2962813 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月

カレンダー

お気に入りブログ

ラジエーションハウ… New! MAGI☆さん

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2007年03月03日
XML
カテゴリ:アニメ
昔の話。
癒されない心を埋めようと男に声をかける女。
しかしその女の顔の半分には骨が見えている。
あいが女に声をかける。
「ついていらっしゃい。」

今回の依頼主・洋子はどうしようもない男に必死にすがりついている。洋子のお腹には男の子供がいる。
洋子の後ろに女の霊を見る骨女と連。骨女にはその女に見覚えがあった。

はるかな昔、薬問屋で働く“ツユ”は若旦那と恋仲である。
若旦那はツユに、二代目の座を捨ててもツユを取ると約束、そして二人は駆け落ちする。
しかし落ち着いた先は女郎屋、ツユは借金のかたに若旦那に売られてしまったのだった。

数年後、ツユは自分を“姉さん”と慕うキヨを可愛がっていた。
ツユはキヨを女郎屋から逃がそうと計画するが、キヨが連れてきた女郎屋の女将と侍によって殺されてしまう。
キヨは侍と出来ていた、だから逃げたくなかった。
死体を水辺に捨てられたツユ、幾つもの魂が「哀れだね。」と囁く。
そしてツユは未練を残す骨女となった。

洋子は男にすがる。しかし子供のことを「俺には関係ない。」と言われ、藁人形のひもを解く。
羊水の中でもがく男、気が付くと地獄へと流れる舟の上にいる。

男を失ったことに悲観する洋子は、橋の上から身投げをしようとする。
止める骨女、「キヨ。」
キヨは子供が出来て、男に切られ、、川に身を投げて死んでいた。
「苦しくって、悲しくって、だから哀れな女に憑いて身投げをしていたんだね。」
だけどそれが何になる、あんたはまだ苦しいまま、私はもううらんじゃいない。
しかしキヨは、骨女に会えて良かったと言い、「私、バカだから。」と
川に飛び込む。

骨女はアイに言う、いつかキヨを救ってやって欲しい、と。
「私はもう充分に救ってもらったからさ。」


連、連と騒いでおりますが、実は『地獄少女』で一番好きなのは骨女なんですよ。
こう言う気風が良くて、見た目もバツグンの良い女って本当に好き。OK
情が濃くて、それが自分よりも弱い女に向いていると言うのも、ポイント高し。オーケー

最初にツユが出てきたときは、私は、骨女の過去に関係のある女の子の方かと思いましたよ。
まさかこれがかつての骨女だなんて、
えー!!。骨女ってこんなに健気な可愛い女の子だったの!!びっくり
・・・とびっくり。

男に裏切られて、女郎屋に売られてからも、性根は腐りませんでした。
さすがです!!。
けれど可愛がっていたキヨに裏切られたことにはこたえたようですね。

キヨは恨みを抱え、永遠にさまよう霊のまま。
まぁ、キヨの経験は相当なものですが、それでも人それぞれ辛いこともあるのだと言う事を考えもせず、「私の辛さは分かりはしない。」と切り捨ててる間は、成仏は無理だろうなぁ。

骨女を救ったのはあい。
と言うか、地獄少女チームの仕事が救った、と言う感じじゃないかなぁ。
自分の事よりも、キヨを考え、「救ってやって欲しい。」と言う骨女。
やっぱり良い女です。ウィンク

さて今回のおしおき。
ラーメンの中の赤ちゃんはいただけなかったわ、ちょっとグロすぎ。NG
羊水の中に連れて行かれる男、押さえつける連が水着姿。
温泉には入れてもらえなかったけど、羊水では泳がせてもらったのね。
でもその姿・・・見たくなかったかもー。わからん
もうちょっと、こう・・・まぁ良いや・・以下略。
キクリにちゃんと可愛い水着を着せてやって欲しい。

それは昔懐かしい形の金魚蜂の中。
見つめるアイ。
笑わせてもらいました。スマイル

次回は第十四話「静かな湖畔」で出てきた拓真の話。
キクリがまたいたずらっ気を出しそう。

藁人形のストラップ。御守りに持つと良いかも知れない。
こちら一目連の“青”

で、骨女の“赤”

そして輪入道の“黒”、ちゃんと赤いひもがついてます








最終更新日  2007年03月11日 12時39分34秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.