3047569 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月

カレンダー

お気に入りブログ

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん
MAGI☆の日記 MAGI☆さん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2007年11月03日
XML
カテゴリ:アニメ
ソレスタル・ビーイングに失敗は許されない。

それにガンダム・マイスターは一人じゃない!!。


TVでアメリカとタリビアの両大統領が握手する姿が放映される。
お姫様・マリナは太陽エネルギー供給をお願いしに諸国へ。
「私にしか出来ないからよ。」


ごめん、私はこのお姫様は他の女の子キャラに比べれは格段に好きなんだけど、二十四世紀にもなって、何の見返りもない国への無償援助を、何故お姫様が頼んで可能なのかがさっぱり分からない。

サジとルイスは研修旅行でリニアトレインに乗り込む。
同じ列車に人革連のセルゲイとソーマ、そしてアレルヤも。
アレルヤはモビルスーツの性能実験の監視の為。


このルイスが出てくるとイライラするぅぅぅ。わからん
でも無重力状態で遊ぶのは確かに楽しそう。スマイル

ソーマはデザイン・ベイビー、劣悪な宇宙環境に適応できるように作られた人間。・・・ってことで“強化人間”です。

人革連の宇宙ステーションに到着。
ルイスとソーマはさっそく外に出てお勉強。


ルイスとソーマが二人で見る地球が綺麗でした。きらきら

で、足を踏み外して大ピンチに。
この後の展開の為に、地球の重力圏に入る危険性をここで出したのは分かるけど、この二人のお気楽っぷりに...orz...。
あんまりキャラが可哀想すぎるよ、この描き方。

でもって、お目付け役のアッサムさん、お気の毒ですー。泣き笑い

ソーマの為のMS、ティエレン・タオII、対ガンダムの切り札を宇宙にて性能実験。
最大加速に耐えうる超兵の力。
「しかし彼女はまだ乙女だ。」


“乙女”には笑わせてもらいました。スマイル

しかし違和感を覚えるソーマ。
感応するアレルヤ、豹変!!
「テメェー、殺すぞ!!。」


危ない人がいっぱいとは思ってましたが、アレルヤは多重人格者でしたか。びっくり

暴走するソーマはステーションを攻撃、ブロックの接続部を破壊、三つのブロックが地球へと向かう。

「事故か、ご愁傷様。」と笑うアレルヤ。
そこに「ハレルヤ。」の声。
彷徨う宇宙船、少年が叫ぶ。
「イヤだ、死にたくない、アレを殺せ、ハレルヤ。」

「ダメだ!!。」、我に返るアレルヤ。

あと十四分で地球の重力圏に到達するブロック、向かうセルゲイのMSがブロックを押し戻そうとする、しかし力が足りない。
「そら(宇宙)は何故こうも無慈悲なんだ。」

そこに登場、アレルヤ。キュリオス。
ミッションとは違う行動に異を唱える留美。
「あなたには宇宙を漂流する者の気持ちは分からない。」


私はこの留美がゲームを楽しんでるみたいな感じがして何かイヤだったんですけど、今回も更にイヤになってしまった。
人命救助がどうでも良いと言うのなら、そもそも何の為の戦争根絶だというのだろう?。

持ちこたえたブロック、しかしあくまで現状維持、MSの燃料が切れればそこまで。

スメラギはこの事態に判断。

「中央ブロックに集まれ。」と被害者達に指示を出すアレルヤ。
「若い男の声。」を聞き取るセルゲイ。

「ここまでだ。」と諦めるセルゲイに、アレルヤは
「ガンダム・マイスターは一人じゃない!!。」

地上からの射撃で、ブロック接続部を破壊するロックオン・デュナメス。


おぉ、ロックオンがカッコ良い!!、ゾクゾクする!!。ハート(手書き)

・・・って次のチャージまで二十秒もかかるの?。わからん

照準の先に雲、これを刹那・エクシアが切る。
「狙い撃つぜ。」by ロックオン
はお約束。スマイル

もう一方の接続部も破壊し、フルパワーでブロックを押すアレルヤ・キュリオス。
ブロックを安全圏に運んだ後、撤退するアレルヤ・キュリオス。

救助優先の指示を出すセルゲイ。
「私にも恩を感じる気持ちくらいはある。」
全員救出。

計画を台無しにし、デュナメスの能力まで世界に晒してしまったアレルヤのマイスターとしての適性に異を唱えるティエリア。
「あなたはどうなの。」とスメラギはつぶやく。



・・・と言う訳でセルゲイの魅力爆発!!でした。グッド
また石塚運昇さんの声が良くって。
私は『CSI:マイアミ』のホレイショの大ファンなんですよ、えぇ。

こう言う人として魅力的な人をちゃんと描いてくれると嬉しい。

今回は面白かったですわ。

アレルヤはトラウマ有りの多重人格者、と。
でも人間としては好きだな、人の命の方を取ると言うのは。

ソーマは強化人間ですが、それに感応してもう一つの人格が出てしまったアレルヤはどうなのでしょう。
彼も何がしかの強化を受けた人間なのか。
あるいは懐かしのニュータイプなのか。

アレルヤの吉野さん、叫んだシーンにちょーっと不安を覚えたけど、頑張ってるじゃないですか!!。
この調子で色んなキャラを演じられるようになって欲しいですー。

アレルヤの適性に異を唱えるティエリア。
まぁね、留美共々、言ってることは分からないでもないんですよ。
シビアに考えれば決してプラスになる行動じゃないですから。
でも賛成は出来ないけど、仕方ないくらいの気持ちでいて欲しいかな。

ティエリアと留美のような人間をメンバーにしているソレスタル・ビーイングは、そもそも何の為に戦争根絶を訴えてるかが分からないからなぁ

少なくとも人命救助はどうでも良い平和なんて筋が通らないし。
平和を望む人間が大望の為なら、人命を軽んじるって言うのもどうかと思う。

紛争の、戦闘さえなくなればそれで良いとした前回と合わせて、それがスタッフさんの狙いなんでしょうか。

あとやっぱり主人公は刹那なんだから、そろそろ彼を描いて欲しいですー。

・・・でEDをラストに入れて欲しくなかったなと言う気持ちでいっぱいです。





http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99898/16966795






最終更新日  2007年11月07日 21時36分27秒
コメント(8) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.