3330626 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

X

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月

カレンダー

お気に入りブログ

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち 入り江わにさん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん
MAGI☆の日記 MAGI☆さん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2007年09月26日
XML
カテゴリ:アニメ
ジーンのシーンが良かった。
戦いのシーンは迫力があった。
それぞれに旅立つミリア、デネブ、ヘレンのシーンも良い。

なのに、

ラキが台無しにしてますよ!!

ラキのシーンを全部削って編集しなおして下さい!!。


あらすじは公式HPでどぞ。

覚醒したクレアは「殺す。」
「妖魔は許さない。」とプリシラ。
声の変化に、覚醒者が“あのプリシラ”と気付くラキ。

覚醒者同士の凄まじい戦い。
「無理だ、私達には止められん。」とデネブ。

「がっかりね。」とプリシラ。
あなた、テレサさんじゃありませんね、でも匂いがにている、だから。
「殺して差し上げます。」

クレアの羽状の剣を取りマグマに落とすプリシラ、更に仕留める為に攻撃を加えようとする。
落ちていくクレア、蘇るテレサの思い出。
ついにクレアはプリシラを斬る。

近付いてくるクレアがプリシラにはテレサに見える。
人型に戻るプリシラは怯える。
首を落とそうと剣を構えるクレア。
その前にラキが立つ。

プリシラも妖魔に両親を殺された、みんな妖魔のせいで何かを失っている。
残った人間で殺しあうなんて。
プリシラを殺したらクレアも妖魔と同じになる。
「人として最後まで生き抜いてよ。」

クレアを抱きしめて必死に訴えるラキ。
クレアは意識が少し戻りラキを認めるが、覚醒は進んでいる。
刃の羽がラキを襲う。

割って入ったのはジーン。
かつて自分を助けたクレアのように、ジーンも妖気を同調させてクレアを救う。
「戻れ。」

「人に戻ったところでプリシラを倒せない私に、生きている意味はない。」と言うクレア。
「生きる意味など後で見つければ良い。」とジーン。
ただクレアに生きて欲しいと思う者、思いを託した者達がいることを忘れるな。
私もその一人だ。
「生きろ、クレア。お前にあえて良かった。」

息絶えたジーン、そばには人に戻ったクレア。

そこに現れたイースレイはプリシラを抱きかかえる。
「まだ手放す気はないんでね。返してもらうよ。」
これ以上やるのは無粋と、わずかに出した妖気に圧倒されるミリアたち。

化物ばかりの世界。

ミリアとデネブとヘレンはそれぞれ旅立つ。
「再びの別れと言うわけだ。必ず会おう。」

ジーンの大剣の墓標。
クレアはラキと共に旅立つ。
「生き延びて見せろ、クレア。」と言うジーンの言葉、そしてテレサが遺した「人の中で、人として生きろ。」を胸に。



「何故戦わなきゃならないんだ。」のセリフが象徴する、クレイモアに対しての理解も覚悟もないラキがクレアを助ける展開は勘弁と思ってましたが、予想を上回る最悪の形にしてくれましたね。

#2で覚醒しそうなクレイモアを“黒の書”によりクレアが殺そうとしたシーンで、ラキが止めたことがありましたよね。
あの時、ラキは幼くて、世間のことも、クレイモアの事も知らなかった。
結局ラキはその時から少しも成長していないと言う事ですね。

「残った人間で殺しあうなんて。」
脚本家さんは自分で書いてて、このセリフがおかしいと思わないんでしょうか。

プリシラは覚醒者。

人間を食料としているんですよ。
プリシラを助ければ、殺されて食べられる人間が出てくることを意味する。
ラキはプリシラが泣きながら人間の内臓を食べるシーンを見て、食べられている人間に対しては何も思わなかったんでしょうか。

各個人には恨みから戦っているクレイモアもいるでしょう。
けれどクレイモアの戦いは、人間の生存に係るものでもあるのですよ。

元は人間であろうと、今は人間を食べる存在のプリシラを生かしてはおけない。
そのシビアさにクレイモアの世界があるのではないのかしら。

「プリシラを殺したら、クレアも妖魔と同じになる。」には唖然。
行き過ぎた覚醒の力で殺すことは問題だけど、プリシラを殺すこと自体は必要なことです。

恨みの戦いは連鎖するし、愚かしいことだと私も思います。
でもどんな良いメッセージだってそれはリアルでの人間同士のもの。
この世界観の中に入れてくるセンスを疑う。



だいたい「そして物語は続く」でプリシラを残したいなら、そもそもプリシラと戦わせるなと言いたいわ。

私はプリシラと戦うなら、あくまで“クレイモア”の範疇であるクレアであって欲しいと、個人的には思ってるんですよね。
それが覚醒者になってしまったプリシラに対してふさわしい戦いじゃないかなぁ、って。
まぁ、それはともかく。
リガルド倒すだけで精一杯なのに、更にプリシラと戦って、あげくにこの結末・・・。

失ったもの・テレサ → 守りたいもの・ラキは、物語が真に終わったときにこそふさわしいのですよ。

もう、がっかり...orz...



ジーンのシーンは良かったです。
本当に良かったです。

ラキに何か誉め言葉を言ってたようですが、私には聞こえませんでした、えぇ。


自分の“人”を守ってくれたジーン、今度はクレアの“人”を守りたい。
「生きる意味など後で見つければよい。」
「クレアに生きて欲しいと思う者、思いを託した者たちがいることを忘れるな。」
「お前に会えて良かった。」
「生き延びて見せろ。」

これらのセリフは、クレイモアの世界で、半人半妖でありながら“人”として生きていたいと頑張ってきたジーンだからこそ響く。

涙が出ました。


プリシラの久川さんが今回も良かったです。
幼い声に戻った時の、前とのギャップが凄かった。


ラストの旅立つミリア、デネブ、ヘレンも良かったです。
デネブとヘレンは一緒に旅をすることに。
デネブには失った仲間に対して、このままに出来ないと言う思いがある。
ミリアは更に組織を調べる。

相変わらず何考えてるか分からないイースレイはプリシラと共にやはり南を目指すんでしょうか。

空が青くてとても美しかった。


最後のクレアとラキのシーンに何も書かないことで、私の気持ちを察して下さい・・・。



アニメはこれでお終いです。
今期、私にとっては一、二の楽しみにしていたアニメでした。

記事を読んでくださった皆様、TBを下さった管理者の皆様、コメントを書いて下さった方々、本当にありがとうございました。



アニメも終わったことだし、原作を一気大人買いよ!!。
原作は甘ったるいお涙頂戴ストーリーじゃないと信じてる。

CLAYMORE [クレイモア](1-12巻 続巻)

クレアだってこんな描き方されたら不本意だろうよ。








最終更新日  2007年10月02日 21時12分23秒
コメント(4) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.