275897 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

天は人の上に人を造らず

PR

Profile


鳩ポッポ9098

Calendar

Freepage List

2007.11.10
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
「同期の桜」は、「加藤隼戦闘隊」と共に非常に有名な海軍挽歌の一つ、ボクも大好きなのですが、この歌には、何かしら違和感があるのも、事実です。歌詞を見てみましょう

一)貴様と俺とは同期の桜 同じ兵学校の庭に咲く
  咲いた花なら散るのは覚悟 みごと散りましょ国のため

ニ)貴様と俺とは同期の桜 同じ兵学校の庭に咲く
  血肉分けたる仲ではないが なぜか気が合うて別れられぬ

三)貴様と俺とは同期の桜 同じ航空隊の庭に咲く
  仰いだ夕焼け南の空に いまだ帰らぬ一番機

四)貴様と俺とは同期の桜 同じ航空隊の庭に咲く
  あれほど誓ったその日も待たず なぜに死んだか散ったのか

五)貴様と俺とは同期の桜 離れ離れに散ろうとも
  花の都の靖国神社 春の梢に咲いて会おう


色々、派生的な歌詞があるみたいですが、これが一番メジャーじゃないかなと、思います。鶴田浩二バージョンだからかもしれませんが(笑)ボクは、5番の歌詞が特に好きです。男の同期は、仲間であると共に、常にライバル同士、だから、遠くにありて思うもの。これは、男と生まれ落ちた者の宿命とも言うべきでしょう。孔子も言うように、「君子の交わりは淡きこと水の若く、小人の交わりは甘きこと甘酒の若し」であり、必要以上に男同士がべたべたとくっ付いていると、必ずと言っていいほど、対立が起きます。「史記」にも刎頚の交わりを結んだはずの友人同士が、互いの才能を妬み、憎み、殺し合う悲劇が描かれております。そう考えると、この5番の歌詞は、まさに君子の交わり。たった一週間程度の「再会」を約して、持ち場に戻る男達。あの醜い木をたった一週間の花見という「再会」の為に大切にする、丈夫の心意気とシンクロする物があります。

そこへ来ると、どうも4番は、ミスマッチな気がしてならない。女々しいという以上に、5番の観念論的な歌詞を台無しにしてしまう、低俗かつ感情論的な印象があります。流石に、全体的な構成として不自然だからか、4番が飛んでいる音源もかなりあります。さらに、細かい所では、一番の「散りましょ」というのは、当時の人間が、男の同期に語る言葉としては、実に不自然である(「散ろうぞ」が正しい)し、「何故か気が合うて別れられぬ」という所も、何かな…

実は、この「同期の桜」には、別の歌詞がついており、題名も「二輪の櫻(戦友の唄)」というものでした。もともとは講談社の「少女倶楽部」昭和13年2月号に掲載された上海の海軍陸戦隊の話に付された「二輪の櫻」(西條八十)の詩が元になっています。

一)君と僕とは二輪のさくら 積んだ土嚢の陰に咲く
  どうせ花なら散らなきゃならぬ 見事散りましょ 皇國のため

二)君と僕とは二輪のさくら 同じ部隊の枝に咲く
  もとは兄でも弟でもないが なぜか氣が合うて忘られぬ

三)君と僕とは二輪のさくら 共に皇國(みくに)のために咲く
  昼は並んで 夜は抱き合うて 弾丸(たま)の衾で結ぶ夢

四)君と僕とは二輪のさくら 別れ別れに散らうとも
  花の都の靖國神社 春の梢で咲いて会ふ


率直に言いましょう。気持ちわりぃ・・・昔から、少女趣味ってのはあったのですかね。腐女子の仮想男子文化というのは、案外、男のオタク文化以上に根が深いのかもしれません。ベルバラとか、昨今のBL系と同じノリじゃないか。こんなのが、同期の桜の元唄だったんですね。これでは、花の都「パリ」が「靖国神社」になっただけであり、あの崇高な友と国家への愛が台無しです。この少女趣味の片鱗が少し、「同期の桜」に残ってしまったというかんじでしょうか。ちなみに、この同期の桜、戦後に盗作訴訟が起こっているのですが、この「二輪の櫻」の音源が残っていた事から、盗作を主張した男の訴えは、却下されたそうです。色々複雑な事情がある歌なんですね。






Last updated  2007.11.10 19:46:38
コメント(3) | コメントを書く


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

現代版攘夷論 アンレッドさん
かぽんのこだわり道… kapon2さん
藤原大和の日本史徒… 藤原大和さん
ひとすじの道… いつ… mimiチャコさん
さむらい日本! さむらい日本さん

Comments

 夏の日の伯爵夫人@ Re:同期の桜(11/10) ちっとも、気持ち悪くありませんよ。 日本…
 赤い月@ Re:犯罪を生む犯罪(05/19) T○Sの学校に行こうで放送されていたマザ…
 やま@ 直江 関ヶ原は東軍の勝利もありえた 島津、吉…
 rahzpzo@ ddOrboIrRyJmwlr AKAvuY <a href="http://mxoqxkx…
 Raio@ とても参考になる記事です! 鳩ポッポ9098遊びにきました。 ため…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.