3025527 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

『殺意』 リンダ・フェアスタイン

T・ジェファーソン・パーカーを続けて読んだら、今度は元気な主人公のミステリーが読みたくなりました。
で、思い浮かぶのは女性が主人公のものばかり。

『殺意』 リンダ・フェアスタイン著。

ハーレムの共同住宅で老婦人が殺害される。
若い頃の彼女はエジプト元国王ファルークの愛人。
やがて数百万ドルの価値にもなる希少な金貨の存在が浮上するが・・・。
女性検事アレックス・クーパーのシリーズ第6作。
原題:The Kills

最初にこのシリーズを読んだときは新鮮な驚きがありました。
ミステリーにもこう言う主人公が現れるようになったんだなって。
アレックスはお嬢様、ガードマンがいるアパートメントに住み、リゾート地には別荘もお持ち。バレエだ、オペラだと社交生活も華やか。
そして金髪の美人。
お嬢様ならナンシー・ピカード著のジェニーシリーズがあるけど、彼女は捜査側の人間ではなくて、事件に巻き込まれたという形をとっているし。
その点、アレックスは検事でキャリアも充分。
余談ですが、お坊ちゃまが主人公となるとエリザベス・ジョージ著のリンリーシリーズにかなう物はないかと。
何たってイギリスの伯爵様ですよ、そしてスコットランドヤードの警部。イケメン。
内容はとても良質のミステリーです。

さて、毎度うんちくが楽しみなこのシリーズ、今回は希少価値のコインについての説明がたっぷりです。
実は金貨だけでは価値はなく、他にも必要なものがあると言うのがミソなのですが、おなじみチャップマン刑事とマーサー刑事とのトリオの掛け合いも相変わらずです。

アレックスの現恋人のNBCの記者との仲も微妙な状態となり、一方チャップマンの恋人は身体の調子も良くない。
この二人って、結局どうなるの?との興味もあったりします。

うーん、でもエジプト元国王の愛人、って話が大きくなりすぎって感も。マンハッタンのごく普通の人が被害にあって、それをアレックスチームが必死に解決していく、と言う方が私は好み。

それとアレックスの“私のチームすごい”のご自慢振りが鼻についてきた。
某検視官シリーズみたいに“主人公素晴らしい”が過ぎないで欲しい。

シリーズ全体としては決して良いほうとは言えないと思いますが、興味をつなげて最後まで読ませてくれます。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.