000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

『よるくま』 酒井駒子

“ぼく”のところに夜中にクマの子が来ます。
“よるくま”はお母さんを探しにきました。
それで“ぼく”は“よるくま”とお母さんを探しにいきます。
ハチミツ屋に行ったり、公園に行ったり・・・。
そしてよるくまの家に戻ってみます。
それで今度は家の中を探してみるのですが・・・。

灯りの黄色と、薄暗い青、そして夜の黒を効果的に使った絵です。
男の子もよるくまも、とても可愛く描かれています。
そして文章はとても少なく、簡潔です。
だからこそ想像の世界で遊ぶことが出来るのです。

思えばうちの子が小さい頃、まだひらがなが読めるようになる前、一人で絵本を見ながら、私やパパが読んであげて覚えているストーリーを、可愛い声で可愛い物語に作り直していたものでした。
(たぶんそうなんだと思います)
この絵本を小さい手で持ちながら、ママやパパが読んでくれた物語を元に、お話を作る子供たちが目に浮かぶようです。
きっと絵本を手にして、子供たちはよるくまと一緒に、夜のお散歩を楽しんだり、冒険をしていることでしょう。
この絵本は、そう言う絵本だと思います。

夜、子供が眠る前に、何度でも読み聞かせてあげたい絵本です。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.