイテム


赤ちゃんの体重が増えない悩み


母乳とミルクの授乳リズムの違い


断乳後・授乳中のバストアップ・乳首の垂れ


搾乳のコツ・搾乳機について


搾乳で母乳を出すコツ


指しゃぶりについて


新生児期の過ごし方 その1


新生児期の過ごし方 その2


新生児期の過ごし方 その3


お気楽ダイエットのノウハウ


ダイエットの基礎知識


基礎代謝を上げる方法


低インシュリンダイエット(痩せる仕組み)


低インシュリンダイエット(実践編)


補正下着について


ダイエットのサプリメントについて


ダイエットと便秘について


下半身太り・筋肉太り


アイソメトリックス


顔痩せ&小顔になる方法


ウォーキング・ベビーカーウォーキング


一時的に体重が増えたら!?


ダンベル体操


ラクチン筋トレ


痩せる食事、痩せない食事


お風呂でダイエット


注意が必要なダイエット法


セルライト撃退法


産後ダイエットを成功させる秘訣


部分痩せエクササイズ


体の歪みを改善して代謝をアップ


見た目年齢を若くする秘訣


低カロリーダイエット食品について その1


低カロリーダイエット食品について その2


健康的なダイエット法 リンク集


お気楽育児のツボ


離乳食について


子どもの虫歯予防 その1


子どもの虫歯予防 その2


子どもの虫歯予防 その3


子どもの虫歯予防 その4


おススメ 育児の裏技


赤ちゃんへのお薬の飲ませ方


トイレトレーニング・夜のオムツ


掲示板のご案内


ウェブリング


全444件 (444件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 45 >

2013年02月05日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
虫歯予防効果のある歯のミネラルパック♪歯磨き粉として使っても可(うがいはしないか、少量の水で1回だけ)
チョコレート味もあるのでバレンタインにいかが?


【期間限定フレーバー1】ジーシー(GC)MIペースト40g 【RCP1209mara】【RCP】









最終更新日  2013年02月05日 22時43分45秒
コメント(10) | コメントを書く
2012年03月20日
カテゴリ:日々の出来事
相変わらず毎晩仕事から帰ってから週に5日は1時間のウォーキングしてる私。

最近、曇りの日などに南西の空に緑色の光の筋が見えることに気がついた。
夜空に緑の光が見えること自体が不自然で、しかもその光は丸い光ではなく筋状。
いったいあれは何なんだろうと思いながら毎日その光を見つめながら歩いていた。

これは私の自宅付近からだけではなく、私が仕事から帰る車の中からも同じものが同じ場所で見える。
謎はますます深まるばかり。

ある日、ウォーキング途中でその光が消えた。
その位置から少し戻って見えた位置から見ても見えず、その時はなんで消えたのかますます不思議に。
これは探偵ナイトスクープに投稿すべきか!?

昨日もまたその光を見ながらウォーキングをしていたのだが、またある場所でその光が急に消えた!
え!?また消えた!何で!
また数メートル戻ったりして確認したが光は見えず。
次に時計を見た。するとジャスト10時。
これは・・・
10時ちょうどに光が消えるということは、たぶん何かの看板かお店のネオンか、それらの緑の光が空に反射していただけだと思われる。(最近仕事から帰ってご飯を食べてからウォーキングに出かけることも多く、歩く時間が前より遅くなってしまってる)

なーんだ。
ちょっと気が抜けた。
これを読んでいる京都府城陽市近辺の皆様、曇りの日の夜、南西の空を見てみて下さい。
きっと怪しい緑色の光の筋が見えるはずです。
でもそれがどこの光が反射してるのか気になる~。






最終更新日  2012年03月20日 23時31分55秒
コメント(23) | コメントを書く
2012年02月28日
カテゴリ:仕事のこと
今日私が勤務する歯医者に双子の女の子の患者さんが来院した。
2人共私が問診をしたのだが、内容は違えど治療が必要な歯の部位が全く同じだったので驚いた。

しかも妹のほうは早急に治療が必要な状態だったのだが、痛みがないためずっと放置していたらしい。
聞けば1週間前に姉の銀歯が外れて姉が歯医者に行くというので、じゃあ私も!ということで2人一緒に予約を取ったのだという。

妹の来院のきっかけを作るために姉の銀歯が外れた!?






最終更新日  2012年02月28日 23時58分02秒
コメント(4) | コメントを書く
2012年02月26日
カテゴリ:日々の出来事
土曜日、かねてから「髪の毛を切りたい!」と言っていた三女(小4)と一緒に行きつけの美容院へ。
ここは美容師のご夫婦がやっているお店で、奥さんのほうは赤ちゃんがいるため、常連のお客さんのみ予約制でお仕事をされている。
シャンプー&ブローなしの代わりに大人2000円子供1000円と格安。
さすがに三女1人だけカットしてもらうのは気が引けたので、私も跳ねやすい毛先だけを少しカットしてもらうことに。

実は密かに髪の毛を伸ばし中。
初夏くらいまで伸ばせば肩甲骨の辺りまで伸びるかなという感じだった。
髪の長さが肩下になると仕事中、髪の毛をくくる必要があり、それがどうも面倒&くくっていたのを取ると髪に変な癖がつくわでいつも伸ばしている途中で挫折して切ってしまっていたのだった。

シャギーを入れていた部分が伸びて重い感じになっていたので「軽くして欲しい」と伝えたのだが、軽くを短くというニュアンスでとらえられたようで、気づくと自分でも「え!?」と思うくらいのショートカットになっていた。(ショートカットというかショートボブという感じ?)
鏡に映ったその髪形はまさに奈美悦子ヘア!!
初夏まで伸ばして久しぶりに女っぽくエレガントな雰囲気にしようという思惑はガラガラと崩れ落ちた。

家に帰って長女と二女に見せると奈美悦子を知らない2人は「お母さん、篠田麻里子みたーい!」と。
持つべきものは娘達♪
奈美悦子と篠田麻里子は紙一重ということか!?

まだ子どもが小さい頃は自分の髪を洗うのもお手入れをするのも大変で短めにしていた時期が多かったが、このところはずっと短めのセミロング~長めのセミロングという感じでこんなに短くしたのは久しぶり。
今年の夏も1度ショートボブにしたけど、その時も今よりは長かった。
私は髪の毛が伸びるのが早いので、またあっという間にいつもの長さにはなるんだろうけど、それにしてもまだ寒い時期のショートカット、首とうなじが寒い。
明日からは通勤とウォーキング時はマフラーが必須だな!






最終更新日  2012年02月27日 01時48分02秒
コメント(1) | コメントを書く
2012年01月04日
カテゴリ:私のこと
顎関節症(がくかんせつしょう と読みます)
有名人では森高千里などがかつてこの病気になり、治療のため一時歌手活動を休んでいたことがあります。

耳の前あたりにある顎の関節に痛みや炎症が起こり、ものを噛んだときにコキコキ雑音がしたり、顎関節に痛みが出る(激痛を伴うこともあり)、口が開かなくなるなどの症状が出ます。

私が初めてこの病気になったのは26歳の時。
当時はまだ一般歯科で顎関節症の治療をされているところが少なかったため、どうせなら専門のところで診てもらおうと思い、京大病院の顎関節症外来に通院していた。

以前からパンなど噛みごたえのあるものを食べると顎関節からコキコキと音がしていたものの、音だけの場合は治療対象にならないために、そのまま様子を見ていた。
それがある日突然、ものを食べると(噛むと)顎関節に激痛が走り、食べ物を噛むことが出来なくなった。
口も2センチくらいなら開くが、それ以上開かない。
すなわち、大きく口が開かないためハンバーガーやサンドイッチをかぶりついて食べられない。

噛むと痛みが走るため、お粥や雑炊のようなものしか食べられず、口が大きく開かないため食べるものも限られて。
京大病院でスプリントというマウスピースのようなものを作ってもらい、それを夜寝る時にはめて、噛み合わせの負担を軽くして顎関節の筋肉を休めるという治療をした。
スプリント治療が功を奏して、程なく顎関節の痛みはなくなり、口も開くようになった。

その後は再発もなく、10数年。
それがこの年末、お正月休みに入ってから、朝起きると左の顎関節が痛いということに気づく。
もしかして・・・顎関節症再発!?

最近では顎関節症の治療に力を入れている歯科医院も多く、私の勤務する歯科医院もそれに値し、院長も噛み合わせや顎関節の症例については詳しい。
京大病院に通院している時は結局何が原因なのかがわからないままだったが、今は朝起きた時に左の顎関節が痛むということで、自分でも就寝中の食いしばり(噛みしめ)または歯ぎしりをしているんだろうな、ということが想像できた。
それらの食いしばりによる筋肉疲労で顎関節に炎症が起きていることがたぶん原因。

食いしばりについては昼間起きている時もたまに無意識に食いしばっていることを自分でも自覚していて、もしかして寝ている時もしているかも、ということが予想できたが、まさか顎関節に痛みが出るほど、関節に負担をかけていたとは・・・

とりあえず、自分で顎関節の筋肉をマッサージしたり、リラックスして就寝するということを実践してみたが、やはり朝起きると顎関節が痛い。
その後朝ごはんを食べる時も左の顎関節がずっと痛いし、口を開くとやっぱり左の顎関節付近の筋肉が痛い。
今のところ口は開くが、このまま放置するとまた口が開かなくなる可能性が高いと思われたので、ごそごそと昔作ったスプリント(マウスピースのようなもの)を出してきた。

私のスプリントは上の歯だけに装着するもので幸いなことに、今もはめることが出来た。
さすがに昔と少し噛み合わせは変わっているようで、以前の型通りに噛み合わせることは出来なかったが、これをつけると上下の歯の噛み合わせの隙間にスプリントが入るため、無意識での食いしばり、噛みしめを緩和させることは可能だと思われた。

早速昨日の夜、それをはめてみる。
とがったところや舌が当たると痛いところは自分でちょちょいっと調整。
うん、なかなかいい感じ♪
患者さんでもマウスピースを入れると眠れないと言われる方や、寝ている間に無意識に外してしまって朝になると取れている、と言われる方がいるので、久しぶりのスプリントにドキドキだったが、やや違和感はあるものの普通に寝ることが出来た。

そして今日の朝。
おお!左の顎関節が全く痛くない!!
食事をした時などは少し顎関節が痛んだが、それでもスプリントを1日はめて寝ただけで朝の顎関節の痛みはかなり改善された。
やっぱり寝ている間に相当噛みしめていたんだろうな・・・
とりあえずしばらくスプリントをはめつつ、明日仕事に行ったら院長に新しくマウスピース等を作ってもらったほうがいいか相談してみることにしよう。

どうかこのまま顎関節に激痛が出ませんように。
口が開かなくなりませんように。
ハンバーガーが食べられますように!(特にビッグマックはやばい)






最終更新日  2012年01月04日 19時39分55秒
コメント(8) | コメントを書く
2011年12月05日
カテゴリ:日々の出来事
先日父が74歳の生涯を閉じました。

10年くらい前から

脳梗塞
脳動脈瘤
腹部大動脈瘤
心筋梗塞
腎不全

と相次いで大病&手術等を繰り返してきまして、何度も死の淵から生還してきた運の強い父でしたが、これらの大病を繰り返しても、なおかつタバコと深酒をやめなかったことが寿命を早めてしまったような気がします。

父方の祖父は85歳で他界したのですが、たぶん父も最初の脳梗塞の時に禁煙をして食生活&生活習慣を改めることができていれば、祖父と同じくらいの年齢まで、あと10年くらいは元気でいてくれたのかも知れません。
(祖父は50代で肺気腫になったことをきっかけにタバコをやめた)

脳梗塞を後遺症なしに克服した時、母と私と弟は父に禁煙することを強くすすめました。
しかし本人は全くやめる気がなく退院すると程なく喫煙を再開。
その後脳動脈瘤の手術、大動脈瘤の手術などを繰り返し、再び父に禁煙をすすめましたが、父は好きなことをして寿命が短くなるのであればそれはそれでいいと言ったのです。

そんな運の強い父でしたが、3~4年前、腹部に大動脈瘤が見つかった時、同時に心臓に酸素を送る動脈=冠状動脈が詰まりかけていることがわかり心筋梗塞の危険があることが発覚しました。
大動脈瘤の手術の前に、まずはこちらの治療が必要とのことで、カテーテルを使って冠状動脈の狭窄しているところにステントという金属の筒を入れて血管を広げる処置をすることになりました。
この処置は血管に造影剤を入れて透視しながら行うのですが、この時の造影剤が元々狭窄していた父の脳の血管を詰まらせてしまったようで、この処置の直後から父に認知症の症状が現れ始めました。

父は車が大好きで、車で出かけることや旅行を趣味にしていましたが、認知症が出てきた人間に運転させることは出来ないので、父の乗っていた三菱デリカを弟に譲ることになりました。
しかし父は自分の認知症を認識していないため、自転車でディーラーに行って新しい車を購入する話をすすめて来たり、車がないなら母のバイクを乗ると言い出し、母にバイクのキーを貸せと詰め寄ったりといろいろ問題もありました。

父の認知症は知らない人が話をしたくらいだとほとんどわからない程だったので、逆にそれが厄介でした。
でも私や家族からすると、その時の父は以前の父に比べるといくらか、ポーっとしている感じで、父の回りだけ時間がゆったり流れているような感じがしていました。

父の最大の趣味は競馬と車でしたが、車に乗れなくなり、認知症がすすむと今までパソコンや携帯で馬券を購入していたのが、出来なくなってしまいました。
車に乗れなくなると1日中家の中にいて、1日中テレビを見ているような生活になってしまいました。
散歩でもしないとな・・と口では言うものの、行動が伴わず、段々と足腰が弱って行きました。

数年前母が膝を悪くして以来、掃除が思うようにできなくなり、父の介護の手伝いもあり私は週1で実家に帰って、掃除機をかけたり、トイレや台所の掃除をしたり、実家の家事手伝いをしに行っていましたので、父がこの3~4年ゆっくりゆっくり弱っていく様子を目の当たりにしていました。

晩年の1~2ヶ月は極端に食が細くなり、やせ細り、風邪を引いて熱を出し2~3日寝込んだことをきっかけに、足の筋肉が弱り全く歩けなくなったりもしました。
救急車を呼ぶことになったことも1度や2度ではなく、去年も元旦から父が熱を出し、病院に連れて行ったり、足が弱って歩けない時は父をおんぶして車に乗せたりもしました。

今回の入院も、再度心臓の冠状動脈が狭窄したことが原因の心不全ということでしたが、それまでの弱りようからして、もしかして今度の入院が最後になるかも知れないという気持ちが心のどこかにありました。

冠状動脈のカテーテル治療を1回行い、来週2度目をやるというところまでは元気にしていましたが、日曜日に私と母が夕方に帰ったあとに、再び息苦しくなってナースコールを呼んでからは危ない状態になり、次の日には危篤状態に陥りました。

内輪の身内が一通り会いに来てくれ、その時はすでに人工呼吸器をつけていたので話は出来なかったのですが、何か話したそうにし、私が「わかる?」と聞けば「うん」とうなづいてくれ、手を握ると握り返してもくれていました。
父がこのまま1人で逝ってしまうことが心細いだろうと思い、私は時間の許す限り父と手をつなぎ、父の手を握っていました。
しかしそれらの反応は時間と共に段々鈍くなっていき、11月23日の午前1時に父は息を引き取りました。

結局父の入院から今に至るまで私は一度も泣きませんでした。
母もこの3~4年の間に相当覚悟をしていたようで、告別式まで一切涙を見せませんでしたが、最後に父の棺に花を手向ける時に、少しだけ感極まっていました。
晩年の3年ほどは車にも乗れず、自分の行きたいところに好きな時に行けなくなってしまい、そういう意味では心残りもあったと思いますが、振り返ると好き放題わがまま放題生きた父だったので、大きな心残りはなかったのではないかと思います。
なので私は悲しいとか辛いという感情はわかず、心おきなく見送ったという、スッキリした気持ちでした。
ヘビースモーカーだったことと酒癖が悪いところをのぞけば、父のことは大好きでした。

母より父に体質が似ている私は父の病歴を見ると、先行きがちょっと怖くなりますけどね・・。






最終更新日  2011年12月06日 02時40分51秒
コメント(10) | コメントを書く
2011年10月09日
カテゴリ:カテゴリ未分類
冬になるとかかとが角質化してカチコチ、ひび割れて、粉吹いて、真っ白。
という方、多いと思います。

友達からそういう話は聞いていたものの私は今のところ大丈夫やわ!と思っていた30代半ば・・・
ある冬から突然私のかかともそんな風になってしまった。
かかとの角質が分厚くなって、カチコチに固くなり、ささくれ立ってストッキングを履いたら引っかかりそうな感じさえする。
何これ・・・!?
これって老化?
とうとう噂に聞いたあれが私のところにもやってきたか!という感じだった。

私がその時に試したものとその効果を書いてみる

・保湿クリームを塗る→その時だけしっとりするだけ
・保湿クリーム&靴下を履いて寝る→上に同じ
・軽石でこする(角質を削り取る)→1~2週間くらいは持つがその後元通り
・専用の角質削り器でこする→上に同じ
・かかとちゃんやおやすみ靴下のようなものを履いて寝る→その時だけしっとりするだけ
・足裏専用ピーリング剤(木酢液やBabyfoot等、足裏を専用液に2~3時間浸すと1~2週間で皮がポロポロはがれてきて赤ちゃんみたいなツルツルかかとになるというもの。
→皮がむけている時はすっきりしないので私は軽石でこすったりしていた。
2週間くらいできれいなツルツルかかとになったが、これもその時だけで1ヶ月くらいで段々角質化して元のかかとに元通り。

角質かかとは夏になるとやや角質が少なくなり、真っ白かかとが少しマシにはなった。
それでもかかとを出すサンダルをそのままのかかとで履くわけにも行かず、こまめな軽石でのお手入れが必須だった。
でもせっかく軽石でお手入れしても、1~2週間経てば段々また角質が増殖してきて元のガサガサかかとに元通り。
いたちごっこだった。
夏には一旦マシになったかかともまた秋になると段々角質化が酷くなり冬には真っ白なひび割れかかとに・・・。

これを3年くらい繰り返したかなあ。
その間常に試行錯誤。
どうにかして治せないものか・・・

ある時、角質かかととの多くは角質型の水虫が原因になっていることが多いとテレビの情報番組でやっているのを見た。
水虫(白癬菌)の症状には大きくわけて3つの症状があり

1、皮がめくれるタイプ
2、じゅくじゅく型
3、角質型

の3タイプで角質増殖型は単にかかとの角質が分厚くなっているだけ、と考えている人が多く、水虫だと自覚していない人が圧倒的に多いのだという。
また水虫=痒くなると思っている人も多く痒みを伴わないと水虫ではないと思っているも多いのだそう。
痒みは必ずしもあるわけではなく、痒くなる人と全く痒みの出ない人がいるのだそうだ。

かくゆう私も20代前半に一度水虫になったことがある。
その時は足の皮が激しくむけて、痒くなったので自分でも水虫だろうと思った。
20代前半という年齢もあり自分が水虫だということが恥ずかしくて皮膚科に通って根気良く薬を塗って無事に完治した。
その時は半年近く、薬を塗り続けたかなあ。
(水虫は治ったと思ってからも1~2ヶ月は薬を塗り続けたほうがいいらしい)

確かにその時の水虫の症状と比べたらかかとの角質は全く症状が違う。
足の指のほうは角質化もしていないし、特に皮がめくれているわけでもなかった。
そういえば親指の横の靴に当たるところだけはやや角質化してたかな?

まず1軒の皮膚科に行ってみたが、そこではただの乾燥皮膚だと言われ保湿クリームを出されただけだった。
結果、保湿で若干マシにはなったものの完治はせず。
納得できない私はまた別の皮膚科へ。
顕微鏡で見てもらっても白癬菌は見つからなかったが、この状態から見て角質型の水虫でしょうと言われ、念願の水虫の薬をもらうことが出来た。

水虫の薬は薬局でも買うことが出来るが、薬局で買うと高いし量が少ないのですぐになくなってしまう。
結果長く塗り続けることが難しいのだ。
その後、市内の女医さんがやっている内科医院で大きめの容器に調合した水虫用の軟膏をもらえるところを見つけ、そこで2回ほど薬をもらってその冬から春まで足の裏全体に薬を塗り続けた。

気がつくと私のかかとから角質は消え去り、ごく普通のかかとに戻っていた。
かかとピーリング剤を使ったあとのような、軽石でお手入れした直後のような、つるすべかかとではないけれど、角質化もしていなければ、ささくれだってもいない、ひび割れもしていなければ、白くもなっていない普通のかかとだ。

試行錯誤の3年間を過した後だったので3年ぶりに普通のかかとに戻れたことが、この上なく嬉しかった!
角質化していたのは37~41歳くらいの3~4年間。
本当にあの時は自分のかかとを見るのが嫌で嫌で仕方が無かったっけ。

とりあえず、今も普通のかかとを維持してます。

今年の夏、足指の間に水泡ができて、洗うとしみて痛くて、これはじゅくじゅくタイプの水虫!?と思って大容量の水虫薬をくれる内科にまた行き、水虫薬をもらってつけたのですが治らず・・・。
もう1度行って先生に治らないと言ったら今度は湿疹用の薬に変えて下さり、それをつけるとすぐに治ったということがありました。
今回のはどうやら水虫ではなくただの湿疹の悪化だったようで・・。
とりあえずその時もらった大容量の水虫軟膏は不要になってしまいましたが・・・。

もし、かかとの角質化でお悩みの方がいらっしゃいましたら、こういう方法で治りますよ!ということで参考にして下さいませ♪






最終更新日  2011年11月04日 01時19分43秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年08月30日
テーマ:子供の病気(2124)
カテゴリ:思うこと
今年の夏は手足口病が流行ってたみたいですね。
私の周りでも乳児や保育園&幼稚園児のいるママは子どもがなって、その後にママも移った!という話をよく聞きました。

今年の手足口病の特徴は治ってから3~4週後に手や足の爪がはがれてくることがあるのだとか。
そのことをmixiのつぶやきで歯科衛生士つながりの私よりひとまわり若いママさんがつぶやいてた。
その時は「そうなんだ~」って感じだったけど、しばらくしてショッピングセンターで元同僚の1歳の男の子がいる同業者のママさんにばったり会い、立ち話をしていると親子で手足口病になったという。
私が「そういえば今年の手足口病は治ってからしばらく経つと爪がはがれてくることがあるらしいよ」と言ったところ、「そうなんですか~!!私今それなってます~!」と言われた。
サンダルの足を見たら本当に爪が先からはがれていた。
元同僚は「変な病気かと思って心配してたんです・・・原因がわかってよかった!」と安心して帰って言った。

今日の朝の情報番組でも同じ事をやっていて、それが今年のウイルスの特徴なのだそう。
みなさんの中にも原因不明の爪のはがれに心当たりのある方がいたら手足口病のウイルスのなごりかも知れません。






最終更新日  2011年08月30日 22時16分12秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年08月02日
カテゴリ:日々の出来事
先週の水曜日、いつものように仕事から帰って夕食を食べてからウォーキングに出かけた。
夏休み中とあって、小4の三女が時々自転車でウォーキングのお供について来ていた。
その日も一緒に行くというので21時頃家を出た。
30分ほど歩いた頃、いつも通る道沿いに建つ、ある1軒の家の3階のベランダから炎が出ているのが見えた。

「え!?」近づいてよく見るとやっぱりベランダから火がメラメラと出ている。
ベランダの窓は閉まっていて、部屋の電気は消えている。
家の中は燃えていなくて、あくまでもベランダで何かが燃えるというのがわかった。
時間は夜の9時半を回っていたので歩いている人も他にいなくて、車の通りも少ない道。
考える暇もなく、その家のインターホンを何度も何度も押し続けた。

夜遅めの時間ということで、なかなか人が出てこない。
ドアをドンドンと叩いて「火事です!3階のベランダが燃えてます!」と叫ぶ。
程なくその家のおばあちゃんが玄関ドアを開けてくれたので、中にいる人にわかるように「3階のベランダが燃えています」と大きな声で繰り返し、おばあちゃんには外に逃げるようにうながした。
そうこうしながら携帯から119に電話。
その時、近所のOLさんが「火事ですよね」と異変に気づき出てきてくれたので、途中電話をOLさんに代わって消防に住所を伝えてもらった。

その間もベランダからパンパンと2回高い音で爆発音がして、怖かった。
いったい何が燃えているのか!?

おばあちゃんと中学生のお孫さんが家の外に出てきて炎が上がっているベランダを見た。
お孫さんがクーラーの室外機じゃないか、雑誌とか回りに置いてあったからそれが燃えたのかも・・・と言った。

その家のお父さんが水をかけて消火を試みて下さり、程なく炎は小さくなり、煙だけになった。
そして消防車が到着。
やっぱりベランダに置かれた室外機が燃えていたようで、火の気がないことから室外機から発火した様子。

消防車のサイレンで近所の人が家の外に出て来た。
パンパンと爆発音がしたのを誰かが花火をしていると思っていた人が多かったようだ。
一緒にいた三女はびっくりしたと思うが、意外と落ち着いていた。
火が消えたことを確認して三女と一緒に帰宅。

次の日、携帯の着信から消防署から改めて火事発見時のお話を聞きたいと電話がかかってきて、後日消防署へ説明に出向いた。

こんなことは人生初。
まさかウォーキング中に火事に遭遇するとは・・・
しかしクーラーの室外機から発火するなんて考えただけでも怖い!
クーラーを使っている時は窓も閉めているだろうし、当然気が付くのも遅くなるだろうし。

次の日、同じ時間帯にまたウォーキングでその家の前を通ると、その家のおばあちゃんが家の前で待っていてお礼を言われた。
私が毎日ウォーキングしていて、ここを通ると言ったことを覚えて下さっていたようで。
でも本当にボヤ程度で済んでよかった!






最終更新日  2011年08月03日 01時56分57秒
コメント(4) | コメントを書く
2011年07月12日
カテゴリ:日々の出来事
キシリトールタブレットがリニューアルしました♪
今まではリンゴ味&イチゴ味だったのが、グレープ味&イチゴ味に。
確かに子どもはグレープ味好きだもんね~。

でもうちの娘達はリンゴ&イチゴの時もリンゴ味ばっかり食べて、私が見るとイチゴばっかり残っているような状態だったので、今度もグレープばっかり食べちゃうかも・・・
私はイチゴも結構美味しいと思うんだけど。







最終更新日  2011年07月12日 15時29分00秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全444件 (444件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 45 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.