3010860 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月

カレンダー

お気に入りブログ

監察医 朝顔 第10話 MAGI☆さん

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2007年08月26日
XML
カテゴリ:小説・日本
読んだのは大分前だと言うのに、感想がなかなか書けなくって・・・。
評判の『一瞬の風になれ』、その第3巻『ドン』で、完結編です。


下は『イチニツイテ』と『ヨウイ』
 




1巻の『イチニツイテ』では新二は春野台高校一年生、それまでやっていたサッカーをやめ、陸上部に。
2巻の『ヨウイ』では二年生に、後輩が入ってきました。
この『ドン』では最高学年、主人公の新二は部長さんです。
チタンテープが効いたかどうかは分かりませんが、試合前に下痢をする描写はなくなりました。

少年を描く女性の小説家やマンガ家さんは多いですが、変な思い入れがなくてサラリとしているところが好きです。
こんな子達、リアルでも居そうだなぁ、と思ったりします。
もっとも私の周りには現役高校生の男の子がいないので、こればっかりは“感じ”でしかないのですが。


この小説の主人公・新二は陸上部に所属して、100m走の選手です。
とても個人的な競技だと思うのですが、この小説では“走る”こと描くと同時に、高校生の部活も描いている点が好きです。
その一環としての「リレー」の描写も多いです。

新二には連と言う親友がいるのですが、天才肌のランナーでありながら、スポーツをするものとしては決定的とも思える欠点があったんですね。
やりたくない事はやらない、と。
なんと言うか、マイペースなんですよね。
100m走なんて結局“才能”に負う所が大きいんじゃないかと思ってますが、どんな才能も努力なしには花開かないわけで、一年の時の連はまさに回りが言うように“才能を無駄にしている”状態です。

この連が変わりました。
ライバルの他校の仙波に勝てないことを悔しいと思うようになり、練習もきちんとやる。
新二は「春高陸上部は、きちんと一之瀬連を育てたんだな。」と思う。

連と言う一流の才能を持った少年を、きちんと一流のランナーにしたのは、“部活”なんですよね。


この小説での競技の目玉は、100m走ともう一つ100mずつ4人で走るリレーです。
一年生に鍵山と言う早いランナーが入ってくる。
この子が問題児なんですが、怪我をして、県大会は三年生の根岸が走り、上の大会への切符を手に入れます。
鍵山の怪我が治り、元もとのメンバーで練習を始めるのですが、どうもバトンパスが上手く行かない。
根岸は三年生、鍵山よりも足は遅いですが、バトンパスは上手い。
新二と二年の桃内は関東大会までは根岸が良いと思い始める。

これを根岸は否定する。
「このチームが総体で優勝することを信じている。、日本一だ。」

根岸は400mの選手なんですが、関東に行くことは出来なかった。
三年で、今年がラストチャンス、それでもです。
自分が走ったのでは、“夢”には届かない、けれど鍵山なら夢を見ることが出来る。
だから根岸は鍵山に突きっきりでバトンパスを教える。

関東大会の前の練習でその成果が出る。
根岸は泣きそうな顔で言う。
「見たか?おまえ。連が思いっきり出たぞ。」
根岸の時には連は根岸を待ってゆっくり出ていた。
「そんなの4継じゃないんだよ。やっと本物になったな。」

この小説読んで泣かれた方も多いと思いますが、私はこのシーンに泣けました。


さて、やってきました南関東地区大会。

その100m決勝、もうゾクゾクしました。
レースを前にしてそれぞれ本番へと気持ちを高めている最中、この小説唯一と言って良いイヤな奴・赤津は、他選手のペースを乱すためにネチネチと話しかける。
これにわざと偉そうにピシャリと言ってやるライバルの仙波。

そして着いたスタートライン。
ところが赤津はわざとフライングする。
次にフライングした選手は失格になる。
スタートダッシュするタイプの連と北見の出足をけん制するためです。

ここで連は「おもしろぇ。」
新二には分かる、バカげたスリルを楽しむときの顔だと。

結局このレースは連がとんでもないスタートをするんですが、新二の成長が描かれてるんですね。
新二には連が思い切ったスタートをすることが分かっている。
一瞬ついていこうかと思う、面白そうで。
けれど自制する、自分のレースをしないといけない。
今までのレースで経験した成功や失敗、それを経て、見事に成長した姿だと思いました。

そして最後のレースはリレー、予選では失敗があり何とか手に入れた切符です。
走りながら「頭が真っ白になった。体の感覚すらない。」、その境地。

最初は先輩の中に入って走った、上の先輩がぬけて後輩に変わり、今は後輩達と走っている。
後輩の桃内や鍵山もやがてそうやって先輩となって、春高陸上部のリレーは繋がっている。
“部活”を描いたこの小説に相応しい最後のレースでした。


“勝利”だけから見れば、努力が報われるとは限らない。
春高陸上部はレベルが高いわけではないので、上の大会への思いが叶わなかった子達もいます。
可哀想にと思うよりも、泣きたくなるような愛おしさが沸いてきます。


新二も高校生の男の子ってことで、恋愛もしてますが、これがまた可愛くて微笑ましい。


新二はたぶんこれからも走るでしょう。
「頭が真っ白になった。体の感覚すらない。」の境地になることもあると思います。

けれど部活の生活はもうすぐお終いです。
終わってみれば長かったような短かったような、そんな相反する思いにかられる限定された時間。
それを一日一日積み重ねていったからこそ、この小説はキラキラと輝いて、読む人を感動させるのだと思います。






最終更新日  2007年08月26日 14時22分54秒
コメント(4) | コメントを書く
[小説・日本] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.