3059895 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月

カレンダー

お気に入りブログ

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん
MAGI☆の日記 MAGI☆さん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2007年09月29日
XML
カテゴリ:アニメ
連れて行っておくれ
落っこちた星様、流れ行く星様
そのずっと、ずっと・・・
ずっと先の誰も見た事のない未来へ



アンバーの元にたどり着いたヘイと銀。
「ごめんね、私にはもう時間が残されてないの。」

EPRが勝つか、人間が勝つか。

街は戦争状態のよう。
幼い二人の契約者と戦うパンドラ警備隊。

斉藤と河野の横に松本が車をつける、中には防弾チョッキ。
「分かってんだろ。契約者だけが相手じゃねえぞ」

ゲートの中心地・浅草寺。
合理的に人を殺してきた契約者達、しかし少しずつ変わってきた。
“仲間”と呼び合い、情報を分かち合うようになる。
組織の思惑に最初に気がついたのは白。
契約は何かの始まりに過ぎない、もっとずっと先の。

白はヘイに気付かれないようにした、ヘイは人間だから、それがヘイを苦しめるから。
アンバーは当時ヘイには語らなかった、生き残るための最良の手段は組織に残すことだったから。

最終段階に入るパンドラ。

アンバーが出した流星の欠片は元の形に戻っている。

「白の力を解放する。」とアンバー。
白はずっとヘイの中にいる、ヘイが白は死んだと思ったその時から。
電撃は白の能力の始まりに過ぎない、本当の力はヘイが知っている。
「さぁ、白に会いに行こう。」

東京は消える、契約者も人間も、ヘイが能力を解放して、白に会う事を望んだら。
「オレには出来ない。」
「それなら契約者は全て消える、ヘイを除いて。」

カウントダウンに入るパンドラ。
モニターに写し出されるヘイたち。
「待ってください!BK-201はエクスプロージョンを引き起こさない。彼は戸惑っている!。」
そう言う美咲の腕を宝来が掴む。

アンバーが欠片をヘイの胸に押し当てる。
西島がスイッチを押す。

凄まじい光の洪水が街を覆う。

そこには子供のヘイがいる。
星を見て、「イヤだ、こんな事、したくなかった、消えて欲しくなかった。」と泣く。
契約者としての白を受け入れるために、組織に入り、人を殺した。
“黒の死神”の仮面の下には、感じやすいヘイ本来の顔がある。

「無理して意気がってんじゃねえよ!」と襟をつかむ黄。
「お前のそのどっちつかずの態度に俺がどれだけ振り回されたか分かってんのか!」
「だがそこがヘイの面白いところでもある」と猫。
「でもまさか、その存在までもどっちつかずだったとは思わなかった」とノーベンバー。
回りにはヘイが出会ってきた契約者達が。
「どっちか一方が無理なら両方とれ!。」と黄。
「契約者らしく、そして人間らしく。」と猫。

頷いて微笑む白、ヘイも微笑む。

「本当にそれでいいの?それがあなたの答えなの?ヘイ」と問うアンバー。
その選択をしたヘイには困難しか待っていない、組織に追われる事になる。
また人を殺さなければならなくなる。

アンバーに向けられるすまなそうなヘイの顔、それに答えは出ている。
アンバーはヘイに口づける。
「さよなら、お兄ちゃん。」
「さようなら、シン(たぶん白の本名)。」
さようなら、皆。
「さようならアンバー。」

大人のアンバーが子供の姿に。
落ちていくヘイ。
「帰ってきて。」と言う銀の言葉が響く。
「私を一人にしないで。」
差し出された銀の手を掴むヘイ。

ヘイは戻って来た。
アンバーは最後の能力を使った、こうなることは分かっていた。

パンドラは再びカウントダウンに入るところ。
モニターに映し出された浅草寺、BK201は居ない。
危機は回避された、そう言う霧原の腕を掴む宝来、言葉を無視してスイッチを押す西島。
しかし何も起こらない。
モニターに映し出されたヘイ。
振動と共に崩れ落ちた天井、見えるのは青い空と奇妙な太陽。

第二波の準備を命じる西島。
しかし「無駄だよ。」と博士。
ヘイの電磁波は普通のとは違う、物質そのものを量子レベルで変異させてしまう。
西島を銃で撃つ宝来。
逃げ出すパンドラの職員達。

トカゲの尻尾きりとして西島を殺した組織。
先に仕掛けたのは組織の方だった。
けれども美咲には証拠がない。
今回の騒動で契約者の存在は明るみに出るだろう。
「そうなる前にすべてを闇に消し去るべきだったのだ。彼らが名も無き星の群れに過ぎないうちに。」と宝来。
このやりとりを全て録音していた美咲、第三の道を選択した。

美咲の首に手をかける宝来。
美咲の選択した道にはより厳しい争いが待っている。
人間と契約者は激しく憎みあうだろう、その果てにあるものは何だ?。

そこに現れたヘイ、ワイヤーによる電撃で美咲を掴む宝来の腕を放させ、頭を掴んで倒す。
「ダメ。」と言う美咲の声に、能力を使わずに去るヘイ。
「待って、李君。」
「李と言う男はもういない。」

飛び込んできた斉藤と河野、松本。
宝来を拘束させ、美咲はこの場を出る。

ゲート外壁は煙を上げ、一部が壊れていた。

契約者は世間に知られることとなる。
そして彼らの犯罪も増えている。
近い将来、私たちにもきっと選択の時が訪れる、そう思う美咲。

美咲は李のアパートを訪れるが、大家は李は強制送還されたと言う。
けれど李の姿を見た気がして、美咲は追いかける。
いつもの町、そこに李はいない。

美咲はヘイに問いたいと思う。
“共に生きる”・・・私達の選択は同じだったのか?、と。
彼の口からそれを聞きたい、と。

猫を抱き上げる手。
水辺に佇んだ銀の観測霊が消える。



私、このアニメの何が好きって、このラストに持ってくるまでにきちんとキャラ達がその心情になるエピソードを描いてきたところなんですよ。
だから各キャラの選択がすんなりと入ってくる。

李はアパートの大家さんを始めとする“人間”たちと接してきた。
そして美咲とデートの時に、ヘイに東京への思いを語らせている。
李=ヘイに、東京を消滅させる選択はないんですよね。

黄と猫が良くて、特に黄。
「どっちか一方が無理なら両方とれ!。」
あれ程契約者を憎む発言をしていた黄が、↑このセリフを言うようになるまでの数々の出来事が蘇りましたよ。
涙が出そうに・・・。涙ぽろり
私、黄が大好きなので、こんな素敵なキャラにしてくれてありがとう、スタッフさんと言いたいです。

アンバーにはヘイの選択が分かっていた。
だから能力一回分を残していた。
もう一度ヘイの笑顔を見ることがアンバーの願いだったのだから、この結末は納得していたはず。
ただ全てを理解した上で、その上での選択でなければならない。
だってヘイには覚悟が必要だったから。

「私を一人にしないで。」の銀の言葉で帰ってきたヘイ。
これが心も感情もまったくないはずのドールでしょうか。
チームに残された最後の一人が、最後の助けをする。
良いなぁ、こう言うの。
ヘイのチーム皆で、ヘイの選択を助けているんですよねぇ。

仮面の使い方が良いですね。
あれはヘイの素性がばれない為だけの物じゃなかったのですね。
本当に隠したかったのはヘイの心。
白によってはずされた仮面の下の、ヘイの感じやすい顔には胸が痛みました。

すっごく小さい時から組織に入って人を殺してきたんですね。
“黒の死神”の仮面に隠した心は如何ほどだったかと思われます。

そしてヘイの気持ちが分かっていた白の気持ちも辛い。
本当に仲が良い兄妹だったんでしょうね。


パンドラとヘイのサイド、代わる代わるに描いて緊張感がどんどん増して行きました。
霧がかかったような浅草寺でのヘイとアンバーの語らいが妙に静かなだけに、パンドラサイドに変わると、そのギャップに返って“時間がない”と言う気になりました。


うーん、私は宝来の言う事も分かる。
契約者とパンドラの警備隊が戦うシーンがありましたが、あれ見てると契約者はやっぱり兵器ですよ。
で、アンバーが言う通り「少しずつ変わって行く」とすれば、その先にある変化は良いものばかりじゃない。
権力を望む者もいるかもしれない、プリムローズにいたように自分達を優れた者と思い人間を下に見る契約者も出てくるかも知れない。

“共に生きる”は素晴らしい理想ですが、きれい事に過ぎない危うさも持っている。
選択した美咲が、ヘイの口からも聞きたいと思っているのは、自分の選択を正しいと思いながらも、どこかで不安もあるせいだと思いました。
そう言うこともきちんと併せて描いたアニメだったと思います。

もしも契約者が生まれたのが大きな流れの始まりだと言うのなら、それに委ねられたのかなと思わせたラストでした。


李は強制送還された、との事ですが。
そもそも日本に居たのも組織が手配したことだろうから、やっぱりこれは組織の手が回ったのかなぁ。
ヘイの事だから、上手く逃げたと思ってますが。
東京の片隅でひっそり生きてる気がします。


一応まとまりつけた最終回ですが、やっぱり「続きはDVDを買ってね。」って感じでした。あっかんべー
全てを語っていないので、正直良く分からないところもあるし。
「白は黒の中に在る」って言うのも、細かく考えちゃうと、それって・・・“?”って感じ。

続編があるかもなぁとも思わせました。
契約者が何故どうやって生まれたのかとか、組織の実態とか、やっぱり明かされないままで、それは前提として語られるアニメで、これはこれで面白かったです。
でももし続編やるなら、今回と同じではつまらないから、やっぱり前提の謎も描いて欲しいです。

うーん、黄も猫もいない『DARKER THAN BLACK・黒の契約者』・・・。
やっぱり寂しいなぁ。しょんぼり



『DARKER THAN BLACK・黒の契約者』は今回でお終い。
毎回楽しみにしてました。
ボンズさんらしい、地味かも知れませんが、きちんと物語を作ったアニメだったと思います。
スタッフの皆様、お疲れ様でした。
面白いアニメをありがとうございました。

逢坂浩司さんがお亡くなりになりました。
私はスタッフさんを名前できちんと把握していないのですが、ネッ友さんの記事で、私の好きだったアニメをお作りになってきた方だと知りました。
お悔やみ申し上げます。


記事を読んで下さった皆様、TBを送って下さった管理者の方々、コメントを下さった方々、ありがとうございました。
『黒の契約者』も時間をかけて記事を書いていたので、励みになりました。


DVDの最終巻、予約が出始めるのいつ頃だろう。
しばらくチェックしてないとなぁ。
購入して#26を見ましたら、感想を書きたいと思います。


4巻のジャケットは黄か。
おぉ!!、渋くてカッコ良いおっさんじゃないですか。びっくり


DARKER THAN BLACK 黒の契約者 5(初回仕様)(DVD) ◆20%OFF!








最終更新日  2007年10月01日 14時31分45秒
コメント(12) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.