3157409 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月

カレンダー

お気に入りブログ

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん
MAGI☆の日記 MAGI☆さん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2007年07月08日
XML
カテゴリ:アニメ
月食は贖罪。
月食が終われば、月は銀の光を振りそそぐ。
すべての者に平等に。
ピアニストにも、契約者にも、ドールにも。



銀を殺すのは組織の命令。
「ケツに火がついているんだ。」と黄。
殺せるのかと問われて「所詮ドール。」と応えるヘイ。
では「何故あの時、助けた。」と返す猫。

電車に乗って逃れる銀=キルシー達。

そのキルシーの現在に違和感を持つエーリスは「君は心の病なんだ。」

捕獲した観測霊からの糸をたどって銀を追うイツァークとベルタ。
ベルタは子供を煙草の誤飲で殺してしまった。
対価はその贖罪。

月食は贖罪。
何と長い贖罪の期間なんだろう。

キルシーとエーリス、二人でたどり着いた廃校。
残されていたピアノに触れるキルシー。
流れるピアノ曲。

飛行機事故で亡くなったキルシーの父。
嘆き悲しむ母、その彼女を慰めるエーリス。
見てしまったキルシーは家を飛び出す。
そのキルシーの前にトラック、キルシーをかばって身を投げ出す母。
キルシーは母をも失ってしまった。

エーリスとキルシーの母、あの時、二人には何もなかった。
けれど、エーリスの心には確かに欲望があった。
エーリスもまた長い贖罪の期間にいるのか。

銀を追うヘイ、久良沢は言う。
キルシーはまるで人形のよう、でも心の中では泣いている、人形扱いして良い者など居ない、と。

久良沢を電撃で気絶させ、ヘイは廃校にたどり着く。
逃げ出したのは「心が動きそうだったから。」と銀。

イツァークとベルタもやってくる。
崩れ落ちる校舎、まともにベルタの能力を受けたヘイ。
倒れながらも投げたワイヤーでデルタをしとめる。

イツァークを貫く銃弾は黄のライフルから。
次の照準を銀にあてる。

瀕死のイツァークから逃げ出す観測霊たち。
銀に光輝いてまるで月明かりのよう。

失っていた銀の月明かり、両手を広げて感じ取る銀。
銀の目に涙。
だから黄は引き金を引けない。

対価の詩を作るイツァーク。
「悪かないね。」とデルタ。

銀とキルシー、どちらである事を取るのか、その選択を銀にまかせるヘイ。
“銀”を選ぶ。
だから今日も銀はタバコ屋の片隅で静かに座っている。




素晴らしかった!!

ブログ復帰の最初の『黒の契約者』がこの出来で嬉しい!!。スマイル

アクションの物足りなさが、そのままこのアニメに対するテンションに結びついちゃってた最近ですが、今回は全然気になりませんでした

バックにピアノ曲を流して、ベルタの過去話はセリフに無駄がない。
そして銀=シルキーのシーンでは、セリフはなし、他の音もなし。

私はセリフで説明しすぎるアニメには不満があるのですよ、何の為のアニメと言う表現手段なの?って。
おまけにキャラがペラペラしゃべる過ぎると、心情が薄っぺらく感じられてしまう。

今回のシーンでは、シルキーとエーリスに何も語らせない。
けれど母の遺体を前にする二人の背中に、その気持ちがちゃんと伝わってくる。
そしてその時のシルキーの心の在り方を、ヘイに「何故逃げた?。」と問われた応えの一言で表現してみせる。
「心が動きそうだったから。」と。

観察霊がイツァークから逃げ出してからのシーンは綺麗でしたね。

デルタはイツァークの詩に「悪かないね。」と言う。
これは詩に対しての評価だけじゃないセリフで、この一言がまたデルタの気持ちを表してる。

キャラに語らせるセリフを大事に扱った、素晴らしい回だったと思います。


久良沢、私にとっては“勘弁してよ”なキャラで、再登場にもうへーって感じだったんですが、今回は良い役どころをもらってますね。
ヘイに言ったセリフ。
契約者の世界では綺麗事の様に聞こえますし、おそらくドールの事なんか分かりもしないからこそ言えるセリフなんですけど、普遍的に大事な事であって、心に響きます。
このセリフって、久良沢が言ってこそだと思う。

引き金が引けなかった黄。
更に、使い道があると、銀をこのままにする。
黄の心も動いた今回でした。

そしてヘイ。
気を失った久良沢にちゃんと傘をかけてあげてるよ。
もぉぉぉ、これだからヘイって。目がハート

最後にキコに教えてもらった、指で唇の端をグイとあげる銀の笑い顔が可愛かった。


ところで、デルタは子供を失って泣いて泣いて、契約者になったと言う。
(作中では“空が変わっていた”と表現してます)

銀は「心が動きそうだから。」逃げ出したと言う。
要するに母を失ったことで、心の動きを止めたってことだと思うんですよね。

契約者とかドールとかになるのって、何か心に大きなゆさぶりがあって、それがきっかけになるのかな、と思ったりしました。


次回は謎だった女の子が登場。
ゲート内の回の時にチラッと顔出した子で、OPの中でヘイの頬に触れてるのもこの子だよね?。
次回予告にあったとおり“コマが揃って”、いよいよ物語が本格的に動き出しそうで、楽しみ楽しみ。

今回のはこれで良かったけど、お願いだから見ごたえのあるアクションシーンをプリーズ。







最終更新日  2007年07月08日 22時15分04秒
コメント(8) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.