3009051 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

第2章 『北へ』 その1

今までのお話。

ローヴァの王・サオシュが病に倒れて三ヶ月。
第一継承者はトーチャウだが、バックに王の弟・テムジンがついている事を嫌い、サオシュは第一王女のファーメイを王女にと考える。
そんな中、トーチャウの母で、サオシュの側室・ミクラの主催で宴が開かれることになる。
剣の舞いの最中に起きたトーチャウの暗殺未遂、押さえられた犯人は「ファーメイに頼まれた。」と言う。
兵により取り押さえられようとするファーメイは、ティガシェの機転でその場から逃れることが出来たのだが・・・。


今回出てくる登場人物は

ファーメイ・・・ローヴァの王女。太陰が守護神。
ナーシェ・・・ファーメイの従姉妹。政略結婚で他国に嫁いだ母が、政変に巻き込まれ死亡、ローヴァに引き取られた。大后が守護神。
ティガシェ・・・ファーメイを“護る者”。朱雀が守護神。
セムジン・・・ファーメイを“護る者”。勾陳が守護神。
ライムール・・・旅の一座の吟遊詩人。天空が守護神。ハンサは彼の鳥。

会話に出てくる人物。

サオシュ・・・ローヴァの王。病床にある。
トーチャウ・・・ローヴァの第一王子、ファーメイの母の違う兄。騰蛇が守護神。
テムボタ・・・サオシュの弟。貴人が守護神。
ケナティ・・・サオシュの后。故人。ローヴァの隣りの大国・アリラマの王女。

今までのお話はこちらにまとめてあります。


第二章『北へ』その1-1

ローヴァの首都アッシュは城壁で囲まれた、かつて戦の時代には強固な守りで知られた城砦都市である。
西側には川が流れ、そこを渡れば深い森。
東に行けば現王の后だったケナティーの母国アリラマへ至り、シロクロードに交わる。
南にはローヴァを支える肥沃な土地、しかし北は荒地が多く、やがて砂漠になり、その先は砂の神が住まうと言われるシェニア山がそびえる。

ファーメイとナーシェを包む球は城壁を越え、川を渡り、森の上をしばらく飛んだ後、木々の間をついて土の上に降りた。
しかし球は依然として形を成したまま、ティガシェとセムジンの事が気がかりなファーメイは気が急いて仕方がないのだが、いかんともしがたい。

「ナーシェ、あなたの剣でこれ、破れない?。」
「分からないけど試してみる気はないわよ。この森の中、どんな獣が出てくるか分からないもの。ティガシェがあなたを守るためにしてる事よ。私としてはティガシェには逆らいたくない。」
きっぱりとナーシェが言う。
言われて見ればここは森の中なのだと、ファーメイは辺りを見回す。
だいたい森になどファーメイは足を踏み入れたことがない、まして今は夜。
風がおこす木々のざわめきも、どこかで鳴いている鳥達の声も、不安な気持ちに拍車をかける。
絶えず音はしているのに静かなのだ、そこに突然獣の遠吠えが響いたりするから、神経が尖ってしまう。

「祈りなさい。」とケナティーがよく言っていた言葉をファーメイは思い出す。
「あなたの願いが純粋ならば、きっと太陰が力を貸してくださる。」と。
けれどファーメイは“祈る”と言う事が苦手だった。
祈りは真剣なもの、その真剣さが自分をよけい不安へと追い立てる。
だからファーメイは願いを歌に乗せてきたのだった。
今もそうする。
言葉も旋律も、いつもすんなりとファーメイの唇から出てくる。
ティガシェとセムジンがどうか無事でいますように、早く私のところへ来て顔を見せてくれますように、と。

ナーシェはその願いを聞いていた。
ファーメイの歌は不思議と人を落ち着かせる。
ナーシェは自分の気丈さを自覚してはいたが、それでも不安であったのだ。
それが徐々に薄らいでい来る

うっそうと茂る木々の葉の合間から月が見える。
葉はチリチリと揺れて月を隠すが、それとは明らかに異質な黒い染みをナーシェの目がとらえる。
次第に大きくなっていく影をナーシェは指差し、「ファーメイ、あれ!!。」
促されて見上げたファーメイは呆然としてしまった。
大きな鳥が男二人をぶら下げて舞い降りて来る。
えり首をかぎ爪でつかまれてユラユラ揺れているのは、ティガシェとセムジン。
ホッと安堵した途端、笑いがファーメイから飛び出す、どうにも止まらず大きな声になってしまう。
鳥にぶら下げられた上、これがティガシェには気にいらなかったらしい。
ナーシェの球には人差し指で触れてパチンと割ったのに、ファーメイの方には見向きもしない。
「ちょっとティガシェ!!、ここから出してよ。」
「あなたの事を相談しなければなりません。ファーメイ様に騒がれるとまとまる話もまとまりません。そこで大人しくしていてください。」
私のことを考えるのに、私抜き?。
ファーメイが抗議の声を上げようとすると、セムジンが髪をクシャクシャやりながら、「イヤ、これはちょっと可哀想だぞ、ティガシェ。」
「オレはそう思わない。」
そこに「あのさぁ。」と声がした。
乗っていた大鳥から下りてファーメイのそばまで来る。
鳥は一旦高く飛び上がり、すぐ戻って来たときには元の大きさで、彼の肩に止まった。
月の光に照らされ、彼の髪が薄い銀色にけぶる。
境界線が解けて、夜の森の一部の様に見える。
手にある鎖のかせだけが異様。
あの吟遊詩人だ、とファーメイは気付く。
「女の子がイヤな思いをしているところを見たくないんだよね、少なくとも自分の目では。あなたたちを助けたお返しって事で出してあげて欲しいな。」
相変わらずの不思議な微笑み、話す言葉そのものがまるで詩のよう。
なのに相手に“否”と言わせづらい響きがある。
これ以上は消せませんと言う程の表情のない顔でティガシェがファーメイの球を消す、ファーメイの方を見ようともしない。
ファーメイもティガシェを無視して、吟遊詩人に丁寧なお辞儀をする。
「始めまして。私はファーメイ=ニトゥと申します。ティガシェとセムジンを助けてくれてありがとう。」
「始めまして、ライムールと申します。僕はどうでも良かったんだけどね、男は。でもこの・・・。」
とライムールは肩に止まっている鳥の方に首を傾げる。
「ハンサが助けてあげようって言うからさ。」
「まぁ、あなた鳥とお話が出来るの?。ヤニスと・・・って私の弟なんだけど、言っていたのよ、きっと一緒に歌を歌うのよって。」
「歌も歌いますよ。」
その時だけライムールの微笑が“愛しさ”のみになる。
「ありがとう、ハンサ。ティガシェとセムジンを助けてくれて。」とファーメイはハンサにもお辞儀。
するとハンサはクルルルルと喉を鳴らした。
「私の言っている事、分かってくれているのかしら。」
「もちろん分かってます。可愛いお姫様にお礼を言われて、喜んじゃってるよ、こいつ。」

二人の会話をただただ呆れて聞いているナーシェとティガシェとセムジンだった。
この状況で、このなごやかさ。
こう言うところは絶対にファーメイに叶わないと、無言で確認しあっている三人だった。
「とりあえず、この先どうするかを考えましょうか。」
ナーシェの言葉にはついため息が混じる。
「それにしても何がどうなってるのか、ちっとも分からないぜ。」
セムジンはウルムジンと剣を交えねばならなかったことに納得がいかないから、ブツブツとつぶやく。
「簡単な事だ。」とティガシェ。
「テムボタとミクラはトーチャウを王につけたい。」
今やトーチャウ側には“様”ぬきのティガシェである。
「だがサオシュ様は何としてもテムボタに権力を持たせることは避けたいと思ってらっしゃる。出来ればファーメイ様をウルムジンと結婚させて、ファーメイ様を女王にと。
テムボタ側はこのままではトーチャウを王に出来なくなる、だから仕組んだんだ。」
ティガシェはふいとセムジンから視線を外す。
移した先にはライムールとハンサと、何やら楽しそうに笑い声を上げているファーメイがいる。
「サオシュ様がご存命の内に動くとは思ってなかった。俺が甘かったんだ。」
「それでもティガシェは最低限の守りは怠ってなかったじゃない。とにかくファーメイは無事、私達も無事、これからの事を考えなきゃ。
普通に考えるのならアリラマに行くのが一番と思うんだけど、敵もそう考えてるわよねぇ。」
「問題はルートだな。主要な街道はテムボタが押さえにくるだろう。あちらには軍がついてる。」

この手の話が極めて苦手なセムジンはこっそりティガシェとナーシェのそばを離れた。
もっとも本人はこっそりのつもりだろうが、ティガシェとナーシェにしてみれば、まぁ良いかと思っていただけなのだが。
「あら。セムジンもちゃんとハンサにお礼を言わなきゃダメよ。」
ファーメイに言われて、セムジンは素直にペコリと頭を下げる。
「ありがとう。本音言うと助かった。ウルムジンとやりあうのはちょっとなー。」
ウルムジンもセムジンと同じく子供の時から剣を持たせればご機嫌と言う子だったな、とファーメイは思い出す。
誰に言われるともなく、よく二人で稽古をしていた。
二人はタイプは全く違うが、剣の事となると、夢中で話し込んでしまい、ファーメイはそんな姿を何度も見てきた。
何故セムジンとウルムジンが戦わなきゃいけないのと思うと、猛烈に憤りがファーメイに沸き起こってくる。
「あそこの二人、何やら真剣に話しているようですが。」とライムールがセムジンに訊く。
どうせ“ちゃんとしたお話”ならティガシェとナーシェ、二人の方がはかどるでしょうよ、とファーメイは面白くない。
「あぁ、これからどうしようかって。アリラマに行くのは良いけど、どのルートを取ろうかって・・・。」
「私は逃げるなんてイヤよ。!!」
ファーメイは憤然たる足取りでティガシェの元に行くと、人差し指を彼の胸元に突きつける。
「何を考えてるのよ、ティガシェ。私がお兄様を殺すなんてあり得ないじゃないの。ちゃんと身の潔白を主張させてもらいます。」
けれどティガシェから返ってきたのは冷たい眼差し。
「トーチャウはあなたを殺したいのですよ、ファーメイ様。王座を手に入れるために。」
「やだ、冗談はよしてよ、ティガシェ。」
余りにも突拍子がない気がしてファーメイは笑いそうになったが、ティガシェの目がそれを押し留める。
「だって、だって、私は王になるつもりなんてないのよ。そんなものを望んだことは一度もない。王に就くのはお兄様、ずっとそう思ってた。皆だってそうでしょう。」
必死に言い募る声が震える。
月に背を向けてるティガシェの顔は影になっていて、表情が分からない。
「あなたは王女なのですよ、ファーメイ様。」と静かな声でティガシェは言う。
「その美しい衣装も、宝石も、毎日あなたが口にする豪華な食事も、あなたに仕える多くの女官、私とセムジンの“護る者”、全てあなたが王女だから与えられている物です。
その代わりにあなたには義務がある。ローヴァの未来を考えると言う義務です。」
ティガシェはファーメイの耳たぶから下がる赤い石の耳飾りに触れる。
「この宝石一つで何人の国民が一生食べていけるか、あなたはご存知ですか。」
そして耳飾りを引っ張ってはずすから、ファーメイの耳たぶに痛みが走る。
ティガシェはファーメイの目の前に耳飾りを下げる。
「民が食べるのはあなたが見たこともないような質素なもの、米とスープ、せいぜい一、二品のおかず。けれどそれですらサオシュ様のおかげで口に出来るようになったのです。
トーチャウが王になればすぐに他国への侵略を始めるでしょう。後ろ盾のテムボタは先王の政策に心酔している。民の生活よりも領土の拡張。
男達は兵に取られ、田畑は荒れ、民は米すらも口に出来なくなる。」
「ティガシェ、何も今、そんな事を・・・。」
ファーメイの顔色が真っ青なのを見て取り、セムジンが口を挟む。
しかしティガシェはピシャリと「このお姫様には言わないと分からない。」
「私はあなたに何度も言ったはずです。ウルムジンと結婚しなさいと。ウルムジンのお父上のグシククル様は未だに軍では影響力を持っている。テムボタが掌握している軍を一時おさえることが出来る。時間を稼げたのです。
ローヴァの民の為に貴方が出来る一番易しい選択だったのです。」

ファーメイの目には涙が滲んでティガシェの姿もぼやけていた。
大きな粒が落ちた、それが合図であったかのようにポロポロポロポロとこぼれ落ちて止めることが出来ない。
だってそんなこと、誰も私に教えてくれなかったとファーメイは思う。
あの宮殿の中でそんな風になっていたなんて知らなかった。
だけど、ただただ着飾って、幸せそうに笑って、“可愛いお姫様”でいさせたのは男達ではないか。
そう言いたい、「今更何よ。」と言ってやりたい。
でも言えない。
例え内情を知っていたとしても、ファーメイはやっぱりウルムジンと結婚したくはないのだ。
ティガシェはファーメイを軽蔑するだろう、“民の事を全く考えないお姫様”と。
それがファーメイには何よりも辛い。

「ティガシェ、急いだ方が良いわ。ここもいつテムボタの差し向けた兵が来るとも限らない。」
救いの声はナーシェから出た。
「取り合えず道を通らずにこの森を抜けることにしたわ。月に背を向けて進めばドロステの町に出られる、そこに向かうの。」
「ドロステは僕達の一座が次に行く町だよ。」
この場には似合わない、何とものんびりした口調でライムールが言う。
「もっとも兵隊さんたちにいつまでつかまってるか分からないから、合流はいつになることやら、だけど。」
「それってちょっとまずくない?、あの一座は目をつけられてるだろうし。」
「鳥に乗っているライムール殿が目にとまったかどうかは賭けだな。だが仕方がない。取り合えずドロステまで行こう。この森の中、目印がなければ迷う。」
いざとなれば、とティガシェは思った。
その瞬間、ティガシェを包んだ微かな気にライムールだけが気がついて、じっと見つめる。
その視線に気付いてティガシェは、
「ライムール殿には助けて頂いて感謝しております。申し訳ありませんが、重ねてお願いしたい事が。」
「あなたにそんな風に言われると気味が悪いね。」
からかうようなライムールの口調をティガシェは受け流す。
「宮殿内に連絡を取りたい者がおります。あなたのハンサを貸して頂きたい。」
「ハンサは伝書鳩じゃないんだけどなぁ。ても・・・。」とライムールはティガシェが手にしている耳飾りを指差した。
「ハンサは光物が大好きなんだ。それをハンサにくれるなら良いよ。」
「こんな物で良いなら、いくらでもあげるわ。」
ファーメイがもう片方の耳飾り、指輪、これもあれもとはずし、両手に山と積んでライムールに差し出す。
「大丈夫だよ、ハンサは欲張りじゃないから。それよりもお姫様がそんな赤い目をしていると、ハンサはそっちの方がイヤだと思うな。」
ライムールがファーメイの涙を指でそっと拭う。
ファーメイは慌てて自分の袖で目をゴシゴシとこすった。
「その宝石は大事にとっておいた方が良いよ。これからお姫様は自分でお金を出して、服や食べ物を手に入れなきゃならないんだから。」
言われるまでその事に思い至らなかったことに、ファーメイは益々情けなくなってくる。
「さぁ行きましょう。その服では歩きづらいだろうけど、ちょっと我慢して頑張って、ファーメイ。」
ナーシェがファーメイの肩を抱いて促す。
ナーシェの服はファーメイを守るために破いてしまっていた。下草の深い森の中、ナーシェのなめらかな肌の足はきっと傷ついて荒れるだろう。
なのにナーシェはファーメイの方を気遣ってくれている。
いつもいつもそうやってファーメイに心を配ってくれていたのだ、ナーシェもティガシェもセムジンも。
それを当たり前の様に思って過ごしてきた自分を恥ずかしいとファメイは思う。

何事かを書きつけた紙をティガシェから受け取って、ライムールはハンサの足に結び付けた。
「じゃあ頼んだよ、ハンサ。」
羽ばたきの音と共に、ハンサは木々の合間をぬって夜の空に飛び立っていった。
「セムジン、先頭を行ってくれ。俺が後ろにつく。」
「はいよ。ファーメイ、ナーシェ、しっかり俺の後について来いよ。」
剣を抜き、前の下草をなぎ払いながら、セムジンはずんずん進んでいく。
「本当に何も分かっていないお姫様だね。」
ナーシェの更に後ろから少し離れてついていくライムールが、ティガシェに言う。
「でもそこが可愛いんだけどさ。」
ティガシェはほんの一時、ライムールの顔を見て、すぐにフイと顔を背けると、彼を抜いてナーシェの後についた。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.